【2024版】有用性の低いコンテンツから合格者続出中のアドセンス審査用修正術

記事
マネー・副業
この記事を書いた人
アドセンスコンサル柏木るい
kashiwagi.jpg

公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』にてアドセンス審査の合格実績を公開中!実際に合格した生徒さんのサイトと参考になる記事を公開しているのでぜひチェックしてみてください。

柏木るいが書くブログ記事運営に役立つ超有料級の情報を無料公開しているその他の記事一覧はこちら

※この記事は2024年2月28日更新されました。

2024年2月現在、アドセンス審査の不合格理由で一番多いのが『有用性の低いコンテンツ』です。

実際にアドセンス審査に不合格になったときに表示されるアドセンス管理画面の不合格通知画面はこちら↓↓

4.png

超難関!アドセンス審査は簡単には合格できない!

2024年現在、アドセンス審査の難易度がかなり高くなってしまい、合格者が激減しているようです。

ネットでアドセンス審査合格率と検索すると、GoogleAIが合格率は2017年時点で4%だと解答します。

5.png

しかし、これは完全な虚偽の情報です。

少なくとも2018年までは、申請すれば誰でも合格できたアドセンス審査ですから、2017年当時はほぼ全員が合格できたわけなので95%程度は合格率があったはずです。

しかし、年を追うごとに厳しさが増しています。

2023年6月以降からは、少ない記事数での合格もできなくなり、一定の記事数も求められる傾向になってきているため、サクッと記事を作って合格するというような状況ではなくなりました。

そういう観点でみると、2024年現在のアドセンス審査合格率は5%から10%程度というのがリアルな数字ではないかと思います。

10人申請して、だいたい1人合格できるかなくらいの難易度というのが、実際に5年間アドセンスコンサルとして活動している私が感じる数字です。

そんな状況なので、独学ではアドセンス審査に合格できないブロガーさんが続出しており、私のアドセンス審査合格サポートサービスが人気になっています。

そんな中でも、合格者を続出させているのが私が推奨する修正方法です。

2024年に入ってからも合格者続出中!喜びの声を一部ご紹介しておきます。

6.png

7.png

8.png

9.png
10.png

合格者様のサイトは一部公式サイトにて公開していおりますので、ぜひ参考にご覧ください→『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』で検索!

有用性の低いコンテンツってどういう意味?


『有用性の低いコンテンツ』と言われても、自分のブログのどこをどのように修正したらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか?

そもそも、『有用性の低いコンテンツ』という言葉の意味がよくわからない人も少なくありません。
Googleは公式サイトにて『有用性の低いコンテンツ』とは、ユーザーにとって価値のない、わかりにくいコンテンツ(フィラー テキストやダミーテキストなど)だと説明しています。
要するに分かりやすく簡単に言えば、検索ユーザーに役に立つような優位性の高い情報を提供できていないブログであったり、検索ユーザーが情報を探しにくいようなサイト設計になっているブログだという意味です。

この記事ではブログの添削サービスの専門家が「有用性の低いコンテンツ」と判定された記事を改善して合格させるために指導している内容をご紹介しています。

有用性の低いコンテンツと判定されてしまうブログの特徴10選


有用性の低いコンテンツと判定されるサイトの特徴として次のような事例が多いのでご注意ください。

①すでに多くのブロガーによって書かれてしまっている類似ネタを記事にしている
②自分の書きたいことだけを主張する日記型になっている
③検索ユーザーが使いにくいサイト設計になっている
④記事内に写真や画像がまったく使われていない
⑤記事内に内部リンクや外部リンクが貼られていない
⑥最低限必要な固定ページコンテンツが揃っていない
⑦検索インデックスに記事が登録されていない
⑧アクセス数がほとんどない
⑨記事数が足りない
⑩コンテンツ不足と判定されそうな未完成扱いのページが作成されている

rakutenroom.png


①すでに多くのブロガーによって書かれてしまっている類似ネタを記事にしている

rakutenroom.png

アドセンス審査に繰り返し不合格になるブロガーさんの多くが自分以外のブロガーの存在を気にしていません。

しかし、ブログ記事をネットに投稿しているブロガーさんは世の中にたくさんいて、あなたが書こうとしていることの大半がすでに誰かによって書かれてしまっている可能性があります。

それを事前に確認せずに記事を作ってしまうので、自分がなぜアドセンス審査に不合格になるのかがわからないのです。

有用性の低いコンテンツと判定されて不合格になっているのであれば、あなたのブログ記事を1つずつ調べてみましょう。

調べ方はとても簡単です。

あなたの記事内容を要約したキーワードの組み合わせで検索すればいいのです。

例えば、自転車保険の加入方法についての記事を書こうとした場合は「自転車保険 加入方法」と検索してみればいいわけです。

noname.png

↑このように検索してみて、ほかのサイトにすでに書かれていないかどうかを確認してみます。

このように検索してあなたが書いていることを同じテーマで書かれた記事がヒットしたら、あなたの記事に独自性がないと判定される原因になります。

また検索ユーザーにとってみれば、同じようなことが書かれているすでに上位表示されている記事があるわけですから、あなたの記事を見なくてもいいわけです。

これが『有用性の低いコンテンツ』と判定される理由です。

すでに書かれている情報を今さら書いても、誰かの役に立つとは言えないので「有用性の低いコンテンツ」と表現されるわけです。

重要なのは、【誰も書いていない視点で記事を作る】ということです。
【誰も書いていないキーワードで記事を書け】ということではありません。

私のサポートサービスをご購入いただいた方には、極意を詳しくご説明しています。

この方法は、アドセンス審査合格だけではなく、合格後に狙ったキーワードで上位表示を獲得するときにも非常に効果的です。

②自分の書きたいことだけを主張する日記型になっている

rakutenroom.png

記事を作るときに検索ユーザーを想定してますか?

■誰が?
■どういう目線で?
■誰に?
■何を?
■どうやって伝えるか?

こういうことを意識して記事を作っていますか?

自分がどこに行ってきたとか、何を買ったとか、何を食べたとか、そういうことだけを紹介しても誰かの役に立つ情報とは言えません。

何かの商品やお店、メニューなどをただ紹介するだけの記事も日記型として判定されますので注意が必要です。

『ただの紹介記事』にならないように改善できるよう気を付けましょう。

③検索ユーザーが使いにくいサイト設計になっている

rakutenroom.png

■記事の中に目次がない

■見出しが整備されていない

■ヘッダーメニューから記事が検索できない

■カテゴリーが整備されていない

■最新の情報がどれなのかわかりにくい

■人気記事がどれなのかわからない

■どこに答えが書いてあるのかわからない

検索ユーザーが情報を探しやすいレイアウトを意識していますか?

あなたが検索ユーザーだとしたら、記事に目次がなかったらどうやって自分の探している情報を見つけますか?
記事を最初から最後までくまなく探さなくてはいけません。

さらに見出しにわかりやすいキーワードが使われていないと最悪ですよね。

何がどこに書いてあるのかまったくわかりません。