絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

79 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

記憶の保持について掘り下げて

昨日説明した記憶について詳しく説明します。短期記憶についてはワーキングメモリという考えがあります。電話帳を見て電話番号を書き写す、初めて会った方の名刺を見て氏名を確認する、買い物でお釣りの金額を自分でも確認する。上記の短時間に正確に覚えることは日常生活でもあると思います、数分は覚えていれますが、何か別のことをするとさっぱり覚えていないような記憶のことです。短時間での記憶しておけるため便利ですが、本当にすぐに忘れます・・・。また、手続き記憶とは自転車や一輪車に乗れるようになると転ぶことがなくなる、ミッション車の運動での半クラが感覚で思い出すなど言葉だけでは説明が難しいような記憶です。VBAなどのプログラミングを覚えることは上記の記憶ではなく、意味記憶に当たると考えています。覚えたてや思いついた関数やプログラミングは短期記憶にあたりますが、この内容を長期記憶にするには復習がかかせません。さらに、自分のものにするには単に覚えるだけでなく、それを流用、転用、応用できなければ実務レベルには至りません。知識とそれを工夫する能力、上を見ればきりがありませんが、地道にコツコツと高みを目指したいものです。
0
カバー画像

今まで知らなかったエクセルの話 その2(シート数の上限)

前回の記事「Excel2007」がエクセルのバージョンアップの歴史において転換点であるとお伝えしました。そして扱えるデータ量が大幅に増えたことも解説しました。■「Excel2003」まで1シート当たりの行数 65,536行 1シート当たりの列数 256列 ■「Excel2007」~「Microsoft365」 1シート当たりの行数 1,048,576行 1シート当たりの列数 16,384列ちなみにエクセルシート数に上限はあるのでしょうか?今回はその事に触れてみたいと思います。結論から申し上げますとエクセルシートの上限は、そのPCのメモリ量に拠るので決まった上限数があるわけではありません。ということで実際に何シートまで増やせるのか検証してみたいと思います。といっても1シートずつ手作業で増やすのは、手間暇が掛りすぎで現実的ではありません。VBA(プログラム)を使って自動的にシートを増やし、どこまでシートが追加されるのかを検証します。VBAプログラムは以下の通りとてもシンプル(たったの6行)です。【検証結果】シートはどこまで増やせたか!?プログラムを走らせて10数分して以下のようなエラーが出ました。はたして何シートまでできたのでしょうか?「Sheet5452」まで追加できました。ちなみにこの後このファイルはすぐに落ちてしまいまともに使える代物ではありませんでした。【まとめ】■エクセルシートは私のPC環境下では5452シートまでシート作成できました。■とは言え、メモリ不足状態でまともに使えるファイルではありませんでした。⇒物事に常識的限度があるようです。。。以上くだらない検証にお付き合
0
カバー画像

【VBA】-Episode②-APIキーゲットだぜ!

みなさんこんにちは。イプシロンです。VBAを使用してWebAPIで遊び倒す企画。今回は-Episode②-になります。早速いってみましょう!!!OpenWeatherMapのAPIを使ってみる前回はWebAPIとはなにやつ?というタイトルで、WebAPIについてざっくり説明しました。今回はその中でも「OpenWeatherMap」のAPIを使用する準備をご説明します。使用するAPIまずは、下記のAPIをご覧下さい。(エイチティーティーピーエス)://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q={city}&appid={key}&lang=ja&units=metricこれは、指定した都市の現在の天気を取得するAPIになります。{city}には、Tokyoや、Ikebukuroや、Saitamaや、Urawa等、天気を取得したい都市名を指定します。{key}には、APIキーを指定します。今回はこいつ(APIキー)をゲットしに行く手順です。手順APIキーをゲットするには、OpenWetherMapサイトに会員登録する必要があります。無料で遊ぶわけですから、どこ馬の骨なのかは明らかにするという紳士たる所以です。登録する材料は、ユーザー名、メールアドレス、パスワードです。1.サイトへアクセスします。アクセスするサイトは下記です。(エイチティーティーピーエス)://home.openweathermap.org/users/sign_up2.ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。3.もろもろチェック項目にチェ
0
カバー画像

【selenium】robots.txtってなんやねん。

みなさんこんにちは。イプシロンです。スクレイピングを実施する前に注意しなくてはならないのが、webサイトの利用規約や注意事項です。なぜなら、目的次第では利用規約に反して相手先に迷惑をかけてしまう可能性があるからです。その中で、「robots.txt」の存在は必ず出てきます。今日はその、「robots.txt」について書きます。では、いってみましょう!!!robots.txtとはロボッツテキストと呼びます。クローラーに対するWebページへのアクセス制限(ルール)を記載したファイルのことです。 Webサイトのルート配下に配置されていて、以下のように対象サイトのURLに直打ちすると、閲覧することも可能です。(例)ココナラのサイトに対して、robots.txtを確認したい場合https://coconala.com/robots.txtするとこのようになります。robots.txtのフォーマットについて基本的には以下のことが記載されています。【User-agent】  →意味:クローラーの名前を指定 【Crawl-delay】  →意味:巡回頻度(秒数) 【Allow】  →意味:指定されたパス配下はアクセス可能 【Disallow】  →意味:指定されたパス配下はアクセス不可【Sitemap】  →意味:sitemap.xmlの場所を明示となります。ここで、先ほどのココナラのrobots.txtを読んでみましょう。User-agent: *Disallow: /tags/ Disallow: /register Disallow: /login Disallow: /smartpho
0
カバー画像

【Excel/VBA】VBEの背景色や文字色を見やすくする

みなさんこんにちは。イプシロンです。VBAではコードをカキカキする際、VBE(Visual Basic Editor)という専用のエディタを使います。初期設定のままでも十分なのですが、これ、、、見にくくないですか?長時間作業するのであれば、画面は真っ黒にして使用したほうが疲れにくいし(個人的感想)、なんかかっこよくないですか?ww私は、壁紙も、Officeソフトのテーマも、VSCodeもすべて真っ黒設定にしています。理由はかっこいいからですwと、いうわけで今回は、VBEの背景色や文字色を変更する方法について書きます。VBEのデフォルト画面VBEのデフォルト設定は下記のような画面になります。この状態でも充分使用できます(当たり前)ここから好みの文字色やフォントに変えていきます。手順1.画面上部の「ツール」→「オプション」をクリックします。2.オプション画面の「エディターの設定」タブをクリックします。こちらで設定して、最後に「OK」をクリックすれば完了です。以上!かんたん!!!コードの表示色についてエディターの設定にある、「コードの表示色」についての詳細は下記のとおりです。(別に覚える必要はありません。)===================================== ・標準コード:数値や文字列などの値など  ・選択された文字:クリックで選択した文字 ・構文エラーの文字:構文中のエラー箇所 ・次のステートメント:実行時エラー、Stopなどで停止している次のステートメント  ・ブレークポイント:ブレークポイントを貼っている箇所 ・コメント:コメントアウトの文字 ・キーワード
0
カバー画像

【Excel/VBA/Selenium】chromeが突如起動しなくなったときの対処メモ

みなさんこんにちは。イプシロンです。久しぶりにSeleniumでChromeを立ち上げると、突如エラーになり動かなくなる現象が発生します。久しぶり故にドキっとするので、本日は「chromeが突如起動しなくなる時の対処法」について書きます。症状今まで問題なく使用できていたのに、突如以下のようなエラーが飛び出してきました。「環境変数の値がどっかで変わった?」「そもそも何か設定するんだっけ?」「コードいじる必要あるの?」など、独り言が増え出す可能性大。。。結論(対処法)ChromeDriverを最新のにすれば良い。う~ん。。。かんたん!!!以下、解決までの手順です。手順1.右上の三点→「ヘルプ」→「Goole chromeについて」をクリックして、 Chromeブラウザのバージョンを確認します。2.バージョンを確認します。今回ですと、ver:103.0.5060.134ですね。3.以下のサイトから、該当するバージョンのchrome driverをダウンロードします。4.解凍ソフトで解凍して、chromedriver.exeを入手します。5.Windowsの「ファイル名を指定して実行」を表示させて(ショートカット:Winキー + 「R」キー)、 次の文字列を入力して、SeleniumBasicのインストール先のフォルダを表示します。%LOCALAPPDATA%\SeleniumBasic6.先程入手した「chromedriver.exe」を上書きします。(オリジナルのchromedriver.exeはリネームしておくといいかも)。7.解決です。最後にこれで無事に元通りになります。突如発
0
カバー画像

【Excel/VBA/Selenium】Webページに指定要素が存在するかチェックする

みなさんこんにちは。イプシロンです。ECサイトなど商品の在庫状況によって、サイト内の指定要素が変更される場合があります。そのようなサイトに遭遇した際、スクレイピングする際に、webページに指定要素が存在するかをチェックすなければエラーになりますので、本日はその対処法について書いていきます。結論指定要素が存在するかどうかを判断して、分岐処理をすれば問題ありませんWebページに指定要素が存在するかチェックするサンプルコード=================================Public Sub 指定要素の存在チェック()     Dim driver As New Selenium.WebDriver     Dim myBy As New By     Dim sURL As String  sURL = "スクレイピングしたいサイトのURLを入力"         driver.Start "chrome"     driver.Get sURL         '■要素が存在していればTrue/存在しなければFalse     Debug.Print driver.IsElementPresent(myBy.ID("対象要素のIDを入力"))     '■要素が存在してれば処理を行う     If driver.IsElementPresent(myBy.ID("対象要素のIDを入力")) Then         '存在していた場合の処理     Else         '存在していない場合の処理     End If         '■上記は
0
カバー画像

【Excel小ネタ-1】マウスを使わずにExcelを起動する方法

 エクセルを起動するには、デスクトップ上のショートカットアイコンをダブルクリックする方法が一般的かと思います。しかし、これだとわざわざとマウスを使ってカーソルをアイコン上に移動させる必要があり、無駄な時間がかかります。ここでは、Excelをキー操作だけで素早く起動させる方法をご紹介します。①まずWindowsキーを押すと、スタートメニューが表示されます。②続いて、Eキーを押します。 ※WindowsキーとEキーは同時に押すとエクスプローラーが起動してしまいますので、ご注意ください。③最も一致する検索結果として、Excelが表示されますので、そのままEnterキーを押せばエクセルが起動されます。 この方法で短縮できる時間は数秒程度ですが、塵も積もれば山となりますので、一年を通せば結構な効率化になるかと思います。是非試してみてください(^_^) 普段はテンプレ作成からマクロVBAまで、Excelに関する様々な作業を引き受けております。「こういうことはできますか?」の確認だけでも大丈夫ですので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。何か解決策がないか、一緒に考えましょう!(^_^)
0
カバー画像

【Excel VBA】中級者?が陥りやすい罠 ソートの仕方は?

閲覧いただきありがとうございます! Excel VBA関連で出品しているさべろくと申します。中級者?が陥りやすい罠について書いていこうと思います。Excel VBAで配列の使い方を覚えて高速化ができるようになると、何でも配列にすれば速くなると思いがちです。ここに罠があります。実は配列での処理にしない方が速いというパターンがあります。それはソートです。シートに配列の値を書き出す。そのとき、値は昇順に並んでいる必要がある。という問題があるとします。このとき方法として大きく分けて2パターン考えられます。【パターン1】 配列の値をシートに書き出してから、SortというVBAの関数を使ってソートする(Excelの機能を用いてソートする)。例.Range("A1:A100").Sort(Key1:=Range("A1"), Order1:=xlAscending)【パターン2】 配列の中身をソートして、ソートした結果をシートに書き出す。さてどちらの方が速いでしょうか?実際に検証した結果を以下に張り付けます。表中の数字は秒数になっています。【検証方法】指定した個数の配列を作成し、配列の中身はランダムの数値を入れます。その後、下記3パターンで実行します。①.シートに配列を書き出した後、Sort関数を用いてソート②.配列をバブルソートした後、シートに書き出す③.配列をクイックソートした後、シートに書き出す計測時間は上記パターンを実行している時間です。ランダムに生成した数値に偏りがあるといけないので、計測は各パターンで5回ずつ実行し、その平均値を表に記載しています。ソートの方法はいくつかありますが
0
カバー画像

プログラミングの基本的な事 その2 コード化

コード化とは、例えば「名前」だけで行った場合●同じ商品で価格が違う場合、商品名だけでは区別がつかなくなってしまいます。●何かの部品の場合、その部品名だけでは機能的な区別、取り付け場所の区別などの詳細を表す事が難しい。●社員名簿であれば、同姓同名の区別がつかない。こうした問題を解決する為に「名前」以外に数字やアルファベットでコードを作って項目に入れる事です。このコード化で必須なのは「ユニーク」であること。つまり唯一無二であることです。重複してはならないのです。これはプログラミングでとても大切な事で、例えば「A」という会社に納品書を作った場合。もし「A」という同名の会社がもう一つあった場合。納品書が同名の別会社の分も作成されてしまう可能性があります。そうなるとまずいですよね。ですから「ユニーク」であることは大切なのです。でも「名前」だけで「ユニーク」が確保できているので「コード」はいらないかも。と思われる場合もあると思います。その時はその時で「ケースバイケース」でいいのではないでしょうか。データの規模が大きくなればなるほど「コード化」は必要になって来ると思います。言い換えればデータの規模が大きくなればなるほど重複の危険性や分類の必要性が増すからです。この「コード化」で面倒なのは「コード」を管理しなければならないことです。1~順に連番を「コード」にする手がありますが、「コード」に意味を持たせる事が出来なくなってしまいます。意味を持たせるとは、例えばお客様コードの最初の「二桁」は都道府県を表すとか、社員名簿であれば、最初の一桁が勤務先事業所にするとかにすると、番号に意味を持たせる事がで
0
カバー画像

プログラミングの基本的な事 その1 データ型

これまで幾つかオリジナルでのVBA作成依頼を扱ってきました。その中で気づいた点をいくつか書きたいと思います。オリジナルで依頼されるお客様は作業のシステム化に前向きでそれなりの知識を持っておられる方が多いように思われます。それでも基本的な知識不足を感じる事があります。基本的な「ひな形」を提供してくださる方もおります。「もう少し基本的な知識があればもっとよいひな形作成できるのに」と思ってしまう時があります。ファイルのひな形がそのようなものです。Excelにおいてデータ格納ファイルは「Sheet」になります。通常のデータ格納のファイル「データベース等」はSheetのように簡単に見る事はできません。そして、各項目にデータ型を指定しなければなりません。ExcelVBAもこの「データ型」を指定しなければなりません。ExcelのSheetは便利なものでデータ型が何であろうと自動で認識してくれます。「文字型」と「数値型」は本来違う型なのですがSheet(セル)で勝手に判断して計算しれくれます。計算できない型は勝手に飛ばして計算しますね。ところが通常のプログラミングで使用されるデータを格納する「データベース」等はそうは行きません。混同しているとエラーになります。その辺の違いをしっかり理解しておくとより良い物が出来るのになあと思ってしまう時があります。プログラム言語によっては「自動」で認識して「データ型」を定義しなくてもよいものが多くなりましたが、この「自動」の裏側では依然として基本的な決まり事は変わっていないことを認識しておいた方がよいのではと思っています。例えば「数量」と「単位」を一つのセルに
0
カバー画像

【上級者向け】Excel VBA ちょっとしたテクニック

閲覧いただきありがとうございます!Excel VBA関連で出品しているさべろくと申します。今回は使えるシーンは限られているけど、知っておくと助かるそんなテクニックについて書いていこうと思います。一応上級者向けと銘打っておりますが、初心者の方も知っておくと後々使える機会もあるかと思いますので是非ご覧ください。唐突ですが、VBAは古い言語です。初出は1993年ですので、29年前からある言語となります。そのため、Python等と比べると色々用意されている関数が少ないです。例えば配列の中身をソートさせるにもPythonならsortと書けばできるのにVBAでは自分で実装してあげる必要があります。そのように既存に用意されている便利なものを使うのではなく、自作するというシーンがExcel VBAで物を作っていると度々あります。これがまたプログラミングの根本的な部分に触れる機会になってExcel VBAの楽しいところなのですが、難しいところでもあります。歴史の長い言語で元からある記事に加えて、昨今のプログラミングブームもあり、Excel VBAの記事も増えてきていることから、例えば先ほど挙げたソートの例なら「excel vba 配列 ソート」とかで検索すればヒットするのでそこまで苦労はないでしょう。ですが、経験上まだ完璧かというと少し足りないなと感じています。例えば、数学の組み合わせの問題というのがあります。10個の色付きボールから4個選んだときの組み合わせを列挙せよ、といった問題です。この場合「excel vba 組み合わせ 列挙」とかで調べるとしましょう。調べると組み合わせを算出する関数を
0
カバー画像

Excel VBA オーバーフローというエラーが出てくるとき

ココナラでExcel VBA関連のサービスをやっているさべろくと申します。閲覧いただきありがとうございます。いきなり本題ですが、Excel VBAで下記エラーが出るときがあります。これは指定したデータ型の範囲を超えた場合に出てくるエラーです。例えばInteger型で変数を宣言した場合は、-32,768~32,767の範囲に収まっていないと上記エラーが出ます。直す方法はもっと大きな範囲を扱える型にすることです。例えばLong型にすれば-2,147,483,648〜2,147,483,647の範囲の数値を扱えます。ここまではよく記事に書かれている内容です。ちょっとだけ変わった事例のお話をします。それはLong型を超えた場合にどうすればいいのか?という話です。仕事でLong型を超えるケースに遭遇しました。数学で扱われる組み合わせを列挙する問題です。例えば、10個のボールから4個選んだときの組み合わせのパターンを列挙しなさいといった問題です。実際には10個から4個選んだ組み合わせの場合は、セルに「1 2 3 4」「1 2 3 5」のように組み合わせを記載していくというものです。下記の通りExcelを用意しました。総数を指定して抜き取り数を指定すると、通り数が算出されます。通り数はExcelの関数であるCOMBINを使って算出しています。実行ボタンを押すと1シートに下記のように表示されます。※これは10通りから3つ選んだときの結果です。総数と抜き取り数を自由に設定できるようにしているため、ここで問題が起きました。通り数がエクセルの1シートのセルの数(約171億)を超えてしまい、書ききれず
0
カバー画像

Excel VBA(マクロ)の定期実行、それできますよ?

閲覧ありがとうございます<(_ _)>ココナラでExcel VBA関連で出品しているさべろくと申します。早速本題です。Pythonでスクレイピングツール(Web上のデータを取得するツール)を作るかExcel VBAで作るかの判断で、「Excel VBAで作ったものは定期実行ができないが、PythonはできるからPythonで作る」という意見を聞いたので、Excel VBAでもできますよという記事を書こうかなと思いました。やり方は大きく分けると2通りかなと思います。※Windows環境について書きます。[1]. Excel VBA + タスクスケジューラで実行するこれは、Excel VBAのプログラムで「エクセルファイルが開かれたときにマクロが実行されて、実行が終わったらファイルを閉じる」という記述を書く方法です。具体的には、「ThisWorkbook」モジュールに「Workbook_open」というサブプロシージャを記述すればできます。開かれたら実行されるExcelを用意して、タスクスケジューラでエクセルファイルを決まった時間に開くだけです。[2]. VBScript(もしくはバッチファイル) + タスクスケジューラで実行するこれは、VBScriptなど外部ファイルでエクセルを開いて、マクロを実行して、閉じるという方法です。タスクスケジューラには、上記のVBScriptなどの外部ファイルをセットして実行するだけです。このように2つのやり方があります。おススメは[2]です。[1]はエクセルファイルを開いたときに自動でマクロが実行されて閉じるという処理が実行されるため、
0
カバー画像

"S"tay "H"ome Support Brog

[2022.05.23] ブログを始めました! よろしくお願いいたしますm(_ _)mまずは自己紹介させていただきます。元々は公共事業向けシステムのSEをしておりましたが、紆余曲折あり、現在の本業は製造業です。ココナラでは、SE経験を活かしてサイドビジネスとして始めさせていただきました。現在のところ、販売実績は2件と少ないですが、おかげ様で高い評価をいただいております。(ご購入者様、ありがとうございました!感謝いたします!)今のところ、サービス内容も少ないですが(以下のサービスを提供中です)今後更にスキルアップして、多くのサービスを提供して行きたいと考えております。是非とも、よろしくお願いいたします。☆サービス内容 [2022.05.23現在]☆◇Comming Soon !◇<Excel:ペーパーレス化!汎用チェックリストシステム> ・設定用Excelシートで作業指示データを登録、同一ネット上の複数PCへ配信可能 ・設定用Excelシートに印刷様式シートをユーザーが作成可能 ・印刷様式シートの各行に、入力用Excelシートのチェック項目No.をユーザーが任意に紐づけ ・入力用Excelシートを立ち上げると、設定用Excelシートで登録した作業指示データ(例えば、注文番号、製品形式、シリアル番号)が表示される ・入力用Excelシートには、チェック項目行毎に「OK/NG/SKIP」入力フォーム表示、「文字列」入力フォーム表示、直接入力(数値上下限チェック機能付き)の何れかが任意に紐づけ可能 ・入力用Excelシートのチェックを総合判定して合否判定が可能 ・チェック結果をCSVフ
0
カバー画像

Excel VBA+seleniumでサイトをキャプチャした画像を取得するツールを作ったお話

こんにちは、さべろくと申しますm(_ _)m普段ココナラでExcel VBAのお仕事をやらせて貰っています。今回ちょっと技術的に面白い挑戦をしたのでそのご報告をしたいと思います。Excelでスクレイピングツール(Web上のデータを取得するツール)を作る方法はいくつかありますが、Chromeブラウザを使って簡単に作成する方法としてseleniumというものがあります。seleniumの機能を使うとWeb上のデータが簡単に取得できるようになるので、Excel VBAでスクレイピングツールを作りたい人にはお勧めです。さて、そんなselenium(Excel VBAで使うseleniumは厳密にはselenium basic)私が個人的にお気に入りの機能があります。それはjavascriptを実行する機能です!!立ち上げたChromeブラウザで表示したWebサイトに対して好きなjavascriptのコードを実行できるというものです。excel vba seleniumで検索するとまだまだ少ないですが色んなサイトがヒットがします。けれどもこの機能を紹介しているサイトは少ないです。恐らくexcel vbaで書きたいのにjavascriptで書けるよと言われても嬉しくないからなのかな?とか思っています。けれど、seleniumとExcel VBAでスクレイピングツールを作ろうすると限界があり、私は仕事でスクレイピングツールを作るときはよくjavascriptも使用します。因みに下記のように書きます。-----------------------------------------------
0
カバー画像

【Excel VBA】棒グラフ作成マクロ▽ソースコード

'↓↓↓↓↓Sheet1(データと同じシート)に Option Explicit Option Base 0 Public Sub 棒グラフ作成マクロ()     Dim RngPos As Range     '     If Sheet1.ChartObjects.Count = 1 Then        Sheet1.ChartObjects(1).Delete     End If     '     Set RngPos = Sheet1.Range("B5:G12")           '←配置領域     Sheet1.ChartObjects.Add RngPos.Left, RngPos.Top,  _                                         RngPos.Width, RngPos.Height     With Sheet1.ChartObjects(Sheet1.ChartObjects.Count).Chart         .ChartType = xlColumnClustered                 '←グラフ種別         .SetSourceData Source:=Range("B2:G3")    '←データセル指定         .PlotBy = xlRows                                       '←データ配列         .HasTitle = True                             
0
カバー画像

【ココナラ出品者様へ】便利なツールを無料でプレゼントします(; ・`д・´)

ココナラでExcel VBA関係で出品しているさべろくと申します。 ココナラの「分析」ページを私はよく眺めているのですが、直近3か月までしか分からないのと月ごとに何件売れて売上がどれくらいだったのかが分かりづらいことが不満でした。 そのため、「売上」ページからダウンロードできるCSVファイルを読み込んで、月ごとの売上や販売件数をグラフで表示するツールを作りました。 ツールの実行画面は↓こんな感じです。 ツールの使い方は、まず「①.ファイル選択」ボタンを押してココナラからダウンロードしたCSVファイルを選択します。 次に「②.実行」ボタンを押すとグラフが入ったエクセルファイルが自動で生成されるというものです。 表示できるグラフは↓こんな感じです。 おひねりを除いたグラフとおひねりを含んだグラフの二つが表示されます。 年度毎にシートが作られて、そのシートに上記売上グラフが二つ表示されているといった感じです。 このツールを使うと月ごとに何件売れていて、どれだけ売上があるのか、段々売上が上昇しているのか横這いなのかといった傾向が分かります。 本ツールはGithubで公開しているので、本当はGitのURLを張り付けてダウンロードしてみてね、がしたかったのですが、ココナラのブログは外部リンクを張り付けられないので、お手数ですが欲しい方は私にメッセージでご連絡ください。 ツール頂戴な、といっていただければ、よかよ~と送りつけます。 ココナラでの売上をグラフで表示して分析したい方、単純に使ってみたい方、ご連絡お待ちしております<(_ _)> 以上、お読みいただきありがとうございまし
0
カバー画像

【ココナラ出品者の方へ】便利なツール作りました。無料で配布します!

ココナラでExcel VBA関係で出品しているさべろくと申します。ココナラの「分析」ページを私はよく眺めているのですが、直近3か月までしか分からないのと月ごとに何件売れて売上がどれくらいだったのかが分かりづらいことが不満でした。そのため、「売上」ページからダウンロードできるCSVファイルを読み込んで、月ごとの売上や販売件数をグラフで表示するツールを作りました。ツールの実行画面は↓こんな感じです。ツールの使い方は、まず「①.ファイル選択」ボタンを押してココナラからダウンロードしたCSVファイルを選択します。次に「②.実行」ボタンを押すとグラフが入ったエクセルファイルが自動で生成されるというものです。表示できるグラフは↓こんな感じです。おひねりを除いたグラフとおひねりを含んだグラフの二つが表示されます。年度毎にシートが作られて、そのシートに上記売上グラフが二つ表示されているといった感じです。このツールを使うと月ごとに何件売れていて、どれだけ売上があるのか、段々売上が上昇しているのか横這いなのかといった傾向が分かります。本ツールはGithubで公開しているので、本当はGitのURLを張り付けてダウンロードしてみてね、がしたかったのですが、ココナラのブログは外部リンクを張り付けられないので、お手数ですが欲しい方は私にメッセージでご連絡ください。ツール頂戴な、といっていただければ、よかよ~と送りつけます。ココナラでの売上をグラフで表示して分析したい方、単純に使ってみたい方、ご連絡お待ちしております<(_ _)>以上、お読みいただきありがとうございました。
0
カバー画像

自作メッセージボックスの作成 その1(エクセルVBA)

エクセルVBAにはメッセージボックスを表示できる機能があります。しかしVBAで用意されているメッセージボックスは、文字サイズの変更やボタンの文言の変更が出来ないなど、多少の不満点があります。今回はその不満点を補ったメッセージボックスを作成してみます。そもそもメッセージボックスとはマクロの実行中にユーザーに対してメッセージを表示するための機能です。主な用途としては・処理の実行前に「実行してよろしいですか?」のようにユーザーの意思を確認する・間違った入力を検知した時などにエラーの内容を表示する・処理が終了したことをユーザーに知らせるなどの用途があります。 VBEの記述 表示される内容見ての通り文字が小さく、ボタンの文言「はい」「いいえ」も自由に変更することが出来ません。完成イメージ・完成のイメージとしては、実際のメッセージボックスと似た使用感で文字サイズとボタンの文言が変更できるように作ってみます。・実際のメッセージボックス同様、ボタンのプリセット(vbOKOnly、vbYesNoのような使い方)も出来るようにしてみます。モジュールの作成まずは必要なモジュールを作成します。・Form_MsgBox:自作MsgBoxのUIを設定するユーザーフォームユーザーフォームにはラベルを1つ、コマンドボタンを3つ設置しておきましょう。ラベルの横幅は出来るだけ広げて設置しておきます。(理由は後述します。)それぞれオブジェクト名を変更しておきます。 label1 → lbl_Prompt CommandButton1 → Button1 CommandButton2 → Button2 Comman
0
カバー画像

【Excel VBA】変数にIF構文を利用するときってどんなとき?

YouTubeでも紹介しています。是非ご覧ください。VBAは、変数が、利用できるようになると、とても便利になります。 初学者の時は、決まり文句のように記載していました。 今回は、変数にIF構文を設定してみたいと思います。 変数にIF構文を利用するときってどんなとき? こんにちは。伊川です。 前回は、司法書士試験の問題を利用して、シート全体にマクロ実行ボタンを設置しました。 今回も、ルーティン業務を僕滅する内容です。 これも、実務の中で思いついたのですが、余りNETでは見かけません。 見かけないということは、需要がないと思います。 しかし便利なので、利用してみてください。 このブログはこんな人にお勧め Excelで、VBAを勉強している人 IF構文の利用の幅を広げたい人 ルーティン業務を僕滅したい人 このブログを、読み終わるころには・・・・ VBAの初学者頃は、IF構文を勉強すると思います。 プログラムは、条件分岐の繰り返しです。 しかし、IF構文の以外な利用方法が理解できると思います。 IF構文と変数を組合わせるとき 変数は、便利なのですが、 Dim a as string このように、なんの疑問も持たずに記載していたと思います。 つまり、a という文字に、何かを代入するということです。 これが、変数の基本中の基本です。 なので、a=”伊川直助”とすると、aは、伊川直助をとう役割を果たすようになります。 私も、初学者の時は、フーンとしか思っていませんでした。 しかし、実務で、どうしてもやり方が、わからないときに、突然、閃いたことを紹介します。 IF構文と変数を合わせるとき 作業
0
カバー画像

料理とプログラム

プログラミングがマンネリ化してきて、ちょっと新しい方法で作成しようと試みているのですが、アイデアが貧弱でいまいち。近所の図書館に行って、色々物色していました。ある、「〇〇プログラミング講座」という本を借りてきて情報収集。本当に初心者向けなので「あー失敗した。」なのですが「プログラミングは料理といっしょ。」という説明があって「ちょっと面白い。」と思って書いてみます。「プログラミング」を学びたいと思っている方は多いようです。「プログラミング」を義務教育に組み入れようとする動きすらあるようです。その一番の理由は実際にプログラマーを養成するというより、プログラミングの考え方を「役立てる」という事のようです。確かに一つの仕事をプログラミングするには、実際している仕事をどのようにシステム化してコンピュータにやらせるかを考えなければなりません。まず、紙媒体のデータをデジタルのデータベース化する必要があります。現在の手書きでの一連の処理を、パソコンに入力して処理する方法に切り替える。その時より省力化が求められますし、ミスが少ない手順にする必要もあります。単に手作業をPCのキーボードやマウス操作に切り替えるだけでなく、付随する様々な事柄も考慮しなければならないのです。「ボタン一つを押したら、完成」だったらさぞかし楽だろうとは思ってみても「プログラミングとは何ぞや。」が最初に立ちはだかります。それは言語の壁のようなものでもありますし、概念の壁のような部分もあります。借りた本の中に「プログラミングは料理のよう。」という一文がありました。「なるほど」とうまい例えだなあと思った次第です。料理は材料と手順
0
カバー画像

【注意】Office365 2203~WEB・メールからダウンロードしたマクロがブロックされる!!!

こんにちは!経理コンサルのKoseiです。ちょっと愚痴というか、危惧していることがあって、世の中の人はどのくらい関心を持っているのだろうか。タイトルのとおりOffice365のバージョン「2203」よりWEBやメールからダウンロードしたマクロ(拡張子が「.xlsm」のExcelファイル)がデフォルトでブロックされるそうです。おそらく背景にあるのが悪名高いウイルス「Emotet」(コロナではないです。コンピュータウイルスです(笑))が流行していることがあるんだろうなあと思っておりますが、業務効率化をする立場にとっては心配ではあります。何年も業務効率化に携わっておりますが業務効率化とセキュリティは本当に対立してしまって困ったものです。セキュリティなんかなくなってしまったらいいのに・・(暴論(笑))VBA開発者である私が気にしているのはこの点です。1.VBAを全く使わない人でも、Excelマクロの中身が全く見れない もしくは編集できないのではという心配→まずこれが一番ヤバいのではと思っています。どうやら見る限りではファイルの中身が見れなくなるようで、日本中の事務員がビックリして情シスへの問い合わせがエグいことになるのではと危惧しています。2.マクロで別のマクロファイルを開いて操作しようとするとエラー になるのではという心配→まあこれは開く前に手で対応ができるので、何とかなりそうですが、 運用でなんとかするので、連絡面倒くさいなあと思う次第です。3.RPAでWEB・メールからダウンロードしファイルを開くということ ができなくなるのではという心配→これが一番心配です。RPAは「器用貧乏」
0
カバー画像

【ACCESS 概念編】データベースから、呼び出すということは?

YouTubeでも紹介してます。是非ご覧ください司法書士試験の過去問を利用して、データベースの概念編を説明しています。 BIGデータの攻略に関して、役立てば幸いです。 データベースから、呼び出すということは? こんにちは。伊川です。 前回は、主キーの作成方法と、テーブルの作成方法について解説しました。 ACCESSというよりも、データベースを作成していると、楽しいです。 それは、どのようなデータが、抽出されるかという、ドキドキ感が、たまりません。 つまり、データベースに問い合わせるという、クエリというものが重要になります。 クエリ自体は、それほど、難しいものではありません。 実務でも、データが整形されていれば、難しくありません。 要するに、データベースを、清く、正しく、美しく保つことです。 整形されたベータベースは、見て、気持ちいいです。 話がそれましたが、抽出した、クエリを、どのように可視化するのか? データベースに問い合わせるときの条件を、いかにカンタンにするか? つまり、それでなくても、取っ付き難いデータベースです。 利用する側に、便利と思ってもらわないと、廃れていくだけです。 なので、使いやすいデータベースを作成しましょう。 このブログはこんな人にお勧め ACCESSを勉強している人 ACCESSでVBAを勉強している人 ACCESSが、不便と思っている人 このブログを、読み終わるころには・・・・ 今回紹介したことは、私が、実務で利用しているものです。 便利か、否かは、わかりませんが、一応、ACCESSは、セクションには浸透しています。 Excelも、ACCESSも使い
0
カバー画像

本当に信頼性のあるマクロExcelVBA開発者を見分けるには?

こんにちは!経理コンサルとしてVBA開発しているKoseiと申します。本業では主に大手製造業経理向けにマクロVBA開発をしておりまして、かれこれ7年になります。もっと会社内だけでなく、世の中の方に役に立ちたいと思って今回ココナラで出品しました。依頼者にとって本当に役に立てるようにVBA開発をしていきたいと思っておりますが、VBA開発で出品している方の多いこと多いこと。。。泣レッドオーシャン(血の海)でお仕事いただけるかなと意気消沈気味でございます。。さて本題になりますが皆さんにためになる情報をご提供しようと思います。それは「本当に信頼性のあるExcelマクロVBA開発者の見分け方」というものです。実はVBAができるという方は世の中にかなりの数いますが、その技術レベルはピンキリで、出品実績があってもレベルの低い開発者に依頼をしてしまうと、すぐエラーになって使い物にならなくなったり、処理速度が遅いものになってしまうことが多くなるリスクがあります。そもそもExcelVBAができるという定義が曖昧って話ですが。。私の経験上、ExcelVBAの開発レベル分けとしては以下の通りです。【VBA開発レベル】レベル1:記録マクロ(Excelの操作をVBAのコードにする    機能)が使えるレベル2:変数を活用でき、記録マクロで作成したコードを    部分的に直すことで構築できるレベル3:ステートメント(条件分岐・繰り返し)を使えるレベル4:配列という概念がきちんとわかっている    OLEオートメーション等バインディングを活用してるレベル5:WindowsAPIを使った開発ができる       
0
カバー画像

【ACCESS 概念編】データベースを作成するには?

YouTubeでも紹介しています。 是非ご覧くださいBIGデータを、上手に利用するには、データベースの作成が必須です。 これは、PowerQuery や、Excelがいかに優れていても、ACCESSには勝てません。 その説明をしたいと思います。 データベースを作成するには? こんにちは。伊川です。 ACCESSって、わからない、難しい、そんなことを、よく耳にします。 もっとも、ACCESSではなく、お金があるなら、他のデータベースを利用すればいいと思います。 Excelや、PowerQueryは、整形されたデータベースを前提にしなければなりません。 例えば、PowerQueryを利用すると、文字の分割等は、Excelよりもはるかにカンタンです。 しかし、それは、データベースを設計するときに、分割をしておけばいいだけの話です。 伊川直助⇒これは、絶対にやってはいけません。 伊川 直助⇒これは、まだマシです。しかし、スペースが全角なのか、半角なのかで、SQL文が変わってきますし、入力する人が、半角、全角は気にしないと思います。 このような場合に、PowerQueryなどを利用すると、楽になるというだけです。 伊川 直助 このように、姓と名は、絶対に分けるべきです。 伊川 直助を、分解するのは難しいですが、合体させるのはカンタンだからです。 このようなことを念頭において、データベースを作成すれば、その時点で、月の処理時間は、10時間は変わります。 余談ですが、私は、競馬はで、市販されている、4つの指数と、血統と、異常オッズ、その他の指数、約12種類を、毎週ACCSSに入力しています。
0
カバー画像

【Excel VBA】PDFをExcelに変換した後の問題

YouTubeでも紹介しています。是非、ご覧ください。PDFを、Excelに変換するということはよくあると思います。 私は、実務ではそんなに使いません。 しかし、最近、必要に迫られて、既存の知識を利用して、整形してみました。 PDFをExcelに変換した後の問題 こんにちは。伊川です。 今回は、PDFをExcelに変換したのちの、問題です。 さすがに、VBAで、PDFをExcelに取り込むということはしません。 それは、PDFのページ数が多いからです。 書籍なので、VBAで実行しても、途中で、停止すると思います。 しかも、VBAで、PDFをExcelに取り込めるか、どうかもわかりません。 Pythonを利用すればできそうな気もします。 PDFを、Excelに変換するソフトは、結構ありますよね。 何を利用するかという問題はありますが、私は、Wondershare PDFelementを利用しています。 無料でも利用できますが、スタンプが入ります。 永久ライセンスを購入しましたが、使い方に関しては、難しくありません。 しかし、Excelに取り込んだけど、その後は、どのように整形するのかという問題です。このブログはこんな人にお勧め PDFのデータを、Excelに取り込みしたい人 PDFのデータを、Excel等で、有効活用したい人 VBAを勉強している人 このブログを、読み終わるころには・・・・ 世の中は、ペーパーレス化の時代です。 紙を利用する前に、データを有効活用しましよう。 結局、しおりを利用するより、ハイパーリンクを利用する方がはるかに便利だということがわかります。 VBAで、
0
カバー画像

【Excel VBA】ユーザーフォームの入力漏れ防止について

YouTubeでも紹介しています。 是日 ご覧くださいデータベースを作成するにあたり、入力漏れは大敵です。 今回は、ACCESSではなく、Excelのユーザーフォームについて2つの考えたでアプローチしたいと思います。 ユーザーフォームの入力漏れ防止についてこんにちは。伊川です。 ユーザーフォームで入力漏れを防止するには、様々は方法があります。 テキストボックス1個毎に設定するのは、結構大変です。 テキストボックスが、100個あったら、100個の処理を書く必要があります。 以前の私は、このようなことをしていました。 しかし、とてつもなく、非効率です。 そして、Functionを利用して、一括で、入力漏れを防止していました。 この考え方は、For~Eachを利用して、一括管理します。 しかし、発想を変えると、もっと便利になるかもしれません。 このブログは、こんな人にお勧めExcelのユーザーフォームで入力漏れを防止したい人 Functionを勉強している人 クラスモジュールを勉強している人 このブログを読み終わるころには・・・・・今回の内容は、入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBAの11章で紹介されている内容です。 書籍では、クラスモジュールを利用して記載はされていません。 しかし、クラスモジュールを利用すると、すごく、コードが短くなります。 入力漏れの考え方今まで、私は、Functionを利用して入力漏れを、防止していました。 しかし、その入力漏れを、すり抜けてくる輩がいます。 現時点では、これが最強と思っていました。 しかし、入門レベルでは決して足
0
カバー画像

請求書作成アップデート

請求書作成のアップデートをしました。●修正機能をより充実させました。  請求書印刷手前ギリギリで、データを戻し修正を行えるようにしました。  「あ、しまった!」に対応しました。●再発行機能の追加  再発行機能はオプションでしたが、標準機能にしました。※ついでに紹介画像も新しく作ってみました。いまいちですか・・・センスないなあ。先日納品した商品は、帳票の下部に「合計」の記入がありまして、複数ページを印刷する場合。ある行数に詳細記入が来た時次のページの下部に「合計」の記入が移る。という事案がありました。皆さんがご使用になっている帳票は本当に様々だなあ、と思いました。今回一番悩んだのはFormのfocus機能がFormをモードレスにすると使えない? うまく機能してくれないというのがありました。気づくまでやや時間がかかってしまったのですが、どうもそういう設定のようです。ExcelVBAはまだまた深いなあ。と思いました。もうだいぶ古い言語なのですが可能性はありますね。これからもがんぱって創って行きます。
0
カバー画像

【Excel VBA】クラスモジュールを利用して、Excelでイベントを一括管理する

YouTubeでも紹介しています。是非、ご覧ください。ACCESSで、クラスモジュールを利用して、イベントの一括管理を紹介しました。 今回は、Excelで、クラスモジュールを利用して、イベントの一括管理を、行います。 クラスモジュールを利用して、Excelでイベントを一括管理するこんにちは。伊川です。 以前、コンボボックスを利用しないで、連動した値を取得する方法を紹介しました。 コンボボックスを作成したほうが楽だとは思います。 しかし、配列の勉強もかねて、ユーザーフォームで作成しました。 下記の記事を参照してください。 クラスモジュールは、VBAにおいては、本来のクラスモジュールとは、違うということを、 ACCESSのクラスモジュールで紹介しました。 下記の記事を参照してください。 VBAでの、クラスモジュールは、イベントの一括管理と覚えてください。 また、ACCESSとでは、微妙に書き方が違いますので、是非、ACCESSのクラスモジュールと見比べてください。 このブログはこんな人にお勧め クラスモジュールを勉強している人 クラスモジュールの適当なサンプルがない人 クラスモジュールが、全然、理解できない人 このブログを、読み終わるころには・・・・ 私も、クラスモジュールが、なにか全然理解できませんでした。 しかし、コードを眺めることで、少しだけ理解できるようになりました。 単純なサンプルですが、是非、コード眺めて、理解するように努めてください。 Excelで、イベントの一括管理 ACCESSも、Excelも、イベントの一括管理は、WithEventsを利用します。 クラス
0
カバー画像

請求書作成NEWバージョン改定

請求書作成NEWバージョンをより入力しやすく改定しました。NEWバージョンの特徴はなんといっても、連続印刷です。以前のバージョンでは1件の請求で最大28行までの1枚しか印刷できませんでした。少額の請求向けでした。今回のは連続印刷が可能です。1件の請求につき印刷すると何枚にもなるでもOKです。しかし入力が多くなると、入力に時間がかかったり、折角入力ものが誤入力だったりする頻度が増えてきます。今回は入力修正部分を強化しました。各行は連番で番号が付されます。その番号を指定すれば、修正、削除、一行挿入ができます。一行挿入されたところには、あらたにデータを入力できます。請求データとは別に「項目」と「備考」を入力できます。それぞれは「登録」と「削除」ができます。使用頻度が多いものは登録して再度使用することができます。この「項目」と「備考」によって物販以外の業態の方にもある程度対応できるのではと考えております。請求書に限らず、各帳票は業態によってまたは事業所によって仕様は様々です。カスタマイズのご相談も承っております。どんなご質問でも結構ですので、ご連絡頂ければ対応致します。
0
カバー画像

【Excel VBA】コンボボックスの作成は今すぐ禁止

YoTubeでも解説しています。ぜひ、ご覧ください。Excelの初心者の頃は、何かとコンボボックスを作成したくなります。 次に、連動のコンボボックスですね。 しかし、凝りすぎると、コンボボックスは不便です。 【Excel VBA】コンボボックスの作成は今すぐ禁止こんにちは。伊川です。 Excelの初心者の頃は、何かとコンボボックスを作成したくなります。 次に、連動のコンボボックスですね。 しかし、凝りすぎると、コンボボックスは不便です。 今回は、コンボボックスに変わる方法を紹介します。 以前に、連動のコンボボックスの作成は、下記の記事で紹介しています。 参考にしてください。 連動コンボボックス作成には、様々な方法があります。 INDIRECT関数を利用する方法はやめた方がいいです。 これは、経験談です。 業者とかに、システムを発注しても、平気で、長いコンボボックスを作成してくるときがあります。 はっきり言いますが、こんなコンボボックスは、迷惑のなにものでもありません。 だから、社内システムは、処理を、知っている人が一番です。 このブログはこんな人にお勧めコンボボックスが、不便と思っている人 連動のコンボボックスを作成したいと思っている人 コンボボックスを最強と思っている人 このブログを、読み終わるころには・・・・コンボボックスのリストは、せいぜい、5行までです。 私は、競馬をしていますが、競馬場の選択は、10行あります。 10行の中から、選択するのは、本当に不便です。 発送の転換と、少しの配列の知識で、作成可能です。 連動のコンボボックスに変わる手段個人的な意見ですが、連動のコ
0
カバー画像

【Excel VBA】誰も教えてくれないプログラミングのやり方

記事の閲覧ありがとうございます。さべろくと申します。Excel VBAは10年前から触っていて、前職では社内講師を務めた経験があり、ココナラでは3か月で20件程度、作成や相談を請け負う仕事をやらせてもらっています。ココナラ上で初心者の方向けにExcel VBAを教えるお仕事もやっているのですが、皆様抱える問題が似ていまして、「本(ネット)で勉強したけど私が作りたいものの作り方が分からない」この悩みが多いなと感じました。この悩みはあることを知れば解決するのですが、知らない場合はこれから勉強するぞという方も上記悩みを持たれるかもしれません。この記事はその悩みを解決し、作りたいものが作れるようになるためのポイントを実際の例を通して解説していきたいと思います。よろしかったらご購読ください。
0 500円
カバー画像

請求書作成28行版のバージョンアップ

請求書作成28行版のバージョンアップを行いました。これまで、いくつかの使いにくさがありましたが今回のバージョンアップでより使いやすいものになったと思います。主な問題点と変更点問題点①請求データの進捗状況が確認しにくい。 基本入力時は「Sheet請求」の位置に固定でしたので 実際に印刷される「Sheet印刷」の状態が分からず  確認の為にSheetを手動で移動しなけらばならなかった。  ●改善点  基本入力時を「Sheet請求」から「Sheet印刷」に変更して 入力状況が即時確認できるようにした。 問題点②再発行がない  ●再発行を追加した。  再発行は請求番号をキーとして発行されるようにした。 再発行時「再発行」と印刷がされるようにした。 問題点③入力途中での削除ができない。  ●作成中の「Sheet印刷」の全クリアと 各詳細行の削除ができるようにした。  削除後にも追加入力は可能です。 以上が改善点でより使いやすいようにバージョンアップしました。 宜しくお願い致します。
0
カバー画像

Google Apps Script と ExcelVBA

以前から気になっていたGoogleAppsScript(GAS)を考察して、ExcelVBAとの違いや可能性について書いてみます。 特長 ①OSに縛られない。  インターネットに繋がる環境であれば、OSに縛られることなく使う事ができる。 ②各Google製品との連携が簡単に且つ密に出来る。 ③プログラミングによって自由に作成できる。 ④基本無料 懸念材料 ①インターネットが繋がらないと使えない。 ②クラウドサーバー側での動作なのでレスポンスが悪い。 ③フォームがExcelVBAのように込み入った仕様が不可かな。 GoogleAppsScript(GAS)はとてもよく出来たもので様々な可能性を感じています。 ネットワークでの各データ共有はより簡単に出来るようになるでしょう。 結論としては、全く違う「道具」だなあと思います。 Excelとスプレッドシートは同じ「表計算ソフト」ですが、それを拡張する考え方がまるで違うように感じました。 自分のように「Excel」の「Sheet」をデータベースと考えている者にとっては、是までと全く違った発想をする必要がありますね。 GASはまだまだ未知のものですので、色々創ってみてその可能性を探ってみたいと思います。 GASのプログラミング言語とExcelVBAを比較するとVBAの古さを感じますね。 でも、プログラミングの基本的なところを学ぶにはいいですね。 新しい言語はいろいろな所が省略されていて逆にわかりづらいかなあと思うところもありますね。 昔のCOBOL言語なんかは「定義文」がとても長くて大変でしたけど、データの属性やデータの長さ 実ファイル
0
カバー画像

【Excel VBA】色々なものをコレクションする

YoTubeでも解説しています。是非、ご覧ください。最近、クラスモジュールに、ハマっています。 クラスモジュールを利用する際に、collectionオブジェクトを利用することがあります。 そういえば、説明していなかったと思いました。 色々なものをコレクションするこんにちは。伊川です。 VBAを、勉強するにつれて、色々な技を身に着けてきます。 すると、だんだん、一括処理と、コードを短くするということが、楽しくなってきます。 行きつくのは、配列等になるのでしょう。 その中でも、Collecitonオブジェクトに、最近触れることが多いです。 ここを説明しないと、クラスモジュールの説明の際に、いきなり、Collecitonが登場しますので、今回、説明をしようと思います。 連想配列的な側面もありますが、連想配列ほど、難しくないです。 このブログはこんな人にお勧めVBAの勉強が好きな人 効率的をしたい人 コードを短くしたい人 このブログを、読み終わるころには・・・・Collecitonオブジェクトは、クラスモジュールに似ているとおもうはずです。 多分、クラスと、Collecitonオブジェクトを組合わせるともっと便利になると思います。 CollecitonCollectionオブジェクトとは項目(item)とキー(key)をセットで格納するオブジェクトのことです。 Collectionオブジェクトの要素には数値、文字列からオブジェクトまで格納することがで