【投資信託】「ETF」「インデックスファンド」について解説します

記事
ライフスタイル
資産運用のお勧め投資先として「ETF」や「インデックスファンド」という名前を聞く機会は多いと思います。

ですがよく名前を聞くけれど、どんな物かは分からないという方は多いかと思います。

そこで今回の記事では「ETF」や「インデックスファンド」がどういうった物を解説していきます。

「ETF」「インデックスファンド」とは

まず、「ETF」「インデックスファンド」はどちらも投資信託です。

両者の違いは上場と非上場に分かれており、ETFは「上場投資信託」で、インデックスファンドは「非上場投資信託」です。

「上場投資信託」「非上場投資信託」の違い


「上場投資信託」と「非上場投資信託」の違いは主に以下のものです。
上場投資信託(ETE、J-REITなど)
 価格:リアルタイムで変動する市場価格
 購入先:証券会社
 購入方法:株式と同じで市場で指値or成行注文で購入
 手数料:低
非上場投資信託(インデックスファンドやアクティブファンド)
 価格:1日1回算出される基準価額
 購入先:証券会社、銀行など様々な金融機関
 購入方法:販売会社を通じ基準価額をもとに購入価額を算出して購入
 手数料:低~高
ちなみにインデックスファンドは非上場投資信託ですが、ETFと同じくらい手数料が安いです。

また「つみたてNISA」や「iDeCo」で選べる商品の中にETFはほとんど入ってなく、非上場投資信託の中から選ぶことになります。

「ETF」「インクスファンド」の運用方法

「ETF」と「インデックスファンド」はどちらも市場の動きを表す指数(インデックス)と同じ値動きをするように運用されています。

市場指数については下記のようなものがあります。
※市場指数は市場平均と呼ばれることも多いです。
国内株式・・・日経平均株価やTOPIX
先進国株式・・・ダウ平均株価やS&P500
新興国株式・・・中国株式市場など
国内債券・・・国債や日本社債など
先進国債権・・・米国債や米国社債など
新興国債権・・・新興国債券など
REIT・・・東証REIT指数など
商品・・・金、プラチナや原油などの商品
このような様々な指数から各指数に連動した商品を選択して購入します。

例えば「日経平均株価に連動するETFやインデックスファンド」の場合、日経平均株価が1%上昇すると、ETFやインデックスファンドの価格も1%上昇するといった値動きになります。

またETFとインデックスファンドのどちらを選んでも、連動する指数が同じであれば値動きも同じになります。

市場平均越えを目指す「アクティブファンド」

「ETF」と「インデックスファンド」のように市場平均に連動する投資信託は別名「パッシブファンド」とも呼ばれています。

そしてこれとは逆に市場平均を上回る運用を目指す投資信託「アクティブファンド」があります。

投資信託を選ぶ順序

投資信託を購入する際、まず「パッシブファンド」と「アクティブファンド」のどちら運用スタイルの商品を買うか検討します。

その後どの運用先(株式、債権など)をしている商品を買うか検討するという流れになります。

「ETF」「インデックスファンド」がお勧めされる理由

ETFやインデックスファンドが「最も優れた投資先だ」という意見は多いです。
私個人的にも投資信託の中では1番お勧めだと思っています。

ですので最後に「ETF」「インデックスファンド」がお勧めされる理由を解説していきます。


・購入手数料や信託報酬が安い
ETFやインデックスファンドはとにかく他の投資信託(アクティブファンド)に比べてコストが安いです。

なぜ安いかと言うと、他の投資信託(アクティブファンド)は、市場平均を上回るリターンを目指すため運用に手間がかかり、人件費などのコストが増えます。

ETFやインデックスファンドの場合は、市場平均に連動するように市場平均に含まれている銘柄を組み入れるだけで済むので、その分コストが安くなります。


・市場平均を上回るアクティブファンドが少ない
高いコストが必要なアクティブファンドですが、市場平均を上回ることが出来ているファンドは少ないです。市場平均を上回るファンドを探す大変さは、値上がりする個別株を探すようなものです。

ですので、リスクを取って市場平均を上回るリターンを目指すのであれば、アクティブファンドのような投資信託を選択するよりも個別株を買う事をお勧めします。その方が同じリスクと手間でも望めるリターンが大きいです。

併せてこちらの記事もご覧ください

今回の記事で分からない用語などあった方などは、下記の記事も併せてご覧いただけたらと思います。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す