絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

49 件中 1 - 49 件表示
カバー画像

ベルティングワークショップ開催しました!

昨日、念願だった私の師匠Naomi Eyersの日本初のワークショップが無事開催できました。ボイストレーナーさん、歌がもっと上手くなりたい方などなどご参加頂きましてありがとうございます。実は、直前で難解な翻訳のスライドが追加されて、それに追われてバタバタして直前にカップラーメンを半分だけ啜って心の準備が出来ないまま始まって。。。という舞台裏もありました笑私はオーガナイザーとしての参加だったのでどこまでNaomiの聡明で熱量に溢れるサポーティブな魅力が伝わったか分かりませんが、彼女のすごさはまだまだ奥が深いので、これからお伝えしていければ嬉しいです。個人的に印象的だったのは、ベルティングのロングトーン(何秒?すごい長かった!)と、『ブレスはどれくらい大きくするかで吸うのではなく、どれくらいのマイレージ(距離)かによって吸う』という言葉。こうもバシッと言ってくれると気持ちいいです。今日、ナオミとも話して色々と課題やアイデアが降ってきています。そして、本当にコロナ早く過ぎ去れー!私もナオミも日本に行きたいのですー!皆様もどうかお気をつけてお過ごし下さい。
0
カバー画像

ジュリー

さて、ジュリー。ベアたんは、知るヒトはみんな知ってる(当たり前)ジュリーこと沢田研二さんのファンです。↑ずーっと昔に描いたジュリー青春時代はジュリーファンだということはあまり周りに知らせていませんでした。なんせ、暴威やサザンがちょっと粋な感じで、先輩たちがカラオケで歌ったりしていて、なんというか、歌謡曲に近いものって好きって言いづらい雰囲気があったんですよね。なので、ジュリーや中島みゆきさんの歌は、密かに家でレコードを聴いて、一人こそっと歌う感じでした。当時はヒトカラも今ほどは流行っていなかったし、ほとんど歌う機会はありませんでした。大人になって、やっと歌える機会が来たのですが、やはり今一緒にカラオケに行く友達の前で歌っても、反応は薄いですね。初めてみたのはTOKIOを歌うジュリー。きらびやかな衣装に身を包み、大きな気球が!!!あの色気に圧倒されました。ヒトカラではかなりの確率で歌います。ファンクラブに入会しようかとずっと迷っていたのですが、なかなかお金がなくて・・・そんな今日の作業BGMはジュリー5時間耐久です。
0
カバー画像

ボイトレ フィーバー期と停滞期

子供の身長が一気に伸びる時と緩やかな時期があるように、ボイトレにも一気に上手になるフィーバー期と成長が緩やかな停滞期があります。常にフィーバー期でいられたらすごい上手になるんじゃない?と思われるかもしれませんが、私は停滞期も必要な時期だと思っています。もしかしたら世界的な歌手は常にフィーバー期で成長してきたのかもしれませんが常人には計り知れないところです。今日はそんな”常人”のためのフィーバー期、停滞期のそれぞれの過ごし方などについて書いていきます。◉フィーバー期フィーバー期は、レッスンを受ける、余計な力みや正しい体の使い方に気づく、新しい試みをしてみる等によって引き起こされます。ダラダラ歌ってるだけではフィーバー期は起きないと思っています。ちなみに今私は9月頃からフィーバー期が続いています。日々歌い方を更新しているので『今日はすごい歌いやすかった』なんて思って歌って翌日冷静になって聴いてみたらヒョロヒョロな声だったりします。つまり、このフィーバー期は捉え方を変えると『不安定な時期』とも言えます。なので、フィーバー状態に甘んじず、常に厳しく自分をチェックする必要があります。私はこのフィーバー期には1曲は課題曲をこなしつつ、あとはカラオケボックス状態でで色んな歌を歌います。新しい感覚で色んな曲に挑戦してみる事で、”こんな声出るんだ!”とか”歌いやすい!”という発見や、感覚を定着させる狙いがあります。◉停滞期このフィーバー期がひと段落すると停滞期に入ります。フィーバー期で”なんとなく”掴んだ感覚を確実なものにする時期だと思っています。今まで使った事のない筋肉を使った時、いきなりピン
0
カバー画像

体と心の健康維持の為に歌を歌いましょう!

初めまして!BINE百合音(ビネ・ユリネ)と申します。50歳まで郵便局で働いていました。今は、配信をメインにシンガーソングライターと、SNS相談員をやっています。これからブログを書いていこうと思いました。よろしくお願いします。私は、普段SNS相談員として相談をお受けしていて、感じることがあります。どうして現代社会は、こんなにも精神的にしんどい人が多いのかと、、、?私も、郵便局で働いていた現役時代は、子育てに仕事にと、かなり精神的にもしんどいと感じる事は、多々ありました。それでも、どうにか乗り越えてこれたのは、好きな歌を作り、歌っていたからだと、後々感じるようになりました。退職後、産業カウンセラー、食養アドバイザー、セロトニントレーナー等の資格を取得し、心と体の健康の為の勉強をしていく中で、やはり自分の大好きな事、歌を歌う事は、私にとっての一番の健康法なのだと、改めて実感する事が出来ました。今でも、心と体がしんどいと感じるときは、歌を作ったり、歌ったりしています。何か気持ちがスッと軽くなるような感じがします。私の健康法は「歌を歌い自分を表現していく!」事だと思っています。人は、誰でも年齢を重ね、悲しかな衰えも感じてきます。それでも、声は、意識して発声していく、意識して歌を歌っていく事で、衰えを感じる事は少ないと私は思います。私と一緒に歌を歌い、声を鍛えていきませんか?少しづつですが、声のことも含め、心と体に良いだろうと私が感じる事を記事にしていきます。継続して書いていけるよう頑張ります。よろしくお願いします。
0
カバー画像

歌が苦手な人がカラオケで90点以上取る方法

カラオケで90点取るのって難しいと決めつけていませんか?カラオケはコツを掴み、練習さえすれば誰でも90点以上出せます。・人前で歌うとヘタだと思われそうで嫌だ。・キレイな声が出ず、上手くなる方法が分からない。・地声と歌声が変わらない。・体力が持たずに最後まで歌えない。・テクニックを使って歌えない。・歌手みたいにカッコ良く歌いたい。・上手くなって異性にモテたい。などなど…様々な悩みがあると思います。このような悩みを抱えている人は記事を読み進めて下さい。この記事を読むとカラオケで90点越えなかった人が1ヶ月で90点以上出せるようになります。目次1.選曲2.キー3.メロディー4.ロングトーン&ビブラート5.表現力(抑揚・装飾)6.誰でも今すぐにカラオケの点数を上げられる方法
0 500円
カバー画像

【歌に苦手意識のある方へ!!】その「メンタルブロック」はちょっとした工夫で突破出来る☆

【タイムテーブル】00:00 オープニング 01:30 悔しさは「諸刃の剣」 02:23 ①他人の評価はほどほどに! 03:21 ②人前で敢えて歌わない! 04:12 ③得意な曲1曲は持とう! 05:23 3つのポイントまとめ 06:10 歌の練習で気をつける事 08:32 エンディング 以前も取り上げた事のあるテーマですが、 やはり「少なくない方が抱える悩み」があります。 今回、頂いたお悩みは、 「歌は好きだけど、人前で歌うのが苦手…」こんなご相談です。 恐らく「人前で堂々と歌えるようになりたい!」 そんな深層心理を持っているように感じます(´д`) そうでなければ「苦手意識」を持つ必要なんてなくて、 自分一人で、マイペースに歌を楽しんでいれば良い訳ですから(。・ω・。) ・・・でも! やっぱり「一人で歌う」だけでは足りない何かがある。 そう思っているのは、質問者さんはもちろん、 ご覧頂いている皆さんも共感出来る部分が もしかしたら、あるのではないでしょうか(´д`) 【そんな苦手意識の克服には…?】 一言で言うなら、自分一人で勝手に作ってしまった 「メンタルブロック」を解きほぐしてあげる事☆実際、その「苦手意識」は誰かに何かを言われたりして 出来るケースは少ない気がしています(゚_゚;) 自分で「あぁ。ダメだ」「全然、上手く歌えない!」 こう自分の中でダメだしの嵐が吹き荒れるのも大きな原因かも(/_・)/ ・・・とこんな感じで原因を語ってきましたが、 それらに対して改善するなら!! 「おすすめしたい3つのメソッド」 ①他人の評価はほどほどに! ②人前で敢えて歌わない! ③得
0 500円
カバー画像

【己を信ず