【情報収集よりも悟りを求める】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。

情報は無限に増え続けているので
情報収集は切りがないのです。
学ぶこと
学び続けることは
必要なのですが
学びを通して
どう悟るかなのです。
覚える
暗記する学びではなく
悟る学びによって
深い境地で学ぶことが
できるのです。
情報収集の罠に嵌ってしまうと
切りがなく情報ばかりを集めてしまい
情報を集めれば集めるほど
不安を感じてしまうのです。
多くの人は
「自分だけが知らないのでは・・・」と
勝手に思い込んでいますが
どんな人でも
知っていることよりも
知らないことの方が
圧倒的に多いのです。
そして
自分が知らないところで
何かをしていると
気になってしまうのです。
何となく置いてけぼりに
されていることを感じ
不安を感じてしまうのです。
他の人が知っていることを
自分が知らないとなると
不安に感じてしまうのですが
知る必要がないことは
知らなくてもいいのです。
必要なことでも
認識できない場合があるので
認識できる時までは
学び続けるしかないのです。
認識というのは
悟りの始まりでもあります。
深く悟るためには
まず、認識することが
必要なのです。
多くの情報を収集しても
悟れるとは限らないのです。
同じようなことを
学び続けることで
認識することができ
悟ることができるのです。
時代の流れを
知るための情報は
必要なのですが
自分の専門分野の知識を
深く学んで
深く悟ることで
学習力を
強化させることが
できるようになります。
自分の専門分野を
磨いていきながら
光らせることを
意識してください。
どんなに多くの情報収集をしても
自分の専門分野と一致しない情報では
悟りの境地に至れません。
人それぞれで
悟りの境地が違うのは
一人一人の個性の違い
能力、才能の違い
使命の違いがあるので
悟りの境地が
異なっているのです。
共感できる境地というのは
ごく一部の境地なのですが
そのごく一部の境地から
深い境地で悟ることも
できるようになります。
多くの人は、何のために
情報収集をしているのかも
よく分かっていません。
ただ受け身で
一方的に情報を
入れているのですが
その情報を
活かせていないのです。
今は学んだことを
アウトプットする時代ではなく
悟ったこと
感じたことを
アウトプットする
時代なのです。
どんなに多くの情報を
収集したとしても
悟れない情報
感じられない情報では
意味がありません。
アウトプットが
できない人が多いのは
悟っていない情報なので
価値を感じることができないので
アウトプットができないのです。
自分の専門分野に
悟りの境地を
プラスさせることで
価値ある知識を
生み出すことが
できるようになります。
悟りの境地には
霊力があるので
霊力を投入することが
できるようになるのです。
今からの時代は
感じる境地が
求められるので
表面的な知識や情報を
知っていても
価値が感じられません。
悟っている境地
感じている境地を
投入していくことで
価値が感じられるのです。
今までの時代は
表面的にごまかすことが
できたのですが
今の時代は感じさせることが
求められているので
ごまかすことができません。
本物しか通用しない時代なので
本物になるための努力をしていければ
今の時代の波動に
合わせる歩みが
できるようになります。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌