絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

72 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

上手くいっている人の考え方

プロゴルファーで有名なタイガーウッズは 勝敗を分ける大事な局面の試合で 対戦相手のパット中に 「入れ!」 「絶対入れろ!」 と強く願うらしいです。 普通は 「外せ!」 「ミスれ!」 と相手のミスを祈るのが 一般的な思考では、はないでしょうか? しかし、 天才ゴルファー、タイガーウッズは違います。 ”失敗を祈る”という行為は、 ”相手が失敗してくれないと勝てないような自分” という前提が働いています。 それよりも ”この俺と競っているんだから こんなとこで外して貰っては困る” という心境でいることで自分の高いセルフイメージを 崩さなかったのです。 タイガーは”自分がナンバーワン”という 高いセルフイメージを維持しているので、 相手の失敗を願うようなマネはしません。 潜在意識レベルで ”俺は世界一だ” ”誰にも負けない” と、自分のセルフイメージを常に高めて 試合に臨むから相手が、パットを外した時本気で悔しがりました。 人生、上手くいっている人は 自分の事を高く評価し、自尊心を高める思考の癖を持っています。 本日はそんな上手くいっている人の 考え方を書いていこうと思います。 いやな事を言う人は相手にしない 相手を不快な気分にさせる為にわざと嫌な事をいう人がいます。こういう人は非難すべき人ではなく、 本当は同情してあげなければならない人。 攻撃しやすい人を見つけるとその人をけなして ”気分を悪くさせてやろう”と考える 不幸な習性を持っています。 その意図は相手をダシにして優越感を感じることで 自分の自尊心の不足を補おうとしています。 こういう人は出来る限り避けて下さい。 いちいち腹を
0
カバー画像

成功者の特徴はベターでもベストでもなく「マスト」を選ぶ

効果性を最大限にする「限界の設定」自分の限界について明確な基準を持っていますか?例えば起床、就寝時間。この範囲を超えての活動は「限界を超えて」います。限界の設定は、その範囲内でやれることの取捨選択を否応なしに迫られる。ベターでもベストでもなく「マスト」を選ぶ習慣が身につきます。うまくいってない人の傾向は?うまくいってない人は「あれも、これも」と可能性を維持しておきたいんですよね。かく言う私もそうなんです…やれることには限りがあります。あれも、これもはそれを食いつぶします。だから「これ」という「マスト」だけを厳選する必要があるんですよね。これは自制と人生においての覚悟です。選択基準はなにを頼りに?それは自分の強みに準じます。これは強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの強みのフレームワークです。選択基準が強み?そう、この6つの要素に当て込んだ自分の強みのリソースに関わること以外、人生のおいてあなたが関わらなくて良いことなんです。強みの明確化が人生において残すもの、捨てるものを明確にするんです。
0
カバー画像

掃除しよう。パート2

 みなさんこんばんは。たいして働いてないのに、なぜかぐったりの千冬です。なんでだろう。月曜からやばいな。 今日は掃除です。だいぶ前に同じような投稿をしましたので、パート2としました。 私はできるだけごみを拾うことを心がけています。道ばたにある空き缶やたばこの吸い殻、ティッシュなど目についたものは拾って捨てるようにしています。 昔はごみを出す人間でした。あんまり大きな声では言えませんが、たばこの吸い殻はコンビニのごみ箱に捨てましたし、ティッシュは窓から捨ててました。今思えば恥ずかしくてなりません。 なぜ変わったのか。それは3人の有名人のお話を聞いたからです。 一人目はビートたけしさん。過去にはいろいろありましたが、今ではお笑い界の重鎮ですね。たけしさんは「俺は漫才やらせればバカうけするし、映画を作ればアカデミー賞でトップになれる」とやや傲慢な話をされました。なぜ成功するのか、その秘訣は?と聞かれると、 「若いころから今でも続けていることと言えば、スタジオに入ったら必ず便所掃除をするぐらいだな」 なんと大御所が便所掃除をしているのです。これはショックでしたね。 2人目は巨人の岡本選手です。私はあまり知らないですけど、20代前半から4番としてプレーされているプロ野球選手です。あのつわものぞろいで4番を任されるのは、正直先輩の選手としてはおもしろくないこともあるのではないでしょうか。ところが、そんな悪い噂は全く聞きません。 岡本選手は試合が終わると最後までベンチに残り、ごみ拾いをするそうです。そういうひたむきな姿勢が、先輩方から信頼される要因ではないかと思います。巨人の4番だからと天狗
0
カバー画像

頑張っても他の人と差が生まれるのは「取り組みのレベル」の違いかも

「他のメンバーと同じくらい頑張ってるんですけど、結果も評価も違うんですよね。不公平に感じますよ、ホント」なぜなんでしょうか?ひょっとすると「取り組みのレベル」に違いがあるのかもしれません。行いに対しての結果って、とっても正直。同じに見えて、その質と量が違うだけかもしれません。「常に一歩前へ」この負荷が取り組みのレベルを上げる「取り組みのレベル」は筋トレのようなものなんですよね。常に高い成果を生むべくハイパフォーマンスを発揮しているとそのレベルが上がってくる。自分は頑張っているつもりでも、結果に繋がる創意工夫など常にもう一歩という努力がないと、成果の範囲も限定的なものになる。そりゃ差がつきますよ。強みの発揮も同じく。強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの強み観として、「何もしなくても人よりうまくできる」というのがあります。これは得意なこと、持って生まれた才能ともいえます。ただ、これも使い倒してなんぼ、磨いて成長させていく必要があります。同じタイプの才能を持つ人でも、それを意識的に負荷をかけて成長させる人、その才能に乗っかって漫然としている人とではその差がどんどん開いていきます。
0
カバー画像

いつも時間がない、そう思っている方に読んで欲しい

「日々忙しくて時間がないと思ってるんですね。それではもし一日が1時間増えて25時間あったとしたら、その分何をしますか?」一日のキャパシティが1時間増えます。毎日です。その時間にあなたは何を詰め込みますか?そしてその時間がもしあったとしたら、何が変わるでしょうか?考えてみてください。うまくいってる人はどう考えているのか?「何も変わらない」私が出会ってきたうまくいってる人達ならこう答えるんじゃないかと思います。やるべきこと、やりたいことを明確な基準で優先づけ取捨厳選。時間があろうがなかろうが、限られたリソースの中でやりくりします。やるべきでないことは自制、自責によって捨てる覚悟がある感じですね。時間の見える化ワークで自分の24時間を洗い出す強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスにはさまざまなワークが用意されています。そう、時間管理についてもワークがあるんです。自分がどんな時間の使い方をしているのかまるわかりになります。夢や理想を実現するために、今の時間の使い方で本当に良いのか向き合う機会になります。私もやってみて「うわ」と思わされたワークです。
0
カバー画像

成功者の「道筋とは」

人生の道筋をどう考えますか。それは、ご両親がひいいたレールの上を歩く方もいるでしょう。中には、自分の思った事やりたい事を追求すると既存のレールから外れてしまうことがあります。それは貴方の思った事と行動した事が既存のレールの上に無かったからです。既存のレールは、あくまで世間一般が決めた当たり前の進路にすぎません。皆さんが同じレールの上で進んでいた方がおかしな事です。貴方の思った事が既存のレールの上に無かったのですん。既存のレールは、あくまで世間一般が決めた進路にすぎません。いい大学を目指して、いい企業に就職を目指す。結婚して、自分の家を持ち子供が産まれる。「人生とはこれが最高!」と思うレール。ですから、レールから外れた道を進むと、それを見て笑う人がいます。「負け組」「不幸者」「落ちこぼれ」中には「貴方は可哀想」と言う人も現れます。しかし、既存のレールを進むことが正しい選択とは限りません。それは、あくまでモデルケースです。成功者は既存のレールの上を進みません!成功の道筋は「成功者が求めている思いは、レールの外にある」からです。ですから堂々と意志をだしたのです。レールを外れたのではない。自分の意思で選んだ道なのだ。それは、成功への意思で切り開いたエリートコースだからです。
0