絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

52 件中 1 - 52 件表示
カバー画像

【Y-Biz】2025年の崖 克服のための施策 人材育成と組織改革で未来を切り拓く

はじめに2018年、経済産業省が発表した「DXレポート」で警鐘を鳴らされた「2025年の崖」。この危機は、もはや未来の話ではありません。2024年現在、多くの企業が崖っぷちに立たされています。しかし、「まだ間に合う!」適切な対策と人材育成、組織改革を断行することで、中小企業でも2025年の崖を乗り越え、更なる飛躍を遂げることができます。本記事では、中小企業経営者向けに、2025年の崖克服のための施策となる具体的な対策を、以下の4つの柱を中心にご提案していきます。1. 2025年の崖の本質を理解し、危機感を共有する1.1 2025年の崖とは何か?2025年の崖とは、日本企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進できなければ、2025年以降に最大12兆円の経済損失が発生する可能性があるという、経済産業省の警鐘です。この損失は、主に以下のような要因によって発生すると考えられています。・レガシーシステムの老朽化によるシステム運用の困難化・サイバー攻撃などのセキュリティリスクの増加・新しいビジネスモデルへの対応遅れ・人手不足による業務効率の低下1.2 中小企業が直面する特有の課題中小企業は、大企業と比べて以下のような特有の課題を抱えており、2025年の崖の影響を受けやすいと言えます。・経営資源の制約: 人材、資金、時間などの経営資源が限られているため、DX推進への投資や人材育成が難しい・DX人材不足: デジタル技術に精通した人材が不足している・経営層のDXに対する理解不足: 経営層がDXの重要性を認識しておらず、推進に消極的な場合がある・組織の硬直性: 意思決定や業務プロセスが
0
カバー画像

R04【10上下水道部門】必須問題Ⅰ『解答論文例』- 技術士第二次試験 -

R04_I-1「過去問題」  近年、デジタル化が進み、国では2021年9月1日にデジタル庁が発足するなど、デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」という。)社会の構築として、あらゆる分野で検討が開始されている。  インフラを支える上下水道事業においても、人口減少による料金、使用料収入の減少、技術者の不足や老朽化施設の増加など様々な課題を抱える中で安定的に事業を継続させるため、今後、DXの活用について検討が求められる。  このような状況を踏まえ、下記の問いに答えよ。 (1)上下水道事業に共通するDXに関する状況を踏まえ、技術者としての立場で多面的な観点から3つの課題を抽出し、それぞれの観点を明記したうえで、その課題の内容を示せ。 (2)前問(1)で抽出した課題のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対してDXを活用した複数の具体的な対策を示せ。 (3)前問(2)の対策を実行しても新たに生じうるリスクとそれへの対策について、専門技術を踏まえた考えを示せ。 (4)上記事項を業務として遂行するに当たり、技術者としての倫理、社会の持続可能性の観点から必要となる要件、留意点を述べよ。 R04_I-1【解答例】
0 2,000円
カバー画像

R04【09建設部門】必須問題Ⅰ『解答論文例』- 技術士第二次試験 -

R04_I-1「過去問題」  我が国では、技術革新や「新たな日常」の実現など社会経済情勢の激しい変化に対応し、業務そのものや組織、プロセス、組織文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立するデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進を図ることが焦眉の急を要する問題となっており、これはインフラ分野においても当てはまるものである。  加えて、インフラ分野ではデジタル社会到来以前に形成された既存の制度・運用が存在する中で、デジタル社会の新たなニーズに的確に対応した施策を一層進めていくことが求められている。  このような状況下、インフラへの国民理解を促進しつつ安全・安心で豊かな生活を実現するため、以下の問いに答えよ。 (1)社会資本の効率的な整備、維持管理及び利活用に向けてデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進するに当たり、技術者としての立場で多面的な観点から3つ課題を抽出し、それぞれの観点を明記したうえで、課題の内容を示せ。 (2)前問(1)で抽出した課題のうち、最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対する複数の解決策を示せ。 (3)前問(2)で示したすべての解決策を実行して生じる波及効果と専門技術を踏まえた懸念事項への対応策を示せ。 (4)前問(1)~(3)を業務として遂行するに当たり、技術者としての倫理、社会の持続性の観点から必要となる要点・留意点を述べよ。 R04_I-1【解答例】
0 2,000円
カバー画像

【Y-Biz】AI時代におけるDX戦略と効果的なAI導入、そして必要なリスキリング

1. はじめに近年、AI技術の飛躍的な進歩により、様々な分野で革新が進んでいます。特に、生成AIの登場は、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進と、企業や個人の働き方に大きな変化をもたらす可能性を秘めています。本ブログ記事では、AI時代におけるDX戦略と効果的なAI導入、そして企業や個人に今後ますます求められるリスキリングについて、以下の3つの観点からご紹介します。2. AI時代におけるDX戦略2.1 変化の激しいAI時代に求められるDX戦略AI技術の進化は、ビジネス環境を急速に変化させています。従来の延長線上のDXでは競争力を維持することが難しくなりつつあり、AI時代においては、変化を先取りした戦略的なDXが不可欠となります。2.2 効果的なAI導入を支えるDX戦略のポイント効果的なAI導入を実現するためには、以下の点に留意したDX戦略を策定することが重要です。・ビジョンと目標の明確化: AI導入の目的と期待される成果を明確に定義し、経営層と共有する必要があります。・データ基盤の整備: AIモデルの学習には大量のデータが必要です。必要なデータを収集・整理し、活用しやすい基盤を構築する必要があります。・人材育成: AIを活用できる人材を育成することが重要です。経営層、現場担当者、IT部門など、それぞれの役割に合わせた教育プログラムを用意する必要があります。・組織体制の改革: AI導入に伴い、組織体制や業務プロセスを見直す必要があります。部門間の連携や意思決定の迅速化を図る必要があります。・安全対策: AIモデルの倫理的な利用や、データセキュリティ対策を徹底する必要があり
0
カバー画像

【ココナラを使いこなそう!】#10 出品サービス⑥

こんにちは 今回も前回の続きで「出品サービス」について検討していきます。\マニュアル作成のサービスを出品しました/私が、以前から出品したいと思っていたサービスです。みなさんは、「マニュアル」と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?・作るのめんどくさい(そもそもない!)・読むのめんどくさい(そもそも読まない!)・しっかり読み込みます!・IKEAの組み立てマニュアル好き・MTなど、いろいろかと思います。以前、私は製造業メーカーのマニュアルを読む機会がありました。分厚いキングジムで閉じられた紙のマニュアルでした。5分で眠くなりますwマニュアルといっても、いろいろあります・製品マニュアル・業務マニュアル・取扱説明書・運用マニュアル・教育マニュアル    :ただ作って終わりではなく、その後も有効活用してもらえるマニュアル・誰が読むか・いつ読むか・何で作るかここで大事になってくることが\マニュアル作成に大切な事/ ①見やすい ②整理されている ③知りたいことがすぐ見つかる ④運用しやすい(登録・更新・削除)です。私が昔にみて眠くなったマニュアルは、システム開発の製品マニュアルで運用者向けに作成したものでした。・製品マニュアル目的が仕様書に近く、とにかくすべての機能において「書かれていること」が重要というものでした。メーカー側の責任としても記載しなければならないので、どうしても網羅性が優先で、見やすいとか探しやすいとかが後回しにされていました。「マニュアルに記載してありますので読んでください。」的なスタンスのものでした。どこかに書いてあるのででしょうけど、・だれのためのマニュアルなのか
0
カバー画像

業務改善コンサルティングとは?できることやメリット・注意点を解説!

近年、企業や組織において、業務の改善や効率化が求められるようになり、その需要に応える形で「業務改善コンサルティング」というサービスが注目を集めています。本記事では業務改善コンサルティングができること、依頼するメリット、依頼時の注意点や選び方などを解説していきます。代表の折原は様々な経験と上場達成や業務改善を経験しており、主に1994年大阪伊丹空港から関西空港に引越し及び開港準備PJ、2002年トラック輸送からモーダルシフト事業のサポート、2006年総合物流企業による民事再生企業の業務改善/事業拡大・IPOイグジットサポート、2014年財閥系企業によるM&A3社サポート、2016年美容健康器具メーカーIPO推進サポート、2017年美容器具メーカーによるでマザーズ上場、2019年ソーラーエネルギー事業によるIPOサポート、2020年総合不動産会社によるTPM上場、2020年健康アパレルのスタートアップベンチャーによりIPOサポート、2022年電子チケット会社のIPOサポート、2022年上場会社の適合計画に準じた経営サポート、2023年フードロス撲滅PJサポート、2023年広告取扱企業のIPOサポート、2023年創薬研究所のIPO準備サポートなど手掛けた実績がございます。IPOに向けた準備から、IPO後のアドバイスも行っております。IPOを目指さなくても、業務の整理・課題解決を行う事で生産性が向上し従業員の定着も実現可能です。業務改善コンサルティングとは?業務改善コンサルティングは、企業や組織において、業務プロセスや業務フロー、システムの導入・改善などを見直し、効率化やコスト
0
カバー画像

【営業秘技】・「自然XR」

【営業秘技】・「自然XR」 ・人は何故?物を「買う」のでしょうか?「物がない!」という時代は、 この物余り時代。 「もう終わった。」か?と 思います。 →じゃあもう売れない? いえいえ、 そんな事は、ありません。 ◾人間は、お腹がへったら、 食事しますよね。 そして、できたら、   ・より美味しいもの、  ・より美しいもの、  ・高級感にあふれた物が食べたいというのは、 " 本能 "・" 煩悩 "レベル?ではないでしょうか?その " 本能 "・" 煩悩 "をくすぐる。 ▶【営業秘技】・「自然XR」 伝授致します。 ・・これは、営業界のみならず、 一般社会でも、上手に応用、 変換すれば、充分使える技か?と 思います。・・
0 500円
カバー画像

最短4タップで予約できる新しいLINE予約システムを出品した話

はじめに一人サロン・個人サロン向けに、LINE上で自動予約受付が可能なチャット予約システムを開発・運用しています、Ayan(えーやん)と申します。今回はタイトルがすべてを物語っているのですが、従来のLINE予約システムに加えて、新しい予約システムを開発したのでご紹介いたします。開発経緯これまで私が開発してきたチャット予約システムは、予約表を見せたくない・LINEのトーク上で予約がしたい・Googleカレンダー連携でスケジュールの二重管理を避けたいという方をメインに開発してきました。ココナラでヒアリングさせて頂いた中でもそういった需要をお持ちの方は依然として多く、このサービスを今後も提供していくことでお役に立てるサロンオーナー様もいらっしゃると確信しております。(従来の出品)しかしその一方で、予約表を見せても構わないんだけど、今ある他の予約システムに不満があって代替サービスを探している方も多くおられ、そういった方々のご相談を頂く機会も昨年から増えてきておりました。その度、私のサービスの主旨をご説明し、どうしてもマッチしない場合には残念ながらご提案をお見送りするということも少なからずありました。そこで今回、予約表を出しつつ、柔軟なカスタマイズにも対応できる新しいLINE予約サービスを開発することにし、昨年から準備を進めておりました。そしてつい先日、ようやく形になってきたため、ココナラにて出品を開始いたしました。(新出品)どんなサービスなの?前置きが長くなりましたが、どんなものを作ったのか、まずはスクショでご覧ください。スクショ、大きすぎて見づらかったらすみません。。こんな感じで、予
0
カバー画像

RPAの案件に参画することになりました

はじめにさて、今月からまた新規案件に参入し気持ち新たにしているNUMARNです。今回ひさしぶりにRPAの案件に参画することになったので、今日はRPAについて語ろうかと思います。実は私RPAの案件自体は今回が2度目でして、ある程度語れるネタと愚痴(?)はありますので、直近はこのネタを中心に話していきます。RPAとは?ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation)、通称RPAは簡単に言うと"業務プロセスをツールに入れ込むことで人間の代わりに様々な事務的作業を自動化できる仕組み"のことを指します。例えばエクセルへの入力作業、ブラウザで展開されるWebシステムへの登録作業など、これまで人間が行ってきた単調かつ定期的な作業を人間の代わりに機械(システム)が実行することで業務負担が軽減される取り組みを指します。最近だとよくDX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉を聞くかと思いますが、その代表格としてこのRPAでの自動化が行われています。どういうツールで作るのか?RPAで自動化する際には主にWinActorやUiPathなどのRPAのシナリオを作成するための専用のツールで作られることがしばしばです。WinActorUiPath私はこれまで実際の実務にて両方使用したことがありますが、いずれもコードをゴリゴリ書いて作成することは、まぁ稀です。基本操作(Excel転記やブラウザ入力程度)であれば、ツール内に実装されている動作を組み合わせていけばシナリオの作成はできてしまえます。勿論、要件によってはRPAツールだけで再現できない部分もあったり
0
カバー画像

LINE予約システムの出品の予約フローを改善してみた

こんにちは。ココナラにてLINEやWebサイトで使える、一人サロン・小規模サロン向けのチャット予約システムを出品しているayan(えーやん)と申します。今回はこちらの出品の予約部分をより「サロンのお客様にとって便利な」やり方に改善するよう修正してみたのでブログという形でまとめてみました。お付き合い頂ければ幸いです。「予約システム」というと、カレンダーがバッと表示されて、そこから空いているところを探してクリックして〜という流れが一般的かと思いますが、私の出品はより「LINEらしい」「チャットならでは」のやり方を模索しているため、これまでカレンダーではなく「日付や時間帯を選択肢として表示する」という方法を採ってきました。これはこれで良いと思っておりますし、ヒアリングさせて頂いたサロンオーナー様にも「選択肢方式で提示するやり方は良い」というお声を頂いております。ですが現状では日付や時間帯を選択する際に「予約したい日時を探す」という作業が必要になり、ちょっと操作が手間だな、と考えておりました。しかしこの度、X(ツイッター)でやり取りさせて頂いているサロンオーナー様からのアドバイスを頂き、新たな予約フローを思いついたため実装してみました。前置きが長くなりましたが、いよいよ本題です。私が今回実装した方法は、以下のような予約フローです。まずはメニュー選択。これは今までと変わりません。メニュー画像は差し替え可能ですが今回はデモなのでフリー素材です。ここからはお名前等を尋ねる部分なので割愛します。日付選択画面から。カレンダーでも、これまでの選択肢でもなく、ストレートに「何日の何時が良いか」を聞く
0
カバー画像

一人サロンの集客力UP!効果的な7つの方法

以下は生成AIを用いて作成した記事です。当方では一人サロン・個人サロン向けにチャット予約システムを出品しております。はじめに一人サロンの立ち上げは素晴らしい挑戦ですが、集客が課題となることもあります。しかし、柔軟なアプローチで取り組める集客方法があります。この記事では、一人サロンのオーナーが実践可能な7つの集客方法を紹介します。これらの方法を組み合わせることで、効果的な集客を実現しましょう。1. SNSを活用するSNS(ソーシャルネットワークサービス)は、無料で使える手軽な集客ツールです。Facebook、Instagram、Twitterなどで自分のサロンをPRしましょう。日々の施術やお得な情報を投稿することで、フォロワーの増加と顧客の獲得につながります。2. 地域密着のイベント参加地域のコミュニティイベントやフェスティバルに参加しましょう。サロンの特別な体験を提供したり、サンプルセッションを行ったりすることで、新しい顧客を引き寄せることができます。顔を合わせることで信頼関係を築きやすくなります。3. 口コミを活用する満足してくれた顧客には積極的に口コミをお願いしましょう。感謝の気持ちを込めてサービスを提供することで、リピート予約だけでなく新規顧客の獲得にもつながります。口コミは信頼性が高く、集客に強力な武器となります。4. ブログやメルマガの活用自分のサロンをPRするためのブログやメルマガを活用しましょう。役立つ美容情報や健康のヒントを提供することで、読者の興味を引きます。定期的な更新とメルマガ配信で顧客とのコミュニケーションを深めましょう。5. 既存顧客への特典提供既存の
0
カバー画像

集客の成功には両輪が必要!一人サロンの集客にはチャットの自動予約と直接予約の両方が欠かせません

以下は生成AIを用いて作成した記事です。当方では一人サロン・個人サロン向けにチャット予約システムを出品しております。一人サロンを立ち上げようとしている皆さんへ。この記事では、一人サロンの集客において、LINEによる自動予約と直接予約の両方が必要であることについてお話しします。直接予約と自動予約の両方を活用することで、効果的な集客を実現しましょう。では、詳しく見ていきましょう。直接予約と自動予約の両方が必要な理由一人サロンの集客には、直接予約と自動予約の両方が不可欠です。それぞれの方法には以下のようなメリットがあります。直接予約のメリット直接予約は、顧客と直接コミュニケーションを取りながら予約を確定する方法です。以下のようなメリットがあります。個別対応の可能性: 直接予約では、顧客との対話を通じて要望や質問に対応することができます。個々のお客様のニーズや希望に応じた柔軟な対応が可能です。信頼関係の構築: 直接予約では、顧客との直接の対話を通じて信頼関係を築くことができます。顧客が直接話すことで安心感を得られ、サロンへの信頼度が高まります。顧客層の多様性: 直接予約では、チャットや電話などの方法で予約を受け付けることができます。これにより、オンライン予約に慣れていないお客様や、自分の要望を直接伝えたいお客様など、様々な顧客層に対応することができます。自動予約のメリット自動予約は、顧客が専用のチャットボットを通じて予約を行う方法です。以下のようなメリットがあります。24時間予約受付: 自動予約では、顧客がいつでも予約を行うことができます。サロンの営業時間外や休日でも予約が可能なため、
0
カバー画像

チャットボット: 業務効率化と顧客満足度向上の鍵

以下は生成AIを用いて作成した記事です。当方ではお客様対応を自動化するためのLINE Botと呼ばれるシステムを出品しております。こんにちは、経営者の皆様。本記事では、「チャットボット」という技術について解説します。プログラムに詳しくない方でも理解しやすくなるよう、わかりやすく解説します。チャットボットは、お客様対応や社内ヘルプデスクの自動化に興味をお持ちの経営者の方々にとって、効果的なツールとなるでしょう。まずは、チャットボットの概要と、異なるタイプのチャットボットについてご説明します。最後に、チャットボットの活用が業務効率化と顧客満足度向上につながることをご紹介します。チャットボットとは何か?チャットボットは、人工知能を活用して自動的に応答するプログラムです。対話型インターフェースを通じてユーザーとコミュニケーションを行い、特定のタスクを実行します。チャットボットは、予め用意されたルールやパターンに基づいて応答することが多く、お客様対応や情報提供の自動化に役立ちます。異なるタイプのチャットボット異なるタイプのチャットボットが存在します。以下に代表的なタイプを紹介します。1. ルールベースチャットボットルールベースチャットボットは、あらかじめ設定されたルールや条件に基づいて応答します。特定のキーワードやフレーズに反応し、それに対する予め設定された応答を返します。例えば、特定の問い合わせに対して一定の回答を返すといったパターンが該当します。ルールベースチャットボットは、単純な対話や情報提供に適しています。2. 機械学習ベースチャットボット機械学習ベースチャットボットは、機械学習
0
カバー画像

自動化 vs. 直接応対:小規模事業者がお客様対応を効果的に選択する方法

以下は生成AIを用いて作成した記事です。当方ではお客様対応を自動化するためのLINE Botと呼ばれるシステムを出品しております。こんにちは、経営者の皆様。本記事では、小規模事業者がお客様対応を自動化することと直接応対することの比較についてご紹介します。日常業務において、電話やメールでの問い合わせ対応が多く、スタッフやリソースの制約により問題が発生している場合、適切な方法を選択することが重要です。そこで、自動化と直接応対のそれぞれの側面を考慮し、効果的なお客様対応を実現する方法を探っていきましょう。自動化の利点お客様対応の自動化にはいくつかの利点があります。1.時間とリソースの節約自動化により、お客様対応にかかる時間とリソースを効果的に節約することができます。LINE Botを導入することで、繁忙期や混雑時でも自動的にお客様の問い合わせに対応できます。また、よくある質問や問題に対して、事前に用意された自動応答メッセージを返すことができます。これにより、対応時間を大幅に短縮し、スタッフを他の重要な業務に充てることができます。2.迅速で一貫性のある対応自動化によるお客様対応は、迅速かつ一貫性のある対応を実現します。LINE Botを通じて提供される自動応答は、設定されたルールや情報に基づいて瞬時に反応します。これにより、お客様は即時に回答を受け取ることができます。また、自動応答は常に一貫性を保つため、異なる担当者による対応のバラツキを排除します。顧客は一貫して高品質な対応を受けることで、信頼感を持ち、満足度を高めるでしょう。3.顧客エンゲージメントの向上自動化されたお客様対応を通じ
0
カバー画像

小規模事業者がお客様対応を自動化することで得られる3つのメリット

以下は生成AIを用いて作成した記事です。当方ではお客様対応を自動化するためのLINE Botと呼ばれるシステムを出品しております。当記事をお読み頂き、LINE Botに興味を持って下さった方は以下にて詳細をご案内しております。ご一読頂けますと幸甚です。こんにちは、経営者の皆様。本記事では、お客様対応を自動化することで得られる3つのメリットについてご紹介します。小規模事業を運営している経営者の方々にとって、電話やメールでの問い合わせ対応は時間とリソースを消費する課題です。そこで、LINE公式アカウントを活用した自動化を通じて、効率化とビジネスの成長を促進する方法を提案します。さっそく、以下にメリットをご紹介します1.時間とリソースの節約お客様対応を自動化することで、時間とリソースを効果的に節約することができます。従来の電話やメールでの対応では、対話のたびに担当者が手動で応答しなければなりませんでした。しかし、LINE Botを導入することで、繁忙期や混雑時でも自動的にお客様の問い合わせに対応できます。また、よくある質問や問題に対して、事前に用意された自動応答メッセージを返すことができます。これにより、対応時間を大幅に短縮し、スタッフを他の重要な業務に充てることができます。2.迅速で一貫性のある対応自動化されたお客様対応は、迅速かつ一貫性のある対応を実現します。LINE Botを通じて提供される自動応答は、設定されたルールや情報に基づいて瞬時に反応します。これにより、お客様は即時に回答を受け取ることができます。また、自動応答は常に一貫性を保つため、異なる担当者による対応のバラツキを
0
カバー画像

クラウド会計ソフト活用の鍵「業務プロセスの見直し」とは?

こんにちは、彩創アセットの太田です!今回はクラウド会計ソフト活用の成否を握る「業務プロセスの見直し」について解説していきたいと思います。目次▶ 業務プロセス見直しの必要性▶ 生産性向上の鍵となる「業務プロセスの見直し」▶ 導入事例▶ 会計キャンプとは?❚ なぜ、業務プロセスの見直しが必要なのか? ■ 世界から見た日本の生産性  日本の生産性は、世界の主要先進国38ヶ国中28位であり、  OECD平均と比べても下回っています。。  日本の生産性が低い要因は大きく下記の3つと言われています。 ■日本の生産性が低い3大要因  ①デジタル化の遅れ  ②残業の常態化  ③給与が時間ベースで計算されている 上記3つの中で、生産性をあげるために優先して取り組むべきものは、  ①デジタル化の遅れ と考えています。 「デジタル化」は他の2つの問題に比べ短期間での改善が期待できるうえ、 直接的な業務時間の削減が期待できるため、優先的に取り組むべき施策だと考 えています。資料:日本生産性本部「労働生産性の国際比較2021」❚ 生産性向上の鍵となる「業務プロセスの見直し」 生産性向上を目的としたプロジェクトを成功させるカギは、業務プロセスの見直しにあります。下記資料のとおり、労働人材不足への対応方法の上位に位置する有効な施策であることが伺えます!では、なぜ業務プロセスの見直しなのか??その答えは、世の中で主流になっている、SaaS(サーズ)といわれるクラウド型のシステムは、パッケージに沿った業務プロセスを全体設計することで、大幅な効率化ができる仕組みになっているからです。しかし、ITとバックオスィスの
0
カバー画像

【保存版】クラウド会計ソフト導入のメリットとは?今すぐ知っておきたい5つのポイント

こんにちは、彩創アセットの太田です。今回は、中小、中堅企業クラスの経理財務部門の方が、クラウド会計ソフト導入前に検討すべき事を網羅的に書いておりますので、ぜひご活用ください!目次1. 導入背景2. クラウド会計ソフトのメリット 2-1 初期投資&保守メンテナンスコストの削減 2-2 柔軟なワークスタイルに対応できる 2-3 安全性とアップデート 2-4 連携の拡張性 2-5 事業の拡大や縮小に柔軟に対応できる3. 導入時の注意点 3-1 データ移行の問題 3-2 従業員のトレーニング 3-3 セキュリティ懸念 3-4 長期的なコスト 3-5 カスタマイズの制約4.まとめ1. 導入背景近年、クラウド会計ソフトを利用する企業が増加傾向にあります。その理由を3つに絞って解説します!※freee株式会社四半期決算説明資料 有料課金ユーザー企業(法人)より抜粋※株式会社マネーフォワード四半期決算説明資料 課金顧客数(法人)より抜粋理由1.デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが企業の競争力を高めるカギとされ、多くの企業がIT投資を活発化させています。特に、業務効率化やリアルタイムでのデータ処理・分析の重要性が高まっていて、その一環としてクラウド会計ソフトの導入が推進されています。理由2.リモートワークの普及コロナの影響でリモートワークが急速に普及したことが、クラウドソフトウェアへの移行を加速させました。クラウドベースの会計ソフトなら、場所を選ばずアクセスできるため、経理領域のリモートワーク化を実現できるようになったためです。
0
カバー画像

久しぶりのブログ

こんばんは、お久しぶりです。とーますです。ブログ毎日とか週1回とか、思いついたら書こうと思っていたのですが、中々続かないですね。ほんと継続できる人が強くて、継続は力なりと思いますね。ツイッターで毎日お昼の画像を上げている人だって、毎日上げることがどれだけ大変か。きっとどこかでお昼画像ハイにならないと本当に続かないですよね。私も最初はがんばったのですが、中々続きませんでした。最後に更新したのは2年前のようです。下書きに「2022年の目標」というブログがありました。もう過去の産物(未公開)となりこれもレガシーであり2025年の壁となりそうです。2025年の壁とは?それは2025年までに企業がDXを推進しない場合、最大12兆円損失が発生するというのです。急に問題提起をしましたが、なぜ損失となるのか?それはこれまでに培ってきたレガシーシステムの御守のためにお金と時間を使ってしまい、これからのビジネスモデルの変革やチャレンジをするための土台を作れず、対応した会社に比べてビジネスが遅れてしまうためです。2025年までにDX人材を育てて、DX推進を行わないと向こう先10年生き残ることは困難になるかもしれないです。私はDXを推進する立場にいますが、現場ではまだまだITリテラシーの高い人ばかりではないです。少しでもIT人材を育てられるようにこれからもがんばりたいと思います。ブログってやっぱり難しいですね。書いているうちに書きたいことがまとまらず文章迷子になります。また気ままに書きたいと思います。よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

DXとデジタル化の違い

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、ビジネスや社会全体の変革を指す重要な概念です。これは、伝統的なビジネスプロセスを見直し、デジタル技術を活用して効率を高めたり、新しいビジネスモデルを創出したりすることを意味します。例えば、従来は紙で行っていた業務をオンラインで行うことや、データを活用してビジネスの意思決定を迅速化することがDXの一部です。 一方、デジタル化は、単にアナログデータやプロセスをデジタルデータに変換することを指します。例えば、書類をスキャンしてPDF化することや、手書きのスケジュールをデジタルカレンダーに移行することがデジタル化です。 つまり、DXとデジタル化は似ていますが、DXはより広範囲で戦略的なアプローチであり、ビジネス全体の変革を意味します。一方、デジタル化は個別のプロセスやデータをより効率的にすることに焦点を当てた概念です。 例えば、小学生でも分かるように説明すると、DXは学校全体を新しくすることで、勉強がもっと楽しく効率的になる取り組みです。デジタル化は、教科書をデジタルデータに変換したり、オンラインで宿題を提出したりすることです。DXは学校全体を変える大きな計画、デジタル化は具体的な部分を改善する小さなステップと言えます。 要点: ・DXはビジネス全体の変革を指し、デジタル技術を活用して新しいビジネスモデルを創出する ・デジタル化は単にアナログデータやプロセスをデジタルデータに変換することを意味する ・DXは学校全体を新しくする計画、デジタル化は具体的な部分を改善する小さなステップ
0
カバー画像

雑務になりますが資料作成をアウトソースする予定です。

近く、Microsoft Power Apps の資料作成のため、画像の処理などをココナラでアウトソースする予定です。Power Apps はローコード開発プラットフォームのひとつです。詳しくは、以下の Micrsofot の公式情報からの引用をご確認ください。ローコード開発とは何か 急速に変化する世界に合わせて細やかに適応する能力は、現代のビジネスにとって不可欠になりました。 さまざまな課題にどれだけ迅速に対応できるかが、企業の長期的な成功を左右します。 この重要性が増すに従って、企業はデジタル変革にすばやく取り組んで顧客が求める成長を実現し、競争力を維持する必要に迫られます。 こうした改善を企業が実施する方法は数多くありますが、絶えず変化する要件に対応し続けるために企業にローコード開発を導入するアプローチが一般的になっています。 ローコード開発を導入するメリットとはなんでしょうか? ローコード開発プラットフォームを導入すれば、企業は従来のプログラミング手法だけに頼ることなく、ビジネス アプリケーションを構築して提供することができます。 また工数を削減でき、企業の効率性や生産性を向上させられるだけでなく、カスタマー エクスペリエンス アプリや重要なビジネス プロセスの自動化を可能にするアプリなど、最も影響力の高いアプリに作業を集中することができます。 メリットは、誰でもアプリを開発できることです。 組織に属する限られた技術的専門知識やプログラミングの専門知識しか持たない従業員でも、効果的に素早くローコード プラットフォームでアプリケーションを構築することができます。
0
カバー画像

GoogleカレンダーとiPhoneカレンダーはなぜ同期しないの?

会社で仕事をする際にはどうしてもパソコンがWindows系に限定されていたこと、ビジネスソフトがマイクロソフトに限定されていたためカレンダーもOutolookを活用することを強要されました。個人で仕事をするようになるとスマホがiPhoneでパソコンがMacbook Airなのでアップルのカレンダーを使っています。iPhoneとMacbook Airはアップル製品ですから自然とカレンダーは同期しますが、ここにGoogleカレンダーが絡んでくると話がややこしくなります。今後私のスケジュールを顧客に公開することを考えるとGoogleカレンダーの活用は必然になると思いますので、最近iPhoneにgoogleカレンダーアプリをインストールして活用しています。ここでGoogleカレンダーとアップルカレンダーを同期する設定は簡単なので良いのですが、使っているうちに少し不便というか?これは仕事で使えるのか?という疑問が湧いてきました。疑問とはGoogleカレンダーから入力した予定は瞬時にアップルカレンダーに同期されますが、逆にアップルカレンダーから入力した予定がGoogleカレンダーに反映されないという現象が起こっているからです。設定方法などいろいろ調べましたが特にミスは無いと思いますが、どうしても双方向の完全同期ができないので困っています。ぶっちゃけカレンダーの公開を行わないのであれば使い勝手や見やすさ、手軽さ共にアップルカレンダーの方が断然活用しやすいというか?Googleカレンダーは見た目も野暮ったいのでできれば使いたくないのが本音なんですけどね。何か良い方法はないでしょうか?50台後半
0
カバー画像

DXを阻む組織の適応課題とは?

DXを阻む組織上の問題には、適応課題が隠されているケースが少なくありません。適応課題とは、知識の有無や技術的な可否ではなく、組織の構成員の見方を変えたり、構成員同士の関係性を変えたりしなければ、解決できない問題のことです。中村(2019年)によれば、組織開発の分野では、未知のもので原因や解決先がすぐにわからないものとも定義されています。DXにおける適応課題の例には、若手のDX促進提案に対し、役員を筆頭とする古参の社員が提案を受けいられないといったケースが挙げられます。このようなケースは、創業年数が長い企業に見られます。デジタルに強い若手とデジタルに疎い年配者が対立していることから、DX推進を巡った世代間対立であるとも言えるでしょう。このような適応課題は、問題が関係性により生じていることから、問題解決を図るうえでは対話を通じたアプローチが重要です。例えば、相互のコミュニケーションにより、自分のナラティブ(物語)と相手のナラティブをよく理解し、従来の枠組みを客観化・相対化して、より良い関係性の構築を目指すナラティブ・アプローチなどが、課題解消に向けたアプローチとして挙げられます。このほか、「コミュニケーションが少ないのは当たり前」「意見交換は不要」という構成員の捉え方や習慣を変えることも、有効な適応課題への対処法となるでしょう。今回の記事では、簡単にDXの推進を阻む組織の適応課題について紹介しました。ぜひご参考にしていただけますと幸いです。参考文献集中村和彦『マンガでやさしくわかる組織開発』日本能率協会マネジメントセンター(2019年)
0
カバー画像

進まない日本のデジタルトランスフォーメーションの実態

ココナラブログは、コンテンツマーケティングだけでなく、デジタルのトレンドを紹介したいと思います。今回のテーマは「進まない日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)」です。IPA(情報処理推進機構)が2023年2月に発表した「DX白書2023」によれば、大企業の4割強がDXに取り組んでいるのに対し、中小企業でDXに取り組んでいるのは、1割強に過ぎません。さらに、日米のDXの取り組み状況を比較したところ、米国では、2022年度で89.0%が成果が出ているのに対し、日本で成果が出ている企業の割合は、58.0%に留まっています。つまり、日本はDXの取り組み推進や事業への創出効果の両方で、成果が出ていないのが実情なのです。引用:独立行政法人情報処理推進機構『DX白書2023』そもそもDXとは、デジタルを通じてシステムのみならず、企業文化を変革していくこと。詰まるところ、デジタルで新たに利益を生み出す基盤を作り出すことを意味します。DXの言葉の定義を踏まえると、進まない日本のDXの現状は、多くの企業が「デジタルによってお金を稼ぐ方法がわからない」といった状況に陥っているものと考えられます。このような状況下で、企業はどのように取り組むべきなのでしょうか。そもそもDXが進まないのは、企業にDXに関する知識が足りないのが主因に挙げられます。まず必要な知識を共有するナレッジマネジメントが必要となるでしょう。その上で、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の活用が必要であれば、目標達成を目的に優秀な人材を1ヶ所に集約するセンターオブエクセレンス(CoE)の設立が必要ではないかと思います
0
カバー画像

DXってなに?と思っているあなたに聞いてほしい話

こんにちは!株式会社タカマサの青山です。突然ですが、あなたは「DX」という言葉を聞いたことがありますか?DX(Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション)とは、進化したIT技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革させるという概念のことです。近年、ニュースや会社で耳にすることも増えたのではないでしょうか。突然ですが、あなたは普段、LINEでコミュニケーションをとったり、YouTubeで動画を見たりしますか?「俺(私)、LINEとか使わないし、YouTubeもあまり見ないんだよね」もし、あなたがそう考えているのなら、少し周りを見渡してみてください。DXによる社会変化の具体例例えば、通勤電車の中。昔はビジネスパーソンたちが満員電車の中で、綺麗に降り畳んだ日経新聞を片手に持って、器用に読みながら通勤する姿が一般的でした。では、今はどうでしょうか?紙の日経新聞を持っていた手は、いつしかスマホを持つようになり、ニュースアプリや自分の好きな動画を見ながら通勤電車に乗る人がほとんどになりました。例えば、休日の自宅のリビングルーム。昔は家族みんなで1台のテレビのチャンネルを奪い合ったり、1つの番組をみんなで見ながら一家団欒していました。では、今はどうでしょうか?今は片手に納まるスマホ1台あれば、NetflixやAmazon primevideoなどにすぐにアクセスできて、いつでも自分の好きな番組を楽しむことができます。家族が一緒にリビングルームにいても、それぞれが自分のスマホで違うことをしているということが、当たり前になりました。これこそが
0
カバー画像

DX時代に知っておきたい英単語3選!

こんにちは!DX時代に必要な英単語をご紹介します。この記事では、Leapfrog、game changer、そしてdigital nativeという3つの重要な単語を解説します。 ① Leapfrogとは? Leapfrogとは、日本語で言うと「飛び越える」という意味があります。ビジネスの世界では、他社よりも進んだテクノロジーや革新的なサービスを提供することで、市場で急速に成長することを指します。また、自社の技術や製品を改良することで、市場リーダーになることもLeapfrogと呼ばれます。現代では、デジタル技術の急速な進歩により、Leapfrog戦略がますます重要になっています。 ② Game changerとは? Game changerとは、「ゲームを変える人」という意味があります。ビジネスやスポーツなどの分野で、業界や競技のルールや慣習を変え、新しい時代を作る人や物事を指します。Game changerは、市場を変革し、業界をリードすることができる人物や技術、製品のことを指すことがあります。DX時代では、Game changerとなることが企業の成功に不可欠であると言えます。 ③ Digital nativeとは? Digital nativeは、日本語で言うと「デジタルネイティブ」という意味があります。デジタルネイティブとは、デジタル技術の普及時代に生まれ、デジタル技術を自然に使いこなせる人々を指します。つまり、スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスや、インターネットを常に身近に感じている世代のことを指します。彼らは、デジタル技術を利用することに慣れているため
0
カバー画像

(42日目)新年の信念。

2023年を迎えました。今年はなにか新しくも目まぐるしいそんな1年となりそうです。新年を迎え、信念を持った1年にしたいと思いを新たにした元旦。えーっと、今年の干支ってなんでしたっけ?さておき、実は本職の方で昇進しちゃいました。2月から部署が変わります。なのに席はそのまま。え?なんで???と言うのも、新しい部署ではあるものの今の仕事の延長線上のような仕事なので。まぁ、今の席で仕事できる方がやりやすい。新しい部署はひとつ上のフロアですがたぶんそこで仕事をすると窒息すること間違いないです。くれぐれももちを喉に詰まらせないようにお気をつけください。本音を言えば昇進するとは思ってなかったです。ブログでも匂わせ発言を幾度かしていますが、けっこう好き勝手してるので。いわゆる要注意人物のハズなのです。そんな奴を昇進させて大丈夫なのかな?私が心配になっちゃう。とはいえ、新しい仕事に携わると新たなアナログ世界に出くわす予感。また仕事をラクするために取り組まねば。心機一転。業務合理化そしてプログラミングで脱属人化です。忙しくなりそーです。脳が「ノー」と言わない程度に頑張ります。この年末はそれに備えて、年末の1週間はそれこそこれまで作ったプログラムを書き直したり、新しい機能を加えたり。自分のスキルアップトレーニングに余念がありませんでした。(時間が有り余っていたので)おかげで新しい知識も会得できましたし、その知識を実体験で体に染み込ませることができました。2023年飛躍の年になりそうです。☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆<おまけの話題>余談ですが、昨日同じフロアの営業メンバーと話してたんです
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ382:DXの本質を知る

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。これまでも何度かDXについて書いてきましたが、DX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉だけが独り歩きするという状況を危惧しています。「デジタル化の本質を理解すること」が重要なのです。デジタル化の本質を理解すれば、仕事の時間配分が大きく違ってくるはずです。 DXというのは、経産省の定義によれば「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」です。 これまで何度も書いていますが、DXは目的ではなく手段にしかすぎません。経産省の定義を読むと目的のようにも見えますが、その実態はIT化・デジタル化という手段です。単なる手段しかすぎないものを目的とはき違えてしまうことで、DXという言葉だけが独り歩きし、「DXが流行っているからうちの会社も導入しなければ」という風潮が生まれるのです。DX自体が目的ではありません。自社が抱える課題や問題を解決するうえでDXという手段が役に立つのかどうかということです。DXが自社が抱える課題や問題を解決してくれるかを判断するためにはDXの本質を理解することが必要になるのです。 1.コロナ収束後の会社組織と働き方  コロナ以前からDXの必要性・重要性は指摘されていましたが、コロナ禍でテレワーク・リモートワークの導入が浸透しDXが加速しました。  DXの1つの意義は「ITの浸透により、人々の生活をより良い方向に変化させる
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ380:DXを成功に導くファシリテーションスキル

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。これまでも何度かDX(デジタルトランスフォーメーション)について書いています。世の中の流行りで何となく始めたために、何も進まないまま時間だけが過ぎているという企業も多いのです。これまで何度も書いたように目的と手段のはき違いです。DXにしてもそれは目的ではなく目的達成のための手段でしかありません。目的が明確でないのにDXを取り入れてもうまくいくはずがありません。 DXを成功に導くために必要なのは、DXを推進するチームをまとめる「ファシリテーションスキル」を持つ人材です。 ファシリテーションとは、会議や研修、ミーティングなど様々な活動の場で、良質な結果が得られるように活動のサポートをしていくことを言います。司会・進行役を思い浮かべるかもしれませんが、若干異なります。司会・進行役はファシリテーションの一部にしかすぎません。参加者が集団で問題を解決するために認識の一致を確認したり、相互理解を深めたりするためのサポートをして、成果を生み出す手法がファシリテーションです。ファシリテーションの目的は、さまざまな価値観を有する参加者たちを一つに束ねるなど、目標達成に向けて円滑に進行することです。 先ほど書いたようにDXは目標達成の手段ですから、DXを成功に導くためにはDXを推進するチームをまとめる「ファシリテーションスキル」を持つ人材、つまりファシリテーターが必要だということになります。1.有能な人材を集めるだけではDXは決して成功しない。  コロナ禍で会社の前途に不安を感じ、変化が必要だと感じ、差し当たって今流行りのDXでも始めようかという企業