絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

6 件中 1 - 6 件表示
カバー画像

【情報収集よりも悟りを求める】

日常的スピリチュアル、安田です。 情報は無限に増え続けているので 情報収集は切りがないのです。 学ぶこと 学び続けることは 必要なのですが 学びを通して どう悟るかなのです。 覚える 暗記する学びではなく 悟る学びによって 深い境地で学ぶことが できるのです。 情報収集の罠に嵌ってしまうと 切りがなく情報ばかりを集めてしまい 情報を集めれば集めるほど 不安を感じてしまうのです。 多くの人は 「自分だけが知らないのでは・・・」と 勝手に思い込んでいますが どんな人でも 知っていることよりも 知らないことの方が 圧倒的に多いのです。 そして 自分が知らないところで 何かをしていると 気になってしまうのです。 何となく置いてけぼりに されていることを感じ 不安を感じてしまうのです。 他の人が知っていることを 自分が知らないとなると 不安に感じてしまうのですが 知る必要がないことは 知らなくてもいいのです。 必要なことでも 認識できない場合があるので 認識できる時までは 学び続けるしかないのです。 認識というのは 悟りの始まりでもあります。 深く悟るためには まず、認識することが 必要なのです。 多くの情報を収集しても 悟れるとは限らないのです。 同じようなことを 学び続けることで 認識することができ 悟ることができるのです。 時代の流れを 知るための情報は 必要なのですが 自分の専門分野の知識を 深く学んで 深く悟ることで 学習力を 強化させることが できるようになります。 自分の専門分野を 磨いていきながら 光らせることを 意識してください。 どんなに多くの情報収集をしても 自分の
0
カバー画像

【霊力を投入する教育】

日常的スピリチュアル、安田です。 教育をされる人は 受け身側になりますが 教育をする人は 与える側になります。 教育をする人は 与えているのであり 投入しているのですが 今の時代の教育は 知識だけの教育ではなく 霊力を与える教育が 求められています。 霊力というのは 感じさせる力であり 感じることができる 力のことをいいます。 霊力を与える 投入といっても 今の基準で 与えられること 投入できることを 提供していけばいいのです。 今できることを 精一杯にできれば 霊力を与えることができ 投入することができます。 そして 霊力を投入する教育は 霊的に拡大されていくのです。 どんな分野の教育であっても 霊力を投入することができ 霊力を投入することで その分野の教育を 拡大させることができるのです。 表面的な知識だけを教える教育は 終わったのです。 なぜなら、表面的な知識は 専門家が公開しているので 知識だけであれば 誰でも簡単に学ぶことができ 知ることができるのです。 これからの時代に必要なのは 「霊性教育」なのですが 霊性教育というのは 霊的世界の教育と 霊力を強化させる 教育でもあるのです。 霊力を強化させることで 霊的に振り回されなくなり 現実の環境の影響も 受けなくなります。 とくに混沌としている時期は 振り回されないために 霊力が必要なのです。 霊力の強化は 瞑想の習慣と 徹底的な学びで 強化させることが できるようになります。 霊力を強化させることで 霊力を与える教育 霊力を投入する教育が できるようになります。 教育というのは 与えることであり 投入することなのです。
0
カバー画像

【真空状態とは?】

日常的スピリチュアル、安田です。 真空状態は 投入することで つくることができるのですが 感覚的なことであり 感じることなのです。 真空状態は見えないのですが 感じることができれば 投入する歩みが できているということです。 投入する歩みというのは 出し切って、やり切っている 状態のことをいいます。 どんな歩みをしていても 真空状態をつくることが できていれば 何の心配もする 必要がないのです。 なぜなら 宇宙の法則の通りに 歩んでいるからです。 ただ、真空は自然に 埋まるようになるのですが いつ埋まるのかは 分からないのです。 いつ埋まるか分からないことに 投入し続ける歩みをしていくことで 不安を感じることもありますが 宇宙の法則を信じて 歩み続けていけば 本当の意味で 宇宙の法則を感じることが できるようになります。 私たちができることは 投入していくことだけなのです。 現実の知識や技能の基準が どうであるかではなく 投入していくことで 宇宙の法則の通りに 歩むことができるのです。 真空状態をつくる意識をして 投入することができていれば 何の負債も無い 歩みができているので あとは真空が埋まるのを 待っていればいいのです。 負債が無い歩みというのは 完全完璧な歩みでなくてもいいのです。 結果が願うように 出ていなくても 負債が無い歩みが できていれば 何の問題もありません。 流されるように 生きている人は 何となく負債があるのです。 やろうと思えば できることが できていないので 負債を感じるのです。 その負債が
0
カバー画像

【注意コントロール力】

日常的スピリチュアル、安田です。 私たちは常に緊張していて 常に全てのことに 注意を向けることはできません。 注意のコントロールというのは 注意を向けることを選べる力のことをいいます。 注意すべきことに注意し 都合がいいことに注意を向ける 力のことをいうのです。 何に注意を向けるのかは 人それぞれで違いますが 注意を向けることに 集中し、投入することが できるのです。 とくに混沌している時期が 意識が燦爛としているので 意識のコントロールが しにくくなっています。 これは自分の思いだけではなく 集合的無意識の影響もあるので 我知らず意識が燦爛とし 混沌としてくるのです。 これは時代が大きく変わる 前触れであるので 混沌さ、燦爛さを 大きく感じている人ほど 転換ができるのです。 なのでより 注意コントロール力が 必要になっていきます。 集中したいこと 投入したいことに 注意を向けることで 現実の中で 日常の中で やるべきことが できるようになります。 混沌さや燦爛さは 集合的無意識の影響であり 霊的な影響でもあるのです。 その影響によって 振り回されてはいけないので 霊力の強化が必要なのです。 このような時期だからこそ 霊力を身につけるために より学び より実行して より瞑想をして 集中し 投入することが 必要なのです。 ある意味 霊的な攻撃を 最も受けやすいのが 今の時期なのです。 とくに使命がある人は より内的な試練が大きくなります。 この内的な試練は 自分で越えていくしかないので 霊力の強化が必要なのです。 私たちの
0
カバー画像

【エネルギーを創造する】

安田です。 エネルギーの創造というのは 教育というエネルギーを 創造するということです。 教育というのは 単に何かを教えるだけではなく 未来を創造する エネルギーがあります。 「総教育時代」というのは 全ての分野の教育をしていく 時代なのですが 今までの各分野の再創造や 新しい分野の創造をすることで エネルギーを 増やすことができます。 エネルギーを創造するには まず自分のエネルギーを 投入することから始まります。 創造には投入が必要なので 出し切る、やり切ることで 投入することができるのです。 今は中途半端に 歩む時代ではなく 投入し切る歩みが 求められています。 どんな分野であっても 中途半端な歩みでは 何事も成すことはできません。 それこそ 本気になって 真剣になって 全てを投入し切る歩みをしないと 中途半端な歩みになってしまい 何も創造することが できないのです。 自分のエネルギーを どこに投入するのかを 選ばないと 無駄なことに エネルギーを 消耗させてしまい 肝心なことに 投入することが できなくなります。 エネルギーが無限であれば いくらでも投入し続けることができますが 私たちのエネルギーは有限なので 何に投入するのかを 選ばないといけないのです。 人にしかできないことしか できなくなることで より投入する歩みが 求められてきます。 ある意味 真剣にやるか やらないか 本気でやるか やらないかに 二極化されていきます。 中途半端なことが できなくなるのです。 何をするにしても 中途半端な人は 何も極め
0
カバー画像

【未来から見る時間管理】

安田です。 時間というのは 休むことなく 進み続けるので 管理しにくいのですが 未来から見ることで 今の瞬間に投入することができ 時間管理ができるようになります。 多くの人の 時間の感覚は 過去から現在に至り 未来に向かうような 感覚なのですが 時間の流れは 未来から現在に至り 過去に流れていきます。 つまり 過去、現在、未来ではなく 未来、現在、過去という 流れになります。 この時間感覚によって 未来に実らせたいことを 今投入することができるのです。 未来から見ることで 今までがどうであったか 過去がどうであったかは 全く関係がないということです。 私たちは未来に向かって 歩んでいるのです。 今投入していることは 未来に実らせるために 投入しているのです。 過去ばかりを意識してしまうと 未来を意識することが できなくなります。 未来に実らせることを 意識することで 今の目の前のことに 集中することができ 投入することができます。 過ぎ去った過去というのは 良くも悪くもどうにもできません。 どうにもできないことに 意識を向けるのは それこそ時間の無駄なのです。 ただ私たちには 記憶があるので 無意識に過去を 思い出してしまうのです。 未来に向かいたくても 無意識に過去を思い出し 過去を引きずってしまうことがあります。 記憶というのは 生きていれば 常につくられていきます。 その記憶を整理していかないと 記憶に振り回されてしまい 未来に向かうことが できなくなるのです。 過去の記憶を 整理していくのが 瞑想の習慣なのです。
0
6 件中 1 - 6
有料ブログの投稿方法はこちら