絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ176:モチベーションを高める科学的方法

今日もブログを御覧いただきありがとうございます。ビジネスや企業経営において、いかに従業員のモチベーションを高めるかということは重要な課題で、昔から多くの経営学者がモチベーションを高める方法論・理論を提唱しています。マズローの欲求五段階説、マグレガーのⅩ理論・Y理論、ハーズバーグの動機づけ=衛生理論などさまざまです。今日は、こうした理論ではなく科学的な観点からモチベーションを高める方法です。 1.ドーパミンとノルアドレナリン  仕事であれ勉強であれモチベーションを上げるためのカギとなるのは「ドーパミン」と「ノルアドレナリン」という2つの神経伝達物質です。  ドーパミンは、何かに興味関心を持つことで分泌されやすくなる神経伝達物質で、やる気や幸福感だけでなく、多くの生命活動、特に感情や意欲、思考などん心の機能にも大きくかかわっています。ノルアドレナリンは「何かをやらなければならない」というプレッシャーを伴うような神経伝達物質です。  脳生理学者の有田秀穂氏は、三大神経伝達物質(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン)を「心の三原色」と表現し、次のように説明されています。分かりやすい説明だと思います。  1:ドーパミン:ポジティブの赤・・・快感や意欲をつかさどる  2:ノルアドレナリン:ネガティブの青・・・緊張感や危機感をつかさどる  3:セロトニン:安定の緑・・・安らぎや充足感をつかさどる  ドーパミンだけでなく、ノルアドレナリンも大きくモチベーションに関わります。例えば提出期限が迫ってきた場合に『そろそろやらなければマズい』といった気持が湧いてきて何とか期限に間に合い危機を脱出で
0
カバー画像

復縁を達成させるには脳の前頭葉を鍛えよう

同じ部署で同じ目標数値なのに達成出来る人と出来ない人がいるのはなんででしょうか?いつも希望を叶えている様に見えるあの人は、なんでいつも叶えられるのでしょうか?もちろん『運』や『環境』そして得手不得手など、様々な理由が関係していると思います。自分1人の事じゃない場合は相手の問題も当然あります。だけど、少しでも目標・目的を達成するために出来る事をしたいと思うなら、まず最初に脳の“前頭葉”を鍛えると良いですよ、というのが今日のお話し。何かの目標を決めたり、それを達成しようとしたり、という事が“苦手な”そこのあなたは是非読んで参考にしてみてください。まずは、知るところから✧①恋愛感情の正体と脳の働き└ドーパミンが快のスイッチを押すのが恋愛感情恋愛感情って実際脳ではどの様な仕組みで起きているのでしょうか?皆さんが好きな相手と話していると幸せな気持ちになったり、会いたいと思ったり、ドキドキするのはなんでだと思いますか?それは“ドーパミン”という神経伝達物質が関係しています。ドーパミンは運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わっていています。この中の“快の感情”にフォーカスしましょう。※出来るだけ難しくなく書くけど分からなさ過ぎたらここは飛ばそう! 聞いた事があるかもしれませんが、ドーパミンは“報酬系ホルモン”とも呼ばれ、頑張って結果を出したときの達成感や満足感をもたらすと言われています。恋愛中に好きな相手を見ると、快感&心地よい幸せな気持ちになるのはこの“ドーパミン”が関係しています。共同研究グループは、恋人の写真と、恋人と同性の友人の写真を見せた時の脳内のドーパミン放出の違
0
カバー画像

電話占い師が語る、ライフハック

前回のブログで、最近お疲れな方が増えてきているというお話を書きました。あくまで、私イチ個人が行っている様々なものの抜粋を書いていこうと思います。大半の方が、日常生活について「元気になるコツ」みたいなものをお持ちかしらと思うのですが、電話占い師が、ただ書き連ねていくというものです。【0円!】ホルモンを意識して生活しています。ホルモンというのは、脳から出ているものも有れば、小腸や、他の所など、いろいろな所が出ているものです。まだまだ未知のものはたくさん有るようですが、ホルモンは自ら生産出来るものですから、これを積極的に活かしていくことは意識しています。反対に、ホルモンの出が悪いというのは、情緒や思考に影響を与えてきます。[運動]若い頃は、ダンス以外は、殆どスポーツをしませんでした。しかし、4年程前から、筋トレに嵌り、コロナ禍になる昨年1月迄は、毎日ジムに行って、バーベルを上げる生活をしていました。当時はYouTubeも、殆どバーベル関係を見ていて、頭の中が筋トレで一杯という感じでした。スポーツ全般、ホルモンが出るものです。特にドーパミンを出していくと、ドーパミンは、もっと欲しい! と思う中毒性が有ります。この性質を良いものに使って行けば、生活習慣を良い方向に変えることが出来ます。ドーパミンなどは、スポーツの際、すぐに出る感じではないと思います(一部のホルモン以外)。その為、筋トレは私の場合、少なくとも20分以上はするようにしています。負荷がかかるもの(筋トレ、ジョギングなど)は、ホルモンが出るまでは苦しくても、ホルモンが出始めれば気分か高揚してきますので、敢えてそれまで行うようにし
0
カバー画像

ドーパミンの【裏】の顔を知ろう!

こんにちは、ショウです。今回は「ドーパミンの裏の顔を知ろう」ということでお伝えしていきます。何度かドーパミンについてお伝えしていますが、概ね「ポジティブ」な内容に限ってご案内してきました。 ただ、ドーパミンって出せばいいわけではないのです。不足しても良くないし、過剰に出過ぎても良くない。 今回は「過剰に出てしまった場合」の代表例でもある【依存】についてお伝えします。  僕はドーパミンの依存の話をするときに漫画の「カイジ」を例に出します。まさに典型的な依存パターンなのです。  カイジは借金をしてしまい返済できなくなって、地下強制労働施設で働くのですが、ここでの通貨は「ペリカ」というもの。ちなみに、価値は日本円の10分の1です。 カイジの1ヶ月の給料は91,000ペリカです。要するに、9,100円。 しかし、頑張って働いたお金をカイジはその初日に班長の策略に引っ掛かって、散財してしまいます。  『カイジくぅーん、我慢は良くないよ』って。  いくら使ったのかというと41,000ペリカです。初日に給料の約半分を使うわけです。こんなことをしているのは、カイジの他には売れていない時代のかまいたちの山内さんと濱家さんがスロットばかりやってた時くらいでしょう(笑) 買った内訳は ・ビール(350ml)=5000ペリカ×4 ・焼き鳥=7000ペリカ×1 ・ポテチ=3000ペリカ×1 ・チーズちくわ=5000ペリカ×1 ・肉じゃが=6000ペリカ×1 と言われています。  班長がビール1本差し入れているのですが、超ぼったくりです。はい。 でも、カイジは我慢できず散財し豪遊してしまいます。 我慢しな
0
カバー画像

「ドーパミン」はどういう働きがあるの?

こんにちは!ショウです。今回は、ドーパミンの働きについて簡単ではありますがお伝えいたします。まずはこちらの画像をご覧ください。「ドーパミン」とは快感、やる気、学習能⼒、運動機能や記憶⼒といった働きを司る「報酬系」と⾔われる神経伝達物質です。 ストレスホルモンと呼ばれる「ノルアドレナリン」や「アドレナリン」の前駆体でもあります。 「セロトニン」「ノルアドレナリン」と並んで、体内で特に重要な役割を果たしているので、この3つは「三⼤神経伝達物質」といわれています。  ダイエットをする際には「目標」を決めると思うのですが、目標を決めたら、その目標達成のために何かしらの【行動】をしますよね。  その時にドーパミンが分泌することによって快感やワクワク感を与えます。⼀度経験した快感やワクワク感は記憶し、再びその快感を得るための意欲(モチベーション)を⽣じさせます。   効率よく快感を得るために学習し、その⾏動の精度を向上させようとするのです。行動した結果、目標を達成すると「嬉しい」「楽しい」「気持ちいい」というような感情と共に、再びドーパミンが分泌されることになります。  僕は初見の方には、ドリカムの『うれしい、たのしい、大好き』の曲にちなんで、ドーパミンは『ドリカム理論』なんだというちょっと変わった説明をすることもあります笑 この時には前述したように快感やワクワク感を得たから分泌されたもので、このルーティンを繰り返すと自然と【自己成長】が促されます。  これが「ドーパミンの強化学習」と呼ばれていて、少しずつ目標達成の難易度を上げていく事がポイントです。  要するに「ステップアップ方式」の目
0
カバー画像

科学技術「人生起動電源」

【2つの受容体】やる気を出すドーパミンを受ける所には「D1」受容体「D2」受容体この2つがあります。この2つのやる気スイッチは一体どんな役目をしてるのか猿を使って解明されました。この研究をするにあたり猿に「D1」「D2」受容体を個別に遮断できる薬を投与しました。実験方法は道具を持てば報酬を与え指定時間じっとしてたら報酬を与えるこの2つの動作をさせました。結果「D2」受容体だけを遮断したら面倒くさがりになり道具を持てば報酬が貰えるのに出来なくなりました。しかも指定時間待てば報酬が貰える動作も出来なくなってしまいましたしかし「D1」受容体を遮断した時驚く事が起こりました。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【強制精神変化】「D1」受容体を遮断した猿はじっとしてられなくなり指定時間待てなくなりました。でも道具を持てば報酬が貰える動作は普通に出来ました。この事からD2受容体を遮断したら道具を持つ事と指定時間待つ事が2つともできません。D1だけ遮断すると道具を持つ事なら出来ますが指定時間待つ事が出来なくなりました。猿にとって報酬とは人間にとってお金と同じなのにそれを貰える事を拒否してまで実験した2つの動作が出来なくなりました。この事からドーパミンの「D1」「D2」受容体を遮断すると精神状態を強烈に変えてしまう事がよく解りました。人の興味に関する気持ちもこのドーパミンが深く関わってる事が今回の研究で判明しました。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【2つのスイッチ】やる気スイッチはこの2種類という事が今回の研究で判明しました。この実験を行った研究者は量子科学技術研究開発機構の研
0
カバー画像

パーソナリティーって神経系と関連しているんじゃない?というお話

人のパーソナリティーってどこからくるのー?というお話。 性格の傾向性をつかむ時に、独立した5つの要素から考えるビッグ・ファイブ理論なんてのもありますが、「人間の特性って脳の神経系が関係してるんじゃない?」ってお話がおもしろかったのでメモ。 ▼こんなことを知りたい人向け・パーソナリティーがどんな脳の神経システムと関連があるのか?・人の特性を構成する2つの要素とは?・子供が落ち着かなかったり、友達と仲良くできるのってどこからくる特性なの?     ①パーソナリティーを構成する2つの要素アメリカのニュージャージィー州のラトガース大学の生物人類学者のヘレン・フィッシャー博士がいうには、 「パーソナリティーは2つのタイプの特性で構成されます。 ・1つ目は、経験によって獲得される特性(性格特性)・2つ目は、生物学的に裏付けられた特性(気質特性) 気質の特徴は、遺伝性があり、人生の過程で比較的安定しており、特定の遺伝子、ホルモン、神経伝達システムと関連しています。」 要するに、もともとの人間の特性は遺伝と関係していて、遺伝子は脳の神経系のシステムと関連がありますよーってことですね。なるほどなー。  ②気質をわける4つの神経系システムで、どんな神経系のシステムと関連していたかというと、主に4つのシステムと関連があるそうな。 ①ドーパミン系このシステムの特徴は新しさ、経験、冒険を求めること、衝動性、退屈しやすいことなどと関連があります。自分の外側に目を向けるあたり、開放的なイメージですね。  ②セロトニン系このシステムの特徴は、社交性、慎重さ、不安の住むなさなどと関連があります。ルールを守ったり
0
7 件中 1 - 7
有料ブログの投稿方法はこちら