絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

159 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

初めてHPを作る人へ。SEO対策って?

わかりやすく言うと、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索された場合に、自サイトが上位にランキングされるようにすることを意味し、それらの具体的な方法をSEO対策と言います。Q.SEO対策 何をする?A.●タイトルタグとテキストの設定 ユーザーと検索エンジンにページ内容の理解を促すために特定のタグと文章に対策キーワードを設定するよ。●検索ニーズ・キーワードを探す、対応するページを作る。●内部リンク構造を最適化する。●コンテンツの品質や信頼性を明示する 。●告知活動を行い良い評判やリンクを獲得する。----------------🌟----------------🌟----------------🌟----------------🌟----------------🌟Q.どれくらいでSEO対策は反映される?A.一般的に1か月~6か月程度でSEO対策が反映されるといわれていますが、具体的な数字についてはGoogle側の人間にも分からないのです。私の場合は半年くらいでした。(^^----------------🌟----------------🌟----------------🌟----------------🌟----------------🌟
0
カバー画像

WIX解説!WIXの有料プランはどれがある?

私自身もビジネスでWIXを使っています。LP、HP、ECサイトとして使っています。実際にWIXを少しずつ解説していきたいと思います♪♪WIXは無料から使えますが、有料プランにすることで、色々機能が増えます。一番低いプランは月額500円からとなります。--------------------------🌟--------------------------🌟--------------------------🌟さらに、ビジネス&Eコマースプランというのがあります。ビジネス&Eコマースプランとはネットショップの作成だけでなく、商品、受注、配送料や消費税の管理など、ショップの運営とビジネスの成功に必要なツールがたくさん備わったプレミアムプランです。
0
カバー画像

WIX解説!無料URL

私自身もビジネスでWIXを使っています。LP、HP、ECサイトとして使っています。実際にWIXで、どこまでできるのかを少しずつ解説していきたいと思います♪♪Q,WIXは無料で使えるの?A,WIXは無料から使えますよ!ただ無料のままだと、URLが最初に登録したメールアドレスにwixsite.comが入った長いURLになります。LPページを情報ページや広告で使う場合などは、こちらの「無料」のものでも十分使えたりしますよ!(^^普通にLPを無料で作る場合は、メールアドレスがそのまま、URLになります。例)closing63.wixsite.com/closing のように、この場合だと、closing63がメールアドレス部分で、URLに無料だとwixsiteとつきます。例えば、HPのように独自のURLにする場合や、クレジット決済など支払いの色々機能をつけたい場合は、有料になります。月々の有料プランは、いくつかあって、一番安いのが月/500円からで、このことをまとめたブログ書いてありますので、他で書いてますのでよかったら見てみてね!参考にしてみてくださいね♡
0
カバー画像

かわいい家族イラスト

シンプルイラスト
0
カバー画像

デザインの4つの基本原則とは

デザインの4つの基本原則こちらではデザインの4つの基本原則である、1:近接2:整列3:コントラスト4:反復についてご紹介しています。これらの原則は質の良いデザインのランディングページに必ず見られるデザインの基本原則。この原則に沿っているかどうかでランディングページのデザインの完成度は劇的に変わってきます。たとえ同じことを書いていたとしても、デザインが変わるだけでランディングページの結果も変わるため、これらは是非押さえておきたいポイントになります。1:近接まず初めに「近接」についてです。「近接」とは、「関連するグループはまとめて1つのグループにする」ということ。つまり「近接」の原則を使うことにより、どの情報とどの情報が1つのグループなのかが一目で分かるようになり、情報が一瞬で読み手に伝わるようになります。こちらをご覧ください。こちらはあるランディングページの文章です。左よりも右の方が情報を拾いやすいことが見て取れますよね?左の図はタイトルと文章が離れてしまっているため、この2つが関連するものであるということを一瞬で理解しにくいといえます。しかし、右の図のように2つを近接させることにより、この2つがグループであるということが一目で分かるようになります。なんでも近づければ良いということではありません。異なるグループ同士は、逆に距離をとる必要がある場合のものもあります。こちらをご覧ください。左が読みにくいのは、関連しない情報まで近接させてしまっているためです。右の図のように、関連する情報は近接させ、関連しない情報は逆に離すことで、どの情報とどの情報がグループなのかが一目で分かるようにな
0
カバー画像

ラクスルで簡単名刺入稿(51mmx91mm)

1.ラクスルのサイトへアクセスして名刺の項目をクリック。2.通常サイズ名刺を選択します。3.必要に応じで紙の厚さを変更して、必要部数を選択。※220kgは結構厚めです。スタンプカードなどは180kgでもOKです※納期が遅いほど金額は安くなります。4.カートに入れるをクリックします。5.データを入稿するをクリック6.入稿データ(PDFやイラストレータ)をドラック&ドロップ。もしくは選択してアップロードします。アップロードが終わりましたら「データチェックをお行う」をクリック7.問題が無いようでしたらそのまま流れに乗って進んでいただけたらと思います。途中で支払いに関してや配送先の情報を入力する場面があると思います。ご自身の情報をご入力ください。
0
カバー画像

ご挨拶

はじめまして! フリーランスとして、Webクリエイター兼エンジニアをしております「ゆうちゃん」と申します。上記のサービスを出品中です!基本的にはWEBサイトのコーディングをメインで行っているのですが、WEBデザインや、ホームページ制作なども行なっています。元々は、アプリ開発会社にてサーバーサイドエンジニアとして、ゴリゴリプロブラムを書いていたのですが、ふとした瞬間に「あれ、プログラム書いても結局お客様が見るのはデザインや見た目の部分じゃない?」 と考えるようになり、サイトの見た目の部分を作るフロントエンジニア/デザイナーとしてシフトチェンジした訳です。お客様に、喜んでもらえる。満足してもらえる。ようなweb制作がもっとしたかったのでweb制作会社に転職しました。web制作会社では、フロントエンジニア/デザイナーとして、様々なジャンルのweb制作に関わらせて頂きました。特に、アニメーションを使ったオシャレなwebサイトを制作することが多く、お客様からも素敵なお声を頂くことがありました^^アニメーションを付ける。といっても自分の好き勝手に付ける訳ではなくて、そのサイトのコンセプトに合ったアニメーションを付けていきます。【悪い例】サイトのコンセプトが、シンプルで信頼感のある感じのサイトなのに、跳ねたり、踊り狂ったアニメーションを付ける。全然シンプルじゃありませんよね。。完全にサイトのコンセプトを無視してる。。サイトのコンセプトに合ったアニメーションを付けることにより、他のサイトにはない、唯一無二のサイトに仕上がります。ようするに、「質の良いサイト」が出来上がるのです。最後に、コーディ
0
カバー画像

Adobeアプリケーションを覚える

私はAdobeアプリケーション操作でつまづいたり、困った時の為の質問し放題というサービスをこちらココナラで提供しております。その中でもAdobeアプリケーションを習得したい、クリエーターになりたい、自分の会社販促物を自分で創りたいという方向けに長期スパンでの習得カリキュラムも用意させて頂いております。私の本職はグラフィック、WEB、映像制作で大手広告代理店や大手制作会社さんを相手にTVCMなどのお仕事をして生計を立てておりココナラさんではそのスキルの伝達だけをさせて頂いております。どんな仕事をしているかご興味ある方は私のポートフォリをご覧くださいそれは将来クリエーターが幸せになれる場所、クリエーションをもっと身近に体験できる場所、そして未来のクリエーターを育てる「現実の場所」づくりをしたいという夢があり、その為にお伝えすることを私自身が練習させて頂いている新米講師であります。そんな新米講師のくせに受講料を頂いており恐縮するばかりでありますが。と宣伝を含めた前段が長くて申し訳ないのですが、さて、久しぶりにブログを書いたのはそんな新米講師がココナラさんや他所で初心者さんにアプリ操作を教えて感じた事がありアプリ習得を目指す方の役に立てればと。アプリ操作を覚えるスピードと因果関係改めてと言った方が良いのですが、デザインという考え方が見えた時アプリ操作の吸収力が大きくなる傾向があると感じています。デザインという考え方???抽象的な言葉ですよね。わかりやすく言いますと計画が出来ているかです。デザインという言葉の語源はラテン語で「計画をする」です。ですのでデザインをするという事はアプリケーシ
0
カバー画像

リモート面接での注意点

直接会っての面接よりもWEBでのリモート面接の方が、 選考通過が難しいです。 ここではいくつか注意すべき点を挙げていきますので、ご参考に なれば幸いです。 やってみると簡単なことなので、実践しましょう。 1、 下を見過ぎない PC等を使ってリモート面接を行うとき、キーボードや、それよりも さらに手前を見たまま面接をするのはやめましょう。 多くの採用担当者に聞いたのですが、応募者様が手前を見たままでいると カンニングペーパーを見ながら面接を受けているように見えるそうです。 それが面接官にとって、非常に不快になるそうです。 おそらく、多くの応募者様がうつむいたまま面接を受けているため うんざりしていることが想像されます。 別の言い方をすると、うつむかずにカメラを見ることで、他の応募者様と 差別化につながります。 2、 リアクションはオーバーに リアクションや身振り手振りは、直接会っての面接よりも大きく しましょう。 リモート面接は移動する手間が省ける半面、熱意が伝わりにくいという 弱点があります。 熱意を伝えるために、オーバーリアクションを取ってみましょう。 表情を大げさにし、身振りも大きくしましょう。 熱意を込めてあなたが話をする時に、 「それはですねぇ、」 と言いながら手や体を大きく動かすのです。 これだけでも 「熱意がある人だな」 と面接官は思ってくれるはずです。 まずはやってみましょう! 「どうやったら良いか分からない」 という方は、いつでもご相談ください。
0
カバー画像

職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通って見た(6)〜

第6回 【訓練1日目(入校式)】皆さま、こんにちは。そしてこんばんば。ゆぎです٩( ᐛ )وいつもいいね!(お気に入り?)ありがとうございます!!!見てくださる方がいると分かるだけでやる気になります!!!!!!笑今回はWebデザイン関係の職業訓練校に無事合格し、入校式当日(訓練1日目)のことを書いていこうと思います。まだこちらの記事より前を見ていない方はぜひ第5回からどうぞ。なんなら今回初めて見られた方は第1回目からぜひ!!!!!ちなみに今回も途中から有料記事にさせていただいておりますm(_ _)m生徒さんについて書いている部分があるのであまり大きい声で言うべきではないと思いそうさせていただきました。ご興味あれば見ていただけると幸いです。
0 500円
カバー画像

CLS対策:ページ上部にAdSense自動広告を表示させない

1. はじめにGoogle 検索のランキング要因の中に、Core Web Vitals と呼ばれる 3つの指標があります。 その中の 1つであるCLS (Cumulative Layout Shift) は、「一旦ページが表示された後に、別の要素が割り込んで表示されるために、もとから表示されていた要素が移動してしまう現象」を数値化した指標です。この現象が起きてしまうと、評価が下がってしまうのです(使いにくいページになるので)。 この現象が起きる原因の1つは広告です。 例えば、Google AdSense の自動広告がページ上部に広告を挿入すると、その下の要素がすべて下方向にずれてしまうため、大幅にCLS が悪化します。 幸い Google AdSense の自動広告は、特定の位置に広告を表示させないように設定することができますので、その設定を行うことをお勧めします。 ※ 広告用のスペースを最初から空けておけば問題は起きません。2. 画面上部に、AdSense の自動広告を表示させない設定方法ポイントだけ説明します。 自動広告の設定画面では、Webページのプレビューが左側に表示され、その中に「自動広告の例」と書かれた広告枠の四角が(恐らく)ページの上部に表示されます。その部分のゴミ箱アイコンを押すだけです。それでも、再度同じ場所に広告の四角が表示されることがありますが、なくなるまで削除しましょう。自動広告の設定画面ゴミ箱アイコンをクリックすると「このエリアから広告を削除しますか?」と聞かれますので、[削除] を押します。この中に、「変更した内容は、サイト内の類似するページにも
0
カバー画像

[事例・ショップ/Lunch] Wixで素敵なホームページ制作致します

こんにちはReinaと申します。東京都内でWebのデザイナー/Webディレクターのお仕事をしております。年末に差し掛かってきましたので、来年に向けての事業の施策などをお考えのクライアント様から、ホームページのリニューアルのご相談がとても多くなってきたように思います。どうしても、ホームページがうまく作れないなど、ご相談を多くいただくことがあります。ご自身でホームページを作ることにギブアップされたときには、お気軽にご相談ください。ご相談いただく際には下記をご連絡くださいませ。---------------------------------------------------------1.HPに載せたい画像の有無(画像が無い場合)2.理想とするサイトのURL3.作成するHPの雰囲気・テーマカラーなど4.完成までの納期(お急ぎな場合は特急料金がございます)5.ご予算6.ホームページロゴなどご提供の有無※画像についてはある程度こちらでご用意可能です。(無料)※納品後のアフターフォロー(更新方法がわからないなど)のご質問は無料で対応いたします。※毎月の更新なども対応可能でございます。(運用費につきましては、要ご相談)---------------------------------------------------------ホームページをリニューアルしたい、作り直したい、途中挫折した、どうしたらいいか分からないなど、ご連絡くださいね。
0
カバー画像

Chrome 96 で Lighthouse の検査が終わらない問題が修正されました

現時点で最新の Chrome 96 には、Lighthouse が正常に動かない問題があります。Chrome のバージョンLighthouse を実行することはできますが、いつまで経っても終わりません。いつまで経っても終わらない…この現象は1ヶ月以上前に報告されており、多くのユーザーの環境で発生しています。 Not able to generate the lighthouse audit report · Issue #13236 · GoogleChrome/lighthouse(リンクが貼れないので検索してください) その後、状況はなかなか進展しませんでしたが、とうとうバグが修正され Canary にその修正が反映されました。 Lighthouse in DevTools errors/hangs on installability checks · Issue #13396 · GoogleChrome/lighthouse(リンクが貼れないので検索してください)実際には、Canary 98.0.4755.0 の時点で修正されていました。Chrome には、バージョン 97 で修正が反映されるそうです。Canary で正常に動きました。とりあえず、一安心です。ラボラジアンでは、Webに関するサービスを出品しております。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

クオリティ高いWEBデザイン作成いたします

こんにちは!現役WEB&グラフィックデザイナーDDDesignです。今回新たに、WEB関連サービスを出品しました!それが「クオリティ高いWEBデザイン作成いたします」ホームページを作るためのはじめの一歩。クオリティ高いデザインは、集客アップにつながります。【こんな方にオススメ】新規店舗をオープンされた方、イメージチェンジで現在のサイトをリニューアルさせたい方。商品やサービスの魅力が一目で伝わり、集客アップにつながるデザインにしてみませんか?修正8回まで無料!しかも、格安価格。ご不明なことがありましたら、なんでもお気軽にご相談ください!詳しくわこちらもし、デザインがあり実際にホームページ作って欲しい!!という方はこちら
0
カバー画像

ホームページ、古い気がするけど、どこから改善したらいいの?どこをどうしたらいいの?と困ったときは…

ホームページがなんか古い気がする…ホームページをリニューアルもしくは一部改修して今風にしたいけど、今風って…?なんとなくでしかわからない。とりあえず無料のテンプレートやサービスを使って作ってみたけど、イマイチな気がする… もっとよくしたいけどどうしたらいいかわからない… でも、専門の人にお願いするにも、どこをどう変えたらいいのかという段階からよく分からない。 制作会社への要望の伝え方が分からない。 そもそも制作会社の種類も、そのプランも色々ありすぎて、自分・自社に合ったものの選び方が分からない… そんなときはどうしたらいいのでしょうか。 私自身、制作会社に勤めてきて、対応してきたクライアントはWebに詳しい人よりも、Webは専門外という方が大方です。 (制作会社に頼んできているので当たり前ではあるのですが…) ただ、制作会社も、そのプランもピンキリ、制作会社の強みやサービス内容も様々なので、そこそこの料金の制作会社はヒアリングもそれに見合ったものになることがほとんどです。 ただ、とても丁寧にやってくれるところというのは、そういった相談料・ヒアリング料としてそれなりの料金が含まれています。 資金力のある企業であれば問題ないかもしれませんが、Webサイト・運用は安い買い物ではありません。 でも、どうしたらいいのかわからない状況で、ヒアリングを念入りにしてくれるとしても、そこまでいきなりお金をつぎ込んで頼むのはちょっと不安… いきなり制作や改修の見積をお願いするのはハードルが高い… 相談OKといっても制作前提なんじゃないかという気がする… などなど。 そんなとき気軽に相談できるサービ
0
カバー画像

職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通って見た(4)〜 記事

【面接・試験問題提出】皆さん、こんにちは。ゆぎです٩( ᐛ )و2日更新のお休みをいただいておりました。楽しみにしてくださっていた方申し訳ありません・・・そしてお待たせいたしました。こちらの職業訓練シリーズも4回目に差し掛かりました。といってもトピックスを全12回ほど予定しているのでまだまだこれからというところでしょうか。ちなみに今回の記事については前回の第3回目の記事でもお伝えしましたが初めての有料にさせていただきました。↓まだ第3回の記事を見ていない〜という方はもしよろしければ合わせてこちらもご覧くださいませ!!なんで今まで無料で見られたのに有料なの?というところですが、私が実際に職業訓練校へ入校する際に受けた試験問題に対する回答や面接の様子などを書きます。これは私なりにかなり時間をかけて考え回答したものでけして安易に思いついたものではありません。私にとっては大切な財産だと思っています。今から書く回答例を真似すれば必ず訓練校に受かるとは限りませんが、本気で訓練校に行きたいと思っている方の少しでも力になれるものにしたいと思っています。どうかご了承ください。※こちらの記事に記載しました試験問題・面接内容については、2021年現在のコロナ禍で行われた受験内容になります。したがって今後試験・面接方式などが変更される場合もございますのでご了承ください。※私が記入した内容をそのまま回答として提出するのはお辞めください。あくまでも参考までに思っていただけると嬉しいです。
0 500円
カバー画像

Chrome 96 で絵文字を太字にすると色がなくなる問題

Chrome バージョン 96 に更新すると、「font-weight: bold(数値だと600以上?)」があてられていた絵文字は、無色になってしまいます。 例えば、以下の絵文字がこうなります。この問題はすでに 報告されています。(1266022 – Emoji rendering lost color in Chrome 96 – chromium)その報告ページのコメントにもありますが、とりあえずの回避策としては、絵文字の要素に「font-weight:normal !important」というスタイルをあてておく方法があります。ラボラジアンでは、Webに関するサービスを出品しております。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

BASIC認証の認証データをクリアする方法

BASIC認証で認証が成功すると、ブラウザはその情報を保持し、その後そのサイトにアクセスする際には、自動的に認証情報をリクエストにセットします。BASIC認証のログイン・ダイアログ・ボックスHTTPリクエストヘッダに認証情報がセットされる手順 例えば、元の URL が であった場合、以下のURLでアクセスするだけです。 「foo:bar@」の部分は「ユーザー名:パスワード@」というフォーマットになっており、このURL は認証情報を上書きしていることになります。そのため、foo や bar は他の文字列でも構いません。ラボラジアンでは、Webに関するサービスを出品しております。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

script要素の src属性に .js 以外の拡張子を指定してもエラーにはならない

WebページのHTMLにおいて、JavaScriptファイルを読み込むには、<script src="xxxxx.js"></script>と書きますが、src属性に指定するファイルの拡張子は .js でなくてもエラーにはなりません。.js以外のファイル(中身はJavaScriptコード)を指定しても普通に処理されます(但し、画像・動画・音声・CSVの拡張子だけはブロックされます)。ファイルの拡張子によって HTTPレスポンスの Content-Type ヘッダーは変化しますが、一般的なブラウザは script要素で指定されたリソースの Content-Type を無視します。Content-Type ではなく、script要素の type属性に指定された「スクリプトを表すタイプ」を重視します(デフォルトは text/javascript)。ラボラジアンでは、Webに関するサービスを出品しております。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

お仕事依頼する際に読むと時間も料金も減らせるかも

こんなちゃらそうなアイコンでもお仕事いただけるのはとてもうれしいことなんですが、よければ知っておいてほしいです。たくさんのユーザー・出品者もいるので品質・スピード・正確性・コミュニケーションなど千差万別です。実際に依頼してみないとわからないことのほうが多いかと思います。Web方面でお仕事依頼する場合、お仕事を依頼する人には注意してほしいことがあります。(一部は私の場合だけです)まだ色々ありそうですけど、とりあえずこんなもんです。基本的に下記の内容からざっくりと予算を決めます。・事前に完成イメージを伝える。・依頼する内容をシンプル・明確にする。・発注者ができる内容・できない内容を明確にする。・具体的な納期を決める・コミュニケーションコストを減らす。事前に完成イメージを伝える。画面上の動き・レイアウトなど明確なものについては完成イメージを共有ください。(参考URL スクリーンショットなど)オリジナルデザインは受けませんが、こんなデザイン(レイアウト)にしてほしい。とご依頼いただければ全然対応します。完成イメージがない状態はゴールが見えないです。依頼する内容をシンプル、明確にする。 初めてお仕事を依頼する・公開する場合、どうやって書こうか悩むかと思います。でもシンプルでいいんです。上の完成イメージと補完することで理解しやすくなります。発注者ができる内容・できない内容を明確にする。 依頼者がどういったことができるかは実際にコミュニケーションとらないとわかりづらいです。事前に、「HTM・CSSができる。Wordpressは自分で作りました。プラグインの設定くらいはできます。」など依頼内容
0
カバー画像

Import maps の使い方

1. Import maps とは?・「JavaScript の実際のファイル名」と「そのファイルを import するときに指定する名前」を切り離すことができます(2つの対応情報はJSON形式で用意しておきます)。 ・これにより、ファイル名が後から変わっても(ファイル名にバージョン番号が含まれている場合など)、一度記述した import 文を変更する必要はなくなります(JSON形式による対応情報側のみを変えます)。・npm のパッケージ名のようなシンプルな名前でインポートできます。 ・静的インポート、動的インポートのどちらでも使えます。 2. Import maps の使い方 Import maps を使う手順は以下です。 (1) <script tyle="importmap"> というタグの中に、モジュールファイルのURLと名前の対応を記述します。このサンプルコードでは、”./foo.12345.js” という相対URLで表されたファイルに対して、”foo” という名前をつけています(マッピング)。 (2) (1) でつけた名前を使って import します。 静的インポートの場合動的インポートの場合3. polyfill (shim) 2021年11月現在、Firefox や Safari では使えないようですが、以下のページで polyfill (shim) が用意されています。 🔗 guybedford/es-module-shims     URL: "http://" + "github.com/guybedford/es-module-shims"
0
カバー画像

.htaccess ファイルにはWebアクセスできないようになっている

レンタルサーバーではおなじみの .htaccess ファイルへのWebアクセスについてです。 .htaccess ファイルは Webサーバー (Apache) が読み込んで利用するため、Webサーバーからアクセス可能なパーミッションに設定しておく必要があります。 しかしこの設定だと、ブラウザからWebアクセスできてしまうのではないか?という不安を感じる方がいるかもしれません。もしアクセスできてしまうと、Webサーバーの設定が誰からでも見られてしまうことになり、確かに大問題です。 しかし現実はそうはなっていません。Webサーバー (Apache) の設定で「Web経由での .htaccessファイルへのアクセスは禁止」されているからです。 例えば、Apache 2.4.37 (CentOS Stream release 8) の /etc/httpd/conf/httpd.conf ファイル(Apache の設定ファイルです)には以下の設定が記述されています。「.ht」で始まるファイルへのアクセスを拒否しています。ということで、.htaccess ファイルは Web経由でアクセスされることはありません。ラボラジアンでは、Webに関するサービスを出品しております。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

オリジナルコスメサイト制作

女性向けのコスメや雑貨を手がけるオーナー様よりご依頼いただき、コスメに特化したサイトを担当させていただきました。撮影からブランディング、ストーリー展開までをお任せいただき、今後はSNSでも絡めて発信していきます。
0
カバー画像

sizes属性のデフォルト値は 100vw である

<img>タグの srcset属性で、画像サイズの単位として「w」(width descriptor)を使った場合、sizes属性も必要になります(*1)。 こんな感じです。----- (1*) ----------なぜ sizes属性も必要になるかというと、srcset属性で指定されたそれぞれの画像の「幅」を、sizes属性で決定された「幅」で 割ることで、画像毎の「ピクセル密度記述子 (pixel density descriptor)」と呼ばれる値を算出する必要があるからです。ブラウザは、そのデバイスのディスプレイが持っているデバイスピクセル比に近いピクセル密度記述子の値を持った画像を自動的に選択してダウンロードします。----------------------sizes属性を指定しなかった場合の Webページを、「Ready to check – Nu Html Checker (HTMLをチェックするサービス)」でチェックすると以下のエラーが表示されます。srcset属性でw単位を使っているなら、sizes属性が必要!エラーになるくらいよくないことではあるのですが、そこまで深刻なレベルの問題ではないので、Webページ自体は表示されます。 ではそのとき、sizes属性の値はどういう扱いになっているのか?というと「100vw」になっています。それならエラーにする必要はないような気もします。 ----- 補足 -----sizes属性のパース処理の仕様が HTML Living Standard の「4.8.4.3.10 Parsing a sizes att
0
カバー画像

srcset と sizes 属性を使った img 要素では、どの画像がダウンロードされるか?

こんなふうに、srcset属性で複数の画像ファイルが指定された <img>タグがある場合、どの画像ファイルがダウンロードされるのでしょうか?閲覧する側の環境として以下を想定します。・ウィンドウ幅 360px(ビューポートも同じとします)・デバイスピクセル比 3- - - - - デバイスピクセル比 - - - - -デバイスピクセル比が 3 というのは、例えば 3 x 3 ピクセルを 1 x 1 のピクセルとして表示できるディスプレイであることを意味します。通常より3倍密度の高いディスプレイであるので、よりキレイな表示になります。スマートフォンのディスプレイや、Retinaディスプレイなどは、デバイスピクセル比が 1 より大きくなっています。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -この場合、ブラウザは以下のようにしてダウンロードする画像ファイルを選択します。(1) sizes属性で「ウィンドウ幅が1024pxより狭い場合は、100vw、それ以外なら 1024px」と指定されているので、この場合は前者が一致し、100vw が選択されます。(2) 100vw とは、ビューポートの幅に対して100%の幅であるので、今回の場合 360px となります。(3) デバイスピクセル比が 3 であるため、360pxの3倍である 1080pxの幅が最低限表示できる画像を、srcset属性で指定された画像から探します。(4) srcset属性値を見てみると、foo-1024.jpg ファイルが該当します(foo-768.jpg だと 108
0
カバー画像

async script をより早く実行させる

1. はじめに 「async/defer なしの script」と「defer つきの script」は、記述した順番で実行されますが、「async つきの script」はどのような順番で実行されるか分かりません(そういう仕様です)。 「実行順序が分からない」と聞くとネガティブな印象を受けますが、この特徴によるメリットもあります。それは「<link rel=preload>」で script ファイルを先読みさせた場合、順番を気にすることなく実行できる点です。先読みしなかった場合と比較して、実行タイミングが早くなります。 2. async script をより早く実行させる ということで、async な script を早めに実行させるには「<link rel=preload>」で先読みさせます。 例えば、以下のように main.js という JavaScript ファイルを async つきで読み込んでいたとします。 ----- ここから -----<script src="./main.js" async></script> ----- ここまで -----この場合、このファイル名を指定した <link rel=preload> タグを <head> タグ内に記述します。 こんな感じです。なるべく上の方がよいです。 ----- ここから -----<link rel="preload" href="./main.js" as="script"> ----- ここまで -----これで、この
0
カバー画像

リソースの優先度によって、リソースが同時にダウンロードされるかが決まる(Chrome)

1. はじめに Webページの話です。 「Optimizing resource loading with Priority Hints」という記事を読んで知ったのですが、Chrome ではリソースの優先度によって「複数のリソースが同時にダウンロードされるかどうか」が変わるようです。 これって常識でしょうか?2. Chrome によるリソースへの優先度付けとダウンロード 「Optimizing resource loading with Priority Hints」に以下の表が載っています(少し加工しています)。細かい説明は省きますが、この表は 各リソースに対して Chrome がどの優先度を割り振るかを示しています。 例えば、CSS (early)、Font、XHR (sync) といったリソースは一番高い優先度 (Highest もしくは VeryHigh) が与えられています。 分かりにくいのは、一番上の行にある3つのラベルです。 ・Layout-blocking ・Load in layout-blocking phase ・Load one-at-a-time in layout-blocking phase ここについて自分なりに分かっていることを書いておきます。これがこの記事の目的です。下2つの状況を、DevTools の [Performance] パネルでの解析結果で表してみます(簡単な実験を行いました)。 まず、Priority (優先度) が High な JavaScript ファイル 3つがダウンロードされる様子が以下です。(レンダリング処理がブロッ
0
カバー画像

ブックマークレットで画面上の色を取得する(Eye Dropper APIを利用)

1. はじめに 画面上の特定部分の色情報を取得するブックマークレットを用意しました。 スポイトツールで画面上の特定の色を取得し、その色情報を持った状態で色情報サービスサイト を開きます。2. ブックマークレット 新たにブックマークを追加し、URLとして以下のコードを登録して利用します。 ※ 今のところ、ブラウザは Chrome 限定です。※ ココナラブログの制限もあり、画像を貼っています。このコード部分を、見やすくすると以下になります。以下の処理を実行しています。 (1) Eye Dropper API を利用して、スポイトツールを表示します。 (2) ユーザーが画面上の特定部分を選択したら、その部分の色番号が取得されます。 (3) その色を URL のパスに指定して、HSL Color Picker というサイトを開きます。3. 利用方法 (1) 予め先程のリンクをブックマークに登録しておきます。 (2) 登録したブックマークを選択します。 (3) スポイトツールが表示されます。 (4) 画面上の「色を知りたい部分」をクリックします。(5) 取得した色番号をURLのパスに指定して、HSL Color Picker サイトを開こうとします(自動的に)。 ここで、ポップアップがブロックされた場合は、まずアドレスバー上の「ポップアップがブロックされました」の部分をクリックします。次に、上部にあるリンクをクリックします。(6) HSL Color Picker サイトが開きます。 指定した部分の色情報が表示されているはずです。3. おわりに Chrome 95で Eye Drop
0
カバー画像

Webページの見出しレベルが分かりづらいときないですか?

以下のスクリーンショットは、とある Webページ(の一部)です。どの行がどのレベルの見出しか分かるでしょうか? ※ Webページの見出しには、h1, h2, h3, h4, h5 などといった階層レベルがあります。 この例の場合、少し大きさの違う見出しが並んでおり、行頭に「#」もあるので、まだ分かりやすい方ではあります。しかし、このどちらかの1つの見出しだけが途中で現れたとしたら、その見出しがどのレベルなのか分かるでしょうか?結構難しいのではないでしょうか。 普段インターネットの記事やマニュアルを読んでいると、ときどきこのような「見出しのレベルが把握できず、文章の構成、つながりが分かりづらい」問題に出会います。これが意外と困るのです。 そこで紹介したいのが、Chromeブラウザの「H-tag」という拡張機能です(ココナラブログにリンクが貼れませんので、検索してみてください)。 この拡張機能を導入して、ツールバーに現れたアイコンをクリック → [Show tag] を選択することによって、今表示されているページの見出しが強調表示されます。こんな感じで表示されます。強調し過ぎな気がしないでもないですが、Webサイト上の文章をスムーズに読み進めるためには必須と言っていい機能だと思っています。 同じような不満を抱えている方がいましたら、 H-tag の利用をお勧めします。ラボラジアンでは、Webに関するサービスを出品しております。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

たくさんの Web Components を利用するページを改善する

1. はじめに昨日の記事では、Web Components を使って複数のコンポーネントを 1つのWebページ上に作成する方法を紹介しました。今回は、そこで紹介したコードを改善します。 2. 改善点その1(CLS) まず、CLS (Cumulative Layout Shift) の問題に対処します。 昨日の内容の場合、Webページがレンダリングされる前の時点で、Web Component の表示サイズを計算するための情報がないために、必要なサイズが確保されないまま最初のレンダリングが行なわれてしまいます。そしてその後、Web Component が画面上に適用される段階になってはじめて表示サイズが決定するため、「今まで何もなかった場所に、Web Component が表示され、その下の要素の位置がずれる」現象が発生してしまいます(これが CLS です)。 この問題に対応するには、カスタム要素の幅と高さを CSS で指定すればよいのですが、カスタム要素に対して width と height を指定しても効かないので、カスタム要素をラッパー要素で囲んでおき、ラッパー要素の方に大きさを指定しておきます。 - - - - - HTML - - - - -<div class="wrapper">   <my-element></my-element> </div> - - - - - CSS - - - - -div.wrapper {   width: 400px;   height: 225px; } - - - - - -
0
カバー画像

1つのWebページに複数のHTML要素サンプルを記述する

1. はじめに 1つの Webページ上に、「部分的な HTMLとCSSのセット(以後、コンポーネントと呼びます)」を複数載せる方法を紹介します。 具体的には、ボタンのサンプルだったり、画像表示のサンプルだったり、そういったものです。 普通に書くと、それぞれのCSS(スタイル)が干渉する可能性があります。本記事の方法であれば、この問題は起きません。 2. 方法 Web Components を使って、それぞれのコンポーネントを隔離します。 手順は以下です。 (1) JavaScriptファイルの中に、コンポーネントを記述する 1つのコンポーネントを1つの JavaScriptファイルに記述します。 こんな感じです。- - - - - ここから - - - - -export default class extends HTMLElement {     constructor() {         super();         const shadowRoot = this.attachShadow({             mode: 'open'         });         shadowRoot.innerHTML = ` <style> /* ここにスタイルを記述します */ :host {   display: block;   contain: content; } p {   margin: 10px auto; } </style> <!-- ここにHTMLを記述します --> <div>   &l
0
カバー画像

Lighthouse が指摘する「Serves images with low resolution」について

1. Lighthouse での指摘事項Chrome – デベロッパーツール (DevTools) – [Lighthouse] パネル を使って Webページを解析すると、「Serves images with low resolution(解像度の低い画像を提供してください)」と指摘されることがあります。 ※ Lighthouse は、Webページのパフォーマンス解析ツールです。「Serves images with low resolution」が指摘されています2. 必要な対応 上記の解析結果画像を見ると、以下の数値が表示されています。 - Displayed size 600 x 800 - Actual size 400 x 533 - Expected size 1200 x 1600 望まれているのは、「期待されるサイズ (Expected size) 1200 x 1600」の画像を用意することです(「Serves images with low resolution」とは反対のような…)。表示されたサイズ (Displayed size) に対して Expected size が 2倍であるため、デバイスピクセル比 2 のデバイスにちゃんと対応しておけば、Lighthouse 的には問題ないということだと思われます。 ※ デバイスピクセル比とは?- - - - - -例えばある画像の表示幅を 400px と指定している場合、デバイスピクセル比 2 のデイバイスに、幅 800px の画像を提供すると、より高画質な 400px の画像として表示してくれます。
0
カバー画像

ファーストビュー上のアニメーションGIFはMP4に変換して使うことを検討する

1. はじめにファーストビュー(Webページにアクセスした際、スクロールしない状態で表示される範囲)にアニメーションGIFを表示している場合は、MP4 に変換することで LCP 指標 (Core Web Vitals の1つ) を改善できる可能性があります。 ※ LCP (Largest Contentful Paint) は、Webページの読み込み&表示の速さを表す指標です(Google 検索のランキング要因の1つ)。もう少し具体的に言うと、ファーストビュー上の要素の中から一番大きな要素(対象となる要素の種類は決まっています)を選ばれ、その要素が描画されるまでの時間を元に算出されます。2. どういうことか?ファーストビュー上のアニメーションGIFが LCP の対象に選ばれた場合、このGIF画像ファイルがダウンロードされて描画されるまでの時間が LCP を決定します。画像ファイルは LCP の対象です。(Chrome DevTools [Performance]パネルで解析した結果)一方、このアニメーションGIFファイルを MP4ファイルに変換し、<video> タグを使って表示する場合、このMP4ファイルは LCP の対象にはなりません。「<video> タグで指定した動画ファイルは今のところ LCP の対象にならない」からです。この場合、代わりに LCP として選ばれた要素にもよりますが、LCP は改善する可能性があります。 ※ 但し、<video>タグの poster 属性を使って、動画ダウンロード中に表示する画像ファイルを指定する