絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

16 件中 1 - 16 件表示
カバー画像

青色申告のメリット⑤〜貸倒引当金って何?〜

おはようございます。本日はちょっと難しいお話かもしれませんが、なるべくざっくりお話しますのでついてきてくださいね!!本日は「貸倒引当金」についてです。まず「貸倒引当金」って何?ってことなんですが、簡単にいうと、「12月末までに売上があがっていて、入金がまだの金額の一部を、万が一支払い先が倒産して入金されなかった時のために、予め見積もって経費にしておく」ということです。…ちょっと長くなってしまったので一つずつ説明しますね!まず個人事業主は1〜12月を一年として確定申告しますよね。例えば、12月に売上が発生すると、現金支払い以外のものについては入金は翌月以降になることが多いです。そうすると、入金は来年分になる訳です。このように、12月の末時点で「未収入」な状態になっているものを「債権」といいます。「債権」には売掛金や未収入金、受取手形等があります。これらに12月末時点で残額があった場合、その金額の一部を「経費」に計上できるってことなんですね。これはどういうときに使えるかというと、いわゆる「売上がめちゃめちゃあがった時」とかに便利な節税対策です。要は「経費の前借り」みたいなものです。「今年はイベントがあって大きな取引があったなぁ。めちゃめちゃ売上あがったけど、来年はまた元の状態に戻りそうだなぁ。税金払えるかしら…。」そういう「イレギュラー」な売上が発生した場合にはおすすめ、といえます。何故このようなイレギュラーな場合におすすめというのかというと、理由は2つ。①もし倒産しなかったら来年収入に計上しなければならないから。そうなんです、これはあくまで「倒産してお金が入ってこなかった時のため
0
カバー画像

青色申告のメリット④〜30万円以内の一括経費計上〜

おはようございます!青色申告についてはそろそろ終わりが近づいてきました!本日は資産の経費としての取り扱いについてです。まず、減価償却とは何か?簡単にいうと、「高いものは一度に経費にしないで、耐用年数に応じて分けて経費にしてくださいね!」というものです。←ザックリ!!例えば300万円の車を購入したとします。もし現金で一括300万円支払ったとすると、実質上300万円経費としてかかったことになりますよね。ただ、確定申告ではその年に全てを経費にできず、新車を購入した場合の耐用年数6年=1年で50万円しか経費にならない、というものなんです!そしてその先5年で50万円ずつ「減価償却費」として経費に計上していき、6年で経費を全て計上します。通常これが10万円以上のもの全てに適用されます。えっ10万円ってちょっとした資産なら結構はいっちゃうじゃん😭ってなりますよね?そ、こ、で!青色申告の方には特典として、「30万円までの資産なら、その年に経費でまるまる計上していいよー!」という制度が用意されています。そしてそれは一つの資産が30万円未満のものであれば、合計300万円まで使うことが可能です!例えばパソコン。1台15万円のものを従業員分一度に5台用意した場合は75万円分の経費計上が可能ということになります。ただ、私としてはこれは果たして「特典」と明記していいのか、という感じで…😅実はこの制度「一時的な特例」扱いなんです。平成18年度からこの特例が始まりましたが、私が知る限りの直近は2年延長、を繰り返して今に至る、というところで。現段階では令和4年3月末までになっています。え、じゃあもう終わっちゃう
0
カバー画像

青色申告のメリット③〜専従者給与〜

おはようございます😃今日は専従者給与について、お話しします。ただ、こちらはおそらく継続して夫婦または親子で事業を行う、という方がメインに使える制度なので、おそらく該当者は皆さん青色申告を活用してるだろうと思います。なので、今回は補足的な視点でお話ししますね。まず専従者とは?ということですが、これは「生計を一にしている配偶者またはその親族」です。その方に事業から給与としてお金をお支払いした場合に、ある一定の条件の元で経費にできる、というものです。私は最初これを知った時に???となりました。だって、給与ですよ?人件費は事業の中でかなりの割合を占める経費。それが「白色申告では全額経費にできないってどーゆーこと??」て思いました。そもそももう事業を運営している方には当然ご存知のお話しかもしれませんが、事業主本人の給与、これは確定申告で基本的には「経費にならない」んです!毎月一定の給与というのは事業者はないので、利益部分=事業主の給与となるわけです。そうなると、当然経費を計上するために専従者の方の給与を上げたくなりますよね。同じ生計を一にしているわけですから、専従者の給与が増えれば家計は安定する訳です。そう言った考えで給与がどんどんあげることにならないためにも、この専従者給与は事前に給与の金額を申請してなければダメ、ある一定期間勤務を継続している人が対象、高すぎる給与にしてはいけない、等の規制が敷かれているんです。なので、よくあるケースとしては、お子様が15才以上になった場合、この専従者給与の対象になるのですが、一時的に人手が足りない時、「お小遣いあげるから手伝って」と手伝ってもらった場
0
カバー画像

青色申告のメリット②〜赤字の3年繰越し〜

本日は、以前も簡単にお話しした起業したばかりの人におすすめ!赤字の繰越についてです!個人の方は3年まで繰越が可能なこの制度。内容を簡単に説明すると、例えば当年30万円の赤字になったとして、翌年が10万の黒字になると、その赤字の10万円を経費のように計上してゼロにすることができる、というものです!そして仮に翌年に使えなかった分があったとしても、それが翌年、または翌々年まで残りの20万の赤字を同様に使えるということなんです!これは起業当初本当によくあることです。起業して最初の頃は初期投資が必要です。たとえば設備。商品を持つ方は仕入れも全商品一度に揃えなければなりません。仮にそれが30万円の赤字になったとすると、白色申告だとその30万円はそのまま「経費に見られない」ということになります。これってすごく勿体ないと思いませんか??反対に事業が軌道に乗ると、急激に売上があがる方もいます。そんな方の決算を組んでいると、赤字の繰越があって本当によかったなぁ、とよく思うわけです。これは個人事業主あるあるなんですが、基本個人の方は固定した給料がないので、売り上げがたくさんあがるとその分の利益を収入として使ってしまったり、自分のお財布で管理します。そして税金をいざ払う時にはまとまったお金がない!ということがよくあります。少し話はずれますが、特に年商1000万を超えると、2年後に消費税がかかることになります。たくさん売れた2年後なんて、すっかり忘れてしまいがち、なんですよね。勿論起業したばかりの方だけではありません。経済の動きはいつどうなるかわからない。こんなコロナのような予測のできないもので大きな赤
0
カバー画像

青色申告のメリット①〜青色申告特別控除〜

おはようございます。先日はたくさんのお気に入り、ありがとうございました!ちょっと難しい言葉がたくさん出てしまったのでわかりやすかったか心配だったので、とてもホッとしました😊ではお待ちかね!?の青色申告についてお話していきます。今日は先日お話した「控除」のお話です。青色申告には、青色申告をしますよ、という申請をするだけで、青色申告独自の「控除」が受けられます!その金額は3パターンあります。①〜10万円②55万円③65万円※〜の部分は説明が長くなってしまうので省きます。え、青色申告受ければ皆65万円引かれるんじゃないの!?なんて方もいらっしゃるかもしれません。そうなんです、①は以前からありましたが、②は近年条件が追加になりできあがった控除額だったりします。でもいいこともありますよ!①10万円控除の条件これは簡単にいうと、55万円、65万円の条件を満たさない場合にのみ受けられる、というのが簡単な説明になりますが、その中で一つ挙げたいのが、「複式簿記ではなくても受けられる」ということなんです!つまり白色申告と同じような会計処理でも10万円控除は受けられます。以前は、白色申告のメリットとして帳簿の作成や保管義務が必要ない、というものがありましたが、現在はそれもなくなってしまったので、申請の手間さえ除けば青色申告の方が断然お得、なんですよ!②55万円控除の条件以下の三つがあげられます。(1) 不動産所得又は事業所得をしていること。→これは、起業されている方は事業所得になるので問題ありません。副業で、単発の仕事のみ、継続したものはない、と言う場合だと雑所得になる可能性もあるのですが、副業でも
0
カバー画像

起業したばかりの人こそ青色申告をオススメする理由は?

こんにちは!プロフィール画像をココナラの@alexHIROKOさんに依頼したらとっても素敵なイラストになりました!気分一新で頑張りたいと思います!^^今日は私が起業したばかり時こそ青色申告をオススメする理由をご紹介します!起業すると、さまざまな経費がかかりますよね。パソコン等の少しお高めの新しい機材を買ったり、研修や講座を受けたり…。でも売上はすぐには上がらない。上がらないから申告なんてしなくていいんじゃないの?と思うでしょうか?いいえ、それは税務署的な視点です。私たち申告者から見ると、申告のメリットは「損失を繰り越せる」ということもあるんです!例えば、起業して最初の年は赤字が10万円出たとします。でも次の年には事業も軌道に乗ってきて、プラス30万円の利益が出たとすると、(所得)それに合わせた税金を支払わなければなりません。ところが青色申告をすると、最大3年前の赤字分を繰り越すことが可能です。何が言いたいって?つまり30ー10=20万円に対する税金の支払いでよい、ということなんです!これは大きな節税といえます!このように、せっかくの赤字となった経費を翌年以降に持ち越せるのは青色申告をした方のみなんです!もし起業を検討されている方、今年は赤字になりそうなんだけど青色申告にされてない方はすぐに青色申告にすることをお勧めします!!次回からは少しの間確定申告についてお話ししていこうと思います😄
0