絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

34 件中 1 - 34 件表示
カバー画像

感想日記

このごろなんでも忘れてしまうので、あれこれとメモを書くようにしている。このところはOーディブルやSポティファイで耳から読む、ということをしているので、読書体験としてはこの数年はひょっとして人生最大にたくさんの小説を読んだかもしれない。ココナラでは作家を目指すみなさんと一緒にその作品を磨くお手伝いをさせていただいているけど、通勤や家事をしながら聴く(読む)小説はすでに発売されているものばかり。紙の本を読むのが好きだったけど、場所ふさぎになるし、「失敗したなー」と思っても捨てるのはもったいないし、なにより目が悪くなってきた。O-ディブルなら、「もういいや」と思えば聴くのをやめることもできるし、聴かないでいることもできる。料理や他の家事のときに聴きながらだととてつもなく集中できるようになった。そんなこんなでかなりの数の本を読んでみたんだけど、もう何を読んだのだったか忘れはじめている。こわっ。というわけで、ぼちぼちとここに感想だか日記だかわかんないものを書いてみることにした。プロの作家の売れてる本を「ほんまに?」と思いながら読んで(聴いて)みて、「上手い!」と思わず膝をたたいたり、またその逆もあったりでなかなか楽しいので、記録として書いてみることにする。さーて、どれから書こうかな。
0
カバー画像

今日観た映画の話

今日は久々に映画を観ました鬼太郎誕生です以前から鬼太郎が好きで、映画も絶対に観にいくと決めていました予告編を観て気分を上げて、今日やっと観られました内容は、水木という男性と鬼太郎のお父さんがとある村で出会い、村の秘密に迫るという感じですネタばれしない程度の感想は、水木さんと目玉さんがカッコよかったです話の内容的には伝奇物になるでしょうか戦闘シーンの作画がすごくて、話も面白かったですおどろおどろしいという印象の映画で子ども向けではないのかなと思ったのですが、映倫PG12指定というのに納得しました6期鬼太郎と墓場の鬼太郎に繋がるのがよかったと思います声優さんも豪華で大満足です是非とも沢山の人に観てもらいたい一作です舞台挨拶もあるみたいですね行きたい…!しかし会場がすごく遠い…!行ける人は私の代わりに堪能してほしいです映画鬼太郎の話でした
0
カバー画像

【や~~っと★前から気になってた★映画作品☆鑑賞終了!!★《★新ブログシリーズ企画★第3弾★》★{【鑑賞「済」作品:【黒い司法 0%からの奇跡】

はいども。。いやあ。。、突然ですが、今回は正直、投稿迷いました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・というも、この作品は知っている人は知っている、【無実の死刑囚】しかも【≫≫まさかの実話≪≪≪】といった、内容が内容だけに★※真実の重い話※★になっているからです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しかし、前々からレンタルショップに足を運んだとき、【この作品のDVDジャケパッケージが気になっていたこと】や、「実話」・「冤罪」・「死刑囚」といったざっくりキーワード(ストーリー)は事前に分かっていたので、とにかく気になってました・・・・・・{※が、《安くなるまでのタイミング》を待っておりました。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■で、やっとそのタイミングもきて、つい最近、鑑賞も終わり、(良い意味でも悪い意味でも)《今も若干》脳裏に焼き付いているので、『観てしまったからには・・・』というか、『自分に嘘はつけないこと』からも、この作品対しての☆まとまった思い★を発信する決意をいたしました。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■{※そういった意味では本日はがっちり!!マジメモードで「(笑)や(w)や(W)」は一切!!使わないので、≫≫オールまじめスタイルで≪≪いきます。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□で、さっそくこの映画作品についてなんですが、まず、いつもの私の映画紹介スタイ
0
カバー画像

【や~~っと☆前から気になってた☆映画作品☆鑑賞終了!!W☆《☆新ブログシリーズ企画☆第2弾☆》☆{【鑑賞「済」作品【M3GAN ミーガン】{※祝☆続編も決定!!☆☆

はいども~~!!!!!☆☆☆☆☆あwまず、このブログシリーズ知らない人は下記【初回第1弾】に説明しているのでどぞ!!{※毎回同じ説明がつらいので・・・笑whttps://coconala.com/blogs/2544771/352398■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□で!!!!!!やってきました!!!!第二弾!!!!!WWいやああ~~==!!!!!映画好きになったきっかけというかWWホラー大好きとおりこして、、【大「好物!!!!(笑)」】になったきっかけの大尊敬!!!するジェームズワンがふくまれる、、w【この作品の制作人たち:【ジェイソン・ブラム】&【ジェームズ・ワン】】{◎監督は【ジェラルド・ジョンストン】ありがとー===!!!!サイコホラーだけに【☆最高☆】でした!!!!!!☆☆☆☆☆{※一部オシイ点ありだけどw・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あw{☆この作品の余韻☆がまだ残っていてwあまりにもテンション高くなりwすみませんなWさっそくこの映画の語り投稿だけどw※下記感想※▼{☆【M3GAN ミーガン】を鑑賞して・・・☆A:まず率直に【たしたもんだ!!!!☆☆☆!!!ミーガンAI人形!!W】これまでに人形目線映画で言えば「チャイルド・プレイ」シリーズや、ロボット目線映画で言えば【「●ランスフォーマー(シリーズ)」】などの「VS〈対決〉」関連の【《SF映画》】はもうかなり見てきました☆で、個人的に●ランス作品よりも【今回のミーガンの
0
カバー画像

【や~~っと☆前から気になってた☆映画作品☆鑑賞終了!!W☆《☆新ブログシリーズ企画☆第1弾☆》☆{【鑑賞「済」作品【《CGアニメ》ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー】】】

【『ひゃっほう!!!!!!!!』】{☆☆88888お見事アニメ映画!!!!!88888☆☆{あ、どもW今日はマリオふうの登場でWWというのもですねW{あw本題前に《※まずは「いつもの長いw前置きトークww」またまた聞いてね(笑W)》突然だけどwやーーーっとw前から気になっていた映画作品の【注:1つW】が鑑賞終了&※考えがまとまったブログ記事が完成しまして!!wW☆なんだろ、私のココナラ映画ブログ閲覧常連のかたは分かっていると思うけどwいつも鑑賞した★☆数々の映画作品☆☆に対して、【☆ネタバレなし&見どころPR☆】を載せて、①】≫基本はメジャーよりも☆マイナー作品☆メインのご紹介で☆【「無料掲載ver(※作品名はイニシャルスタイル※)」】としたり、②】≫どーーーしても!!みんなにぜひ観てほしく&メジャーな作品だった場合は、映画紹介の血がさわぐので(笑)、【「※☆レア投稿として作品名公開※」】の≪※良いことばかり載せたブログ映画記事※≫を載せているかと思いますw・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が、し、か、し!!(笑)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・《本日10/12[木]から☆新☆ブログ企画シリーズ☆wと題しましてw》【☆ずっと前から気になってた映画がやっと!!鑑賞できた!!シリーズ☆】を【注】:長期間、気になって気になって!!気になりまくり!!の!!WW「あーー!!早く観てええええ!!!」となった映画作品のとき限定で!!!③】≫(【鑑賞結果が「良い」or「残念」問わず】に&【※なんと!作品名を公開したスタイ
0
カバー画像

好きなホラー映画

まだまだ暑い日が続きますね。こんな暑い日が続くと見たくなるのがホラー映画ですよね!ホラー映画って色々ありますが、個人的に「これだ!」っていうおすすめを一つ上げるならアリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』っていう映画がおすすめです!映画を体験するためのものとして捉えるなら、今作中盤に起きるある悲劇は一級品!トラウマ級の体験ができます。自分的に、人生で考えうる限り一番嫌な事が起きると言っていいかもしれないです。あれ以上の悪夢はないんじゃないかなと私は思います。さらに凄いのはそんなに嫌な事が起きて、物語が終わる訳ではなく、悪夢みたいな世界のその後をずっと見せられ続ける事。ある意味、それって単純に死ぬことより怖い。こんな映画は他にないです!本当に唯一無二の作品。ホラー映画に耐性があるならぜひ一度みてみてください!
0
カバー画像

(微ネタバレ有り)宮崎駿の新作"君たちはどう生きるか”を観てたら寝てしまった件

こんにちは!路上で100人の話を聞いた男のコウヘイです。本日は宮崎駿の最新作である"君たちはどう生きるのか"を観てきました。宮崎駿としては"風立ちぬ"以来、10年ぶりの新作であらすじやキャストなどの事前告知が一切無しという異色な作品。「このビッグウェーブに乗るしかない!!」という気持ちから公開初日に足を運んできました。しかし恥ずかしながら私は映画の中盤頃で寝落ちしてしまい、若干映画の内容を見落としてしまったのです。長年映画ファンをやっていますが、劇場で眠ってしまったことは初めての経験でした。今回はなぜ私が"君たちはどう生きるのか"で寝落ちしてしまったのか考察していこうと思いますので、お付き合いくださいませ。●主人公に感情移入しづらい映画の序盤、主人公の男の子はあまり感情表現をしなかった印象です。ほとんど言葉を発しませんし日常の行動から感情が微妙に染み出してくる部分もあるのですが、彼自身の内面が分かりやすく表現されている部分は個人的には感じられませんでした。近年の邦画界は説明過多な作品が多く、冗長な映画が蔓延している中でこれほど削ぎ落とされた表現が観れるとはびっくりです。もっと映像の中で主人公の感情の機微が表現されているとは思いますが一見しただけではよく分からなかったので、何度も観て考察する必要がある作品だと思いました。●メタファーが難しくて物語の置いてきぼりになる作中にはいくつかのメタファーが登場するが、分かりづらくてついていけない部分が多かった印象。例えばあるシーンで薔薇の花がガラス製品のように割れるシーンがあるが、何かを暗示しているような描写をしているので元ネタや込められて
0
カバー画像

映画『スピード』が面白い理由!

~作品でひとこと(ツカミ)~ あの、危険な状況下で芽生えた恋「じゃない」のに長続きしないんですけど…。【作品の情報】■メディア:映画(洋画) ■ジャンル:バスジャック・アクション ■放映時間:1時間55分 ■発表年度:1994年 ■製作の国:アメリカ合衆国 ■映像監督:ヤン・デ・ボン ■脚本作家:グレアム・ヨスト ■興行収入:約160億円 【あらすじ】 バスジャック事件が発生、爆弾魔が路線バスにある特殊な爆弾を仕掛けた。 それは、時速80km以下になると爆発するというもの。 主人公の刑事は乗客を助けるため、自らそのバスに乗り込み、 いくつものハプニングを乗り越えながら、犯人へと立ち向かう。 【ポイント】 後に不動の女優となるサンドラ・ブロックの出世作! 【個人的ぷち感想】 「シンプルかつ、見る側を選ばない大衆向けな面白さ。 巻き起こるピンチも分かりやすいからこそ、説得力がバッチリです。」【キャスト】ジャック役 演:キアヌ・リーブス (当時:30歳)アニ役 演:サンドラ・ブロック (当時:30歳)ペイン役 演:デニス・ホッパー (当時:58歳)マクマホン役 演:ジョー・モートン (当時:47歳)映画『スピード』が面白い理由とは、ずばり、 「設定をシンプルにしたことで必要な説明を極限まで省いた(心にダイレクトに届く)」です! ココナラでは諸事情により記事を軽量化しております。 より詳細が知りたいマニアさんはボクの個人Blogをチェックしてね♪ ~悟り系社畜の厳選エンタメ研究Blog
0
カバー画像

きっぷが良くて爽快。 そんな民族に生まれた歓び🇯🇵

わたしは寅さんが大好き。⁡みなさんの中にもそんな方がいるのではないでしょうか?⁡寅さんの魅力が日本人の心に響くのは自由人なところばかりじゃなくて、⁡日本人が持ち合わせている・きっぷの良さ・温情・垣根のない共有意識⁡を描いているからだと思います𖧷⁡⁡今回観た「無法松の一生」も同じようにわたしたちの血に脈々と流れる、日本人の美徳が呼応する作品。⁡⁡꙳ ꙳主人公の車夫、松五郎は垣根のない共有意識を持ったきっぷの良い男。⁡曲がったことが大嫌いで喧嘩っ早い。口のきけない男性とも隔てなく接するし、時に町の子供たちにも本気で叱る。⁡しかし闇雲に子供に対して叱咤するのではなく、一人の人間として接しています。⁡そんな人って、今の世の中にどれくらいいるのかしら?と思うと、残念ながらわたしは胸を張ることができません(°_°)⁡これから生まれてくる姉の子供に対してですら、愛ある叱咤をできる気がしない。⁡生まれてくる子に対して「姉の子供」という他者意識が強いことに気づいてしまい、⁡はぁ、未熟ね、わたしも(°_°)という思いになりました笑⁡⁡「無法松の一生」はそんな忘れかけていた日本人の気概を思い返させてくれる作品です𖧷⁡⁡⁡この作品のクライマックスでは松五郎が祭りで大太鼓を勇ましく打ち鳴らします。⁡…その男らしさに女心が疼かない女性っているの?笑⁡⁡あの太鼓の音色は心臓の鼓動かしら。ううん、わたしには大地の地鳴りに聞こえます𖧷⁡大地のビートに耳と意識をシンクロさせていると、自然と音は子宮に響き、わたしのボルテージを脳天まで上げていく。⁡⁡だからご先祖さまたちは祭りの音色で生命力をたぎらせてその温度が冷め
0
カバー画像

映画を観てたくさんの気づきがありました

こんばんは。あなたの心のサポーターのまりおみです。今日は娘にせがまれて、 映画「ラーゲリーより愛を込めて」を 観てきました。 嵐の二宮和也君が主演で、シベリアの 強制収容所(ラーゲリ)に抑留された 実在の日本人捕虜の伝記ドラマです。 娘は既に去年観ていて、今日は2回目。 1回目観てとても気に入ったようで、 文庫本も買っていました。 「絶対観た方が良い」と、毎日言われ続け、 あまり興味がなかったのですが、今日観に 行ってきました。 私は痛々しいシーンがある映画がとても 苦手で、正直、映画が始まってから 前半は、ラーゲリでの目を覆うシーンが たくさんあって観るのが辛かったです。 しかし、後半は涙、涙でした。 映画館のあちこちでもすすり泣きする人が・・・ この映画は「希望」がテーマでした。 どんなに辛い状況でも、「希望」を忘れずに 人間らしさを忘れずに生きていくことの大切さを 伝えていました。 今の時代の平和や豊かさは、過去の日本人たちの 頑張りによるんだと、思えたので、娘と戦争と 平和について話す良い機会となりました。 今の時代に生まれただけでも幸せなことだなと思えた 映画でした。最後までお読みいただきありがとうございました。
0
カバー画像

「RRR」映画感想(ネタバレ無し)🔥

今話題沸騰中映画「RRR」見てきました(´・ω・`)bやっぱ、最高!上映3時間ですが、巧みな演出でそこまで感じない。で本作アクションシーンが注目されていて、もちろん素晴らしかったのですが、ストーリーや人物の心情、役者の演技、BGM等々どれもしっかり高レベルでまとまっていました。期待して見にいって、その期待を超える感動( ;∀;)3回以上泣いた(笑)グロいシーンや映像が少し人を選ぶでしょうが、無理やりグロを絡めた感じではなく、ちゃんとストーリーや演出の肝や軸となっているのが◎細かいとこにツッコめるとこもあるんですが、言うだけ野暮(´・ω・`)是非劇場で!!!↓にあるチョコプラさんの動画は、後半ほんの少しネタバレが含まれてるので注意。週刊少年ジャンプ好きとコードギアス反逆のルルーシュ好きなら絶対に楽しめると思います🔥鑑賞したら感想下さい(´・ω・`)b
0
カバー画像

【あなたの映画選びの基準≪レビュー評価点数編≫~無料掲載ver~】

はいども☆映画好きのみなさま☆良い映画ライフをお過ごしでしょうか☆いつも私のココナラ映画ブログをご覧いただき誠にありがとうございます☆☆また、これまでシリーズ化にさせてたw【ココナラ個人ブログ:あなたの映画選びの基準≪●●編≫~無料掲載ver~】も好評のご反応で重ねてお礼申し上げます☆☆【参 考】{※まだ見てないかたはこちら≪制作国編≫https://coconala.com/blogs/2544771/229918≪ホラーあるある編≫https://coconala.com/blogs/2544771/230255≪本編上映時間編≫https://coconala.com/blogs/2544771/231250☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆さてさて、今回は≪レビュー評価点数編≫なんですけれども、突然ですが映画好きのみなさんは、映画を見る前の判断材料として、【インターネットの《レビューサイト》の】【≫評価点数≪】を気にしたことはありますでしょうか。一般的な知名度が高いレビューサイトでは「フィル●ークス」が有名かと思いますが、私は積極的に利用するのが【ヤ●ー映画レビュー】をよく参考にします。≫{※あ、「穴埋め形式での伝え方」はいろいろな事情ですみませんw≫{まぁ速攻の秒速wで分かる人は分かるでしょうけどw【注≫{※以降はFサイトとYサイトと表現します(笑))】、、、で、前回から何度も言うようですが、「個人的主観目線」なんで、【数ある映画選びの判断材料の一つ】として【《参考程度》】にとらえてもらえればと思う内容が、私は「Fサイト」より、【Y
0
カバー画像

【あなたの映画選びの基準≪ホラーあるある編≫~無料掲載ver~】

どもども☆いつも私のココナラ個人映画ブログをご閲覧いただき誠にありがとうございます☆前回の「あなたの映画選びの基準≪制作国編≫」の最後に予告した通りw今回は【≪【ホラー】あるある編≫】の《(共通部分)》をさっそくココナラ個人ブログに無料の範囲でとりあげさせていただきます☆☆(※「制作国編」を見ていないかたはこちらhttps://coconala.com/blogs/2544771/229918)★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆では、突然ですがホラー映画好きのみなさんは、『ホラーはこういった展開がもう定番になっててう~む。。』と感じたことはありますでしょうか。私は基本、全ジャンル洋画邦画問わず見るほうですけど、なかでも【オススメ紹介の☆★得意ジャンル分野:ホラー】はあまりにも見すぎてw下記のような感情になりますw【▼≪出品者主観目線によるホラーあるあるの傾向w≫】【≪①≫】大半のストーリー内で出てくる《例:古びたドア》は、「必ず♪ギ~~~ときしむw」{※油さしとけばいいのに。。w【≪②≫】大半のストーリー内に出てくる《例:三面鏡つきの洗面所》は、「最初は誰もうつってないけど、一度開いて、再び閉じたら・・・≪♪ドーーーン!となんか後ろに誰かうつってるw≫」{※霊でも人間でも※用があるなら「※最初から」登場してw【≪③≫】大半の《例:悪魔祓い系のストーリー》は、1:まずは聖水ぶっかけて、2:なんかの聖書を読んで、、3:唱えれば、、、(大半のとりつかれた人は)「うぎゃあ、、!!」と、くたばって一件落着w{※そんなことなら早く対策みつけてようかw【≪④
0
カバー画像

太刀風居合の「ソー:ラブ&サンダー」を見て来たので語る

何か効果があるかなと思ってスマホの待機画面を「スマホいじっている場合ですか?」と書かれた真っ白な画面にしましたが、結局はネットフリックスの魔力には勝てません。恐るべき無料という名の罠。圧倒的な誘惑。これに打ち勝つ方法は気合や根性や精神力ではなく「解約」しかありません。と、前にもそんなことを書いた気がするのですが、まだ解約していないという。そんなことより、映画を見たせいで頭痛が半端じゃない。めっちゃ痛い。はい。ソー:ラブ&サンダーの感想を述べます。今まで色々な映画の感想を述べてきましたが、はっきり言います。私は映画評論家としてはド三流。ド素人です。そもそもソーの映画が今回が初めて。今までの3作を見ていません!アベンジャーズは見たけどね!さぁ張り切っていきましょう!マーベル映画なので演出とか、音楽とか、役者の演技は完璧でしたので、今回はストーリー面だけ語ります。ギャグの多さが問題になっていることは、既に映画に行く前から分かっていました。賛否両論が多いとか何とか。私の今思い返すと「ソー」ってどういうキャラクターなのかよく分からない。確かにギャグは多いなと思いましたが、私は何故かどうとも思わなかったんですよね。いや、ギャグとかジョークとか大好きな人間なのですが「あーこれがギャグなのか」という印象しかない。面白いとは思いますけど、笑いが込み上げるとかじゃないですね。「あーこんな感じなんだー」という印象で上映時間が終わってしまいました。でも、これ終わった瞬間に全てが逆転したんです。悪い意味で。※若干のネタバレを含みます。絶対にブラウザバックしないでください※ストーリーの素材は100点です。
0
カバー画像

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス オススメ度★★★☆☆

いよいよ本格的にディズニープラス未加入者達を放置する状態に入ったと思います笑 (私はドラマも全部見てます) 良くも悪くもサムライミの映画だなぁと。 そして、想像もしてなかったキャラクターが登場するのもあって、割と興奮した状態の自分もスクリーンの前にはいたのですが、ちょっと色々詰め込みすぎてる感もあるし、その分ストーリー自体があっさり&都合よく進む部分もあったり、、 濃いめの味付けが好きな僕には少し物足りなさのほうが大きいです。 あと、鑑賞後に少し冷静に考えたんですけど、予告編はちょっとやりすぎてません?笑 あれ絶対良くないよ笑 もう少し勿体ぶったほうが我々はハードルも越えやすかったはず。 まあ僕がスパイダーマンNWHでマルチバースの世界観を楽しみすぎたのかもしれないです、、笑 言いたいことはまだまだたくさんあるんですけど、ネタバレしちゃいそうなんで控えておきます。 関係ないけど、レイチェルマクアダムスはいつ見ても素敵なウェディングドレス着こなしますね!アバウトタイム好きにはたまらないシーンでした。 フェーズ4はまだまだこれからって部分もあるので、今後に期待!!!
0
カバー画像

フォードVSフェラーリ オススメ度★★★☆☆

三度の飯より映画好きということで、ご覧くださっている皆さんに少しでもより良い映画を知ってもらえれば嬉しいなと思い、定期的に鑑賞した映画のレビューをお届けします。普通の人よりはだいぶ映画を鑑賞してきている私ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね笑個人的にはワイスピみたいにカーレースをジャンジャンお届けするぜ! みたいな映画かと思いきや、車離れが著しい日本の若者でも一度は聞いたことがある超有名企業の歴史に基づく物語でした。 フランスで行われる24時間耐久レース「ル・マン」が主な舞台。 絶対王者であるフェラーリを倒すべく、フォードに与えられた時間は90日間。 マット・デイモン演じるシェルビーとクリスチャン・ベイル演じるケン・マイルズが切磋琢磨し、達成不可能なミッションに挑む物語。 この先、こんなに熱い志を持った友人や同僚が現れてくれればいいなと思わされる映画でした。 また、改めて思わされました。 ビジネスマンは成果をあげてこそ成立する仕事なのだと。 また、史実に基づいているだけあって主演二人の役作りも気合が入っており、本人たちにまあ似せてくる。 やはり、本場仕込みの役作りには毎度あっと言わされます。
0
カバー画像

映画はまるで人生の教科書!映画を見るメリットとその魅力とは

映画の魅力を伝えるときに大切にしている想い私が映画を語るときに大切にしていることがひとつあります。それは映画をあまり観ない人に、映画を観ることに興味を持ってもらたいと思っていることです。好き嫌いは人それぞれなので、映画を観ることを押しつけようとは思いません。しかし、私は映画が好きで、自分なりに魅力を感じているので、そうでない人にもその素晴らしさを伝えたいと強く思っているのです。もし、この記事を読んでいる方の中に、映画をあまり観ない、あまり興味がない方がいらっしゃいましたら、この記事が映画に興味を持つきっかけになればと思います。なぜ多くの人が映画に魅了されるのか?多くの人が魅了される「映画」の魅力とは何なのでしょうか。エンターテインメントだから?何かを感じさせてくれるから?もちろん、どちらも正解です。でも、私は少し違うところに魅力を感じています。それは、映画が人生の教科書のような役割を果たしてくれるというところです。映画のなかの物語の主人公とそれを取り巻く登場人物。劇中でそれらの人々が起こすドラマの多くは、友情や恋愛、信頼や裏切りなど、それは人生においてしばしば出会うことのあるものです。映画の中の人々がその出来事をどう受け止め、どう自分の感情と向き合い、対処していくのか。それは現実世界の私達が困難に直面した時、それにどう立ち向かい、どう乗り越えるか、自分の感情をどう扱ったらよいかなどの大きなヒントとなるでしょう。私が観た映画で「湯を沸かすほどの熱い愛」では、宮沢りえが演じる母は余命2カ月という宣告を受けました。しかし母は残された時間を最後の最後まで、タイトル通り「湯を沸かすほどの
0
カバー画像

私の好きな映画について10/14

こんにちは!名無しのカフェ嬢です!本日は、わたくし、ななしの好きな映画について語っていきたいと思います!はい!いまだかつてないほどどうでもいいわけですが、ぶっちゃけ、まだ始めたばかりなので依頼なども来てないですし、書くこともないのでしばらくはこんな感じで毎日ブログを更新していきたいと思います!【ななしの好きな映画について】これが今回の話題になるわけですが、わたくし、邦画が大好きでして・・・。一番好きな映画は!!!!ズバリ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!『渇き。』監督:中島哲也いやぁ・・・これはね、娘の化けの皮がはがれた時が怖すぎて泣きましたww予告編とか見る方であれば、是非見てみてください!そしてそのまま本編を!!「え!?!?!?!」ってなります!!!w絶対!こういう感じの映画大好きなんですよね~w皆さんはどんな映画が好きですか??__________________________________さて!ここまで見てくださったそこのあなた!!!!こちらどうでしょうか!!「時間がない!」「編集の仕方がわからない!」などのお悩みを解決できます!!ぜひ!こちらをご検討ください!
0
カバー画像

今更ですが、鬼滅の刃無限列車編を見て…(ネタバレあり)

みなさん、鬼滅の刃無限列車編はご覧になられましたか?わたしはコロナの影響で(身体が弱くて)映画館には行けませんでしたがDVDを購入して何度も何度も見ました!!そして先週の地上波放送…。ネタは分かっているのに、見て泣きましたーー!!!(´;ω;`)そして日曜日は喪に服しました。毎回、見た翌日は喪に服します。煉獄さん………(´;ω;`)そんな鬼滅の刃無限列車編…、原作との違いが更に涙を誘うんです。例えば、原作ではなかった煉獄さんの「参ノ型・気炎万象」が登場したり…。冒頭と、ラストのお館様のシーンだったり…。あと!煉獄さんの鎹鴉が、煉獄さんの訃報を伝えるために飛んでいくシーン!原作漫画と違って涙を流しているんですよ!!!無くやろ!!そんなの!!!!もう!!!!!!!!(´;ω;`)誓いました。みなさんが私のサービスを購入してくださり、そしてありがたくいただいたお金で煉獄さんに貢ぎます…………。そんな私は、甘露寺蜜璃ちゃん推し♡炎&恋の師弟コンビは一生推し続けます!!!
0
カバー画像

太刀風居合のレッドブルを飲んで翼が生え……ない

本日はかなり忙しかったので、更新が遅れています。あまりの疲労に自動販売機でレッドブルを買い、そのまま飲んでしまいました。モンスターもそうなですけど、私の鈍感さのせいでイマイチ効力が分からないんですよね。美味しいのは分かるけれど。あと……身体に悪いのも。両足……主に太腿が大激痛。お盆に堕落した身体が悲鳴をあげています。太刀風居合です。プログラミングの勉強をしつつ、ゲームをつくり、ブログを書いたり、動画つくったり、小説書いたり、普通にサラリーマンしています←ここ一番重要!「僕のヒーローアカデミア」とか「おそまつさん」とか実写化するみたいですね。私はこの半年間の間に実写映画を酷評する動画を何本も見てきました。はい、どんなテンションで何を言っているのだろうと、自分でも思いますが、我慢をお願いします。しゃーねーよ。この一言に尽きます。内容が実写化に相性が悪いとか、漫画やアニメと映画は尺が全く違うとか、こんなに役者に金をかけなかったら良い演技にならないとか、旬の芸能人たち別に演技も上手くなけりゃ原作のキャラとも似てないとか、そもそも低予算とか、CGで誤魔化せないとか、言いたいことは山ほどありますけれども。しゃーねぇ、しゃーねーよ。大人になったなぁ、おれ。僕のヒーローアカデミアはある程度は上手くいくと思う。とでも言うと思ったか、絶対に失敗するわ!ド〇ゴンボールがどうなったか、忘れたわけではあるまい。映画と学園生活って相性悪いんだよ!そもそもヴィランは誰になるの?1本の映画でしっかり倒し切れる敵なの?それともオリジナルストーリー!?それが叩かれる元だよ!!おそまつさんは上手くいくんじゃない?役
0
カバー画像

P!nkの映画を見て思うこと。子育てのこと。

AmazonのPrime Videoで、『P!nk: All I Know So Far』を観ました。P!nk: All I Know So Far2019年に「ビューティフル・トラウマ・ワールド・ツアー」を開催したP!NK。ウェンブリー・スタジアムでの初公演に向け、家庭とツアーを両立させるP!NKの舞台裏の姿に迫る。私が持っているP!nkのイメージは、「カッコいい姐さん」男女に関わらず困っている人がいれば、いいから付いてこい!っと全部受け入れてくれそうな、そんなイメージです。(実際のところは知りませんw)パワフルでアクロバティックなステージは、魅力的で楽しくて、興奮します。P!nkはロックスターであり、妻であり、二児の母でもあります。そんな姿を追ったドキュメンタリーでした。思ったのは、P!nk家の子育ての素晴らしさ。世界ツアーをこなすP!nkに、夫と子供たちが付いてまわるというのはかなり特殊な家庭なのは間違いないと思うのだけど、P!nkや旦那さんの子供たちへの接し方がとっても理想的に見えたのです子供が何か悪いことをした時、感情で怒るのではなく、理性でしっかりと叱る。子供たちを子供扱いせずに、きちんと向き合って会話をする。疲れていても、子供の話をしっかりと聞く。日本での一般的な子育てはどうなんでしょう?P!nkのような素敵な子育てをしている家庭ももちろんあると思います。一方で、スーパーやファッションビルなどで、若いお母さんが子供たちをヒステリックに怒っている姿をたまに見かけます。(商品を)触っちゃダメでしょ!何度言ったらわかるの!静かにしなさい!ちゃんとしなさい!ワンオペで疲れ
0
カバー画像

シン・エヴァンゲリオン劇場版…

遂にエヴァンゲリオンが…終わりましたね… 皆さん…見ましたか?…劇場版。(今更) 新劇から入ったという方も、漫画やアニメから入ったという方も衝撃でしょう。 何より、旧劇を当時映画館で見ていた様な人であるなら尚更、一つの青春が終わりを迎えた様なものでしょう… 僕もアニメにハマり、自分という形を作った一つのコンテンツであるこのエヴァに対しては並々ならぬ想い出が多々あります。 映画を見にったのがだいぶ前なのですが、今やっと落ち着いてきたので感想などでもここで語ってやろうかと思います。 ヒロのエヴァの始まり 僕、ヒロ(僕)のエヴァの始まりは中学生までに遡ります。 当時、2012年。 僕は中学2年生でした。エヴァのパイロットと同年代。 僕は当時まあまあ病んでました。 まあまあってのはまあまあです。思春期ですから。(色恋沙汰とは一切無縁でした) そんな病んでた時期に仲の良い友達ができたんすね。 双子の兄弟の友達だったんすけど、まあまあ狂ってる奴らでした。 どのくらい狂ってたかというと、下敷きから爆弾作って山小屋一棟全焼させたり、ボールペンで作るミサイルを改造して軽く人の肌に刺さる位の威力にしたりして遊ぶ位には狂ってました。よくある話ですねきっとええ。 まあそんな友達からある日『エヴァって面白いぞ』って話を聞かされまして、 当時アニメは好きだったとは思うのですがオタクという程のめり込んではいませんでした。 ただ若干病んでいたのもあり、何か気を晴れさせようと帰ってPCから違法サイトを使ってエヴァンゲリオンアニメ版を一気に見たんですね。 当時、著作権云々なんてものを一切知らんぷりしていたので、違
0
カバー画像

クレープと映画

クレープが食べたいという欲求が一週間くらい前から私を悩ませ、今日、仕事がお休みだった私は、なんと一日に2個もクレープを買ってしまいました。あぁ、自己嫌悪。ひとつにしておけばよかったものを、二つも食べてしまうなんて、私はどんだけクレープが食べたいという欲求に溺れていたのだろう。クレープを味わったことでクレープという煩悩を滅した私ですが、来月は職場の健康診断です。身体測定があるというのに、クレープをよりによって2個も食べてしまうなんて。でも、2個食べれちゃうくらい、美味しかったのです。明日から、本格的にダイエットに励もうと思います。そして、今日は二つめのクレープを食べながら、ある映画を観ました。『わたしは、ダニエル・ブレイク』という映画です。とてもとても考えさせられる映画でした。イギリスのニューカッスルという街を舞台にした映画で、イギリスらしい素朴で美しい街並みと、地方独特の英語の発音が楽しめる映画です。このご時世、この映画の主人公のような方がとても増えたのではないかと思いました。この映画を観て思いました。この世は持っている者と持っていない者しかいないんだと。そして、食べたくて、クレープを買って食べれる私は、贅沢です。大変にありがたいことです。感謝しながら生きていかなくてはいけません。今日、クレープを2個も食べることができたのは、本当にありがたいことです。いろいろなことを考えるきっかけになる映画だと思います。皆様も、機会があれば、ぜひ一度、鑑賞してみてください。
0
カバー画像

映画『天外者』を観てきました(*^^*)。

まだまだ、興行中ですので、ネタバレはしませんが、お勧めです!!年末年始は忙しくて出かけられなかったし、友人には無限列車♪の方に誘われたので、ずっと観られなかったのですが、行って良かったです。映画って好みが分かれるので、安易にお勧めするのもなんですが。☆ お勧めポイントをざっくりと(*^^*)〇 元気が出ます! 幕末~明治という過渡期に活躍した五代友厚さんを主役としている映画です。黒船なんかどんどん来てどうしよう?という時代、より良い未来をもたらしたい!という気持ちで頑張っておられる方々が多く出てくるので、あ、自分も頑張ろう!と元気をもらいました。〇 中高年にもわかりやすい♪筋が追いやすい♪ 最近、かっちょいい映画とかって、筋が追えないまま終わる時があるんですよ、自分がボケかけてきてるのかも(笑)。 『ライアーゲーム映画版』、未だにもう一回見ないとたぶんわかっていない所がたくさんあります(日がだいぶたつので、今となってはどこがわからなかったのかが、すでにわからないww) 『君の名は』、も飛行機の中で見ていたので、??となっていることが多いんですが。もしかして、災害があった歴史が最後は変わったってことです?(歴史改編していいんでしたっけか?その後刀剣乱舞の映画で「歴史は変えちゃいかん、」って言われてたので、脳内コラボしたら大変なことにww)とりあえず、周囲がめちゃ信者みたいになってたので、質問したら怒られそうで誰にも聞いたことがないんです。アンチなわけじゃないんですが。ごめんなさい〇 本編後のオマケのお気遣いが製作側の方々の優しさを伝えてくれます♪ 下に書きますが、観る前に葛藤があ
0
カバー画像

【映画】クリスマスキャロルから学ぶこと

今日はクリスマスに先駆けて、映画『クリスマスキャロル』から学ぶことについてお伝えします。この物語はもともと小説から始まっているのですが、映画で観るとクリスマスをより感じることができると思います。主人公として登場するのは、スクルージというケチで思いやりに欠けるおじいさんなんですね。スクルージは生産性がないと感じることや、無駄に思えることを自分の人生から一切排除しようとしていきます。なので、クリスマスの日にパーティーを開いている人や、賑わっている街の雰囲気に対して冷ややかな目を向けていました。そんなスクルージの元にクリスマスの前日、3人の精霊がやってきます。1人目は過去の精霊。2人目は現在の精霊。3人目は未来の精霊。過去の精霊はスクルージがずっと若かった頃のクリスマスに連れていきます。その過去のクリスマスを現在のスクルージが見て、懐かしい思いになったり、忘れていた苦い思い出を思い出していくんですね。そして現在の精霊はスクルージの今置かれている状況を俯瞰して見せていきます。そのことによって、今まで気づけなかった貧しい暮らしをしている人の存在に気づくことができたり、そんな状況下の中でも家族で幸せにクリスマスを過ごしていることを知っていきます。そして、最後に現れたのが未来の精霊です。今のままの自分でこの先も生きていると、未来はどうなっていくのか?ということを未来の精霊がスクルージに見せます。自分が亡くなった後も、誰にも悲しまれることはなく、むしろ、「最悪な人間だった」という話をしている人たちをたくさん見ることになるんですね。そんな過去と現在と未来を客観的に見ることによって、「今」という時
0
カバー画像

辛い経験は誰かの勇気になる~1989年生まれの映画監督作品「生き止まりの世界に生まれて」~

久しぶりに映画を観に行った。今回、私が観たのは、1989年生まれの映画監督ビン・リューの監督デビュー作品「行き止まりの世界に生まれて」(1h33)。きっかけは、このタイトルに惹かれたのと、映画監督の年齢が私よりも下であるということに興味を持った。実際観てみたら、、、、想像以上に刺激を受けたので、是非皆さんに紹介したいと思う。 <ストーリー> 小さな町で必死にもがく若者3人の12年間を描く傑作ドキュメンタリー! 「アメリカで最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビン(映画監督自身)の3人が、貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込む。彼らにとって、スケート仲間は唯一の場所、もう一つの家族。いつも一緒だった彼らも、大人になるにつれ、少しずつ道を違えていく。ビンのカメラは、明るく見える3人の悲惨な過去や葛藤、思わぬ一面も露わにしていく。希望が見えない環境、大人になる痛み、寝深い親子の溝・・・ビンが撮りためたスケートビデオと共に描かれる12年間の軌跡。 <映画監督ビン・リューってどんな人?> ビンは8歳になるまで、中国、アラバマ、カリフォルニアを母親と共に移動、ビンが8歳の時、シングルマザーだった母がロックフォードに仕事を見つけ引っ越し。そこで母は、身体的にも精神的にも暴力をふるう男と再婚、17年間一緒に過ごす。ビンは13歳で、家から逃れるようにスケートボードを始める。そこで、家にいるよりも、アウトサイダーの集団の中にいる方が何倍も幸せだということに気づく。その後、20代にかけてシカゴへ引越し、教師になるべく勉強を始め、卒業後は映画監督組合
0
カバー画像

観てきましたよ

鬼滅の刃 無限列車編公開日2日目にして鑑賞に行き、2度目行きました。もちろん2回とも泣いて帰ってきましたとも。原作ファンだったので、この盛り上がりは嬉しいけど行き過ぎの気もしてちょっと引き気味だったり。時透無一郎君推しとしてはもっと先のストーリーも映画化して無一郎フィーバー来てくれないかと願い中(笑)煉獄さんも素敵ですけど…やっぱり無一郎君だなぁ、私は。(三人組の中では善逸君推しです)今年は世の中色々ありすぎました。だから多くの人と「楽しい」を共有できるのは嬉しいですね。実は個人的には鬼滅の刃って人を選ぶマンガだと思っていたのでここまで好きだという母数が増えた現象にびっくりしています。ブームってそんなもんなのかしら?一時的であっても人の気持ちがいい方向に大きく揺れ動いてプラスのエネルギーになっていくのは良いことだなって思います。どんなにつらく悲しいことがあっても立ち上がって前を向いて進んでいくしかない。転んで傷だらけになっても、自分の足で立ち上がるしかない。失ってしまった人との関りは無意味なのではなく自分の未来に繋がるバトンを渡してくれた大切な存在。そう考えられることは生きる上でとても大事なことだと思う。私には鬼滅の刃の作品からそんなメッセージを受け取って1人ほわほわしています。もう1回映画観に行っちゃおうかなぁ。(そしてまた泣いて帰る)
0
カバー画像

映画『 TENET』レビュー

最新映画『TENET』を観てきました。複雑な話なのですが、簡潔に言うと主人公が時間の逆行を利用して第三次世界大戦を止める、と言う内容。2つの時間軸が複雑に混じり合う、クリストファー・ノーランらしい難解な映画でした。特に印象に残るのが高速道路のシーン。すごいスピードで運転しながら敵を追い込む姿は見ものでした!『インターステラー』や『ダンケルク』、『インセプション』などの映画で監督が利用している技法が再利用されていて、ノーラン監督映画の集大成のような映像美。実際にその場にいるかのような臨場感と緊迫感が楽しめます。またジョン・ディヴィッド・ワシントン(あのデンゼル・ワシントンの息子なんだとか)とロバート・パティンソンのコンビの周りを、『コードネームU.N.C.L.E.』のエリザベス・デビキ、『ダンケルク』のケネス・ブラナー、『イェスタデイ』のヒメシュ・パテル、そしていつも通りマイケル・ケインが固め、壮大なストーリーを展開しています。そして最後のセリフ、Neil: ”For me, I think this is the end of a beautiful friendship.”(ニール:「僕にとっては、これは美しい友情の終わりだね。」)The Protagonist: ”But for me it's just the beginning.”(主人公:「俺にとってはこれが始まりだ。」)は、1942年公開映画『カサブランカ』の最後に主人公が行った言葉、"I think this is the beginning of a beautiful friendship."「これは私たちの
0
カバー画像

真実とか嘘とか。

昨夜、久しぶりに映画を観ました。アウトプットばかりの毎日に、何か感情の源を!と思い立ち、なかなか映画鑑賞モードに入れなかったのですが、半ば強制的に見ました。しかも、普段あまり観ないサスペンス映画!「シャッターアイランド」レオナルド・ディカプリオ主演です。詳しい内容は伏せますが、夢か現実か。嘘か本当か。見終わった後も、ふわふわと定まらない気持ちのまま。以下、映画観想的な詩です………………………………………………決して光を零さない灯台にあなたを閉じ込めてしまおう命がけの真実も誰かにとっては危険な嘘わかっている悪いのは全てわかっている弱いのは全て夢に溺れるように現実で息ができないそんな肯定の許されない世界でそれでも 愛でしかないのは 強さなのか それとも………………………………………………真実も嘘も、誰も傷つけなければいいんじゃないかと思ってしまう。どちらも暴力になり得るというのは、即ちどちらも優しさにもなり得るのかも。確かにこの世界の全てを計り知れないなら、【真実】なんて、ただの言葉遊びか。それではまた!
0
カバー画像

生きろ。もののけ姫観ました!

みなさま、今晩日は!丸蔵でございます。夏の足音が刻一刻と迫っているこの頃、体調いかがですか?少しずつ暑さに身体を慣らしていってくださいね。無理は禁物!理(ことわり)が無い事が無理ですから。さて、ジブリ映画4本が映画館で観れるとの事で話題になっていますが、先日の風の谷のナウシカに続き、もののけ姫をスクリーンで観てまいりました!久々というか、、〇年前(笑)に映画館で2回観て以来です。オープニングの山から立ち昇る蒸気の場面にもう感動!毎回あそこでぞくぞくしますが、スクリーンだとまた格別ですね!これから、壮大な物語が始まる、重厚なテーマが描かれている感じが見事に表現されていて、私は、あのオープニングが大好きです!物語といえば、改めて強く感じたことは、人の業の深さ、身勝手さですかね。人は人(同族)の利益のみを考えろという想い。自然という一大サイクルの一部で生かされている事を忘れ、目の前の利益(便利さ)に手を伸ばす。身につまされます。エボシがアシタカに「どっちの味方だ?」と問われた時に双方争わぬ道が無いのか?と問い返すも決裂。アシタカの掲げた事は決して理想論でも綺麗ごとでもなくて、今、問い続けなければならない事ではないかと。それは、地球環境に関してだけでなく、人間同士でも。一度海外旅行に行ったときに、人間って言葉が通じないほうが一生懸命コミュニケーションを取ろうとするなと感じたことがあります。下手に日本人同士で言葉が通じるとお互いおざなりになりがちでケンカになりやすく無いですか?特に親しい相手だと猶更(苦笑)言わなくても分かるよね、分かってるもの。。。いや分かる訳ないから!だってみんな自分
0
カバー画像

ミッドサマーを観てきた感想・観に行けるかチェック

※note・ブログに掲載しているものです明るい事が恐ろしい!という謳い文句であり、Twitterでは「山田と上田が居ないトリック」と話題沸騰中のミッドサマーを観てきました。 「観たいけどホラーなのでしょう?」や「グロいって聞いたから悩んでる…」という人向けにものすごいネタバレをしない程度に感想を書いていきます。 正直参考にならないかもしれないけど。 ミッドサマーを観ない方がいい気がする人 先にもう観るのを辞めといた方が良いかもという人を言っておこうと思います。 それでも「いや、気になるし観たいんだよね!」という人は私の感想とか他の方の感想を見てよく考えてな。 ・感受性が強い、登場人物に感情移入し過ぎちゃうタイプ ・とにかくグロ系がダメなタイプ、少し見れる人でも明るい画面で肉塊見れないならやめよう ・精神的に不安定な人(私も精神疾患持ちだけど参考にならないタイプなんだ) ・家庭環境が悪くてトラウマがある人 ・性的なものに嫌悪感がある人(がっつり性的なシーンあるよ) ・恋人と上手くいってない(主人公と彼氏が上手くいってない故の結末だと思うから) 恐らく上に当てはまる人はミッドサマー観ると精神やられてしまうかと思うよ。 ミッドサマーの登場人物 ・ダニー(主人公) 本作の主人公、メンがヘラってしまっている上に妹が双極性障害で妹が両親を巻き込んで無理心中を冒頭でしてしまうよ。 更にメンがヘラってるのに、彼氏のクリスチャンと上手くいってない。可哀想。 ・クリスチャン ダニーの彼氏だよ、でも1年前ぐらいからダニーと別れたいと思ってるよ。ダニーの家族の不幸から余計別れられ
0
カバー画像

【感想】『借りぐらしのアリエッティ』と「小人の冒険シリーズ」

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』「ぼくはあの年の夏、母の育った古い屋敷で一週間だけ過ごした。」  物語は、少年のモノローグから始まる。  美しい宝石箱を開けた時のような音楽が鳴り、なるほど、その体験は少年にとって宝物なのだろうと想像ができる。  アリエッティは可愛い。  小さく、ほっそりとしていて、それでいて賢そうな、勇敢な顔をしている。それが素早く動き回り、要領よくシソを摘み取って、床下へと続く格子窓に消える。  『借りぐらしのアリエッティ』、スタジオジブリによる2010年の作品である。  少年(翔)は、初めて小人(アリエッティ)を見た時に、守ってあげたいと思ったのだという。心臓に病を抱えていて、静かに本を読み、猫を撫でるだけの彼が。一体、何から小人たちを守りたかったというのだろうか。  アリエッティは言う。あなたのせいで自分たちの暮らしは滅茶苦茶になった、と。  小人たちには小人たちの暮らしがある。小さくて、慎ましやかで、いじらしい暮らしが。こっそりと拾い集めてきた材料で、コツコツと作り上げてきたのであろう手作りの、創意工夫に満ちた暮らしが。それは、大きい我々「人間」からすると、物理的に儚く、脆い暮らしである。  実際、彼らの生活空間は翔によって暴かれ、良心からとは言え壁をごっそりむしられた。そして家政婦によって家族のメンバーを捕らえられる。  少年は共存を望んでいるが、小人たちの生活はミニマムであるが故に(少なくとも、少年が守りたいと思う程度には)脆く、人間とは共存しえない。共存はできないが、物語は「心を通わすことはできる」と伝えてくる。ありがとう、さようなら。翔と
0 500円
カバー画像

劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト) 🌟感想🌟

見てきました!シティハンター。まず、ちゃんと今作もシティハンターです(/・ω・)/キャラや世界観を守り且つ、現代に合わせて作られてました。シティハンター好きは確実に楽しめ、知らない人でも楽しめる物語です。個人的には、前作の劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉のほうが好み。なお、どっちが良いかというのは愚問、前作と新作を両方見ることで、シティハンターをより深く味わえると思います。なお特典のサイズに注意(笑)↓週刊少年ジャンプ並みの大きさの色紙です。あと厚紙ではないので、油断すると折れ目できます(;^ω^)
0
カバー画像

良心的な映画でした

スザンナ・キャハラン原作の映画、邦題:彼女が目覚めるその日まで気付きの瞬間・過程を必要以上にドラマチックにすることもない極めて良心的で素敵な映画でした。
0
34 件中 1 - 34
有料ブログの投稿方法はこちら