サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

心理学の入り口情報と簡単な相談案内を提供します

これって心理学?情報/相談・入り口コーナー

5.01 販売実績:1 残り:20枠(お願い中:0人)

サービス内容

◯これって心理学?心理学的にはどう考えればいいの? 話のタネ、小説やコミックのテーマとしてはあり?

◯相談するほどのことではないけれど、深刻なのかどうか分からないけれど、『心』の問題として、気になっていることがある。友だち、家族、自分・・・ 

まずは、一般論、というか、普通なら、これはどう考える、どう対応したら良い?そういうところから始めませんか?


◎心理学の研究・教育に携わっていて、ずっと感じていたことは、心理学あるいは「こころ」みたいなものは、いろいろなこと、人に関わる何にでも関係ありそうで、そして、実際にいろいろ関係があるのだけれど、でも、一見そう見えて全然関係ない場合もあって(笑)、そのせいもあってか、誤解されてもいるということでした。


 心理学以外の領域の方から「心理学に関心があるのですが、こういう点は誰に聞けばわかるんでしょうか?」とか「心理学の考え方を知って、生活や仕事、研究などに活かしたいのだけれど、本を読んでも今一つわからない」とかの声を聞くことがあります。
 わかりやすいように見えて、わかりにくい学問なのかなとも思います。


◎「この問題・悩みは、自分のこと、あるいは、自分の家族(配偶者やお子さん)のことなのだ」と初めて会う人にストレートに話す勇気はなかなかないものです。
そういうとき、「これ、他人事なんだけどさ、ちょっと心配なので相談したい」などと小さな嘘を言って相談に来られる方もいます。
 
 そんな少し後ろめたい思いをするくらいなら、最初から一般論として「こんな問題があったときは、どうするのが良いのだろうか、どうするのが普通なのだろうか」と気軽に聞ける場所があったらいいのではないだろうか。


上のどちらの場合にも当てはまると思うのですが、
コンタクトしやすいネットの世界だからこそ、そういう「とっかかり」になる場所が在ったら活用していただけるかもしれない、と考えたのでした。

それが、私がココナラやってみようというアプローチの第一歩です。

で、このコーナーは、そういう両方(人としての「心」の問題と、「学」としての心理学と)の気軽な入り口、エントリーポイントとして設けました。

ここは、基本的に、あまり重くならないことを前提にしていますので、「出品者に質問」からのご連絡なしでもいいかと思います。

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 3日(予定)
    ジャンル
    • 子育て・教育
    • 生活・便利
    • その他

有料オプション


購入にあたってのお願い

・お好きなように、適当にアクセスしてください。適当に応答します(というのが基本です)。
 以下はこんなのが普通かな、というイメージで、「こうしなければいけない」ではありません。

・お知りになりたいことを簡潔にお伝えください。
・可能なら、知りたい理由もお伝えいただければ、とても参考になります。
・お名前や立場は特に必要ではありませんが、ニックネームなどいただけると便利です。

・チャット形式でのやり取りになりますが、即答できない場合もあります。

・「心理学・境界領域研究・情報提供ガイド」や「やってみるのがたいせつ行動心理学相談室」にアクセスする前に「一度ここで」ということでしたら、それもお知らせいただいてもいいかと思います。

すべて読む

よくある質問

「目の錯覚」というのがありますが、錯覚はどうして起きますか?というか、これは心理学に関係ありますか?
関係ありますね。心理学の教科書だったら最初の方に必ず出てくるテーマです。『脳がだまされる』という人もいますが、錯覚は日常生活の中で人が活用している知覚機能の延長で起きるのです。
近所に住む友人の息子さんが鬱病になったと聞きました。出会った時どう励まして良いのかわかりません。
軽い鬱を除いて、「励まし」はかえって逆効果になることがあります。鬱病になった方は自分でも困ってその状況から抜け出したい、なんとかしたいと、目には見えないところで焦っているかもしれません。焦っている人に『頑張れ!頑張れ!』と言うのは適当でしょうか?
仕事で動機づけについて考えることが多くなりました。動機付けの基本はどういったものでしょうか?
動機付け=『やる気』みたいに考えられがちですが、『やる気』がものすごくあっても課題がうまくできるとは限りません。能力や環境に見合った励まし方を考える必要がありそうです。動機付けのポイントはバランスだと思います。
推理小説の中で心理学的な展開を考えているのですが、こんな状況ではこうなりそうだ、というような専門的なヒントをもらうことはできますか?また、登場人物の発言や考え方などを簡単に書いてもらうことは可能でしょうか?
面白そうですね。状況というか事件の展開・シナリオや人物設定をある程度教えていただければできるかと思います。架空の心理相談をするみたいで、ハラハラドキドキかもしれません(笑)。書く長さによってはカスタマイズ相談になると思います。
もっと見る

評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス