絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

14 件中 1 - 14 件表示
カバー画像

【直感と実行を一致させる】

日常的スピリチュアル、安田です。 与えられた直感を 形に残すことができれば 実行することができます。 実行するためには 言語化が必要なので 直感を言語化することができれば 直感と実行を一致させることが できるようになります。 実行することの 必要性を感じていても どう実行したらいいのかが 分からない人は 言語化ができていないのです。 漠然とただ動こうとしても 何をしていいのかが 分からなければ 動きようがないのです。 今の時代の実行は 情報発信をすることが 主な実行になっていきます。 与えられた直感 悟ったこと 感じていることを 形に残すことで 発信することができ 実行することができます。 直感というのは 自分だけに留めていても 意味がないのです。 一人一人に 与えられる 直感が違うので その直感を発信して 気づきや悟りを 与えていくことで 与えられた直感を 活かすことができるのです。 情報は無限に 増え続けていますが 同じような情報を 発信しても意味がないのです。 与えられた直感を 発信することで 情報発信の 差別化ができるのです。 どんな人でも 直感は与えられているのですが 言語化ができないので 発信することが できないのですが 言語化するためには 言葉を身につける 努力が必要なのです。 感じている境地の 言語化ができれば 直感的な歩みが できるようになり 直感的な歩みによって 前に進むことが できるようになります。 とくに今の時代は 感じている境地が 価値視される時代なので 感じている境地の言語化が できるだけでも 価値提供ができるのです。 言葉を身につけるには 学び続け
0
カバー画像

【使命を決める】

日常的スピリチュアル、安田です。 使命はふとした瞬間に 啓示のように 与えられることもありますが 大抵の使命は 自分で決めたことが 使命になります。 使命が啓示のように 与えられるにも 自分で決めたことの 積み重ねが必要なのです。 自分で決めたことが 「これではない」と悟ることで 「これが使命だ」と 悟ることができるのです。 悟りというと 一方的に与えられるような 印象がありますが 求め続けていくことで 悟りの境地に至るのです。 宇宙の法則は 願わないことは 与えられないのです。 願っても 使命でなければ 与えられないのですが 願わないで 与えられることは ありません。 中には否応なしに 使命を悟るしかない環境が 与えられる人もいますが 大抵の人は 自分から求めないと 使命は悟れないのです。 なので、使命は とりあえず決めて みるしかないのです。 自分で使命だと思うこと 感じることを決めて その使命を全うしようとして 最善を尽くしていけばいいのです。 宇宙の法則は すべての人に 平等に働くので 使命ではないところには 導かれないようになっています。 使命ではないことは できないようになっています。 たとえ、意図的に選んだことでも 意図的に拒否したことでも 使命であれば できるようになるし 使命でなければ できないようになるのです。 現実的には 今の目の前のことが 使命になっていきますが 今の目の前の使命も 決めなければ実行できません。 どんな小さなことでも 実行すると決めることで 使命になるのです。 使命の悟りは 他の人が代わることはできないので 自分で決めたことから 悟るしか
0
カバー画像

【感情は刺激によって動く】

日常的スピリチュアル、安田です。 感情というのは 刺激によって動いていきます。 良くも悪くも 感情が動くときは 何らかの刺激が 与えられているのです。 刺激というのは 外から与えられるのと 自分の内から 与えられることがあり どちらの刺激によっても 感情が動くようになるのです。 感情には大きな力があるので 感情の動きによって 何らかの影響が出てくるのです。 外からの刺激によって たった一言で やる気が出たり やる気が下がることもあるので 感情というのは 非常に繊細なのです。 内からの刺激というのは 過去の記憶を思い出したり ありのままの感情が 刺激を与えてくるのです。 私たちが感情の影響を 受けやすいのは 無意識に刺激を 受信しているので 影響を受けてしまうのです。 都合が良い影響だけを 受けていたいのですが 現実の中では 不可能なのです。 良い影響だけを受けて 常に良い状態を 保ちたいのですが 刺激を避けることは できないのです。 与えられる刺激というのは コントロールができないので どうすることもできないのですが 刺激が与えられる前に 意図的に自分で自分に 刺激を与えてしまえば 刺激の影響を 小さくすることが できるようになるのです。 自分で自分に 刺激を与えるというのは 何をやるにしても 思い切りやって 徹底的にやることで 刺激を与えることができ 自分で感情を動かすことが できるようになります。 思いきり 徹底的にやることは 学ぶことと 実行することで 限界まで学び 限界まで実行することで 感情を動かすことが できるようになります。 限界というのは 自分の基準での 限界で
0
カバー画像

【前倒しのリズムを身につける】

日常的スピリチュアル、安田です。 今はスピードが求められている時代なので 何をするにしても、早め早めの歩みが 必要なのです。 スピード時代に 合わせていくには 前倒しのリズムが 必要になります。 前倒しのリズムを 身につけることで 何をするにしても 早め早めの歩みが できるようになります。 どうせやることが 決まっていることは 早く実行してください。 やることでなくても 行くべきところには 早めに行ってください。 間に合うように 行くのではなく 早く行って 自分のリズムを 身につけるのです。 前倒しのリズムが 身についている人は 何をするにしても早いのです。 自然に、即断、即決 即実行ができるのです。 スピード時代と言っても 現実的には時間 空間の制限があるので 早い実行というのは できないのです。 瞬間移動はできないので 早めに移動することしかできません。 霊的世界は 時間、空間の制限がないので 瞬間移動ができ 時間に縛られることも ないのですが この世の私たちは 制限の中で工夫して 歩むしかないのです。 霊的世界から見たら この世の歩みというのは もどかしいくらいに遅いのです。 ですが 霊的世界は身体がないので 霊的な協助しかできないのです。 この世の私たちは わずかでもスピーディーに 歩むことができれば 霊的世界の 波動に合わせることが できるのです。 前倒しの歩みは リズムでもあるのです。 即断、即決、即実行も リズム的な歩みになります。 何をするにしても 早め早めの歩みができれば より早く歩むことが できるようになります。 今の時代は 遅いだけで失格であり 早いだけで
0
カバー画像

【情報収集よりも悟りを求める】

日常的スピリチュアル、安田です。 情報は無限に増え続けているので 情報収集は切りがないのです。 学ぶこと 学び続けることは 必要なのですが 学びを通して どう悟るかなのです。 覚える 暗記する学びではなく 悟る学びによって 深い境地で学ぶことが できるのです。 情報収集の罠に嵌ってしまうと 切りがなく情報ばかりを集めてしまい 情報を集めれば集めるほど 不安を感じてしまうのです。 多くの人は 「自分だけが知らないのでは・・・」と 勝手に思い込んでいますが どんな人でも 知っていることよりも 知らないことの方が 圧倒的に多いのです。 そして 自分が知らないところで 何かをしていると 気になってしまうのです。 何となく置いてけぼりに されていることを感じ 不安を感じてしまうのです。 他の人が知っていることを 自分が知らないとなると 不安に感じてしまうのですが 知る必要がないことは 知らなくてもいいのです。 必要なことでも 認識できない場合があるので 認識できる時までは 学び続けるしかないのです。 認識というのは 悟りの始まりでもあります。 深く悟るためには まず、認識することが 必要なのです。 多くの情報を収集しても 悟れるとは限らないのです。 同じようなことを 学び続けることで 認識することができ 悟ることができるのです。 時代の流れを 知るための情報は 必要なのですが 自分の専門分野の知識を 深く学んで 深く悟ることで 学習力を 強化させることが できるようになります。 自分の専門分野を 磨いていきながら 光らせることを 意識してください。 どんなに多くの情報収集をしても 自分の
0
カバー画像

【学べることに使命がある】

日常的スピリチュアル、安田です。 私たちはどんなに学んでも 全ての分野を学ぶことは 絶対にできません。 学べることを選んで 学べることしか 学べないのです。 何を学んだらいいのかが 分からない人がいますが しっくり来ること 何となくでも必要性を 感じることを学べばいいのです。 何にしっくりくるか 必要性を感じるかは 人それぞれで違います。 そして、時と場合によって しっくり来る時もあれば しっくり来ない場合もあるし 必要性を感じる時もあれば 来ない場合もあるのです。 色々なことを 学んでいくことで 学ぶべきことを 悟ることができるのですが どんなことを学ぶにしても 無駄な学びはありません。 私たちが学べることは ほんのごく一部のことしか 学ぶことはできません。 どんなに勉強熱心な人でも 1%も学ぶことはできないのです。 なので 知っていることよりも 知らないことの方が 圧倒的に多いのですが 知らないことが多いことが 問題なのではなく 学び続けられているかが 問題なのです。 学びというのは 一朝一夕で知識が 身につくのではないし 学んだことを悟るまでに 時間がかかるのです。 学習力は学び続けることで 身についていくのです。 今は生涯学習時代なので 生涯学び続ける時代なのです。 学び続けることで 使命を悟ることができ 学び続けることで 投入する歩みが できるのです。 実行ができない 投入ができないというのは 学ぶことが 不足しているから できないのです。 徹底的に学んでいる人は 徹底的な歩みができるのです。 学んでばかりでは 頭でっかちになる と言う人がいますが 頭でっかちになるほ
0
カバー画像

【選択の失敗を恐れない】

日常的スピリチュアル、安田です。 失敗というのは 知識、技能が無くて 失敗するのですが 選択を間違って 失敗する場合もあります。 ただ、どちらの失敗も 避けることはできないのです。 知識、技能の無さは 実行してみないと 分からないし 選択の失敗も 選んでみないと 分からないのです。 失敗しない方法は 何もしないで 何も選ばないことですが それでは 一歩も前に進むことができません。 私たちは最善を尽くす歩みはできますが 完全完璧の歩みはできません。 選択の失敗をしたとしても 実際は大した支障はないのです。 失敗を恐れてしまうと それこそ身動きが取れなくなり 一歩も前に進めなくなってしまうのです。 何を選択しても 完全完璧の選択はできません。 答えが無い時代なので 何が正解で、何が間違っているのかは 判断しようがないのです。 完璧を求める思考は 誰にでもあるのですが 不確実なことに 完璧を求めてしまうと 苦しくなってしまうのです。 現実の歩みというのは 何をやっても 何を選んでも 不確実なことばかりです。 その不確実なことというのは 当然失敗する可能性があるのです。 完璧主義の人は 自分で自分を追い込み 他の人も追い込んでしまい 自分で苦しくなり 他の人も苦しめてしまうのです。 完璧思考というのは 思考の癖でもあります。 答えが一つしかないと 思い込んでいるので その一つの答えに 辿り着けなければ 失敗だと思い込んでいます。 学校の勉強は 答えが一つしかないのですが 世の中には 無限に答えがあります。 その答えも 正解、不正解という どちらかに決着をつける 答えではなく 選択肢の答
0
カバー画像

【言い訳思考に気づく】

日常的スピリチュアル、安田です。 私たちはどんなことでも 天才的に言い訳ができる 思考があります。 残念ながら できるようにする思考よりも できないようにする思考の方が 天才的なのです。 言い訳思考は 誰でもあるのですが この言い訳思考に 気づけないと 無限に言い訳を し続けてしまうのです。 大抵の言い訳というのは どうすることもできないことを 言い訳にするのです。 時間が無い お金が無い 知識が無い 人脈が無い・・・と どうすることもできない 今すぐどうすることもできない言い訳をして 思考を停止させてしまうのです。 言い訳をしているときは 言い訳をしている自覚がありません。 誰でも言い訳を しているとは 思いたくないので 正当化しようとするのです。 何となくでも 言い訳はみっともないと 感じているので 正当化している つもりになっています。 言い訳をしたいのは 実行したくないのと 面倒に感じるからです。 とくに面倒に感じることは 「面倒くさい」とは 自覚したくないので より天才的に言い訳ができるのです。 言い訳思考に気づくと より自分の弱さや未熟さを 自覚できるようになり 居心地の悪さや みっともなさを 感じることができます。 今までの言い訳は 今さらどうすることも できないのですが 言い訳思考に 気づくことが 必要なのです。 言い訳をしている 自覚をすることで ありのままの自分と 向き合うことが できるのです。 言い訳思考からは 前に進むことはできません。 前に進むためには 前に進むための思考が 必要なのです。 言い訳
0
カバー画像

【脳ではなく心情に従う】

日常的スピリチュアル、安田です。 脳ではなく心情に従うというのは 直感を基準にして従うということです。 直感を頼りにしていく歩みが 求められている今の時代は 考える前に実行してみるという 勢いが必要なのです。 心情というのは 抑えがたい衝動であり 好奇心に近い境地でもあります。 どんな人にも 心情があるのですが 今の時代は 心情を育てていくことで 心情的な歩みが できるようになります。 感情的というと 何となく良くない 印象がありますが 心情的というと よく分からなくても 良い印象があります。 時代の恩恵によって 心霊の基準が上がり 心情が芽生えてきています。 心情的な歩みが できるようになることで より心霊基準を 上げることができるという 好循環ができます。 徹底的に学んで 脳を鍛えることは 必要なのですが 実行は心情に 従うべきなのです。 なぜなら 脳で考えられることには 限界があるからです。 感情の操縦のためには 論理力を身につけていくことが 必要なのですが 心情的な歩みができることを 目指していくことで 疲れない歩みができるのです。 歩み続けることが できる人というのは 習慣が身についているのと 心情が育っているので 歩み続けることができるのです。 心情は投入する歩みを 続けることで 育てることができます。 常に投入する歩みをしている人は 真空状態ができているので 心地がいい疲れに 快感を感じています。 その快感を常に感じていたいので さらに投入することができるのです。 そして、さらに心情が 育っていくので
0
カバー画像

【自己満足は拡大されていく】

安田です。 「自己満足」というと 何となく聞こえが悪いのですが 努力というのは 自己満足なのです 学ぶことにしても 実行するにしても 自分を満足させているに すぎないのです。 基準高く歩める人は 自己満足の基準が 上がっているということです。 成長欲求というのは 自己満足なのです。 成長欲求には 上限がないので どんなに満たしても 空しくなることはありません。 外的に恵まれている今の時代は 無意識では成長欲求を求めています。 ですが 成長欲求を求めていることを 把握できていない人が多いのです。 成長欲求は根底の欲求なので 感じている境地なので 把握ができるそうで できないのです。 そして 成長欲求を満たすには 努力が必要なのです。 学ぶこと 実行することを 続けていかなければ 成長欲求を 満たすことはできません。 成長欲求 すなわち自己満足を 満たすことで 拡大されていくのです。 その拡大が 影響力でもあるのです。 成長欲求に上限がないように 自己満足にも上限がありません。 いくらでも自己を 満たしたくなるので 基準高く歩むことが できるのです。 努力をしている 続けているというと 何となく偉そうに なってしまいがちですが 努力は自己満足だと 捉えることで どんなに努力をしても 傲慢になることはありません。 自己満足を感じる歩みを していく人が増えていくことで さらに努力をする人が 増えていくのです。 先駆けて歩む使命が ある人は 先駆けて努力することが 求められています。 そして 基準を上げ続けることが 求め
0
カバー画像

【祈っているが、願っていない】

安田です。 どんな人でも 何かの宗教をやっている やっていないに関係なく 何となくでも 祈っているのです。 ですが 祈っていても 願っていないので 努力ができないのです。 努力というのは 学ぶことと 実行することなのですが どう実行したらいいのかが 分からなかったとしても 学ぶことだけはできるのです。 完全完璧の知識では なかったとしても 今はいくらでも 学ぶことはできます。 願うというのは 希望的な印象がありますが 願い続けるには エネルギーが必要なのです。 なぜなら 願ってもすぐには 叶わないからです。 願い続けて 努力を続けることで 願いを叶えることが できるのですが ひたすら忍耐するような歩みが 続いていくのです。 なので 祈ることはできても 願い続けることが 簡単ではないのです。 本当に祈るべきことは 願えるように祈るべきなのです。 願えるようになれば 努力がしたくなるのです。 そして 努力を続けることが できるようになります。 常に努力ができる人は 願っているということです。 表面的に祈っているのではなく 深い境地で願っているので 願っているとおりに 実行するのです。 祈っているだけなのか 願っているのかを 自己分析することが 必要なのですが 何らかの努力が できているのであれば 祈っているだけではなく 願っているということです。 暇と孤独の環境によって 何となくでも祈りやすい 時代になっています。 ただ祈っていても 願っていないと どんなに暇でも 何の努力もしないのです。 努力というのは 時間が有り余
0
カバー画像

【完璧主義だと決断ができない】

安田です。 前に進むためには 実行が必要であり 実行するためには 決断が必要なのです。 決断ができない人は 優柔不断であり 完璧主義でもあるのです。 完璧に準備してから 決断し、実行しようと 考えてしまうのです。 ただ、もし完璧に 準備ができたとしたら そもそも決断する必要はないし 実行する必要もないのです。 どんな人でも 完璧の環境を 整えることはできません。 現実の環境の中で 決断して、実行して 前に進んでいくのです。 なので 完璧主義ではなく 最低主義が必要なのです。 極論を言えば 決断と実行は 生きていれば できるのです。 どんな環境であっても 身体一つあれば 決断と実行は できるのです。 足りないものに フォーカスしたら いくらでも 足りなさを感じますが 今あるものに フォーカスしたら いくらでも 資源があるように 感じるのです。 適度に与えられていて 恵まれているので 決断ができ 実行ができるのです。 これから新しい時代を 迎えていくようになるので 否応なしに 決断するしかない 環境になっていきます。 何がどのように 起こるのかは 誰にも分からないのですが 変化に対して 柔軟に対応できる 余裕さが必要なのです。 現実的には 変化してから決断し 実行するしかないのですが どのような変化が 起こったとしても 決断と実行ができれば 問題はありません。 時代が変化するときは 私たちも生み変えられます。 場合によっては 強制的に環境が 変えられることもあります。 強制的に環境が 変えられるというのは 自己責
0
カバー画像

【アフター時代を迎える準備をする】

安田です。 身動きが取れない時期は 準備をしていく時期になります。 準備をしていくには 計画を立てることが 必要なのです。 アフター時代は 確実に来るのですが アフター時代を 迎える準備は 今しかできません。 今までの価値観が崩されて 横一列になることで 皆が同じスタート地点に 立っています。 そのスタート地点で 準備を始める人もいれば 今までと変わらないで 何となく過ごす人もいます。 時代が変わった 時代が変わる ということを 認識できないと 過去の価値観に しがみついてしまい 過去に戻ろうという 発想になっていきます。 漠然と過去の状態 今までの状態に戻ることを 願ってしまうと 前に進めなくなります。 アフター時代というのは 今までとは全く違う時代なので 今までの価値観を 捨てなければ 計画や準備を することができません。 どのような時代に なっていくのかは 実際に来ないと 分からないのですが 少なくても 今までとは 全く違う時代です。 今は内外共に 壊されている瞬間です。 個人においては 暇と孤独で自我が壊され 環境においては 身動きが取れない状態で 今まで当たり前に やっていたことが できなくなっています。 このような時期に 準備できることには 限りがありますが その限りの中で 最善を尽くしてください。 その最善は 学びと実行しか ないのですが 徹底的な学びと 実行をしていくことで 身動きが取れない中で 充実した歩みができます。 この準備の時期も いつまでも続きません。 闇のような 夜のような時期で
0
カバー画像

【実行力】 自分にしかない環境を活用する方法

0
14 件中 1 - 14
有料ブログの投稿方法はこちら