絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

誰でも出来る超簡単な成功法則|2つの期待感

こんばんはSHOです。僕のブログを読んで頂きありがとうございます。今回は「自信をつけるためには『2つの期待』を満たしてあげることが大事なんだ」という【期待】の話をしていきます。何かをするにあたって、人は無意識に「2つの期待」を抱いています。この2つの期待が満たされた場合に、人は努力し高い目標にもチャレンジしようとします。これさえ知っておけば、あなたが今、成し遂げようとしていることの成功率が劇的に跳ね上がりますし、あなたも成功者の仲間入りをしたのも同然だと言っても過言ではありません。今回の投稿を最後まで読んで頂くことで、あなたは「誰でも出来る超簡単な成功法則」を学ぶことができます。○あなたにとって「この人すごい!」と思える人は誰ですか?1つ質問をさせてください。あなたにとって「この人はすごい!」と思える有名人はどなたでしょうか?僕は、プロ野球のイチロー選手です。普段から野球を見ていない人でも、イチロー選手のことは多くの方がご存知かと思うのです。・日本で7年連続首位打者・メジャー通算3089安打(日米通算安打4367本)・年間最多安打記録(262本)・10年連続200本安打などなど、他にも素晴らしい数々と成績・記録を残したイチロー選手ですが、キャリアではなくイチロー選手が残した言葉なども取り上げられています。名言が多く、僕の頭の中にも刻まれているものがたくさんあります。この話の落とし所ですは、あなたが野球をプレイしている方である必要はありません。イチロー選手は「野球」というジャンルにおいて超一流の方であることは僕がここで言うまでもありません。でないと、多くの方が達成できなかった数々
0
カバー画像

自己効力感はどうやって高めるの? バンデューラの理論より

こんにちは。国家資格キャリアコンサルタントのちょんちょです。キャリアコンサルタントの学びの中で得た知識の中で「ちょっと知っておくと日常で使えるかも!」というTipsを、シェアしていきます。今回はカナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した自己効力感をご紹介します。1.自己効力感とは?自己効力感とは、バンデューラによって提唱された概念で、自分がある行動についてしっかりやれるという自信(効力感)のことです。「前回の交渉をうまく進められたので、今回もできそうな気がする!」「前回緊張して冷や汗をかきながらプレゼンをした。今回ももし同じようなことになったら…」こんな風に感じた経験は誰しもあるのではないでしょうか?2.自己効力感はキャリア選択にどう影響するのか?何らかのキャリア選択をする際、「人は自己効力感が高い分野や職業を選択する傾向があり、反対に自己効力感が低い分野や職業は選択しない可能性が高い」と言われています。人の自己効力感は主観であり、それほど実態を正確に反映しているわけではありません。失敗経験から苦手意識や不安を身につけてしまい、自ら実行を発揮する機会を失っていまうのはもったいないことです。一方、自己効力感の高い人は、「小さなチャレンジを行い、小さな成功体験を積み重ねることにより自己効力感を高め、やがて遭遇する困難や逆境に対しても自ら乗り越えられる傾向がある」のだそうです。3.自己効力感を高める4つの情報源では、自己効力感はどうすれば高められるのでしょうか?ここではバンデューラが提唱した「自己効力感が形成される4つの情報源」をご紹介します。①遂行行動の達成:自分でやり遂げ
0
カバー画像

「自分ならやれる!」自己効力感

「自己効力感」という言葉はご存知ですか?「自己肯定感は聞いたことあるけど、自己効力感って?」wikipediaによると、”自己効力感とは 自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること。”とあります。つまるところ【自信】ですね。 自己効力感を強く持つ人は、失敗や壁、困難や難問にぶつかっても再度挑戦するし、失敗しても比較的早く立ち直る、という前向きな姿勢をもつ傾向にあります。プライベートや仕事で壁や難問はつきもの。自分の力で突破する力を身につけたいですよね! 今回は、自己効力感とはなんたるかを紐解きながら、そのメリットや高める方法について、具体的にご紹介していきます。■自己効力感について自己効力感とはカナダのスタンフォード大学教授のアルバート・バンデューラ博士によって提唱された、社会的認知理論の中で使用される心理学用語の一つです。きっかけは、博士が行った恐怖症を克服した人達にしたインタビューでした。恐怖を克服した彼らは、「自分は困難を克服できる」「自分は現状を変えることができる」と考えられるようになったという共通点があり、博士は「強い恐怖感を克服した人間は自分自身を肯定的に捉える心理が働くようになる」と定義づけしました。■自己効力感が低い場合のデメリット自己効力感が低いと、始める前から「自分にできるはずがない。きっと失敗する」といった後ろ向きな気持ちが大きくなり、行動する意欲も減ります。当然注ぐ力も半減し、いくら能力があっても結果を出すことは難しいでしょう。 そして結果が伴わないと、「やっぱり自分にはできない。また失敗する…」という自己否定に
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ107:生産性を高めるためマネジメント層が行なうべきこと

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今日は「業務の生産性を高めるために経営トップを含むマネジメント層が真っ先にやるべきこと」について書きます。一般的にマネジメント=管理ととらえられていますが、ドラッカーによるマネジメントの捉え方は「人や組織の強みや創造性を最大限に引き出して経済的・社会的に価値ある成果を上げること」なので、単なる管理という枠にとらわれるものではありません。ドラッカー的な発想によれば、リーダーとマネージャーは明確に区別できるものではなくなるはずです。 ここでもマネジメントについてドラッカー的な捉え方をします。1.マネージャーの仕事は、メンバーを支援することで前向きなエネルギーを創り出すこと  マネージャーの仕事は、出どころが経営者やトップの意志なのか、本部による創作なのかもわからない根拠のない希薄な運用基準に沿った数値を黙って受け入れることではありません。マネージャーの仕事というのは、本部から出された数字を部下に押し付け「何とかしろ」と無理強いし、達成できなかった部下を「あいつはダメな奴」と報告するだけの無責任な仕事ではありません。  マネージャーの仕事は、部下に対して今の仕事の意義を説き、現場のメンバーの問題解決を支援することで前向きなエネルギーを創り出すことです。それによって、すべての生産性を高めることができます。  ドラッカーは、マネジメントが根本的に目的とするものについて  Ⅰ:まず、その組織に特有の使命を果たすこと  Ⅱ:働く人たちを、仕事を通じて生かし、生産的にすること  Ⅲ:事業を通じて社会の問題解決に貢献すること と述べています。 2.
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ67:職場のストレス解消法

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今日は「職場のストレス解消法」について書きます。職場におけるストレスは、仕事自体によるストレスというよりも、同僚・上司・部下といった人たちとの人間関係によるものがほとんどです。仕事自体にストレスを感じているのなら転職するか異動願いを出すしかありませんが、人間関係によるストレスは工夫次第で軽減・解消できます。人間関係のストレスさえ解消できれば自分の仕事に専念することができ、職場・チームの生産性も高まります。 1.人間感性のストレスは、工夫次第で軽減できる  どこにでも「この人とは合わない」「苦手だ」という人は必ずいます。普段の生活なら関わり合いにならなければいいだけですが、職場ではそうはいきません。しかも多様化する社会では、色々な多様性を持った人々が職場にいることになります。避けて通ることは出来ません。  上司や同僚、クライアントなど人間関係からくるストレス要因を軽減・解消する前提として重要なことは、自分のストレスタイプを理解することです。ストレスタイプが分かれば、対処法も自ずと見えてきます。【タイプ1】「ストレス感受性」が強い  繊細で空気が読める人がこのタイプです。このタイプは、相手の言動や振る舞いのちょっとした変化に敏感に気づいてしまう(あるいは深読みしてしまう)ので、傷つきやすくすぐにストレスを感じてしまうのです。  このタイプの人は、周囲に気を配り、気を使える「いい人」ですが、敏感すぎてあらゆる刺激を受け止めてしまい、心身に負担を与えてしまい、どんどんストレスを蓄積していきます。  このタイプは、ストレスを感じないように「
0
カバー画像

上手なほめ方しかり方③

3.その子が大事にしていることに気付くサッカー頑張っているね ダンゴムシのことくわしいね 英語検定頑張っているね 等々私はこの質問をされたときにすぐに答えることが出来ませんでした。日頃、娘のマイナス行動ばかりに目がいってしまっているのかもしれません。反省です。。。4.子どもの独自性を大切に 短所を長所に書き換えてみる優柔不断な子→思慮深い怒りっぽい子→反応が早い、素早く動けるやんちゃな子→行動力がある上手な褒め方が出来ると子どもの自己効力感を向上させる効果があります。自己効力感とは、自分なら出来る!、チャレンジすればきっと成功する!と目標に向かって歩める力です。チャレンジする子、へこたれない子へと成長します。
0
カバー画像

令和3年6月24日(木)先勝☆今日も笑顔で☆

東京は、今日も蒸し暑い日になりそうですさて今朝は、昨日の続きの話です自己効力感のお話しです昨日は、私の今の仕事、個人向けのキャリアコンサルタントで経験した(いや、経験させて頂いている、と言うべきでしょう)ことが、自己効力感を上昇させている、というお話でしたさて、そもそも自己効力感とは、何者なんでしょうか?「この案件、うまく進む!」という自信度、自分でうまく出来るかどうか、という予想・予感といった所です(以下”カオナビ”から引用)英語ではSelf-efficacy、自己可能感とも訳されます自己効力感の高まりは、優越感の発生に比例し、自己効力感が低くなれば劣等感が強く現れます自己効力感は、社会的認知理論の中で使用される心理学用語の一つで、スタンフォード大学教授のアルバート・バンデューラ博士によって提唱されました。 きっかけは、博士がさまざまな恐怖症を克服した人たちにインタビューを行ったことでした恐怖症を克服した人たちに、ある共通点を見つけたのです それは恐怖症という極めて困難な病を克服することができたことから、 ・自分は困難を克服できる ・自分は現状を変えることができる と信じるようになれたというものこのインタビューがきっかけとなり、その後の継続的な研究によって自己効力感を保持する人は、 ・失敗・壁 ・困難 ・難問 にぶつかっても、 ・チャレンジする・比較的早く立ち直る 傾向にあることが証明されました自己効力感が高い人と低い人には、違いがあります自己効力感が高い人は、・自分なら達成できる! ・自分ならできるかもしれない! などポジティブな感覚を持って行動を起こす逆に自己効力感が低い
0
カバー画像

令和3年6月23日(水)赤口☆今日も笑顔で☆

今朝は、「自己効力感」についてお話したいと思います☆彡国家資格キャリアコンサルタントと名乗って(笑)個人さんへの対人支援のお仕事をしている期間はまだ3年くらいですが、その前は、サラリーマンからフリーランスに転身した時には、以前からパラレルワークしていた、通販サイトの運用支援と、経営者へのコンサルタント、併せて新事業への立ち上げ支援、いわいる援助職をしてきました今は個人の方を中心とした、援助・支援のお仕事である、キャリアコンサルタントがメイン・ワークとなっています自分としては、セカンドキャリアでは、当分の間はパラレルワーカーとして仕事をしていこうと思ってはいますが、一人仕事だとどうしても興味のある方へとかたよってしまっていますここ数年、キャリアコンサルタントのお仕事を通じて、いろいいろな出会い、経験、気づき、などを、いただいているのでやってみたいことが、沸いて出てきてしまって思いだけが先行する日々が続いているような。。。今日この頃です(笑)とすれば、私は現在「自己効力感」が上昇中!ということなんでしょうか☆彡おっと!今日は、「自己効力感」についてお話をするつもりでした!今朝は時間が無くなってしまったので(泣,,,)続きは明日ということで(汗)笑顔セラピーお届けします☆彡他人と過去は 変えられない 自分が変われば 相手も変わる *出典:笑顔セラピー
0
カバー画像

やらない自由

✔ 時間が無い✔ お金が無い✔ 人脈が無い✔ 場所が無い人は本当に「できない理由」を探す/作るのが得意だ(笑)確かに、アドバイスを実行するのもしないのも本人の自由。ただ、そんな自分を変えたくて人にアドバイスを求めたり深く悩んだりしているはずなのに、どうしても自分に負けてしまう。こちらのアドバイスに対して、「ありがとうございます!やってみます!!」と言って、本当にやる人は感覚上2割くらいかな。そうやって”行動ベース”で動ける人は、失敗の数も多いけど成長スピードも格段に早い。よって自分の思い描く未来に着実に近づいていく。やってみます!と言ってやらない人を、他の誰かが変えるのは基本的には無理で、やはり本人の意思・思考を自分で変える必要がある。成り行き的に他人の価値観で生きている限り、人生を変えるのは難しい。他人の価値観、世の価値観に縛られ、「自分は変われないのかも・・・」と思っている人に、いくらアドバイスして「一緒に頑張ろう!と声をかけてもお互いに浪費するだけ。本気でヒントを掴みに行くぞ!と行動前提で頑張っている人をサポートしていきたいね。自分は変われる/自分ならできる!と信じている人を。大事なのは失敗しないことではなく、失敗してもそれをリカバリーする力が自分にはあるんだ!と信じること。
0
カバー画像

セルフ・エフィカシー(自己効力)

なにかができるようになる前には「きっとできる」感じがあります。その感覚を自己効力と言い、小さな成功や他の人の上達、背中を押されることなどがその助けになります。何か行動を起こすにあたって、「できそうだ、きっとできるに違いない」という感覚を持つ時、それを自己効力 “self-efficacy” といいます。「できる」の前にはまずこの「できそうだ」という感覚が先行することが大切だということ、そしてそれはいくつかの方法で強めることができるということを心理学者 Albert Bandula は系統だてて述べました[Bandura 1977]。Bandura によれば自己効力は「実際の成功体験」「代理体験」「励ましや説得」「感情の想起」によって強められます。Bandura の取り組みは恐怖症の克服や治療といった心理臨床場面での介入と、何かができるようになる時の認知的な過程との共通点に着目し、これらを統合的に説明しようとするものです。恐怖症とまでいかなくても何かに挑戦しようとする時には「こわい」という感覚が多かれ少なかれ伴います。スポーツや体を使う演技では失敗すると転倒などで実際に痛みがありますし、人前で話をしたり何かについて発表をする、新しい仕事に取り組むといった時には不安や恐れを抱きます。また「恐れ」を、行動することの妨げとなるようなネガティブな感情というもう少し広い意味でとらえると、さまざまな状況で出会う身近なものでしょう。・成功体験もっとも分かりやすいところでは実際にうまくいった、という成功体験が自己効力を高めます。何回もするうちに多少の失敗はあっても、まずまずうまくいくことが多いと
0
カバー画像

自己効力感

先日ココナラ初出品した「事業構想のコツ」にも出てくるキーワード。人々が山登りしたくなるのは、苦労して登った分だけ、見えてくる美しい景色・驚く光景に「自己効力感」が高まるからかなと、2019年に屋久島で初めて山登りしてみて思いました。一方、日々の「コロナ感染者数」の数字を見たときに「自分も周りの人たちもかなり我慢しているから欧米より感染者も死者も少ない!」と思うか、「自分が外出我慢したって感染者数は減らないし、、、」と思うか ・・・目の前の景色の受け止め方ひとつで自己効力感にもなればその逆にもなる。認知行動科学や行動経済学、ヘルスケア分野でも重要な要素と理解されてきそうな気配。(写真:白谷雲水峡@屋久島)  #もののけ姫の舞台と言われています
0
カバー画像

学校における自己効力感の源泉ってどこにあるの?というケンタッキー大学のお話

自己効用感(self-efficacy)という言葉はご存知でしょうか?自分は「やればできる!」という感覚。自分の可能性を信じられている感じです。自己効力感は教育研究においても注目されていて、学業分野や学業成績だけでなく、学生の大学での専攻やキャリアの選択、因果帰属、自己概念、楽観主義、達成目標志向、学業上の助けを求めること、不安、価値観などの主要な動機づけの構成要素と関連しているとも言われています。僕自身の『自己効用感』の認識は、”「やればできる!」の感覚”くらいの理解だったので、今回改めて調べてみることに。その中で、ケンタッキー大学の研究が参考になったのでメモ。2009年のレビュー論文で、『学校における自己効力感の源泉ってどこにあるの?』というのをまとめてくれていました。バンデューラーは、「学生は4つの情報源からの情報を解釈していくうちに、自己効力感の信念が形成され発展していく」という仮説を立てました。①ある学問的課題を完了した後に得られた結果の解釈と評価学生は自分の努力が成功したと信じると、似たような課題や関連する課題を達成する自信が高まる。しかし、努力が思うような効果を得られなかったと信じると、似たような努力を成功させる自信が低下する。自己効力感といったらまずはこれが思い浮かびそう。成功体験ってやつですね。うまくいったら似たような課題も「できるかも」と思えそうです。また、こうも説明されています。自己効力感の信念は、個人が新しいタスクに直面したときに、スキルの開発中に変化する可能性が最も高い。失敗は定期的に起こるかもしれないが、学生が時間の経過とともにスキルが徐々に向上して
0
カバー画像

不安への特効薬②:視点を変える

前回は、よくマスコミが取り上げトレンドブログや動画で見るようになる「不安を喚起する内容」への特効薬について、「今出来ている事に感覚を戻して諦め(握った手を放す)、より出来る事に集中する」事をご提案しました。 本日お伝えしたいのは、「違った視点から眺める」という事です。 不安を煽るような内容を伝える時にだいたい付いてくる冒頭句、「未曽有の」…歴史上果たして本当でしょうか? 中世のペストをはじめ第一次世界大戦後のスペイン風邪は世界人口の3割近くが感染したとも言われています。 確かに医療体制も整っていない途上国の統計が未知ではありますが、過去の歴史から眺めてみると「これ迄にない」なんていう表現が本当に当てはまるのか?はまだわかりません。 正体がわからず、効果のある薬も特定されていないので怖い気持ちも湧いてきます。 しかし、歴史上これまで人類はなんとか乗り越えてきているじゃ、あーりませんか(チャーリー浜さん風に<苦笑>)。 如何でしょうか。そう思うと、「これだけ医療技術も進歩しているんだし、ある程度期間が経てば大丈夫かも」と少しだけ思えてこないでしょうか。  研究者・科学者・製薬メーカー・医療従事者の方々は英知を結集してなんとかこの危機を乗り越えようとされています。その知識・経験・技量からの可能性を信じましょう。  リーマンショック以来の株安にも動じず、いずれ戻る時を信じて(狙って?)買い時を虎視眈々と狙っていたり、ドルコスト平均法で淡々と投資を続けている方もおられます。  少し視点を変えるだけで、落ち着いて現実を見る事に繋がって余計な不安や怖れを煽る情報に
0
カバー画像

不安・ストレス特効薬①:出来ている事への集中と諦め

一度社会全体に不安が広がると、買占め行動に走ったりとさらなるパニックを引き起し易い緊張状態になります。 加えて外出先が制限されたり、人の集まるイベントが中止になるとはけ口がなくなってストレスが溜まっていきます。 「なんて日だ!」と嫌悪感を持って過ごしてみても、我々一般市民に出来る事は限られていますよね。 こんな時の特効薬は2つ。 1つは出来る事に 集中して、諦める事です。 ウィルスや細菌の蔓延が原因であれば手洗い・うがいを徹底する事です。 ん?でもこれって…よくよく考えると幼児期から言われている事なんですよね。基本的な事を当たり前のように習慣化してする事の難しさが改めてわかります。 あとは自分の免疫力を高める事です。炭水化物に偏らず、タンパク質や食物繊維・ビタミン・ミネラル等バランスよく食べて、きちんと睡眠時間を確保する事が基本です。 なんだか上からお伝えしているな感じになってしまいましたが、かく言う私も 新型コロナ騒動で睡眠時間から逆算して動いた結果、余計な動きを捨てる事が 出来た一人です。 このように、本当の意味で「自分が出来る事をやっている」実感が積み重なると、「ここまでして病気になったらしゃぁない」と諦める事が出来ます。 これは病気を不安や怖れを伴う試験や仕事・新しい生活等と置き換えても応用出来ます。 諦めるというと何もしない怠惰というマイナスイメージがあるかもしれませんが、ここでいう諦めるは「やる事やって見通しをもって明らかにみる」方です。 病気(試験や大きな仕事後の最悪な状態)になるかならんかわからんのに、「なるかも」なんて不安に思ってい
0
カバー画像

【褒め方】褒めるポイントとできたね貯蓄

こんにちは。ちはる⭐️お悩み相談ルームのちはるです( ◠‿◠ )  本日は友人の息子さんのお話。スペインでサッカーをすることを目標にしているそうです。毎日コツコツと練習を積み重ね  リフティングが4月の時点で100回ちょっとだったのが5月中旬には700回を超えるところまでできるようになり 現在では1000回目前となってきたそうです。 700回という数字も素直にすごいな~と思うのですが  ほめほめポイントは 回数にあらず!!!過程を認める!!!  コレ、わかっているようでついついやってしまいがち  回数をほめることは評価につながってしまい評価がプレッシャーになってしまったり回数や点数を上げることが目的となってしまい   それを達成できなければ自分はすごくないんだ。   できない自分はダメなんだ。。。  と、自己肯定感を下げてしまう可能性があるんですね。  なので、認めるポイントは 頑張っている過程  毎日コツコツ練習していることうまくいかなくてもあきらめない気持ち。  そして、もう一つ大切なこと小さなできたをたくさんたくさん集めてあげること できたの貯蓄をすることで次へのチャレンジへ向かう勇気となるのです。 そうすると自分ならできるという自己効力感を育むことができます 自己効力感が育まれないと何か行動しようとしたときに 私にはできっこないできる自信はないという思いがわいてきて行動にうつせないということが出てくるかもしれません プロセスをほめほめしできたの貯蓄をたくさん作ってあげたいですね!友人も早速プロセス褒めとできたね貯蓄を実践しているそう。子育てで悩んだら一緒に考えさせてくだ
0
15 件中 1 - 15
有料ブログの投稿方法はこちら