絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

アドセンス審査不合格理由解説:パブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い

『パブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い』の意味とは2022年に入りグーグルアドセンス審査に新しい不合格理由が頻出するようになりました。サイトは広告を表示できない状態です1.パブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い意味が全然わかりませんよね。日本語として文章が成立していません(笑)意訳すると…パブリッシャーコンテンツを含まない画面にGoogleが配信した広告の扱いについてというのが適切な文章に近いのではないかと思います。では単語ごとに考えていきましょう。◆パブリッシャー出版社、版元、発行者、発行人、発行元、販売元などの意味を持つ英単語。 書籍や新聞、雑誌、音楽、映像、ゲームソフト、コンピュータプログラム、Webサイトなどの発行主体となり制作や販売、宣伝などを行う事業者のことこの場合、ブログ(サイト)を管理している人のことを指しています。◆パブリッシャーのコンテンツユーザーに表示されるコンテンツのうち、パブリッシャー様が作成または管理するものを指します。ユーザー作成コンテンツなど、パブリッシャー様が作成者に代わって管理する素材も含まれます。ただし、広告、サイトのナビゲーション、関連コンテンツのリンクは該当しません。この場合、ご自分のブログ(サイト)のことを指しています。要するに、『ブログ(サイト)運営者が作成したコンテンツに独自性や価値ない状態であり、それに対してはGoogleはアドセンス広告を掲載することはできませんよパブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い
0
カバー画像

アドセンス審査で固定ページのインデックス登録は必要なの?

この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るいアドセンス審査合格サポートサービスを展開するプロのブログコンサルタント。ココナラに出品しているブログコンサルタントサービスでは断トツの人気と実績を誇り、アドセンス審査合格者数は160人を超える。 月額5000円の定額制で業界に価格破壊をもたらしたため、ブログ詐欺コンサル達には嫌われている(笑)公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』を運営中アドセンス審査に合格するために固定ページのインデックス登録は必要なのか?アドセンス審査に自分のブログを申請するときは、必ずインデックスを確認するようにしてください。アップロードしているすべてのページをインデックスさせる必要があります。もちろん、プロフィールやサイトマップ、プライバシーポリシーなどの固定ページコンテンツもインデックスさせます。noindex設定をしている人がいますが、そんなことはする必要がありません。サーチコンソールでエラーが出て鬱陶しいだけですよね。固定ページコンテンツもカテゴリーもすべてインデックスさせます。インデックスさせなくては良いのはアーカイブだけです。インデックスの確認方法についてはこちらの記事をご確認ください。私の生徒さんたちには全員、すべてのページをインデックスさせてから審査に出すように指示をしています。実際に固定ページコンテンツもインデックス登録して、アドセンス審査に合格していますので、みなさんも登録するようにしましょう。タグはインデックスさせたほうがいいの?タグはインデックスさせる必要はありませんので、ノーインデックス設定にして構いません。しかし、タグ
0
カバー画像

2022最新版アドセンス審査に落ちる理由がわからないときに確認して欲しいこと18選とその対処法

この記事ではグーグルアドセンス審査に落ちたときに確認してほしい項目とその対処法についてアドセンスコンサルタントの柏木るいが解説しています。この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るいアドセンス審査合格サポートサービスを展開するプロのブログコンサルタント。ココナラに出品しているブログコンサルタントサービスでは断トツの人気と実績を誇り、アドセンス審査合格者数は160人を超える。公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』を運営中アドセンス審査に落ちる理由がわからないときに確認して欲しいこと18選2022年に入り、Googleアドセンスの審査に落ちた人からのご相談が途絶えません。実際に届く私への相談内容↓この記事ではグーグルアドセンス審査に落ちたときに確認してほしい項目とその対処法について解説しています。グーグルアドセンス審査に落ちたときに確認してほしいこと18選①必要な固定ページコンテンツが揃っているか?②プロフィール内容はしっかり書けているか?③サイドバーのコンテンツは揃っているか?④HTML版とXML版のサイトマップが設置されているか?⑤Googleサーチコンソールにサイトを登録しているか?⑥アイキャッチ画像はちゃんと登録しているか?⑦カテゴリーの中に2記事以上あるか?⑧日記型・エッセイ型の記事になっていないか?⑨ただの紹介記事・情報まとめ記事になっていないか?⑩ライバルによって書き尽くされたテーマで記事を書いていないか?⑪目次は設置されているか?⑫検索ユーザーが読みやすいレイアウトデザインになっているか?⑬記事タイトルを見ただけでターゲット像と情報提供内容がわかるか
0
カバー画像

コンテンツの最小要件ってなに?アドセンス審査不合格の疑問に答えます。

コンテンツの最小要件とは?アドセンス審査で有用性の低いコンテンツと判定されるとその不合格理由の中に「コンテンツの最小要件」という記載があります。2021年5月にアドセンス審査の審査基準がアップデートされて、記事数が足りないために不合格になる事例が多く発生しています。2021年5月以前は、5記事以下という少ない記事数でアドセンス審査に合格することができたのですが、審査基準が変更になってからは5記事程度では合格することが難しくなってしまいました!少ない記事数で審査に出すと「有用性の低いコンテンツ」と判定されて「コンテンツの最小要件」という記載が出るようになっています。この「コンテンツの最小要件」とはどういうことなのでしょうか?ずばり、アドセンス審査時のページ数のことです。記事として投稿しているページの他にも、プロフィールやお問い合わせフォームなどを入れている固定ページ、カテゴリーページなどのすべてのページをカウントしたコンテンツ数を表しています。これが一定条件をクリアできていないと、「有用性の低いコンテンツ」として判定され、不合格になってしまいます。アドセンス審査合格に必要なページ数とは?2021年5月のアドセンス審査基準の変更以降の合格に必要なページ数はずばり17~19ページ以上になります。◆固定ページ①プロフィール(運営者情報)②お問い合わせフォーム③プライバシーポリシー④サイトマップHTML版⑤サイトマップXML版◆一般投稿記事(10記事程度)⑥記事⑦記事⑧記事⑨記事⑩記事⑪記事⑫記事⑬記事⑭記事⑮記事◆カテゴリー⑯カテゴリーA⑰カテゴリーB◆記事一覧ページ(トップページのこ
0
カバー画像

アドセンス審査期間中は記事を追加更新したほうがいいの?

アドセンス審査期間中に新規記事を追加する必要はない2021年5月以降、アドセンス審査の合格・不合格判定の通知メールが届くまでの審査期間が長引く事例が多発しています。申請してから14日間(2週間)ほどかかっている事例が多発しているのです。審査期間が長引くことで不安になった生徒さんや一般のブロガーさんから多数ご質問をいただいたので、アドセンス審査期間中の行動について解説します。まず、結論から先に申し上げますが、審査に出したあとは合格・不合格通知が来るまではサイトを放置していて構いません。よく「審査に出してから毎日記事を投稿すると合格しやすい」みたいなことを書いている人がいますが、何もしなくても合格できます。実際に私の生徒さんたちには審査期間中に記事を追加するような指示は出していませんが、みなさん普通に合格できています。それよりも意識してほしいのは投稿頻度を普段通りにすることです。審査に出す前にどれくらいの頻度で記事を投稿していたのかを確認していただき、審査後も変わらずに同じ投稿頻度で記事を投稿してもらえればOKです。例えば、3日に一度のペースで記事を投稿していたのであれば、審査に出した後も3日に1度のペースで新規記事を投稿して構いません。もちろん、審査結果が出るまで新規記事の投稿をやめても構いません。アドセンス審査には8記事から10記事程度あれば合格することができるため、不合格になってしまったときに、記事数が増えすぎてしまうと修正作業が大変になります。そのため、8記事以上ある場合は審査結果が出るまで新規記事の投稿を意図的に控えるという選択もアリだと思います。実際に私は自分の生徒さん
0
カバー画像

アドセンス審査合格に必要な記事数とは?2022年UD対応版

アドセンス審査合格に必要な記事数グーグルアドセンスの審査に合格するために必要な記事数は8記事から10記事程度です。※15記事以上あるのに不合格になっている場合は、記事数が不合格の原因ではなく、記事の内容(情報の質)に問題があると思ってください。2021年5月にグーグルアドセンスの審査基準が変わりました。5月以前は5記事以下の少ない記事数でも合格することができましたが、5月以降は5記事での申請では不合格になってしまうようになりました。検証実験を行ったところ、5記事では「有用性の低いコンテンツ」と判定されて不合格になったサイトが記事を3つ増やし、合計8記事にして申請したところ、合格することができました。これにより、最新のアドセンス審査基準では8記事以上あれば合格が可能ということが判明しました。↑こちらの画像は私の生徒さんが2021年6月1日にアドセンス審査に合格したときのものです。2021年5月14日に5記事で申請してみたところ、有用性の低いコンテンツと判定されて不合格になりました。その後、下書きに戻していた記事を3つほど再アップして5月24日に再申請しました。再アップした3つの記事というのは、以前に有用性の低いコンテンツと判定されて不合格になっていた記事です。それを再アップして記事数だけを増やした状態で再申請してみました。すると、合格することができたわけです。私はアドセンス審査の合格サポートを担当するコンサルタントとして300人以上の生徒さんの記事を見てきました。直接記事の添削をして、合格に導いたサイトは150件を超えています。その経験則から、記事の内容は十分に合格基準に達してい
0
カバー画像

【2022年版有用性の低いコンテンツ改善対策】アドセンス審査のプロの修正方法とは?

この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るい公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』にてアドセンス審査の合格実績を公開中!実際に合格した生徒さんのサイトと参考になる記事を公開しているのでぜひチェックしてみてください。※この記事は2022年4月31日更新されました。2022年4月現在、アドセンス審査の不合格理由で一番多いのが『有用性の低いコンテンツ』です。『有用性の低いコンテンツ』と言われても、自分のブログのどこをどのように修正したらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか?Googleは公式サイトにて『有用性の低いコンテンツ』とは、ユーザーにとって価値のない、わかりにくいコンテンツ(フィラー テキストやダミーテキストなど)だと説明しています。この記事ではブログの添削サービスの専門家が「有用性の低いコンテンツ」と判定された記事を改善して合格させるために指導している内容をご紹介しています。審査基準がアップデートされて以降の2021年12月、2022年1月もグーグルアドセンス合格サポートドットコムの受講生様たちはしっかりとアドセンス審査に合格しています!合格者様のサイトは一部公式サイトにて公開していおりますので、ぜひ参考にご覧ください→『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』で検索!有用性の低いコンテンツと判定されてしまうブログの8つの特徴とは?有用性の低いコンテンツと判定されるサイトの特徴として次のような事例が多いのでご注意ください。①すでに多くのブロガーによって書かれてしまっているネタを記事にしている②自分の書きたいことだけを主張する日記型になっている③検
0
カバー画像

2021年5月アドセンス審査に異変?審査基準がアップデートされたらしい

2021年5月アドセンス審査アップデートアドセンス審査の審査基準に異変が起きています。不合格理由の名称が更新されているのは多くのブロガーさんはすでにご存知だと思います。以前は「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」とか「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という判定理由が表示されていましたが、ここ最近は「有用性の低いコンテンツ」という不合格理由がほとんどになってしまいました。変わったのは不合格理由だけではありません。2020年3月や4月には合格できていた条件で審査に出しても不合格になってしまう生徒さんが5月に入ってから出始めたのです。それまで合格率100%だった条件なのですが、不合格が続いたため「アドセンス審査の審査基準が変更になったのでは?」という判断をしています。3月にアルゴリズムのアップデートもありましたから、その影響を受けての改正があった可能性があります。アドセンス審査の審査基準は2018年9月頃と2019年3月頃に大きなアップデートがあり、基準が大幅に変更になった経緯があります。2020年は大きな変更はなかったのですが、どうやら2021年4月から5月にかけてアップデートがあったと推測されます。※アドセンス審査の審査基準が変わったというグーグルからの公式発表などはありません。※アドセンス審査に精通しているプロだからわかる状況判断をもとに作成した情報です。プロでも不合格になっているアドセンス審査代行サービスを販売しているプロのライターさんも5月に入ってから突然合格できなくなって困惑しています。私に指導の依頼が入っています。現在、アドセンス審
0
8 件中 1 - 8
有料ブログの投稿方法はこちら