LP(ランディングページ)とは?LP(ランディングページ)とは?|ホームページとLPの違いと、すぐわかるLPのメリット!

記事
IT・テクノロジー
こんにちは!はや_けんです!
ホームページの制作や運用をはじめ、SNS運⽤代⾏やライティング、ブログ運⽤、経費削減事業を行なっております。
今回はその中でも『LP』と呼ばれる『ランディングページ』に焦点をあててお話しさせていただきます。

【LP(ランディングページ)とは?】


これからホームページを作成しようと考えている方や、webの勉強を始めた方は、耳にすることも多いのではないでしょうか。
LPとは、ランディングページ(Landing Page)のことで、さまざまなリンクや検索結果、広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。ただし、以上の定義は、広い意味(広義)のランディングページのことを指しています。

特に初心者の方は両者の意味を混同しやすいのですが、「LP(ランディングページ)」と一口に言っても、「広義のランディングページ」と「狭義のランディングページ」が存在します。
Webマーケティングの場面でもっぱら使われるのは、後者の「狭義」のランディングページのほうです。
ランディングページの意味をしっかりと理解するためにも、まずは広義と狭義の違いをおさえておく必要があります。
本記事では、後者の「狭義のランディングページ」について解説します。

【広義のランディングページ(LP)とは?】


広義のランディングページとは、上記のとおり、ホームページのなかで訪問者が最初にアクセスして「着地」したページのことです。トップページに最初にアクセスされた場合はトップページがランディングページになり、検索エンジンなどをとおして「会社案内」ページにダイレクトにアクセスが生じた場合は「会社案内」ページがランディングページになるということです。
※狭義のランディングページと区別するために、ホームページ制作会社によっては「入り口ページ」「集客ページ」とも呼ばれる場合があります。

【狭義のランディングページ(LP)とは?】


狭義のランディングページとは、訪問者のアクションを誘導することに特化した縦長のレイアウトのページのことを指します。
一般的にランディングページ(LP)というと、こちらの狭義のランディングページを意味することが多いです。

【LP(ランディングページ)の目的】


LPはサイトを訪問したユーザーに「購入」「お問い合わせ」「資料請求」などの行動をしてもらうことを目的に作成します。最終的な成果であるコンバージョン(CV)を強く意識して作られるのが大きな特徴です。認知度向上のために不特定多数に向けて発信される広告や、好印象を持ってもらうためのブランディングとは異なります。

【LP(ランディングページ)の特徴】


ここでは、LPのデザインやフォーマットなど、具体的な特徴について解説します。

■縦長のレイアウト
LPは縦長の1ページで商品・サービスの紹介を完結させることが特徴です。このデザインにする理由は、商品・サービスの情報だけに限って簡潔に説明することで、ユーザーの離脱を防げるからです。また、縦長にすることで、セールストークのような訴求力の高い流れで情報を伝達できます。

■デザインに制限がない
ランディングページ(LP)にはコンバージョンに直結するページ以外へのリンクは必要ありません。
よって、サイドメニューなども必要なく画面を広々と活用できます。
通常のホームページだと「サイドメニューや上部メニュー(グローバルナビゲーション)を設置しなければならない」などのレイアウト制限があるのですが、ランディングページ(LP)ではその制限がありません。
これにより、自由にデザイン性の高いページを作成できます。

■デザインが派手でインパクトがある
ユーザーに興味を持ってもらうために、目を引くカラーや、派手なデザインにする場合が多いのがLPの特徴です。特に注文や資料請求などの重要なボタンは大きくして、ユーザーに行動を訴求するデザインにします。キャッチコピーや「こんなお悩みありませんか」のような共感喚起部分、ユーザーにとってのメリットを訴求する部分なども目立たせます。

■他のページへのリンクが少ない
LPでは一つの商品に絞った情報だけを表示し、他につながるボタンは「申し込み」や「購入」だけにします。関連商品のリンクや自社サイトへのリンクなどは原則として配置しません。こうすることで、選択肢を少なくし、違う情報に注意をそらせることなくコンバージョンに直結する決断に集中させやすくしています。

【HP(ホームページ)との違いは何?】


HPは幅広い情報をユーザーに理解してもらうことが目的です。そのため、関連情報をサイドメニューに表示したり、商品やサービスを詳しく解説したりします。一方、LPはコンバージョンに直結することを目的にしており、購入を後押しするようなボタン配置やユーザー心理に訴えるデザインなどに工夫して作ります。目的も構成も異なります。

【LPの集客方法は??】


きちんと集客できるLPを制作するうえで、集客にも繋がり、CVに結びつきやすいLPの特徴を5つまとめました。

■広告を出して有料で集客している
集客のためには見込み客(ターゲット)を呼び込み、売り上げるための方法を考える必要があります。これに成功すると集客に結びつきやすくなります。

■ペルソナを明確にし、意図に合わせたページデザインを心がけている
まずペルソナを決めることは大切です。年代や性別、どの様なニーズを持つ客層に働きかけるのか明確にし、その層に響きやすくなるページ展開をすると、リーチしやすくなります。

■ファーストビューにターゲットユーザーの求めている情報がある
ファーストビューとは、ユーザーがサイトに訪れた際に一番はじめににユーザの目に入るところです。ここにユーザーの探している情報と合致している情報が乗っていればCVに結びつきやすくなります。

■具体的なイメージがわく様な写真を適切に使用している
ユーザーはその商品・サービスを使用するイメージを掴むことができると、購入したいと思いやすくなります。多すぎず少なすぎず、適切な分量を使用して魅力的なページにしましょう。

■価値がわかりやすい様な「数字」を記載している
ユーザーに効果的に働きかけるためには、適当な表記ではなく「〇〇位」や「〇〇%」、「〇〇円相当」など数字を使って働きかけると、価値がそのまま伝わりやすく、購買行動に結びつきやすくなります。

【LP作成のメリット】


ここでは、LPを作成するメリットを4つご紹介します。

■コンバージョンの向上が見込める
LPはコンバージョン(CV)を得ることに特化して情報をコンパクトに集約しているため、何かしらの興味・関心を持った訪問者に適した内容となっています。ターゲット層やニーズを想定できることから消費者心理に沿った内容を制作しやすく、CV率を高められることがメリットです。

■ページ移動による離脱者が少ない
LPには通常リンクを設けないため、離脱者が少ないことが特徴です。HPではサイト内を移動しているうちに一定数がサイトから離脱します。それに対してLPは、売りたい商品を1つに絞って紹介しているため比較検討の迷いが生じにくく、離脱者を最小限度に抑えられるのがメリットです。

■理想的な順番で情報を伝えることができる
注文やお問い合わせをしてもらうには、情報を伝える順番が重要になります。
LPは縦長の1ページで構成されるので、順々に下にスクロールしてもらうことで、

・「こんな悩みはありませんか」(注意喚起)
・「この商品のメリットは○○」(解決策をアピール)
・「今なら割引中」(購入の後押し)

などのように、注意や興味を高める理想的な順番で情報を伝えられます。
訪問者には適切な順番で情報を与えたほうが、コンバージョンを獲得できる確率が高くなります。

■成果の把握やLPの改善が比較的簡単にできる
LPは内容量が少ないため、「なぜアクションが少ないのか」「改善点はどこなのか」などがHPに比べて分析しやすいメリットがあります。たとえば、離脱者の閲覧時間が短い傾向があるなら、キャッチコピーや注意喚起の部分に問題があるかもしれないなどと推測できます。

【LP作成のデメリット】


ここでは、LPを制作する際のコスト面や流入経路などのデメリットを3つ紹介します。

■デザイン等の制作コストがかかる
LPにおいては、デザインの出来がコンバージョン率を大きく左右します。しかし、訴求力が高いインパクトのあるデザインを初心者が制作するのは簡単ではありません。専門の制作会社に依頼すると、数十万円の費用がかかることもあります。