絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

16 件中 1 - 16 件表示
カバー画像

エックスサーバー

ご覧いただきありがとうございます❕今日はエックスサーバーについてお話ししたいと思います。目次①管理画面が使いやすい②SSLが無料③サポートが早い④キャンペーンがある①管理画面が使いやすいまず、管理画面が初心者でも使いやすくなっています。マニュアルもわかりやすく、サーバーがはじめての方でも、つまずくことなくできると思います。②SSLが無料SSLは情報を暗号化することで、名前・住所などの個人情報を、悪意ある人の盗聴や情報改ざんを防ぎます。これが無料でできます。SSL化は必須なので、無料はうれしい特典です。③サポートが早いカスタマーサポートが早く、的確です。今まで何回も利用しましたが、すぐに対応してくれて助かりました。④キャンペーンがあるドメインが永久に無料というキャンペーンを頻繁にやっています。ドメインは年間で1,000円前後かかるので、これがキャンペーンで永久に無料ってスゴイです!是非キャンペーンをチェックしてみてくださいね。気になる方はエックスサーバーを見てみてください。ご覧いただきありがとうございました❕ご相談などございましたらご連絡ください。
0
カバー画像

初心者におすすめのサーバーは『エックスサーバー』

こんにちは!ココナラでHP制作を行なっているシンジです。本記事をご覧いただきありがとうございます。さて、本題です。HP作成の中でお客様が不安に思われている事のひとつが『サーバー』と『ドメイン』に関するお悩みです。90%以上の方が不安に思われている印象です(実体験から)。そんな『サーバー』と『ドメイン』でお悩みのあなたにおすすめしたいサーバーは『エックスサーバー』です。●エックスサーバーの特徴・国内シェアNo1レンタルサーバーである・私(シンジ)も利用している・高性能で安定しているサーバー・他のお客様にご利用いただき満足していただいています・エックスサーバーを利用すれば基本的に問題なしと言われる・契約料金と月々の料金に関しては他の会社と比べても平均的有名なサーバーであり、エックスサーバーなら間違いがないといわれるサーバーです。ワードプレスやその他の管理も比較的簡単に行うことができます。加えてエックスサーバーの強みは以下のとおりです。『新規ご契約にてドメイン(.com)などが永年無料でサービスされる』『ご契約と同時のワードプレスをインストールしてくれる』これはすごすぎです・・・w本来であればHP作成には以下の手順が必要です。①サーバーとドメインを別会社で契約(同じ会社でも可能)②サーバーとドメインを紐付け③ワードプレスをインストール慣れていない方からすると、頭が痛い作業が必要でした。しかし、エックスサーバーはそれをすべて解決してくれます。私はお客さまに『エックスサーバー』をお勧めしております。また、ご契約はご本人で行なっていただく必要がありますが『独自マニュアル』を作成しており、ご
0
カバー画像

Wordpres(ワードプレス)に最適なサーバー選び

充実様です♪今回はワードプレスを 運営するにあたり大切な サーバー選びについて 解説していきたいなと思います。時々、お客様などなどに いらっしゃるのですが WPを使うには サーバーが必要だと聞いたので 何でもいいから安いサーバーや 無料のサーバーを 自分で適当に探して 用意されてしまう方がおります。 しかし、そのサーバーでは WPが使えないため 改めて契約し直して 頂く場合があります。 なので、あなたも そのような失敗をしないように ワードプレスが使える サーバーのポイントを しっかり押さえておいて ほしいなと思います。 まず、サーバーですが 基本的に有料サーバーを 使うようにしてください。 無料サーバーは、 規制も多いですし 不安定なことも多いです。 そしてセキュリティー面でも 不安要素が多く サーバーによっては 外部からの攻撃を受けて サーバーがダウンすることが多いです。 そしていつサービス提供が 終了になるか分かりません。 ある日突然、 アカウントが停止されることも多いため せっかく作ったサイトが 一瞬で無くなるリスクが大きいです。 そして、無料サーバーの場合は 広告が入っている場合もありますし そもそもワードプレスが使える 無料サーバーはかなり少ないです。 あっても制限が多く やりたいことが出来ない場合が ほとんどです。 なので、最終的に しっかりサイト運営していきたいのであれば 最初から有料サーバーを選びましょう。 続いて、具体的に WPが使えるサーバーの 条件について お伝えします。 サーバーを選ぶ際の 必須条件 それは ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ・M
0
カバー画像

エックスサーバーの設定

エックスサーバーでポートフォリオ集を作りたい場合など、ドメインを新規に取得すると費用がかかりますので、ドメインを使い回ししたい時がありまます。そんなときは、サブディレクトリとサブドメインを作ると一つのドメインを使い回すことがでいます。1.サブディレクトリの作り方構造ドメイン名/サブディレクトリWordPessをサブディレクトリにインストールする時は、インストール自にサブディレクトリを設定してインストールできるので簡単です。問題は、HTML/CSS用にサブディレクトリを作る場合です。この場合はエックスサーバーのファイルマネジャーから新規フォルダを作成します。FTPソフトでも作成できますが、エックスサーバーはファイルマネージャーからの制作を推奨しています。この時に重要なのが、常時SSL化のために「.htaccess」ファイルに次のコードを追加することです。# BEGIN リダイレクト<IfModule mod_rewrite.c>RewriteEngine OnRewriteCond %{HTTPS} offRewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule># END リダイレクトこれを記述しないと、安全なサイトになりません。HTML/CSSでをアップするフォルダも同様です。2.サブドメインの作り方エックスサーバーのサーバーパネルでドメインを選択して簡単で作成できます。同様に常時SSL化をする場合は、サブドメインの「.htaccess」ファイルにコードを追加する必要が
0
カバー画像

【WordPress制作サービス購入者向け】最低限の準備!サーバー・ドメイン・解析ツールの契約から導入とテーマ購入

こちらのサービス購入にあたり、新規でWebサイトやHP制作の納品を希望される方は、ご自身で設定していただく必要がございます。なぜなら、エックスサーバーとエックスドメインとテーマ購入は、僕に金額を支払うわけではなく、各提供元に支払っていただくからです。特に、エックスサーバーとエックスドメインは記事や画像のデータの管理であったり、個人情報を含むIPアドレスなど、情報漏洩に大きくつながります。WordPressのテーマ購入も、こちら側で全て用意する場合はライセンス取得をしなければならず、法に触れる可能性が大いに考えられるためです。お手間をかけさせてしまいますが、料金は別途でかかることは変わりません。お客様に安心・安全にWordPressでのWebサイト制作と運用をしていただくためですので、ご了承ください。※Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールは完全無料でご利用できますので、もしGoogleアカウントのメールアドレスやパスワードをご教示いただけるのでしたらこちらで設定・導入します。その場合は後にパスワードの変更を推奨します。※それぞれココナラブログです。転載も可能ですのでご自由にお使いください。1.エックスサーバー契約〜入金まで2.エックスドメイン契約〜入金まで3.WordPressテーマ購入〜入金まで4.Googleアナリティクス登録5.Googleサーチコンソール登録6.Googleアナリティクス・Googleサーチコンソール紐付け
0
カバー画像

【WordPress】エックスドメインの 契約〜入金まで

💡このような方必読です!✔︎僕に自社メディアを制作・運用のアドバイスをもらいたい方✔︎これからWordPressで自社メディアを運用していきたい小規模事業主様✔︎ブロガー・アフィリエイター初学者✔︎Web制作を学びたいWebデザイナーWebメディアを制作して納品するにあたり、僕は運用保守の費用をいただいておりません。サーバーの契約やテーマ購入はもちろん、運用の際に何か不具合が起きた場合にも全て担当者様ご自身で知見を培っていただき、無駄な制作費用と労力を削減していただくのが僕の役割だからです。それに今はWebサイト制作”だけ”に数十万〜数百万もかける必要はないためですね。残念なことに、「効果を最大化する!」と言って施策を紹介しただけの制作会社やマーケティング会社があるのは事実で、本当に効果がでると思い込みすぎて時間もお金も労力も損