絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

106 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

プロのWeb開発エンジニアが教える、これからHTML+CSSを勉強したい人の勉強方法

Webシステム開発の会社、Nickel Lab. です。今回は弊社のエンジニアがオススメする、HTML+CSSを覚えていきたい人の為の勉強方法を公開します!この方法を実践すれば、がむしゃらに勉強をするより素早く習得することができますので、是非試してみて下さい。よくつまづくポイントは皆同じHTML+CSSを始めるとつまづくポイントはいくつかありますが、皆さん大体同じだったりします。なにがわからないのかわからないできないところを検索しても解決できないある程度わかった後でも、プロみたいな綺麗な作り方がわからないそれ!と思った方には、今回の記事はかなり効果的かなと思います!実践はとても簡単です。順番通りにやってみましょう。1.HTML+CSSの基本中の基本を覚えよう(むしろ基本だけでいい)どんな方法でも、基本中の基本をある程度把握していなければ、手を動かすことができないものです。なので、やっぱりそこは触っておきましょう。HTMLであれば、・<head>と<body>・cssの読み方・見出しと文章の書き方・<div>の使い方・タグにclassを指定する方法これだけ!これだけわかればある程度のものは作れるようになります。フォームを作ったり、クリックしたら何か出来たり。といった事は後回しにしましょう。タグでいうと、以下のものがわかれば大丈夫です。<html><head><body><h1> <h2><p><div>まずはこれらのタグを使って、適当な小説から文章を構成してみて
0
カバー画像

【HTMLのきほん】meta(description)要素ってなに?

こんにちは。LP専門コーダー Ui-Partner・おりです。今日は、HTMLのきほんと題して、meta(description)要素についておさらいします。meta(description)要素でWebページの内容を分かりやすくまとめておくことで、検索してきたユーザーにWebページの中身が正しく伝わります。▼「meta要素」とは?MDNでは下記のようにまとめられています。<meta>: 文書レベルメタデータ要素 HTML の <meta> 要素は、他のメタ関連要素 (<base>, <link>, <script>, <style>, <title>) で表すことができない任意のメタデータを提示します。要するに、「このHTML文書に関する情報」をmeta属性によって文書の中(Webページの表には出ない部分)に記録することができるということです。今日のテーマである「description」以外にも様々な属性を用いてHTML文書の情報を記録することができます。(例)・charset属性:このWebページがどの文字コードを使用しているかを記載・name属性:Webページの作者名や説明、ビューポートなどを記載できま      す。今日のテーマの「description」はname属性に含まれます。▼meta(description)属性と検索エンジンでの結果表示では、meta(description)属性はユーザーにどのような情報を伝えるのでしょうか。Googleで「ココナラ」を検索すると下記のような
0
カバー画像

コーディングの依頼で良くお願いされる事

コーディングのお仕事を40件近く担当して、依頼内容で多いものをご紹介します。スクロールで画像等の要素が表示されたらふわっと表示させる色々なサイトでも良く見ますね。実装方法はいろいろ考えられると思いますが、私はJavaScriptの「Intersection Observer」を使います。JavsScriptならscrollイベントなどでも実装するのですかね。ご依頼主様からは、処理が重くなる心配をされる方もいますが、重くなる事はないと思います。要素が画面内に入ったら、Intersection Observerでclassを付けて、CSSで処理させるので、実装もしやすいと思います。バーガーボタンクリックでスマホメニュー表示バーガーボタンはCSSで作るのですが、私としては、CSSが少し複雑ですね。before疑似要素、after疑似要素を使って作ります。気を付けているのが、スマホメニューを透過で表示させたときに、メニューを操作に連動して、下層のコンテンツが動いてしまうこと。bodyにposition:flexd;overflow:hidden;width:100%の指定で防げると思います。バーガーボタンクリックで×ぼたんに変形させるのに、transformを使います。Intersection Observerは覚えておいて損はないと思います。お仕事募集中ですのでよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

Vueを使ってMarkdownファイルを表示する

Vueを使ってMarkdownファイルを表示する前回は、Firebase ストレージに保存したファイルを Vue を使って表示する方法を紹介しました。これで簡単なブログなどのサービスを実現できます。今回は、HTML ではなく、Firebase のストレージに保存した Markdown のファイルを Vue で表示する方法を紹介します。こちらの方が、原稿を書く際書きやすく、そのままの形でも読みやすいというメリットがあって便利です!Markdown とは?Markdown は以前にもこの連載で取り上げていますが、マークアップ言語です。 そのままの形でも、比較的読みやすく HTML などに比べると初心者でも書き方を簡単に覚えられるので便利です。 便利なのは、この形式で書かれたファイルを公開されているモジュールで簡単に HTML に変換する事が可能になっている点です。 ブログなどの記事は、ある程度文章の形が決まっていて、特別な HTML を書く必要はあまりありません。そう考えると、原稿を Markdown で書いておいて、表示する際にプログラムで HTML に変換して表示するという方法はブログサイトを運用するには都合の良い仕組みです。プログラムの履歴を管理するのに、Git がよく利用されますが、Git をベースにオンラインでプログラム開発のプロジェクトを保存して、共有したり公開するのに広く利用されている GitHub のドキュメントも Markdown を採用しています。この記事では、これまで学習してきた Vue を使って、Firebase に保存した Markdown を表示する方法
0
カバー画像

これだけは入れておきたい!Wordpressのオススメプラグイン5選

こんにちは!山本佑樹です!最近、娘が私と2人きりの時にちょっとだけ甘えてくるのが、すごく嬉しいです。まあこれもいずれすぐになくなるとは思いますが・・・今日はWordpressでホームページを制作する際にぜひ導入しておきたいプラグインを5つ紹介させていただきます。どのプラグインもいろんな方がブログ記事などでオススメされていますが、改めてご紹介します。①EWWW Image OptimizerWordPress内の画像を圧縮し表示を最適化できるプラグインです。②Contact Form 7WordPressで問い合わせフォームを作成できるプラグインです。③Google XML SitemapsXMLサイトマップを自動的に作成するためのプラグインです。④BackWPupブログ記事などのバックアップを取るためのプラグインです。⑤SiteGuardWordPressのセキュリティを強化してくれるプラグインです。以上5つは定番中の定番プラグインですが、Wordpressを使用する場合はぜひ取り入れておきたいプラグインです。ぜひ参考にしていただければと思います。当然ながら私がホームページを作る際にも導入しておりますので、ホームページ制作を検討されてる方はお気軽にご相談くださいませ。
0
カバー画像

Wordpressでホームページを制作するデメリット

こんにちは。山本佑樹です。家の近くにある桜が散りつつありますが、次に満開の桜を見ることができるのが1年後と思うとなんだか寂しい気持ちになりますね・・・。さて、昨日はWordpressでホームページを制作するメリットについて、ご説明しましたが、今日はデメリットについてご説明できればと思います。Wordpressに限らずなんでもそうだとは思いますが、メリットもあればデメリットももちろんございます。今回はWordpressを使用する際のデメリットにフォーカスしてお伝えしていきます。デメリット①通常の静的ページと比較して、ページの読み込み速度が遅くなるデメリット②プラグインやテーマとの互換性がない場合に、ページエラーや不具合が生じるデメリット③テーマやプラグイン、Wordpress本体の更新が定期的に必要になるデメリット④複雑なパスワード設定ができていなかったり、定期的に更新できていないとセキュリティーの脆弱性やハッキングが懸念される一般的に言われているのが、以上の4つとなります。ホームページ制作においてWordpressはかなりオススメできますが、メリットとデメリットのどちらも理解した上で使っていきたいですね。当方では上記デメリットの対策もきちんとさせていただきますので、ご安心ください。ホームページ制作に関する相談も承っておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。
0
カバー画像

Wordpressでホームページを制作するメリット

皆さんこんにちは。山本佑樹です。ここ最近は短い睡眠時間が続いており、夜の作業がかなり辛くなってます。あともう一踏ん張りしたいと思います!!さて、今日はWordpressでホームページを制作するメリットについて、ご説明できればと思います。ホームページ制作を検討されている方でしたら、一度は「Wordpress」というワードを聞いたことがあるかと思います。もちろんWordpressを使うデメリットはありますが、今回はメリットにフォーカスしてお伝えしていきます。メリット①コンテンツ・ブログ記事の追加や編集などホームページの更新を自身で行うことができるメリット②プラグインが豊富で、簡単に機能を加えることができるメリット③無料のものも含めてテーマテンプレートの種類が豊富なため、さまざまなデザインのホームページを作ることができるメリット④SEO対策がしやすいメリット⑤Wordpressに関する情報がたくさんあるので、わからないことや問題が出てきたときに、解決しやすい以上の5つとなります。よく言われるメリットをお伝えしましたが、まだありますのでまた機会がございましたらより詳細をお伝えさせていただきます。Wordpressでの制作も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
0
カバー画像

2022年3月よりココナラを始めました!Web開発!

お初にお目にかかります。ハックルベリーです。今月の3月3日、雛祭りの日よりココナラでサービスの販売を開始いたしました!主なサービス分野は下記の通りになります!●Webサイト開発(HTML/CSS/JS/PHPなどコーディング)●その他、プログラミング全般(業務効率化ツールの開発など)※詳細は下記をご参照くださいませ。https://coconala.com/users/3085953これまで開発・制作案件はお得意様から直接お受けしていましたが、一念発起(?)、クラウドソーシングに挑戦いたしました!初のクラウドソーシング……まだまだ至らぬ点も多々あるかと存じますが、全力で対応させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします!下記のようなご依頼から、「新規Webサイトが作りたい!」「現行サイトをカスタマイズしたい!」「現行サイトのバグをなおしたい!」ちょっとしたサイト周りのご相談まで、お気軽にお声がけくださいませ。※ココナラという天地に慣れるため、現在は可能な限り低価格にて対応しております!(これまでのお仕事を時給に換算すると大体「¥250/時間」くらいになりました……!)。まだまだしばらくは低価格を継続できるよう尽力いたしますので、どんどんお声がけいただければ幸いです!<筆者の主なプロフィール>大学在籍時に開業。卒業後もアプリ開発やWeb開発を中心に個人事業主として活動。実は文学畑出身で、文章を書くことが好き(でも、ライティングの仕事は今のところ受けておりません……)。■個人事業主歴(エンジニア歴)8年■業務効率化ツールの上場企業納品経験あり ■フリーランスとしてWordPr
0
カバー画像

Vue を実際に動かしてみる!

これまでは、Vue の公式チュートリアルのページ上でコードを入力して動かしていましたが、実際に利用するにはこのままでは、Vue を利用する事ができません。今回は、公式チュートリアルの前半で学習したような、1ページで機能を実現するようなケースを考えてみます。インターネットに公開する方法Vue で開発したアプリをインターネットに公開する方法は幾つかあります。 今回は、一番簡単な方法として、「HTML ファイル」で公開する方法を紹介します。 HTML ファイルならば、通常の Web ページを公開するサービスを利用すればインターネットに公開する事が可能です。 ほとんどの場合は、PC で HTML ファイルを作成して、Web サイトをホスティングしているサーバーにコピー(アップロード)すれば公開できます。今回は、インターネットに公開する方法ではなく、HTML のファイルを作成する方法を紹介します。HTML ファイルの基本(*)「<!--」と「-->」の間は、HTMLの記述には関係ありません。この間にはメモのような事を書くことができます。プログラミングでは「コメント」と呼ばれます。Vue の書き方にも、基本的な枠組みがあったように、HTML にも同じように基本的な枠組みがあります。<!DOCTYPE html><html>    <head>        <!-- ヘッダー情報をここに書きます -->    </head>    <body>        <!-- HTMLの本体をここに書きます
0
カバー画像

Vue公式チュートリアル 〜 部品にデータを渡す

Vue公式チュートリアル 〜 部品にデータを渡すVue の公式チュートリアルを使ってゼロから Web 開発の学習をする方法を紹介しています。今回は、メインのページから呼び出す「部品」にデータを渡す方法を学習します。前回までのポイントは?前回のステップでは、これまで学習に使っていたメインの部品(ページ)から新たに作成した部品を呼び出す方法を学習しました。 これまで、学習した基本的な「書き方」は、Vue で使う「部品」を作る場合には同じ容量で使う事ができます。つまり、これまで学習した事が使いこなせるようになれば、「部品」を作ることに役立てることができます。そこで、改めてこれまで学習した「Vue の部品の基本」をもう一度見直してみてください。今回の学ぶのは?今回、学習するのは既に書いていますが、作成した Vue の「部品」を呼び出す際にデータを渡す方法を学習します。なぜ部品にデータを渡す事ができると、部品が使いやすくなるからです。例えば、ページの先頭に書く情報(ヘッダーと呼ばれる場合もあります)に例えばアプリのタイトルをこの部分に入れたい場合です。 部品にデータを渡せない場合は、部品の中でタイトルのデータを作る方法になります。しかし、この場合は、アプリごとに「別の物」になってしまいます。 部品を呼び出す際にデータを渡せれば、同じ部品を利用する事が可能になります。Vue は、そうした事を考慮して、部品にデータを渡す機能をサポートしています。このステップではそれを学習します。今回の変更前のコードです。(App.vue)<script>import ChildComp from
0
カバー画像

Vue 公式チュートリアル 〜 「部品」を呼び出す!

Vue 公式チュートリアル 〜 「部品」を呼び出す!Vue の公式チュートリアル、ステップ 11 は、これまでは一つの大きな「部品」を扱ってきました。このステップでは、別の「部品」を作成して、呼び出すと言う使い方を学習します。どちらかというとこちらの方がよく使う方法です。前回までのポイントは?前回までは、メインの表示部分だけを作って、その「部品」を表示するという課題でした。 メインの表示部分の部品を作る基本を中心に、その書き方を学習してきました。これは、部品の作り方の基本をカバーしているので、別の部品を作る場合にも利用できます。今回学習するのは?今回学習するのは、新たに「別の部品」を作成して、「メインの表示部分で使う」やり方を学習します。例によって、変更前のコードから見ていきましょう!今回は二つの部分に分かれています。 コードが表示されている右側の画面の上にファイルの名前が書かれています。 今回扱うのは、メインのページの部品の「App.vue」ともう一つの部品「ChildComp.vue」の二つです。(App.vue)<script>export default {  // register child component};</script><template>  <!-- render child component --></template> 今まで学習してきた、「メインのページ」の「部品」です。 現時点では、基本的に何もない状態です。(ChildComp.vue)<template>  <h
0
カバー画像

Vue公式チュートリアル 〜 変数の変化をチェックする

Vue 公式チュートリアル 〜 変数の変化をチェックするVue 公式チュートリアルのステップ 10 は、変数の状態が変わるのをチェックする方法です。Javascript の変数を表示に使う場合、変数が変わったら表示も更新したい場合が多くなります。そういう場合のやり方です。前回までのポイントは?Vue の公式チュートリアルもステップ 10 まで来ました。 何となく Vue で、Web ブラウザに表示させるやり方がわかってきたのではないかと思います。 ステップ9までで、基本的な Vue の部品の書き方がわかって、HTML と Javascript、HTML と CSS、CSS と Javascript の連携のやり方も一部は体験しているので、あとは「回数」を増やして実際に使えるようになる様な練習が必要になってきます。今回のポイントは?ステップ10では、新しいポイントがいくつかあります。まずは、変更前のサンプルコードを見てみましょう!<script>export default {  data() {    return {      todoId: 1,      todoData: null,    };  },  methods: {    async fetchData() {      this.todoData = null;      const res = await fetch(        `h t t p s://jsonplaceholder.typicode.com/todos/${this.todoId}`      );      this
0
カバー画像

Vue 公式チュートリアル ~ Vue の部品の状態とテンプレートのリファレンス

Vue 公式チュートリアル ~ Vue の部品の状態とテンプレートのリファレンス今回は、今までとは違ったステップです。Vue の仕組みを理解するには意味のある内容ですが、初めて Vue を学習する人には、知識として覚えておけば十分です。では、早速内容を見てみましょう。前回までの復習Vue の部品の書き方の基本を使って、少しプログラムらしい例として、「やる事の一覧を管理」をするための、シンプルなアプリを前の二つのステップで学習しました。ちょっとしたアプリにしたので、初めて、HTML や Javascript を学習している人には、ちょっと学習する項目が多くなっていました。 今回の、ステップはシンプルなので、時間が許すようならば、前回までの復習を今一度やってみてください!今回学ぶのは?今回学ぶのは、「Vue の部品」の状態と、HTML の記述(template のタグの部分)で利用できる「リファレンス」の使い方です。「Vue の部品」は、Vue の中で「部品が作られる(準備される)」状態から、Web ブラウザで表示できるような状態に「組み込まれた状態」など、いくつかの違った「状態」があります。この「状態」によって、実際に表示される内容が微妙に違ってきます。変更前のコードです。<script>export default {  // ...};</script><template>  <p ref="p">hello</p></template> この変更前のコードだと、HTML の部分(template の部分
0
カバー画像

Vue 公式チュートリアル 〜 データの一覧を表示する

Vue 公式チュートリアル 〜 データの一覧を表示するVue 公式チュートリアル 〜 データの一覧を表示するVue の公式チュートリアルのステップも、ステップ7まできました。だんだん、プログラミングの要素が入ってきてプログラミングの学習らしくなってきました。このステップでは、データの一覧を表示する方法を学習します。前回までのポイントは?前回までに、Vue の表示で使う「部品」の基本を中心に、HTML、CSS、Javascript の簡単な書き方と、連携のやり方を学んできました。 前回は、Javascript のプログラムの条件で表示を変える方法を学びました。Vue では、HTML の方にも「プログラム」のような記述ができるのが特徴の一つです。標準の HTML には、ない書き方を中心に覚えていく必要があることがだんだんわかってきたと思います。今回学ぶのは?今回学ぶのも、HTML の中にプログラムのような書き方をするやり方です。 今回は、同じようなデータの集まり、プログラムでは配列(array)の中に入っているデータをまとめて表示するやり方です。例題では、「todo(やる事)」の一覧を表示するという内容になっています。<script>// give each todo a unique idlet id = 0;export default {  data() {    return {      newTodo: "",      todos: [        { id: id++, text: "Learn HTML" },        { id: id++,
0
カバー画像

HTMLテンプレートを使ってきれいなサイトを作る

WordPressを使用してサイトを制作した場合、どうしてもオリジナリティに欠けたり、なにか物足りない印象を受けることがあります。HTMLテンプレートを使用したWEB制作は、あらかじめ決められたデザインのテンプレートに文字や画像を挿入するだけで済むことが多いことから、ミスが起こりにくい傾向にあります。HTMLテンプレートを使うデメリットHTMLテンプレートを使うデメリットもあります。WordPressの場合、ブログ記事を投稿することに長けているため、集客を目的としたサイトを作りたい場合はWordPressを使いましょう。HTMLテンプレートのデメリットは更新を行ったり、カスタマイズをするためにHTMLの知識やCSSの知識が必要になるということです。HTMLテンプレートの使用をおすすめしたいケース以下のようなケースではHTMLテンプレートの使用が推奨できます。・更新の頻度の高くないサイトを運用予定・名刺程度のホームページを制作予定・ランディングページの作成・おしゃれなサイトを作りたい
0
カバー画像

各種コーディング価格の詳細

ーーーーーーーーーー■HTML / CSS*トップページ:25,000円〜 / 1ページ ┗レスポンシブ標準装備(ハンバーガーメニューを含む)*下層ページ:10,000円〜 / 1ページ ┗レスポンシブ標準装備*PCデザインカンプのみでのレスポンシブコーディング :0円 ┗経験をもとにSP版へレイアウト変更いたします*CSSアニメーション:2,000円 / 3ヶ所 ┗ボタンへのホバーアニメーション等ーーーーーーーーーー■jQuery*スライドショー:8,000円 / 1ヶ所 ┗「slick」を使用します*タブ切り替え:8,000円 / 1ヶ所 ┗タブ内の要素が3つ以下の場合の費用になります*アコーディオン:5,000円 / 1ヶ所*モーダルウィンドウ:8,000円 / 1ヶ所*トップへ戻るボタン:3,000円 / 1ヶ所その他の機能実装やアニメーション等もご相談ください。ーーーーーーーーーー■Wordpress*基本費用:5,000円〜 / 1ページ ┗htmlファイルからテンプレートファイルへの変更*ループ機能実装:5,000円 / 1ヶ所 ┗お知らせ等(メインループ1ヶ所のみ)*カスタム投稿:10,000円 / 1項目 ┗管理画面の構築およびページへの反映*カスタムフィールド:5,000円 / 1ヶ所 ┗管理画面の構築およびページへの反映*カスタムタクソノミー:15,000円 / 1タクソノミー ┗taxonomy-〇〇.phpの作成を含みます
0
カバー画像

Vue でボタンをクリックした時の処理

Vue でボタンをクリックした時の処理Vue 公式チュートリアルのステップ4です。このステップでは、Web ブラウザ上に作成した「ボタン」をクリックした時の処理を学習します。前回までのポイントをもう一度例によって最初は、前回までの復習です。 前回までに、Vue の「部品」を記述するファイル「.vue」は、HTML・CSS・Javascript の記述を書く部分に分かれています。* HTML は、「template」のタグの部分に記述します。* CSS は、「style」のタグの部分に記述します。* Javascript は、「script」のタグの部分に記述します。 Vue では、この三つの部分をうまく連携させて、色々な機能を実現しています。 特に、HTML の部分は、標準の HTML の書き方とは、若干違う部分もあるので、その辺りを意識しながら、Vue 独自の書き方をマスターする必要があります。これまでは、この三つの基本部分を使った例と、簡単な連携を学習してきました。今回学ぶのは?今回は、HTML と Javascript の連携で、新たに「ボタン」を使った事例を学習します。 ボタンをクリックする度にボタンに表示されている数字を1づつ増やして表示をするという機能を実現します。以下のコードが変更を加える前のコードです。<script>export default {  data() {    return {      count: 0,    };  },};</script><template>  <!-- make this bu
0
カバー画像

Vue の公式チュートリアル 表示する文字に色をつける

Vue の公式チュートリアル 表示する文字に色をつけるVue の公式チュートリアルの第3回目です。ステップ3では、表示する文字に色を付けるやり方を学びます。これまで、Vue の「部品」のファイル「.vue」ファイルに HTML と Javascript を埋め込むやり方を学んできました。今回は、CSS を使って文字に色をつけます。前回までのポイントをもう一度まずは、前回までの復習です。 Vue の「部品」として表示する内容をまとめたファイルが「.vue」ファイルです。 このファイルには、三つの部分があります。* HTML を書く部分:「template」のタグの部分に書きます* Javascript のプログラムを書く部分:「script」のタグの部分に書きます* CSS を書く部分:「style」のタグの部分に書きます。 Javascript で、表示に使うデータを指定することもできます。 Vue のフレームワークでは、標準の HTML とは少し書き方が違っています。また、Javascript も特有の書き方で書くので、まずは標準的な書き方を覚えてしまう方法で学習を進めます。今回の学ぶのは?ステップ3で学ぶのは「表示する文字に色をつける」やり方です。標準的な HTML の文字も CSS を使うと、「体裁(見た目)」を整える事ができます。Vue でも、同じコンセプトで、表示のデータの「体裁(見た目)」を整える事ができます。これまでの復習で書いた通り、Vue の部品の「.vue」ファイルの中は、三つの部分から構成されていて、HTML/CSS/Javascript を記述できます。
0
カバー画像

絶対参照と相対参照。リンクURLの話

WEBサイト制作において必ず出てくるのが「絶対参照」「相対参照」ですがワードプレスのようなCMSシステムにおいてはユーザー様に極力プログラミングのようなコードを見せない仕組みとなっておりここから始めた方にとってこの二つの名前は「?」となる事が多いです。とはいえ、理解すると非常に納得な事なので知らなかった方はこれを良い機会としてご理解いただければ幸いです。絶対参照「絶対に参照先にたどり着けるURL」という言葉で表現するとわかりやすいかもしれません。例えばcoconala.comというドメインで説明しますとこのドメインのブログ一覧ページは絶対参照ではhttps://coconala.com/blogs/となります。つまり、URLすべてを記述して参照する事が絶対参照となります。相対参照もう一方の相対参照ですが「ドメイン下であればたどり着けるURL」という言葉の表現となりますでしょうか。再びcoconala.comドメインで例えますと相対参照でブログ一覧ページは/blogs/となります。つまり、ドメインより前の部分は「当然そうですよね」という考え方なので/blogs/と指定するだけでhttps://coconala.com/blogs/にたどり着けることになるという事なんです。HTMLHTMLコードで記述するとしますと絶対参照<a href="https://coconala.com/blogs/">ブログを探す</a>相対参照<a href="/blogs/">ブログを探す</a>となります。なぜこのような投稿なぜこのような投稿をさせて頂いたかと言いますと私のサービスで良く利用される
0
カバー画像

Vue の公式チュートリアル 表示内容をプログラムで決める

Vue の公式チュートリアル 表示内容をプログラムで決めるVue の公式チュートリアルのステップ2です。このステップでは、Javascript のプログラムから表示に使うデータを決める方法です。前回のポイントは?ステップ2を始める前に、前回のステップ1の内容を簡単に復習しておきます。前回のポイントは、基本的な HTML の記述を Vue で表示させる方法でした。<template>  <h1>Hello World!</h1></template> のように、「tempalte」のタグの間に表示させたい文字を書けば良いだけでした。 あとは、Vue が勝手に処理して表示してくれます。「.vue」ファイルには、「template」の他に、「script」のタグには、Javascript のプログラムを、「style」のタグには CSS の記述を書くことができます。 あとは、少し HTML のタグを幾つか学習しました。今回学ぶのは?ステップ2では、表示に使うデータを Javascript のプログラムで決めるやり方です。こうすることで、プログラムで処理したデータを Web ブラウザで表示する事ができるようになります。このステップでは、その前段階で Javascript で設定した値を表示する方法を学習します。「.vue」ファイルの構造はステップ1で学習した通りです。今回は、「template」のタグ以外に、「script」のタグに Javascript のプログラムを書きます。<template>   <h1>H
0
カバー画像

便利な世の中になりましたね

今日も暖かい一日でしたね。皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。 私は先日から行っているホームページの改装を進めておりました。 昔はHTMLが書けないと自分でホームページなど作れなかったのに、今は選択するだけで簡単にテキストのフォントや色、レイアウトなどが変えられたり、お店だって作れてしまう。 本当に便利な世の中になりましたね。 お陰で、あともう少しで公開出来そうです^_^ 少しだけどんな感じかお話しますと、今までお問い合わせやDMでお受けしていたものも、ホームページから簡単にお申込いただけるようにしています。 出来るだけ早く公開できるよう、明日も頑張りますね!! それでは今日もあたたかくしておやすみくださいませ。
0
カバー画像

Vue の公式チュートリアル(ステップ1)をやってみる!

Vue の公式チュートリアル(ステップ1)をやってみる!フロントエンドのフレームワークの学習を通して、Web 開発の基本をマスターする実施例として、Vue の公式サイトにあるチュートリアルをやってみるという連載を紹介する事にしました。初めて、Web 開発のプログラミングの学習をされる方是非見てみてください!Vue の公式チュートリアルフロントワークのフレームワークを最初に学習するスタイルで Web 開発に必要なプログラミングを学ぶ実施例として、Vue の公式チュートリアルを使った学習例を紹介してみる事にしました。このチュートリアルは、Vue の公式ベージの一部として紹介されている物です。(日本語版のサイトはサイトはサイトはこちら)日本語のサイトは英語のサイトと同じではないようです。(2022 年 2 月現在) 英語のサイトの公式チュートリアルを見た感じでは、初心者の学習には良さそうなので、これを元に学習する初心者のための記事を少し連載の形で書いてみることにしました。全部で 14 のステップになっていて、一つづつ学習した場合、14 日間で基本をマスターできる事になるので興味のある独学者はやってみると良いと思います。チュートリアルの形式は、画面の右側に、コードを入力できる部分と、その結果を表示する部分が作られていて、一番最初は開発用の PC などに設定する事なく学習できるのも魅力です。まずは、このオンラインでコードを入力しながら学ぶというスタイルでやってみる方法を紹介します。最初の課題は?最初の課題はシンプルに、単純な HTML の記述を Vue の部品として表示させるというシンプ
0
カバー画像

CSS は後回しにしても良い

CSS は後回しにしても良いWeb 開発の基本は、HTML/CSS/Javascript です。基本的にどれも勉強しなければいけないのですが、優先度を考えると後回しにできる物もあります。Web アプリを開発する場合には、CSS は後で学習する事にしても良いもの一つです。Web ページを作るには必要Web ページを作る際には、HTML と CSS は必要です。これは、目的が「Web ページ」を作ることにあるためです。HTML だけでは、ページの細かい装飾ができないので、どうしても CSS を使って体裁を整える必要があリます。一方で、Web アプリの開発を考えた場合は、少し話が違ってきます。 Web 開発でも、最終的なページの体裁を整える場合には、CSS を使う必要があります。しかし、当面の目的は、「機能」の実現になるので、HTML と Javascript を中心に進めた方が効率的です。多少、体裁が悪くても機能は検証できるので最初は、HTML と Javascript で CSS は後回しにするか、最低限の利用でも問題ありません。CSS は手抜きもできるもう一つの理由は、Web アプリの開発の場合は、ある程度、手抜きができます。 Bootstrap などを利用すると、CSS の細かい部分を知らなくてもある程度の体裁を簡単に整える事ができます。基本的な CSS の記述を Bootstrap が提供してくれているので、細かい記述は書く必要が無いからです。もちろん、Bootstrap などでカバーされない部分もあるので、最終的にはその部分は CSS を使って記述する必要があります。しか
0
カバー画像

React の公式チュートリアルを見てみました

React の公式チュートリアルを見てみましたWeb 開発のショートカットとして、フロントエンドのフレームワークのチュートリアルをやってみると言う学習方法を紹介しました。この記事では実際に React のチュートリアルを見てみました。React のチュートリアルリアクトの公式サイトにチュートリアルが紹介されています。このチュートリアルは、「tic-tac-toe」と言うゲームです。日本だと「🟡 ❌」という感じで、縦・ 横・斜めのいずれかで三つ揃えるゲームです。これを順番に従って作っていくと、簡単な React のアプリが作れる様になっています。 まずは、React を使うための設定から始まって、React を使ったコードの書き方を解説しています。React の簡単な仕組み最初に、簡単に React とは何かを書いておくと、「Web ブラウザ上で動くアプリを簡単に作るための仕組み」です。HTML と CSS は Web ページを書くための言語です。一方で Javascript は Web ブラウザで動かすプログラムを書くためのプログラミング言語です。もちろん、Javascript を使って、 Web ブラウザの表示も作る事ができますが、HTML で直接書くよりわかりにくいコードになってしまいます。そこで、HTML の記述を Javascript の中に組み込む様な形で使えるようにしたのが React がやっている事です。HTML に似た記述で「JSX」と呼ばれています。JSX は HTML に非常に似た記述方法なので、HTML を学んだ上で学習した方が良いというのが通常の学習方法
0
カバー画像

ワードプレスのブログで「目次」の作り方を覚えた日!!

ワードプレスのブログが本当に使いやすい!! 皆さまおはようございます。昨年の秋にカラダを壊してからずっと家庭安静を続けているしげおです。 カラダを壊すまでは、社会人として働きながら副業で物販をしておりました。メルカリやヤフオクで商品を販売していたのですが、カラダが思うように動かせなくなってからは物販は、今の所すっかり引退・・・・・・。 ブログの更新で時々得られるアフィリエイトの報酬代が、今の僕のお小遣いと言ってもいいぐらいです^^ さて、今日の記事ですが、昨年からボクはワードプレスをメインに、アメブロでもブログを更新しているのですが、昨日でしたっけ? やっと、「目次」の作り方のHTMLを覚えました。確か、専門学生時代にHTMLについて習ってて、Webクリエイターのスタンダードの資格も持ってるハズなんだけど、しばらく使ってなかったスキルだったので、完全に忘れていたのであります・・・・・・。 なので、ボクがワードプレスのブログで使っている「目次」のHTML要素を今日は、ご紹介させて頂きますので、どうぞ、最後までお付き合い下さい。ブログ運営「目次」を作ってページを見やすくしよう♪ まず、ワードプレスの編集画面で「カスタムHTML」のブロック要素を選択します。僕はいつも、ワードプレスの記事は、ブロック形式で書いております^^ すると恐らくこんな感じでHTMLを編集するためのブロック要素が作られるかと思います☆彡そこに、以下のHTML要素を加えます♪<div style="text-align:left;padding:10px;border-color:#cccccc;borde
0
カバー画像

あけましておめでとうございます。あなたの「作りたいもの」にこだわっていきます!

みなさま、改めまして本年もよろしくお願いいたします。今年は寅年。虎視眈々…ではないですが、いろいろな社会の情勢を見極めながら、2022年も乗り切っていきたいと思います。とくに今年は参院選をはじめ地方選挙が増える年です。有権者の皆様に「わかりやすい」印刷案件デザインを行います。当方標準の「ユニバーサルデザイン」で、色覚障害者・ご高齢者・ディスレクシアなど、多くの方を惹きつけるものをご提供いたします。そして、昨年はウェブ制作も実績を残すことができました。引き続き承りますので、お気軽にお申し付けください。また、昨年はキャラクターデザインも実績をいただきました。引き続き承り中ですので、お気軽にお申し付けください!まだまだ他にも私にできることがあります。可能なかぎり対応いたしますので、ぜひともよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通って見た(6)〜

第6回 【訓練1日目(入校式)】皆さま、こんにちは。そしてこんばんば。ゆぎです٩( ᐛ )وいつもいいね!(お気に入り?)ありがとうございます!!!見てくださる方がいると分かるだけでやる気になります!!!!!!笑今回はWebデザイン関係の職業訓練校に無事合格し、入校式当日(訓練1日目)のことを書いていこうと思います。まだこちらの記事より前を見ていない方はぜひ第5回からどうぞ。なんなら今回初めて見られた方は第1回目からぜひ!!!!!ちなみに今回も途中から有料記事にさせていただいておりますm(_ _)m生徒さんについて書いている部分があるのであまり大きい声で言うべきではないと思いそうさせていただきました。ご興味あれば見ていただけると幸いです。
0 500円
カバー画像

年末御挨拶

少々早いですが…年末のご挨拶をさせていただきます。2021年2月に登録したココナラですが、約10ヶ月経過していたとは、時の流れる早さに驚かされますね。沢山の方々の支えもあり、私早苗はここまで活動することができました。最高位プラチナランクを継続し、気持ちの良い状態で年越しを迎えられそうです。ご依頼いただくお仕事を通して、私は幾度となく成長してまいりました。今では提供できる価値に自信を持つことができます。また、本日も納品させていただいたクライアント様より、お礼のコメントをいただくことができました。大変嬉しく思います!まだまだ早苗のココナラは続いていきます。年末ギリギリまでご依頼を受け付けておりますので、どうぞお気軽にご相談くださいませ!皆さま、良いお年を。
0
カバー画像

HTMLテンプレートを使ったホームページ制作

HTMLテンプレートを使ったホームページ制作について解説します。HTMLテンプレートとはHTMLテンプレートとは、HTMLファイルやCSSファイル、JavaScriptファイルなどであらかじめサイトのデザインが作られているデータのことです。HTML内の文字を書き換えるだけで好みのデザインのサイトをすぐに公開できます。Googleで「HTMLテンプレート」と検索することで無償でHTMLテンプレートを使用できます。HTMLテンプレートを使うメリット使いたいHTMLテンプレートを選ぶだけで簡単に希望するデザインのサイトを構築することができます。HTMLテンプレートで作ったホームページを公開するHTMLテンプレートは、見出しや会社情報などの文字を書き換えるだけですぐに公開可能な状態にできます。HTMLテンプレートを使用してサイトのデータを作ったら、レンタルサーバーを契約してそこにサイトのデータをアップロードしましょう。こうすることでだれでもサイトが閲覧可能な状態になります。お勧めのレンタルサーバー等についての詳細は下記の記事で紹介します。HTMLテンプレートの編集に必要な知識HTMLテンプレートを編集するために必要な知識についてまとめます。HTMLの編集を簡単にするにはHTMLファイルの編集は、Visual Studio Codeを使いましょう。Visual Studio Codeは、Microsoft社が提供しているテキストエディタです。 ブラウザは、Google Chromeを使うことを推奨します。HTMLの基本的な使い方HTMLは、<p>ここに文字列を入力します&lt
0
カバー画像

LPコーディングの基本料金について

初めまして。大阪でWEBデザイナーをしておりますShirokumaDesignと申します。ディレクション、Webデザイン〜コーディングまで対応可能です。 Webや紙の制作物でお困り事があれば、お気軽にご依頼くださいませ♪ ありがたいことに、LP(ランディングページ)制作の依頼を多くいただいております。基本的にはWEBサイトのコーディングをメインで行っているのですが、案件のご依頼が多数あるため、LPのコーディング費用を明瞭化させていただきます。以下、依頼基本的な費用です。お客様にとってベストな提案ができればと思っております。WEBサイト構築がメインのため、合間にLP制作を進めさせていただくかと存じます。納期やスケジュール・費用感などの関係上、お受けすることが難しい可能性もございます。その点はご理解・ご了承くださいませ。ココナラでは「LP専門」のプロがいらっしゃいます。納期やコストなど見合わない場合もあるかと思います。その際は「LP専門」のプロにご依頼いただくのも選択の一つとして、ご一考いただければと存じます。お客様にとって、きっと満足にいくものを仕上げていただけるかと思います。■基本依頼をご検討いただいているお客様の、参考になれば幸いでございます。引き続き、ShirokumaDesignをよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

プラチナランクに到達しました!

遅れての投稿となりますが、11月1日に出品者ランクが最高評価の【プラチナランク】となりました!ご依頼くださる方には感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございます!「即対応」「お客様の課題を解消する提案」「高品質」の3つを特に意識し、活動して参りました。もし、Web周りでお困りごとがあったり、「ホームページが欲しいけど分からないことだらけで不安。。」という方は私にメッセージをくだされば、迅速に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください!お客様からは「迅速丁寧にこなしていただき、コミュニケーションもしやすく、大変助かりました。」「クオリティがよくご依頼して本当に良かったです!」とのお声をいただいており、技術面だけでなくコミュニケーション面でも高い評価をいただいております!本当にありがとうございます!常にお客様に寄り添った対応をさせていただいており、例えば、制作の流れとしては、(制作の流れ)ご相談→ヒアリング(お客様の目的、要望の把握)→要件定義(必要な機能、納期、費用)→制作着手→適宜進捗報告→初稿→納品という形で制作を進めております。特に最初のヒアリングを重要視しており、お客様のご依頼の目的をしっかりと把握し、ご期待を超えるようなサービスの提供をさせていただきます。主な活動内容としては、HTML,CSSなどの静的コーディングによるサイト制作やコード修正、WordPressを用いたホームページやランディングページの制作に特化し、出品サービスにも掲載させていただいております。下記が私が出品しているサービスになります。こちらは主に新規の静的サイトコーディングのサービスに
0