絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

ADHDやHSPは、病名ではない。

日曜日から今年最後のスノボに行ってきました。娘がナイターにも行ってみたいというので、普段なら寝る時間だったのですがそういう体験も悪くない。と夜中のゲレンデへ連れて行きました。リフトに乗って後ろの娘に英語で「どうよ?」って聞いたら、「空に宇宙があって、星があって、まるで月面着陸だね!!すごく素敵!」って英語で返ってきました。確かに、灰色の月明かりに照らされたゲレンデに昼間ついたわだちが目立って、雪面の凹凸はまるで月面に見えました。自分の娘ながら、すごいイマジネーションだなぁ、と思いました。でも今こんな子供が、学校で居場所を見つけられないでいます。私が子供の時も、確かに学校へ行けない子供はいました。そしてこういう子供たちは、社会の落伍者のような目線を浴びました。でもそれから20年以上が経って、その数は減るどころかさらに多くの子供が学校へ行く意味を見出せずに、学校へ行かなくなっています。つまり、これは子供の側の問題じゃない。学校が子供たちから、三行半を突きつけられているんですよ。これほど多くの子供たちが学校を「こんなくだらないシステムにNo!(いらない!)」と言っているってことなんです。例えばね・・娘が学校はおかしい、という理由の一つはこんな感じ。「忘れ物をしたとき、忘れ物をした本人が一番困っているのに、なぜその子を後ろに立たせて恥をあたえるの。失敗して困っている人を助けないでなぜ、関係のない他人がさらに罰を与えるの?」忘れ物をしたら先生が叱る、そして後ろに立たせる。うまくできなかったら叱る。娘はそのことを言ってるらしいのですが、皆さんは、どう思いますか。日本では当たり前の教育の光景
0
カバー画像

【LD】ぼくたちは勉強ができない!?【学習障害】

おはようございわーぐ。わーぐです。機能の記事でさらっと書いた学習障害について深堀りします。まだの方はそちらの「3.LD」も参考にされたし。えー、なぜ僕がこの記事を書こうとしたかと言うとですねADHDやASDの診断は受けたけど、LDの診断は貰わなかった、でもまず間違いなくLDの症状があると思ったからです。親から昔から「生まれつき言葉が遅かった(いわゆる言語遅滞というやつ)」「計算ができなかった」「言われたことを理解できなかった(今でも言われます)」と言われてきました。人への興味の無さと知能の低さが併発して言葉の遅れになったと言われています。ただ、早めに診断させてくれたりこんな僕でも一般学級に入れさせてなんとか社会に馴染ませようとしてくれた親には感謝しています。診断されたときはまだ障害への理解が低かった1990年代だったので、相当だったのでしょう。IQも低くいわゆる知的障害ギリギリだったと言われていました。生まれつき体が弱い子っていますよね?僕の場合はそれが頭にありました。さて、ここが本題ですが、僕は診断されなかったLD(学習障害)ですが、LDにはこんな特徴があります。1.識字障害・音読が遅く、何度も読み間違える僕もよくありました。今も昔も本を読むこと自体は苦痛ではないですが今でもかなりの頻度で間違えたり噛んだりします。・読んでいる文字や書かれている文章の理解が難しいはい、これもよくあります。最終的には感覚で理解していますが、理屈や理論で理解することが難しいです。・文章を読むのがたどたどしいこれで何度失笑されたかわかりません。人前で喋るのは嫌です。2.書字障害・バランスの取れた文字
0
カバー画像

異端な言語聴覚士

初めまして。ことふくです(^^♪ことば・コミュニケーション、読み書きの専門家である言語聴覚士(国家資格)をしております。言語聴覚士として働き始めて6年目で、主に学習障害を持つ子ども達の支援を行っています。言語聴覚士の働く場所としては、成人分野が殆どです。僕のように小児分野で働いているのは全体の約3割といわれています。また小児分野の中でも「読み書き・学習支援」をしている言語聴覚士はかなり数少ないと思います。そんなマイナー職である言語聴覚士のなかでもさらにマイナーな分野を極めているのです。ただ!この読み書き・学習支援をするニーズは非常に高いと感じています。医療機関では、「読み書き・学習宇の苦手さ」を主訴に持つお子さん方の評価・支援を行ってきました。勤めていた医療機関では、予約はいつもいっぱいで、1年以上の待ちが常にある状態でした。県内のみならず、県外からくる方も多く、「こんなにも学習障害を診るところがないのか」と実感しました。ただ医療機関に来られる方は、現状相当困っている方ではないかと思います。読み書き、学習のことが気になっても、医療機関に行くという選択肢を挙げる方は、少ないのではないでしょうか。なんか気になる方から、現状大変困っている方まで気軽に相談できる場があれば、と思い「coconala」を始めました。どうぞ、お気軽にお声かけください(^^♪
0
カバー画像

発達障害とは

発達障害?不安な気持ちのあなたへ あなたの不安な気持ち・・・、あてはまりますか? 心配しなくて大丈夫 もしかして発達障害だったらどうしようと思っていませんか。発達障害は生まれつきの脳機能の障害です。あなたの責任ではありません。 発達障害とは 発達障害とは、生まれつきの脳機能の特性による障害です。 特定のことには優れた能力を発揮する一方で、ある分野では極端に苦手といったことが生じます。 発達障害の特性を「わがまま」「自分勝手」「困った子」ととらえられ、「さぼっている」「親の育て方が悪い」などと批判されることも少なくありませんが、決して親の教育が悪いのではありません。 発達障害は外見からは分かりにくいことも多く、その症状や困りごとは千差万別です。 得意・不得意の特性と、その人を取り巻く環境や周囲の人との関わりの不適合から、社会生活に困難が生じます。 特性による困難さは、環境を調整し、特性に合った学びの場を準備することで、軽減されます。 周囲の人がその子の特性(個性)・能力・目標などを理解した上で、その子に合った支援をしていくことが大切です。 〝〟私は発達障害は立派な個性だと考えています〝〟心配せずに相談してください。 不安な気持ち、話してください。 あなたにあった解決方法をいっしょに考えます。
0
カバー画像

【小中学校・特別支援学校元教師がぶっちゃけます!】安心してください!モンスターペアレントではありません!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今日は「モンスターペアレントではありませんよ」をテーマにお話しをします。私が小学校の教師をしていた頃、こんなことがありました。学級崩壊しているクラスを知っていても、大した対策は取らない。 現場の教師が校長に意見しに行っても、内輪の揉め事と片付けられてしまうことがありました。 現場の教師の言うことに耳をかさない。  自分の保身ばかり考えている校長だと、ぜ~~んぜん、学校を改革しません。 見て見ぬふりです。ぶっちゃけ校長は、波風立てずに退職まで行きたい。「俺のところに問題持ってくるな!」って言われたこともあります。(嘘のような本当の話)  そこで、保護者のみなさま。ご協力ください!お子さんが、困っている、以前と様子が違う。授業参観や懇談など、担任と話して、この担任はおかしい!授業が成り立っていない! と、思ったら、 速攻、校長へ言いに行ってください! 校長に言っても、改善されない場合は、 教育委員会へ! 教師が働きかけているのに、変わらない場合があります。正直、現場の教師も困っている場合があります。お子さんが危ないんですっ! モンスターペアレントって思われないかな~クレーマーって思われないかな~ なんて、ご自身を守っている場合じゃありませんよ。 親が子供を思う気持ちを、素直に話せば大丈夫!私も親さんと協力し、授業中に居眠りするとんでもな特別支援学級担任を交代させました!教師時代、学年主任の私が動いても、
0
カバー画像

【特別支援学級元担任がぶっちゃけます!】情報アラカルト「特別支援学級の見学」

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今日は「特別支援学級の見学」をテーマにお話しをします。今の時期は、教育相談・就学相談をうけたり、学校や特別支援学級の見学を考えてみえるかもしれませんね。というわけで、特別支援学級の見学を考えてみえる方に単なる特別支援学級を見て終わらせない!特別支援学級の見学ポイントをお話しします。それは!特別支援学級すべての授業を参観する特別支援学級のクラス分けは、障害種別ですが、特別支援学級全員で行う授業も数多くあります!というわけで、特別支援学級、各クラスの授業をすべて参観してください!特別支援学級の子供たち全員の様子はもちろんのこと。特別支援学級の担任全員、どんな先生なのか。↑これはかなりのポイントです!ここだけの話!指導できない教師や学級崩壊させた教師が特別支援学級の担任になっていることが多いです。(私の経験+ご相談より)特別支援学級の授業はどんな感じで進めているのか。プリントだけやらせている先生もいます。(経験+ご相談より)子供たちは、特別支援学級の担任を信頼して、授業を受けているか。もし可能なら、特別支援学級各クラスでの授業と、特別支援学級全員で行う授業を参観してみてくださいませ。そして、気になる所があれば何度でも学校に足を運び、校長など先生たちに質問してください!単たる見学で終わらせないためにも、特別支援学級で、お子さんが輝くことのできるのか!それとも、通常学級の方が、お子さんが輝くことができるのか!
0
カバー画像

でき太くん三沢のひとりごと

投稿 その8今回はちょっと文体を変えて書いてみました。ひとりごとなら、こんな感じのものがあってもよいかなと思いまして。。。調子にのって書いていましたら、ちょっと長くなってしまいました。お仕事や家事が一段落したところでお読みいただければと思います。人は変わることができないのか。勉強ができない子は、ずっとできない子なのか。答えはノーだ。人は変わることができる。人は成長することができる。ただ、人が変わり、成長していくためには、いくつか条件が必要であるように思う。まず、まわりにいる私たちの常識を見つめ直すこと。もし小学3年生の自分の子どもが5+6のような計算に指をつかっていたら、あなたはどう感じるか。「うちの子、大丈夫かな?」と感じ始めるのではないだろうか。これは小学3年生で小学1年生の問題が満足にできないのは問題だという認識が私たちの中にあるからだ。でも、子どもが10人いればそれぞれ顔が違うように、成長のステップも10人10通り。様々だと思う。そう考えると、小学3年生のときに指を使わないと計算ができない子がいても、それはその子の成長のステップであって、本来は問題ではないはず。それを問題と思うことが、実は子どもの成長の最大の阻害要因になっているのだ。こうして本来は問題ではないことを問題だと思って、自分の子どもを「勉強ができない子」だと思ってしますケースはとても多いように思う。以前私は「5+3」のようなたし算を、指を使って計算する小学5年生のお子さんの学習指導を担当させていただいたことがある。先天的に脳に障害があるとのことで、お医者さんからも、34+36のような2ケタの演算までできるよう
0
カバー画像

発達障害だからこそ、活躍できる。

はじめに。僕は発達障害ADHDグレーゾーンです。今まで、社会で働いてきてたくさんの困難に直面してきました。● 上司の言ってることが理解できない● 何回も同じミスをしてしまう● 人を怒らせてしまう怒らせるつもりはないけど、人を怒らせてしまうんです。こんな経験で苦しんでいる人いませんか?---発達障害といっても人によって症状は様々なんですね。落ち着きがなかったり、フレンドリーすぎてしまったりだからあなたはコレです!といった処方箋はないんです。ただ、こうすれば人と衝突せずにスムーズにコミュニケーションが取れるといった処方箋はあったりします。● ボイスレコーダーで録音をする● カメラで撮影して記録をのこす● To-Do リストを作成する苦手と思うことをカバーすることが重要。決して全部やろうと思わない。発達障害は得意なこと不得意なこと差が激しすぎるので無理をしすぎないこと。ちょっとの意識だけで仕事がスムーズに人間関係も改善していきますよ♪電話相談サービスでもADHD当事者の僕が電話相談で悩みを受け付けています。発達障害と気づくまで30年以上かかり苦労してきたから僕だからこそ"あなたの悩み"に寄り添う自信があります。絶対に否定したり、怒ったりしません。気軽にお電話いただければと思います。発達障害で苦しむ人が少しでも減りますように...!僕のボイスサンプルもあるのでよければきいてみてくださいね!電話相談サービスはこちら。
0
8 件中 1 - 8
有料ブログの投稿方法はこちら