絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

18 件中 1 - 18 件表示
カバー画像

日本円で買ってもドルコスト平均法と言う問題

 つみたてNISAについての解説をしているときに、積立投資の利点は「ドルコスト平均法」にあります、てなことを言ったりします。  でも日本国内にいて日本円で取引をしているのに、なんでドルコスト平均法なんだろ? と思いますよね。  ただの「コスト平均法」でいいのに、と私はいつも思います。  多分、何か理由があるんでしょうね。そもそもドルコスト平均法とは  ドルコスト平均法というのは、毎月同じ額で株式なり投資信託なりを買い付けていくという投資手法です。  値段が上がろうが下がろうが関係なく、毎月同じ額で買います。  毎月1万円ずつある銘柄の株式を買い付けることにして、 先月は1株1,000円だったから10株買った、 今月は1株500円に下がったので20株買った ――というようなやり方です。 値下がり時にはたくさん買えるという安心感  前述の例でわかる通り、株価が値下がりしても「同じ投資額でたくさん買えるぞ」と思えるので、精神的に楽ですね。  株価が下がっていてもその時期にはたくさん買えるので、少し株価が回復したときには利益を手に入れられるというわけです。  相場の動きに一喜一憂せず、着実に投資できるのがドルコスト平均法の良いところと言えます。 ドルコスト平均法の弱点  そんなドルコスト平均法ですが、弱点もあります。  その1つが、下げ続ける相場環境では絶対に勝てない、という点です。  下げ局面では同じ1万円でたくさん買えると言っても、月ごとにさらに下げてしまうとトータルでプラスに転じる日が来ません。  もう1つ、株価が高くなっても着実に買い続けるやり方なので、大儲けはできにくいという
0
カバー画像

【投資信託】「ETF」「インデックスファンド」について解説します

資産運用のお勧め投資先として「ETF」や「インデックスファンド」という名前を聞く機会は多いと思います。 ですがよく名前を聞くけれど、どんな物かは分からないという方は多いかと思います。 そこで今回の記事では「ETF」や「インデックスファンド」がどういうった物を解説していきます。「ETF」「インデックスファンド」とはまず、「ETF」「インデックスファンド」はどちらも投資信託です。両者の違いは上場と非上場に分かれており、ETFは「上場投資信託」で、インデックスファンドは「非上場投資信託」です。「上場投資信託」「非上場投資信託」の違い「上場投資信託」と「非上場投資信託」の違いは主に以下のものです。上場投資信託(ETE、J-REITなど)  価格:リアルタイムで変動する市場価格 購入先:証券会社 購入方法:株式と同じで市場で指値or成行注文で購入 手数料:低非上場投資信託(インデックスファンドやアクティブファンド)  価格:1日1回算出される基準価額 購入先:証券会社、銀行など様々な金融機関 購入方法:販売会社を通じ基準価額をもとに購入価額を算出して購入 手数料:低~高ちなみにインデックスファンドは非上場投資信託ですが、ETFと同じくらい手数料が安いです。 また「つみたてNISA」や「iDeCo」で選べる商品の中にETFはほとんど入ってなく、非上場投資信託の中から選ぶことになります。「ETF」「インクスファンド」の運用方法「ETF」と「インデックスファンド」はどちらも市場の動きを表す指数(インデックス)と同じ値動きをするように運用されています。 市場指数については下記のようなものがあり
0
カバー画像

2024年から始まる新NISA制度は2階建て構造

つみたてNISAは5年延長されます 2024年からNISA(少額投資非課税制度)が改正されます。今回は、つみたてNISA、ジュニアNISA、一般NISAがどのように改正されるのかを解説します。  つみたてNISAは一定の条件に合致した投資信託(ETF:上場投資信託含む)を一定額ずつ積み立てていくと、最長20年にわたって解約したときの利益が非課税になる制度です。1年間に投資できるお金の上限は40万円です。 現在、新規に投資できる期間は2037年までですが、改正により、2042年まで5年延長されます。 例えば、今年(2021年)からつみたてNISAを利用すると、積み立ての上限額は「40万円×22年=880万円」となります。ただし、5年間延長されたと言っても、非課税期間は最長20年(ロールオーバー不可)のままなので、非課税枠で運用できるのは最大でも「40万円×20年=800万円」までです。ジュニアNISAは2023年で終了となります ジュニアNISAは2023年の投資枠をもって終了となります。2016年に導入された「未成年者少額投資非課税制度」で名前のとおり、未成年者向けの税制優遇措置ですが、18歳まで払出できない等で使い勝手が悪い為、使う人が極めて少なかった事が理由の様です。 それに伴い、2024年1月1日以降はジュニアNISA(または課税未成年口座)で保有する上場株式などについては払い出しが可能になります。ジュニアNISAの口座を廃止して全額を払い出せば、課税されません(一部だけ払い出すこともできますが、その場合は現行と同じ扱いで、利益に対して課税されます)。2023年末までに投
0
カバー画像

NISA非課税期間終了後の選択肢は3つ

NISA制度の概要NISAで5年間の非課税期間が終了した後は、売却・課税口座への移管・ロールオーバーの3つの選択肢があります。また、2024年から始まる「新NISA」も考慮した運用をすることが必要です。5年後に選ぶべき運用方法について解説します。  通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり税金がかからなくなる制度なんです。 1.一般NISA   いわゆる私たちが「NISA」と呼んでいる非課税制度の事で、年間120万円までの投資枠を最長5年間(最大600万円)を非課税で運用できる制度です。 2.つみたてNISA   2018年1月からスタートした長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、年間40万円までの投資枠を最長20年間(最大800万円)を非課税で運用できる制度です。 3.ジュニアNISA   2016年に導入された「未成年者少額投資非課税制度」で名前のとおり、未成年者向けの税制優遇措置ですが、2023年に廃止が決まりました。  今回は「NISA」と呼んでいる一般NISAで、非課税期間が終了する5年後の選択肢について解説したいと思います。 5年後の選択肢は3つ非課税期間が終了する5年後には、以下に挙げる3つの選択肢があります。 どのような場合にどれを選択すれば良いのでしょうか。 1.非課税期間終了前に売却する  値上がりによる利益を確定させたい場合、非
0
カバー画像

【株式投資・投資信託】NISAを含めた5つの証券口座について解説

株式投資や投資信託で投資を始めるのにはまず、金融機関で証券口座を開設する必要があります。証券口座には「NISA」や「つみたてNISA」を含めた5つの口座があり、それぞれメリット・デメリットがあり、知っておかないと損をする場合があります。ですので今回の記事では5つの証券口座の紹介や、金融機関の選び方などについて解説していきます。NISA口座NISA口座では開設から5年間、年120万円までの取引が非課税となります。 確定申告も不要なのでこれから投資を始める方にお勧めです。 メリット ・普通株式やETFなど上場されている投資商品のほとんどが買い付け可能(個人向け国債や社債など一部商品は対象外) デメリット ・非課税期間が5年と積み立てNISAに比べて短い ・投資信託は買えない・損失を出した場合、特定口座や一般口座との損益通算ができない。 簡単に解説すると下記のような計算になります。NISAと特定口座を併用する場合などは、NISAの方はなるべく損失を出すリスクの低い方の投資商品を選択するようにしましょう。つみたてNISAつみたてNISA口座では開設から20年間、年40万円までの取引が非課税となります。 非課税期間が長いので長期的に安定して運用を目指したい方にお勧めです。 メリット ・非課税期間が20年とNISAに比べて長い ・毎月自動積立の機能があるデメリット ・投資可能商品が一部の投資信託に限られている。 ・年間の投資可能金額が40万円とNISAに比べて少ない。 ・NISAと同じで損失を出した場合、特定口座や一般口座との損益通算ができない。特定口座(源泉徴収あり)特定口座(源泉徴収あ
0
カバー画像

【資産運用】年金保険は後回し!iDeCo・つみたてNISAとの比較

老後資金について不安が広がる中、「iDeCo(イデコ)」や「つみたてNISA」などに並んで検討されることが多い「年金保険」ですが、現在は加入しない方がいいと断言できます。 この記事では個人年金保険は後回しにした方がいい理由について解説していきますので、今検討されている方は是非ご覧ください。個人年金保険とは個人年金保険は「保険」という文字が入っていますが、「国民年金基金」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などのように自分で将来に向けて積み立てをする「私的年金」の一種です。個人年金保険のデメリットまず個人年期保険のデメリットについて解説していきます。 途中解約による元本損失のリスクがある 個人年金保険を途中解約すると積み立てた金額の元本を損失します。解約時に積み立てたお金がどのくらい返ってくるを表す「返戻率」という言葉があります。この「返戻率」は1年目が40%~60%となっていて、2年目以降から徐々に上昇していき100%以上になるには、加入する条件によりますが30年前後はかかってきます。 これは例えば返戻率が50%の場合、100万円積み立てている段階で解約すると50万円しか返ってこないという事です。 30年もの期間があれば「リストラ、転職、病気」など様々なリスクやライフプランの変化がありますから、その時の状況に合わせて気軽に解約や減額ができない個人年金保険は非常にリスクになります。 金利が低いためリターンが少ない 何十年もの間、途中解約による元本損失のリスクを負わされながらも、受け取れるリターンは定期保険に毛が生えた程度の物ものしかありません。バブル経済時には予定利率が年5%を
0
カバー画像

はじめての資産運用~中級編~

こんばんは。Atsuwo_ssmです。前回投稿しました、初級編の1歩先を考える中級編です。ステップを踏むために、中級編としていますが、固く考える必要はないので、気軽に見てくださいね。では、いきましょう!初級編おさらい初級編では、何か資産運用したいけど、何かしたらいいかわからない方向けへのファーストステップとしての記事を投稿しました。ここでは、何か焦って運用・投資に飛びつかなくていいですよ。誰でも資産運用を実はしています。ということも同時にお伝えしました。少しリスクを背負ってでも、興味がある!という方へ向けて中級編を提案します。中級編での内容実際に何から始めていいかわからないけど、リスクは大きくなくていいという方へ、投資信託をおすすめします。投資信託をざっくりと説明しますと、詰め合わせのお弁当みたいなイメージです。(からあげ、パスタ、お野菜、ごはんなどいろんな種類があるイメージです笑)これを投資の世界へ置き換えると、株式・債権・REIT(不動産)といった違う種類の商品を丸ごと買うというニュアンスになります。投資信託を買うだけで、いろんな商品へ投資することが可能です。最初の1歩として、おすすめできます。実践してみましょうでは、実践編です。手順としては、①証券口座で投資信託を選ぶ②ほしい投資信託を購入する。③完了!となります。これだけでは、かなり分かりづらいのでもう少し詳しく書きます。まず、証券口座でNISA(つみたてNISA)口座を開設してください。詳細は割愛しますが、運用益にかかる所得税約20%が非課税になり、かなりお得です。購入したい投資信託選びですが、金融庁がOKした商品しか
0
カバー画像

いまさら聞けない「NISA・つみたてNISA」について解説

NISA・つみたてNISAとはまず初めに「NISA・つみたてNISA」とは証券口座の種類のうちの1つです。 株式や投資信託で投資を始める際は、金融機関で証券口座を開設する必要があり、「NISA」や「つみたてNISA」は開設する際に選択する口座のうちの1つです。NISA・つみたてNISAを開設したらNISA・つみたてNISAは口座を開設し入金したら後は勝手に運用をしてくれる訳ではありません。自分で株式や投資信託を選び購入する必要があります。NISAの主な投資商品・普通株式・ETF(上場投資信託)・REIT(不動産投資信託)つみたてNISAの投資商品・最大約160種類の投資信託※投資信託の種類数は金融機関によって異なります。NISA・つみたてNISAの特徴NISA・つみたてNISAの特徴はそれぞれ非課税制度が設けられているところです。NISA・・・5年間、年間120万円までの購入額が非課税つみたてNISA・・・20年間、年間40万円までの購入額が非課税通常、株式や投資信託の利益には20.315%の税金がかかりますが、NISA・つみたてNISAはどれだけ利益を出しても税金を取られません。また、通常必要な確定申告も不要です。ですので「これから投資を始めよう」と言った方には最適です。NISA・つみたてNISAの注意点NISA・つみたてNISAの注意点は損益通算が出来ないという事です。これは複数の口座で取引を行う方が注意する点で、NISA・つみたてNISAの口座のみで取引する方は問題ありません。例えばA・Bと2つの口座で取引している人がいます。この人はAの口座で100万円の利益を、Bの口座
0
カバー画像

NISA制度の概要

私達が株式や債券といった金融商品を売買する為の口座(証券口座)は以下の3種類があります。 1、一般口座   自分で年間の取引の損益を計算する口座ですが、毎年確定申告する必要があるので面倒ですので、普通は使いません。 2、特定口座   金融機関が年間の取引の損益を計算してくれる口座です。「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があります。「源泉徴収あり」を選択すると、証券運用にかかる納税は金融機関が行ってくれる為、確定申告の必要がないのでとても楽です。 3、NISA(少額投資非課税制度)口座     得られた利益が、一定条件のもとで非課税となる制度で、以下に詳しく説明をしたいと思います。 NISA(少額投資非課税制度)口座とは 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり税金がかからなくなる制度なんです。 NISA制度には3種類があります。 1.一般NISA   いわゆる私たちが「NISA」と呼んでいる非課税制度の事です。 2.つみたてNISA   2018年1月からスタートした長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。 3.ジュニアNISA   2016年に導入された「未成年者少額投資非課税制度」で名前のとおり、未成年者向けの税制優遇措置ですが、2023年に廃止が決まった為、本編では省略させていただきます。(18歳まで払出できない等で使い勝手が悪い為、使
0
カバー画像

積立NISAのメリットってなに?

積立NISAって良く聞くけど分からない…そもそも儲かるの?そんな方への記事です!1.積立NISAってどんな制度?■簡単にまとめると: 国が個人の投資を促進するために、一定期間税金をとらない制度■背景: 人口が減っているので、将来年金が確保できるか分からない…なら日本国民個人で資産を増やしてもらおう!という流れで出来た制度です(だいたいあってるはず)■制度: ・20歳から始められる! ・投資で儲けた場合、プラスになった分の20%が税金で引かれるが…  →積立NISAで投資すると20年間税金が引かれない! 例:100円が120円になった場合、20円×20%=4円が税金で引かれる   →積立NISAは税金が引かれない! ・年40万円しか積立られない(月33,333円 × 12ヶ月 = 399,996円)2.積立NISAって儲かるの?■儲かるかは分からない: 必ず儲かる!…とは言えない。増える場合もあるし、減る場合もある。ただ、長期間投資するとトータルでプラスになるのが明らかになっている。なので、途中でやめなきゃだいたい増える!■儲かるとしたらどれくらい?: 20年投資すると、平均して4〜5%の年利 毎月30,000円投資すると…1,233万円! (下図は、金融省のシミュレーション結果です)■毎月30,000円も入れないとダメ? 10,000円でも3,000円でもOK! 例1:10,000円の場合 最終411万円(元本240万円 + 利益171万円) 例2:3,000円の場合 最終123万円(元本72万円 + 利益51万円)3.積立メリットまとめ・税金がかからない! とにかくこれが一番
0
カバー画像

下落相場でも慌てないように。そして、利回り上げるためには強い銘柄を選んでガチホ!

お疲れさまです(^^)GWはリフレッシュできましたか?米株の下落、長いこと続きますね。S&P500 ETF(VOOやSPY)とか、米国全株式のVTI、もちろんこういった銘柄は楽ですし、長期的に投資する場合にポートフォリオのコア銘柄の選択として正解です。ただ、このような下落相場では株価全体が押し下げられるので、米株やってて大丈夫か・・・?こう思ってしまうこともあると思います。でも、指数の20%調整というのは数年に一回あることです。(グロース株の下げ方はちょっと見たことがないレベルではありますが)米国経済のファンダメンタルは健在ですから、長期向けに握っている銘柄は狼狽売りしないように気をつけたいところです。DOWという銘柄を昨年から持っているのですが、この銘柄、今年の下落相場でも逆に株価伸ばしてるんですよね。やっぱりこういったファンダメンタルの強い銘柄は下落相場でも耐えるんですよね。米株全体が押し下げられていますが、それでも売られにくい銘柄、伸びる銘柄がある。投資の知識を付けていき、段々とそういった銘柄を買うことにシフトしていけると、こういった下落相場でもよりより安心していられるし、長期的にもより利回りを伸ばしていける可能性が高くなりますね(^^)それでは良い投資を!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・✔ これから投資を始めようとしている方✔ 初心者の方✔ 投資を始めているけどうまくいっていない方そう言った方に向けて以下のサービスを行っています。[期間限定プレゼント!]ご利用いただいた方には、今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。インフ
0
カバー画像

老後資金が不安な方へ。

この記事をご覧頂き、ありがとうございます。2019年にFP事務所を立ち上げ、様々な方のご相談を受けている日々ですが、皆さん共通するお悩みは『老後は本当に大丈夫なの?』これは、生活が『困窮』されている方も、どんなに『裕福』な方でも皆さん平等に感じられています。そして、この記事をご覧のあなたも同じ不安を抱えているのではないでしょうか?何で、皆さん平等に『老後が不安』なのかの理由は非常にシンプルです。理由は『分からないから』この1点です。分からないと言うのは、具体的に・年金はいくら受け取れるのかが『分からない』・現在の生活費が『分からない』・いくらお金が足りないのかが『分からない』と、未来のお金に対する様々な事が『分からない』から不安になるのです。将来の事は誰にも分かりませんが、お金のプロであるFPであれば、おおよその予想を立てる事が可能です。FPの私のやる事はシンプルで、分からない事を1つずつ具体的な数字で現していくだけです。具体的には、『年金を計算する』『現在の生活費を割り出してみる』『生活費−年金額を計算する』これさえ、分かれば後は足りない分を貯蓄していく計画を立てるのみです。例えば、ある相談者さまの内訳が年金額 月額20万円生活費 月額27万円だったとしたら、単純に27万円−20万円=7万円で毎月7万円が不足する。と言う事がわかります。90歳まで生存する。と言う設定だとすると、年金受け取りからの人生が25年間(300ヶ月)になります。つまり、7万円×300ヶ月=2,100万円が将来不足する。と言うのが見えてきます。なので、この相談者さまの年齢が35歳であるとしたら、年金受給ま
0
カバー画像

【元リボ払い女が伝授】1年で貯金100万円達成☆即実践可能な貯金術3選

私は2021年に5年間勤めた郵便局を退職しました。【退職時の資産総額は102万円】※仮想通貨は一切やっていません【退職する約8ヶ月前の資産総額は51万円】✅2020年8月…510,633円✅2021年4月…1,026,825円たった8ヶ月で資産総額が倍になりました!当時の私は、・20代後半実家暮らし・郵便局パート6年目・手取り18万円4年前までは買い物で常にリボ払いをしていて貯金がまったくありませんでした。正直、実家暮らし+会社員歴10年で貯金100万円って「めちゃくちゃ少ない‥」「やばいなぁ‥」という感覚がありました。そんな散財女だった私がたった半年で資産を倍にできた方法を紹介します。【貯金術①】家計簿の癖をつけて支出を徹底的に把握当たり前のことかもですがお金の使い方を見直すために大切なのが〈徹底的に支出を把握すること〉です。私はDr.Wallet(ドクターウォレット)という無料アプリを使い、家計簿をつける習慣を身につけることに成功しました。シンプルで使いやすいので愛用中です。【貯金術②】バビロン貯蓄で確実に貯まる仕組み作り収入が入ったら、まず収入の10分の1を真っ先に別口座に移します。バビロン貯蓄は、必ず確実に貯金額が増えていきます。私は毎月の貯金額を固定した結果、失敗したことがあります。バビロン貯蓄であれば給与の変動に合わせて無理なく貯金できるので挫折する可能性が低く継続できます。【貯金術③】つみたてNISAで資産運用つみたてNISAのやり方を簡単にいうと、〈月々の積み立て金額を設定して放置するだけ〉です。少額からつみたてできる ➾無理のない範囲で投資可能運用期間は20年
0
カバー画像

つみたてNISAで投資する前にチェックする3つのポイント

話も聴くファイナンシャルプランナーの佐藤彰です。投資初心者の方でつみたてNISAの口座を開設される方が非常に増えています。その一方で、口座は開設しても投資をしていないという方も少なくありません。おそらく、どのように投資を始めていったらいいかお悩みの方も少なくないのではないでしょうか?そこで、つみたてNISAでの商品を選び方について今回書いてみたいと思います。この点、結論から申し上げますと、どの商品を選ぶかという観点よりも以下の3点が大事です。投資の目的・目標を決める 資産運用には目的が必要です。その目的を金額に落とし込んだのが目標です。この2つをまず決めるのがつみたてNISAを利用する大前提となります。 投資の目的は例えば、「お子さんの大学の進学資金」、「老後生活の資金」などといったものです。一方で目標は例えば、10年後に子どもが18歳になるまでに300万円貯めたい、20年後の定年時に500万円貯めたい、などといったものです。ここでようやく、ファンドの運用で必要な利回りがわかるので、商品を選びやすくなります。資産運用はあくまで手段です。目的と目標が何かがわかって始めてどんな商品を毎月どれくらい投資していったらいいかわかります。無理な金額を設定しない 投資を始める場合、早くまとまった資産を作りたいと思って無理な金額を設定してしまう方も少なくありません。実際に相談者さまのお話をうかがってみると、20~30代の若い世代の方にこの傾向が顕著です。無理な金額を設定すれば、何かあったときに解約せざるを得なくなるケースが出てきます。運用は長い期間になればなるほど、資産が大きくなる力が大きくな
0
カバー画像

資産形成に重要なのは何もしないこと

みなさんこんにちわ。グロースサラリーマンです。私は現在、ココナラで主に株式投資に関するサービスを出品しています。特に日米のグロース株投資に関する情報やノウハウ、自作しているデータを提供しています。私自身、米国株投資で長期投資を実践中です。詳しくはプロフィールや出品しているサービスをご覧ください。今回のテーマは、資産形成に重要なのは何もしないことについて書きたいと思います。私の資産形成の中心は、少額で米国株を積み立てるという至ってシンプルなものです。えっ?何もしないって言ってるのにどういうこと?って思った方。すいません。ちゃんと今から説明していきますので、ぜひ最後まで読んでください。この記事を読んで資産運用は難しいことではなく、少しでも身近に感じてもらえたら幸いです。【こんな方におすすめ】・資産運用を始めてみたい・特に若い方で投資に興味がある・少額から投資を始めたい・老後資金や教育資金を準備したい最初に結論から言っておくと、資産形成において最も重要なことは、貯蓄と同じように淡々と積み立てる。です。何もしないことの真意は、短期的な値動きや暴落によって途中でやめたり、早く増やそうという焦りから投資商品を変えたり、いろいろ考えすぎて行動してしまうことをやめましょう。ということ。ここからは、なぜ私がそう考えるのか。根拠と資産形成のポイントをまとめていきます。✅複利の力✅思考停止の力✅素人の力1.複利の力複利については、色々なサイトやブログで必ずと言っていいほど登場してくる定番ワードですよね。ここでは私が試算したデータを元に具体的に解説していきます。まず、毎月の積立額を1万、2万、3.3万
0
カバー画像

株はいつ買うのが正解?私の考えをまとめてみました。

みなさんこんにちは。グロースサラリーマンです。現在ココナラで投資に関するサービスを出品しています。主に米国株投資に関する情報やノウハウ、データを提供しています。さて、今回のテーマは私も常に考えていることで、投資家の永遠のテーマとも言えるマーケットタイミングを図れるかについてです。誰でも株は安値で買って、高値で売りたいですよね。そのためにいつがベストなタイミングなのか、常に考えていると思います。しかし、残念ながら株価はあらゆる情報を瞬時に織り込むので、正確にマーケットタイミングを図ることは不可能です。要はあなたの、そして私の思い通りに株価は動いてくれません。そんな明らかに私たちに不利な状況で株式投資をする上で、私なりの考えをまとめていこうと思います。【こんな方におすすめ】・株はいつ買えばいいの?・いつも高値掴みをしてしまう。・雰囲気で投資をしてしまう。・米国株投資の知識がない。最初に結論から言ってしまうと、タイミングを図るよりも大事なことがある。です。私が重視していることは以下の3つです。✅機会損失を避ける✅個別株の分析✅最低限の知識を持つ1.機会損失を避けるいつ投資すれば良いのかにとらわれすぎると、いつまでたっても投資ができません。資産形成に重要なことは、資金を複利の力で大きな利益にしていくこと。それには圧倒的に時間が必要です。その時間を失うことは、何よりも大きな損失だと考えています。特に難しいことを考えなくても良い投資法はあります。それはインデックス投資です。米国株投資を始めるなら、まずは少額で積立ながらインデックス投資をすることが、一番堅実な投資法です。積み立ても定期的に行
0
カバー画像

つみたてNISAの利点とは?

コロナショックを機に証券口座を口座開設される方が増加しています。その中にはつみたてNISAを始める方も少なくはないでしょう。つみたてNISAは、金融庁公表データによると資産形成層である30~40代の口座数が一番多く、これから資産を作りたい現役世代の方々がメインに利用されている状況にあります。このつみたてNISAの利点は資産運用の基本である長期・分散・積立投資が実践しやすいことです。この3つの詳細は金融庁のホームページにわかりやすく書かれていますので、ぜひご覧いただければと思いますが、ポイントとしては以下の通りです。長期つみたてNISAは最大20年間利用できます。投資金額はネット証券によっては100円から投資を開始でき、無理のない範囲内で長く続けることができます。積立つみたてNISAは積立でしか投資ができません。積立金額さえ設定すれば、あとは毎月一定のタイミングで買付するので、購入するタイミングに悩む必要はありません。分散つみたてNISAで購入できるのは、金融庁選定のファンドが中心です。その選定基準にはリスクが分散されていて投資初心者にも無理なく資産運用できるものが選ばれています。もちろん、資産運用には様々なリスクがありますし、どのように利用していくかについては個人個人によって異なります。そのような個別対応について出品サービスでは行っております。つみたてNISAに関しては電話相談に加えメール相談のサービスも用意しておりますので、ご関心のある方は一度お気軽にお問い合わせください。
0
カバー画像

AssetSunブログ開始いたします。

AssetSun株式会社の自己紹介AssetSun(アセットサン)という名は「あなたという資産を照らしたい」そんな意味を込めて2019年に命名・創業されました。決められた時間に決められた仕事を淡々と行う。そんな生き方に疑問を抱く人々へ新しい生き方・時間の使い方を提案したい。時間の使い方は人生のあり方そのものです。ともに一度きりの人生をもっと自由に、より良いものにしていきましょう!AssetSunの活動普段は副業や独立を目指す方々に向けて、成功への懸け橋となれるよう、目標達成・成果の向上を目的とした個人コンサル事業をメインに活動を行なっています。内容としてはお金全般に関する知識・ノウハウの共有を通して、お客様それぞれに設定いただいた目標に対してそれを達成するための道筋を作成・フォローを行なっています。ココナラ内でのAssetSunの活動主に以下3つの知識・ノウハウについて出品をしています。①収入を上げる②支出を減らす③資産形成・資産運用今後も商品数を増加させていきますのでよろしくお願いいたします。
0
18 件中 1 - 18
有料ブログの投稿方法はこちら