上手くいっている人の考え方

記事
学び
プロゴルファーで有名なタイガーウッズは
勝敗を分ける大事な局面の試合で
対戦相手のパット中に
「入れ!」
「絶対入れろ!」
と強く願うらしいです。

普通は
「外せ!」
「ミスれ!」
と相手のミスを祈るのが
一般的な思考では、はないでしょうか?

しかし、
天才ゴルファー、タイガーウッズは違います。
”失敗を祈る”という行為は、
”相手が失敗してくれないと勝てないような自分”
という前提が働いています。

それよりも
”この俺と競っているんだから
こんなとこで外して貰っては困る”
という心境でいることで自分の高いセルフイメージを
崩さなかったのです。

タイガーは”自分がナンバーワン”という
高いセルフイメージを維持しているので、
相手の失敗を願うようなマネはしません。

潜在意識レベルで
”俺は世界一だ”
”誰にも負けない”
と、自分のセルフイメージを常に高めて
試合に臨むから相手が、パットを外した時
本気で悔しがりました。

人生、上手くいっている人は
自分の事を高く評価し、自尊心を高める
思考の癖を持っています。

本日はそんな上手くいっている人の
考え方を書いていこうと思います。

いやな事を言う人は相手にしない
相手を不快な気分にさせる為に
わざと嫌な事をいう人がいます。
こういう人は非難すべき人ではなく、
本当は同情してあげなければならない人。

攻撃しやすい人を見つけるとその人をけなして
”気分を悪くさせてやろう”と考える
不幸な習性を持っています。

その意図は相手をダシにして優越感を感じることで
自分の自尊心の不足を補おうとしています。

こういう人は出来る限り避けて下さい。
いちいち腹を立てたり、気分を害すより
自分のやるべき事、本当に大事にすべき人に
時間を使いましょう。

相手の自尊心を高める為に
自分の自尊心を犠牲ににてはいけません。

自分をけなさない
自己対話をする時は
常にプラスの言葉を使うようにして下さい。

「自分はなんてバカなんだ」
「本当にダメな人間だ」
なんて自己批判は辞めて下さい。

そのネガティブな言葉は自己暗示として
自分の潜在意識に刻み込まれるので
人生はどんどん悪い方に進んでいきます。

自分にプラスの言葉をかけてあげるだけで
自尊心は高まります。

他人に期待しない
私たちは他人が自分とほとんど同じ行動を
とるものだと思いがちです。

だから他人が意外な行動をとると
腹を立てたり、がっかりしたり、心配になったりします。

あなたの行動が周囲の環境や人生経験の
独特の組み合わせによって形成されるように
他人の行動もその人なりの背景によって
形成されるという事は理解しておきましょう。

他人が自分と違う行動をとるのには
それなりの理由があります。

裏を返せばあなたの行動だって他人
にとっては理解しづらいこともあります。

完璧を求めない
完璧主義者は幸せになりづらいです。

そんな完璧主義者の特徴として

”他の誰よりもきちんと物事を処理できると信じている
が為に余計な仕事を沢山背負い込む”

”物事の決定に悩みぬく”

”絶えずミスを探し求め、いつもミスを発見する”

そんな完璧主義者の目標は、なにもかも
完璧にこなす事ではなく、
むしろそんな完璧を求める必要がない
という事を理解して下さい。

自分と他人を比較しない
自分と他人を比較する習慣は
一方で不満を生み、
他方で間違った優越感を生むだけです。

自分より”優れている人”をみると落ち込み
自分より”劣っている人”を見ると元気が出る。

心の中で相手と自分との
優劣を判断し一喜一憂しています。

ただ、人と比べた場合のほとんどが
「自分はダメだ」という気持ちの方が優勢になります。

人は誰かと比べた瞬間、私たちは簡単に不幸になります。
私たちは皆、個性的な存在です。
他人と比較しても全く意味がありません。

無理に好かれようとしない
なぜか自分が相手を嫌っているという事を
相手に分からせようとする人がいます。

そんな時、私たちは大抵自分のせいだと思い
どうしたら相手の気分を良くする事が
出来るだろうと悩みます。

他人が自分のことを好いていないという
問題を解決するには、
他人に好いてもらう為に自分を変える事ではなく
誰にでも好かれる事は不可能だし
またその必要はないと理解する事。

人に好かれる為に、無理に自分を変える必要はありません。
他人に対する悪い感情は手放す、
悪い感情は他の誰よりも自分に多くの害を与えます。

相手をゆるさないという態度から生まれる
凄まじいマイナスエネルギーは
心と体に悪い影響を及ぼします。

それも過去の不幸な出来事
に固執する事でさらに多くの不快な
経験を引き寄せることになります。

無理に、友好的に振舞う必要はないが
”忘れず許さず”という態度を貫いていると
無力感に苛まれ被害者意識に取り付かれる事になります。

他人に悪い感情を抱くことは
”他人以上に自分を苦しめる”
という事は覚えておきましょう。

現在に意識を向ける
ほとんどの人にとって心とは
”過去と未来の間を絶えず往復する振り子”
のようなものです。

”心が満たされない”
”落ち着かない”
”何をしても楽しくない”
”とりあえず不安”

という方は
”過去と未来”に多くの時間を割いて
”現在”についてはほんの僅かな
時間しか割いていないかもしれません。

”未来の事を想像”するのと
”過去の事を回想”するのに忙殺されて
現在でしか手に入らない本当の幸せを見失っています。

”今ココ”に意識を向けてみて下さい。

人生を変えるのは
未来や過去ではなく
いつだって”今”です。


-まとめ-
自尊心が人生の質を大きく作用
するという事は紛れもない事実です。

その自尊心を高めるのも低くするのも
結局自分次第。

自分は自分の思った通りの
自分になります。


ではまた!
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す