雑務になりますが資料作成をアウトソースする予定です。

記事
ビジネス・マーケティング
近く、Microsoft Power Apps の資料作成のため、画像の処理などをココナラでアウトソースする予定です。

Power Apps はローコード開発プラットフォームのひとつです。
詳しくは、以下の Micrsofot の公式情報からの引用をご確認ください。

ローコード開発とは何か

急速に変化する世界に合わせて細やかに適応する能力は、現代のビジネスにとって不可欠になりました。
さまざまな課題にどれだけ迅速に対応できるかが、企業の長期的な成功を左右します。
この重要性が増すに従って、企業はデジタル変革にすばやく取り組んで顧客が求める成長を実現し、競争力を維持する必要に迫られます。
こうした改善を企業が実施する方法は数多くありますが、絶えず変化する要件に対応し続けるために企業にローコード開発を導入するアプローチが一般的になっています。

ローコード開発を導入するメリットとはなんでしょうか?


ローコード開発プラットフォームを導入すれば、企業は従来のプログラミング手法だけに頼ることなく、ビジネス アプリケーションを構築して提供することができます。
また工数を削減でき、企業の効率性や生産性を向上させられるだけでなく、カスタマー エクスペリエンス アプリや重要なビジネス プロセスの自動化を可能にするアプリなど、最も影響力の高いアプリに作業を集中することができます。

メリットは、誰でもアプリを開発できることです。

組織に属する限られた技術的専門知識やプログラミングの専門知識しか持たない従業員でも、効果的に素早くローコード プラットフォームでアプリケーションを構築することができます。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す