絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

6 件中 1 - 6 件表示
カバー画像

女児失踪事件から全キャンプ場にお願いしたいこと

道志村のキャンプ場から離れた場所で人骨が出て、そのあと少しづつ、みさきちゃんのきていたものと似た衣類がでているという報道があって、大変心を痛めています。 事件なのか、またはたまたま捜索しなかった場所へ川の場所を間違えて行ってしまったのか、それすらもまだわからない段階なので、なにもいうことはできませんが、こんなことはどんな子供にも日本中で二度と起きて欲しくない。 実は私自身、小学生低学年の頃、買い物中の親と離れて、一人本屋さんにいたとき、若い男性に声をかけられ、連れ去られそうになったことがありました。親もおおごとにしたくない、と別に警察には届け出なかったのですが、その体験の下地があるので子供が連れ去られる時一体どういう状況が起こり得るのか、当時のやり取りをおぼえているのでなんとなく分かるような気がするんですよね。どんなに気をつけていたとしても、親の限界は絶対にあります。  しかも海外の犯罪例では幼児の誘拐は無計画ではなく、狙いを定めて下調べをしっかりして生活を把握した上で、親の隙を狙います。人身売買なら、買う客にその子の写メを送って、商品としてこれでいいかと確認後にこどもを誘拐しています。同じことが日本で起きているかどうかはわかりませんが、そうではない可能性は逆にどのぐらいなのか、わかりません。 だから、いったんターゲットとして子供が狙われたら、現代はもはや親個人では防げないレベルの犯罪なのです。親の不注意を責める人は、あまりに現代の犯罪の高度化やITすら利用する組織的誘拐の手腕を知らなすぎると思います。別に私は警官でもなんでもありませんが、だからこそ、だれにでも起こりうるんだ、
0
カバー画像

ランドリールームの窓は ウィンドキャッチ窓でしょ

「洗面所のところには室内干しできるようにしたいと思っております。天井近くに横長の窓をけようと思ってます」とのお話ちょっと考えてみましょう物干しには日照よりも通風が有効室内干しは日照よりも風通しの方が重要になります 洗濯物が乾く仕組みの解説を洗濯・染み抜きドットコムさんの記事からお借りします衣類の表面の水分が風で飛ばされて衣類から水が抜けるという事です光よりも熱よりも風が大切なんですね風は入り口と出口が必要風は入り口だけでなく出口も必要です風を衣類に当てるためには 部屋の両端に風の入口と出口を作りことが必要です下のかわいい絵はYKKさんからお借りしました通風効果の大きい縦滑り出し窓窓の前を壁に沿って流れる風も窓ガラスが前に出る縦辷出し窓だと捕まえることが出来ますYKKさんの動画をシェアさせていただきます縦辷出し窓のバリエーション横に並べるだけではなく縦に並べる段窓というのもあるんですね狭いところにも使えますね 巾300㎜未満で泥棒対策洗面脱衣、ランドリールームは人目に付かない側が多いので泥棒に狙われることもあります窓を頭が入らない大きさすると泥棒も入れないそうで巾300mm未満にすると良いようですまとめランドリールームの窓は・風の入口と出口を考えます・ウィンドキャッチ窓を使うと 窓の正面だけでなく右から来る風も左から来る風も利用できます自然の風をうまく利用して気持ちよく乾くランドリールームにしましょう
0
カバー画像

我が家の防犯対策

茨城県の取手市には泥棒が建てた泥棒御殿があります。ご存じでしょうか??今は空き家になっているようですが、実はこのお家、『防犯』を考える上でとても参考になります。写真を見てください。道路や隣地に面した窓は縦長の細長い窓しかありませんね。また窓が取り付けられている高さも地面からある程度の高さがありますので、はしごでもない限り窓に手をかけることもできません。私は一度、このお家を見に行ったことがありますが、残念ながら家の中までは入ることができませんでしたので、中庭があるのか、光はどのように採り入れているのかはわかりませんが、泥棒が建てただけあって、泥棒対策はバッチリでした(笑)。しかし一方で一般的に泥棒を完全に防ぐ手立てはないと言われています。泥棒はどんな家でも入れると言うそうです。では防犯を考えるにあたりどうしたらよいのでしょう?それは泥棒が入ろうとしたときに、「あっこの家は入るのに時間がかかりそうだな」「ここは入りにくいな」と心理的に泥棒が避ける家にするとよいとされています。例えば、泥棒御殿のように窓は縦長の窓にして、地面から高い位置に設置することで、この家、入るのが難しそうだな、と思わせる、ですとか、防犯フィルムが貼ってあるので、ガラスを割るのに時間がかかりそうだな、とパッと見でわからせるなどが有効なようです。もちろん、出掛ける際は窓はきちんと閉める、カーテンを閉めて部屋の中が見えないようにしておく、ほんの少しのお出かけでも玄関や勝手口のカギは掛けるなどは基本ですが、意外と有効なのはご近所さんの目と言われます。地域防犯という視点で、ご近所同士で助け合うことが意外と泥棒さんにとって
0
カバー画像

スマホ置いてただけなのに〜パパママ向け〜&2020お正月大活躍だったもの

おはようございま〜す。すいみんぶそくママ、かみこです。最近ネタは写真が溜まっていくっぽうで、全く更新できてなくて。書くのは好きなのに要領悪くて情けない。。朝、ふむふむな記事を見つけてブログ書いちゃいました URL載せられないんですけど、最近、3歳の息子がカートのカゴに勝手にお菓子やおもちゃ入れるようになったんですよーやばーもうそんな年齢??って思ってたから、勝手に親のiPhoneで、ゲームやアプリ課金されたってニュースとか見てたからつい読んでしまいました。内容は、スマホのロック画面でもできる操作が意外と結構あってトラブル防止に設定を見直すという記事です^^まだ年齢的に⬆︎のような高度なことはされたことないけど、これからの対策としてすぐできたからiPhoneの設定見直しました。こども以外でも人がいっぱいいるとこに(飲み会やオフィス)スマホ置く機会が多い人は参考になるかもー今日のひとりごと。↓2020 お正月大活躍だったもの1、鬼滅の刃の凧〜。子どもが走り回ってやってましたー2、カセットコンロ災害対策にかったカセットコンロ、鍋や焼肉に大活躍〜。家族参加型料理の切り替えにも便利でしたー3、100均ワッツのおぼん(左上の)たくさん乗せれて、コンパクトにもなるので超便利です。2020年買ってよかったランキングに入るくらい。終わりに...( さいきんの活動報告 )簡単ですが以上でー。さいきんの活動報告&進歩状況その他↓before(2020.12)After(2021.1)下手くそな絵も時間見つけて独学練習し↓           before                 (
0
カバー画像

泥棒が下見でここを見る

お家のセキュリティについて書きます。 やはり、怖いのは泥棒ですね。 そこで、その泥棒の生態と対策を紹介したいと思います。 基本的に泥棒は、必ず下見に来るのだそうです。 その際の服装は主にスーツや作業着が多いようです。 まるで、訪問販売員や工事作業員になりすまして、 様々な事柄をチェックするようなんです。 そのとき、主にこの5つの事柄をチェックするようです。 1、犯行が周囲から見えないか 2、犯行後、逃げやすいか 3、セキュリティの甘い家か 4、どの時間帯に留守であることが多いか 5、窓の鍵は開けやすいタイプであるかどうか   4番目は、その家の人の生活パターンをチェックするのです。 「どの時間帯に留守であることが多いか」というのは では、どうやって調べると思いますか? 答えは、堂々と「インターホンを押す」という方法なのです。 また、ポストから郵便物を盗み電話番号を入手、 勧誘のフリなどをして電話をかけるという手口も使われます。 いずれにしても、インターホンや電話が鳴ったら 居留守を使わずに応答するのが防犯対策になるのです。 こんなとき、モニターホンが必要になります。 市販でも、簡単に入手でき、比較的取り付けもしやすいのですが、 自分では、無理と言う方はこの機会に、設置を考えてみましょう。 更に、玄関や門柱にも、注意してください。 マーキングがされているかもしれません。 マーキングは、ど
0
カバー画像

♥シーサーのつぶやき❇

コロナの影響で外出制限等により、人がいない状況が増えてきているので、ひとけのない道や公園、夜道など、お子さんや女性は特に犯罪などに巻き込まれないように注意しましょう。
0
6 件中 1 - 6
有料ブログの投稿方法はこちら