サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

心理学に関係する領域の研究のために情報提供します

心理学・境界領域研究・情報提供ガイド

販売実績:0 残り:10枠(お願い中:0人)

サービス内容

研究上で心理学に関連があるかもしれないので、それを確認したい、あるいは、
関連する情報はどういう方向で探したらいいのか迷っている。
そんな場合に心理学・行動分析・行動科学関連情報を提供します。


・大脳生理学、薬理学、認知科学、コンピュータ科学・工学、統計学
・哲学、美学・芸術系、言語学、意味論、社会学、文学、報道関係
・教育、医療(医師、看護・リハビリテーション・薬学)・社会学・経済学
・その他


心理学以外の領域の方から「心理学に関心があるのですが、こういう点は誰に聞けば?」とか「心理学の考え方を知って、生活や仕事、研究などに活かしたいが、本を読んでも今一つ」とかの声を聞くことがあります。つかみにくい学問なのかもしれません。

しかし、入り口を見つける難しさは心理学に限りません。

実際、私自身、上に挙げたような、心理学と境界を接する複数の学問との関わりを多くしながら仕事をしてきました。

大学院の頃は、大脳生理学に密接な仕事をして、生命科学の分野へ。国際的製薬会社の研究所勤務(抗不安薬や認知症薬の研究など)もしましたし、大学学部・大学院の非常勤講師の数年の間、アルバイトで情報処理技術者試験受験生の講師をしたこともあり、コンピュータ雑誌の連載をしていたこともあります。


そうして、就職した大学は医学医療系の総合大学でした。

若い頃は実験科学的な研究に関心があったのですが、人間を相手にする時間が増えてくるに従って、コミュニケーション手段である言葉の意味を考える機会も多くなりました。

言葉と言葉が意味することの乖離、あるいは日本語と日本語以外の言語で同じことを意味しようとして困惑する状況や、統合失調症の方や自閉症の子どもたちの言語。
絵を描く人たちと接触する機会があると、「絵で表現できること・できないこと」と「言葉で表現できること・できないこと」の違い・その理由が気になったりしています。

要するに、人間は、現実の事物をどう捉えるのだろうか?という疑問です。

どんな領域でも、教科書を読んでわかることと実地でやってみてわかることは別だといつも感じますし、その領域で実際に仕事をしている人にしかわからない、手の付け所、カンドコロみたいなものもあるものです。そういう「とっかかり」が提供できたら何かしらの役に立つことができるのではないだろうか?と考えています。

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 要相談 
    業種
    • 医療・ヘルスケア
    • 人材・業務支援
    • IT・テクノロジー
    • メディア
    • 教育
    職種
    • 事業開発・R&D
    • コンサルタント・リサーチ
    • エンジニア

有料オプション


購入にあたってのお願い

・お好きなように、適当にアクセスしてください。適当に応答します(というのが基本です)。
 以下はこんなのが普通かな、というイメージで、「こうしなければいけない」ではありません。

・お知りになりたいことを簡潔にお伝えください。
・可能なら、知りたい理由もお伝えいただければ、とても参考になります。
・研究の位置づけ(個人的な興味での研究、ネットなどでの公表、学会発表、論文投稿、何らかの資格要件のため、など)をお伝えいただければ参考にできると思います。
・指導論文が学会奨励賞を獲得したこともあります。

・初めのやり取りはご希望内容を把握するために密度高く(一日に3-5往復)チャットし、その後は少し時間を開けながらのやり取りにしたいと考えています。
・最初はリアルタイムチャットでもいいですが、内容が詳細になってきた場合は、数日〜2週間程度をかけてのやり取りになることもあるとお考えください。

・情報提供以上の研究支援については、現時点では予定していませんが、ご要望があればオプションとして設けることも検討します。

すべて読む

よくある質問

感情を持ったロボットは可能でしょうか?AIがらみで知能と感情の関わり方も考慮していきたいのですが。
感情を「表現」するロボットは今も在りますし、特定の状況で起こりうる感情を統計的に(ビッグデータやベイズ定理など)推定することも今や難しくはないでしょう。人間や動物本来の感情は身体的な変化を伴うことが多く、それがまた別の行動や感情を生み出します。そういう感情のインフラストラクチャーとして何が考えられますか?その辺がヒントの一つかもしれません。
運動動作能力のリハビリテーションで大事なことは何だと考えられますか?
私も理学療法士のシンポジウムで話をしたこともありますが、ご質問は、理学療法士や一部の作業療法士の方に聞かれる方が具体的なヒントを得られるテーマですね。理学療法では身体機能、作業療法では時に気持ちの持ちようを考慮されるかもしれませんが、科学的な心理学であれば、その人と環境の接点をよく検討するところから始めるかと思います。
言語発達は心理学でも研究されているテーマですね。
そうですね。言語発達と「世界を理解すること」とは密接な関係にあると思います。こうした方向では構文的な研究より語用論的な研究が主になるのかと思いますが、「世界を理解すること・物と物、人と人の関係を理解すること」も構文に反映される場合があると考えています。
医療場面でのうっかりミスは深刻な結果を招く場合がありますが、こうしたミスに対する対策で考えておくべき基本的な点は何でしょうか?
いわゆるヒヤリハットは本当に些細なことから起きている例が多いですね。これは、そのミスが発生した場の全体(環境ないしはシステム)の歪みがシステム内の弱い構成員(ある個人)あるいは構成要素(ある作業)に出てしまったということが予想外に多いのではないでしょうか。もちろんミスをした個人の養成ということもありますが、システム全体を具体的に分析してみることが必須だと思います。
もっと見る

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス