自分の限界を超えるには?

記事
学び
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。




人について考える。

本日のテーマは、

「限界の見つけ方」

です。




たまにこんな事を聞かれます。

「自分の限界を超えるにはどうしたらいいですか?」

いい質問です。

まずは限界を越えるメリットからお伝えしていきましょう。




1.限界を越えるメリット

例えば筋力トレーニング。

普段は50kgまでしか上げられなかった重りを、60kgまで上げることができた。

ランニングなら、3kmまでしか走れなかったのが5kmまで走るようになりました。

など、限界を越えると人は成長することができます。




僕のケースで言うと、毎日5kmのランニングを行っていますが、終了タイムが平均30分。

1年前からトレーニングを重ねて、現在は終了タイムが28分になりました。

その差は2分。

1ヶ月を30日とすると、

2分 ☓ 30日 = 60分

1年で720分 = 12時間

それだけの時間が生まれます。

皆さんの時間が1時間。

いや、12時間増えたら、皆さん何をしますか?

この法則はスポーツだけでなく、日常のさまざまな事に使うことができます。




2.限界ってどうやってわかるの?

次にご紹介するのは限界の視覚化です。

これは読んで字の如く、自分の限界を目で見えるようにすることです。

そんなのできるの?

と思われる方もいるかもしれません。

しかし、

思っている以上に簡単にできます。

例えば、

時間の計測。

スマホのストップウォッチアプリでも、アラームでも構いません。

日頃から行っている行動の時間を測り、新記録に挑戦する。




「いや、私、運動しないんで」




そういう声が聞こえてきそうですが、僕は読書で時間を測っています。

小説などじっくり読みたい本は別ですが、自分の目的がはっきりしている場合。専門書などは、時間を測ったほうが効率よく読むことができます。

そして、

読む時間が短縮すれば、より多くの時間を生み出す事ができます。

読むためには特別なスキルが必要なんじゃないの?

そんな声も聞こえてきそうですが、時間を測って物事に取り組むだけでも作業効率は変わります。

例えば、

「いつでもいいから仕上げて」

と言われた仕事と、

「明日までに仕上げてくれ!」

と言われた仕事は、どちらの方が早く取りかかれるでしょうか。

もちろん、後者ですよね。

自分の時間に締め切りを作るり、自分が早くしたいと思う行動を見つけたら測ってみる。

これが限界を視覚化する方法になります。




3.自分の限界を超えるには?

 いよいよ本日のメインテーマです。

そんな自分の限界を超えるにはどうすればいいか。




時間で測定しても、何をやっても自分が変わるわけが無い。




そう思っている人の精神そのものを変える方法。




それは、




「自分の限界を超えている人を見る」




です。




え。それだけ。




と思う方もいるかもしれません。




でも、これだけなんです。




例えば、会社での仕事。

「1ヶ月後の納期に必ず間に合わせろ!」

上司に言われて取り掛かった作業。

自分の力のすべてを使って、一生懸命取り組みました。

半月後。

ようやく作業が半分終わったところで、

自分と同じような仕事を受け持った、同僚の様子を見に行きました。

すると、

同僚の方は仕事を終えていたのです。

自分が1ヶ月でようやく終わる作業を、

半月で。




この瞬間、あなたはどう思うでしょうか。

「あいつ、おかしいぞ」

と思うのか。

それとも、

「やり方を教えてもらったら、自分も半月で終わらせられるかもしれない」

と思うのか。

自分の限界を超えている人が身近にいると、さらに効果は大きくなります。

・あの人が成功したのはお金があったから
・あの人が成功したのは時間があったから
・あの人が成功したのは人脈があったから

人は自分より優れた人に対して、無意識に言い訳を作ってしまう生き物です。

しかし、同じ環境にいる人に対しては、言い訳ができなくなります。


「言い訳ができなくなると、人は立ち向かうしかなくなるんですよね」


もちろん、状況に目を背けて逃げ出すこともできますが、癖になるのでオススメできません。




自分の限界を超える人。

それは、人の成功も力に変えていける。

そんな人達なのかもしれません。



























サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す