【恋愛/復縁/片思い/彼氏彼女】ちょっとした疑問集

記事
コラム
ご相談者様から“今度このテーマでブログ書いてください”と言われる事があるので、今日はその中から少しアレンジして採用させて頂きました。
実際にご相談者様から質問を受けた事がある疑問や、なんとなく知っておくと参考になる(かも?)しれない内容まで、7つの疑問に簡易的に回答していますので、軽い気持ちでご覧ください。

いつも言っておりますが、私は医師ではないので何かを断言する事は出来ないという事と、あくまでも今回書くのは振り切った内容且つ一般論に傾いた内容ですので、全てを鵜呑みにし過ぎない様ご注意ください。
(例えば、左脳優位という方の中にも100のうち90左脳優位の人もいれば55左脳優位の人もいて(そもそもそういった表現になるものではない)、その2つは同じ“左脳優位”の中でも全く異なるタイプだからです)
なので、軽い気持ちでご覧ください⚘です。


①左脳優位・右脳優位、どっちの人が浮気しやすい?


浮気しやすいのは圧倒的に右脳優位の人です。
好奇心が旺盛で視野が広い右脳優位の人は興味関心へのバラつきがある事や、飽きっぽい部分があるため、浮気しやすい脳タイプと言えます。
特にすこぶるポジティブで悪い事も忘れやすい人の場合は、浮気をしてもその罪悪感を引きずらないので浮気を繰り返しやすいです。
ポジティブなのは良いんですけどね。

②左脳優位・右脳優位、復縁しやすいのはどっち?


復縁しやすいのは左脳優位の人です。
上記のブログでも書いた『他人への接し方、考え方』にもありますが、左脳の中でも左脳下側が優位の人は人やモノや出来事に執着するので復縁しやすい傾向があります。 左脳上側優位の人はドライなので一見復縁し難いですが、復縁や相手にメリットを感じれば復縁する事を検討します。
今日のブログは⑦で脳タイプ×愛着スタイルの復縁しやすいランキングを掲載していますのでそちらも併せてご覧ください✧

③左脳優位・右脳優位、約束を守るのはどっち?


約束を守るのは断然左脳優位の人です。
これはまず“注意深くいる”という事が右脳優位の人は(全員ではありません)苦手な人が多い上に、“約束”というものが基本的に言葉や文字で交わされるものだからです。
もし世の中に約束を絵とか音とか、そういう右脳で感じ取るもので表現出来る方法があればもう少し右脳優位の人にも約束を守ってもらえるかもしれません。約束する時、歌にするとか?(ジャストアイデア)

その為、遅刻が頻発する人も右脳優位で注意深くいる事が苦手な人が多いのです。
(左脳優位の中に時間の捉え方が苦手な人がいるので、そのタイプの遅刻はまた別です)

こぼれ話し→ネットなどで遅刻について論争になっているのを何度か見た事がありますが、基本的には下記のループが多いと思います。

右脳優位の人(注意が苦手なだけので悪気はないし、具体的な対策が出来ないタイプ)が遅刻する
遅刻する事が少ない左脳優位の人が怒る
左脳優位の人にとって遅刻は厳密に守るべき“ルール”であるという事や、具体策で対応出来るものであると考えている事、1度“こうあるべき”と考えたら視野が狭くなってしまう事が理由で左脳優位の人が怒り続ける
世間的に遅刻は良くない事なので、右脳優位の人は一旦ごめんなさい、となる
でも右脳優位の人で具体策が取れないタイプの人は良くも悪くも楽観的なので“忘れてしまう”ため、また遅刻する
無限ループ
左脳優位の人は1度自分がミスすると自責で考え、対策を練る事が出来る人、2度と繰り返さない人が多い為、同じ事を繰り返す事が理解出来ず許せない

右脳優位で遅刻しやすい人も、具体策を取れる人は遅刻を予防出来ているはずなので、その対策を参考にしたいですね✧★✧
※そして、途中にも書きましたが“時間の捉え方”が苦手な脳の人がいるという事も出来れば理解して欲しいとちょっとだけ思ってしまうのです。

④久しぶりに会う時にしてはいけない言動は?


これは特に復縁の時などに関係する内容だと思いますが、正直具体的なNG言動については脳タイプと愛着スタイル、そして環境に左右されます。
絶対に好意を見せてはいけない相手もいるし、好意をめいいっぱい相手に伝えないといけない相手もいます。
なので、その中でもどのタイプにも汎用出来る事があるとしたらどんな内容でも『1回言って相手が難色を示した事は1回で引く』という事でしょう。
難色を示す理由はネガティブなものだけではありませんが、その時点では相手がその事を嫌がっているという事になるので上手に相手の感情を読み取りましょう。 少し左脳・右脳とズレますがこの時に必要な脳の働きは“情報処理”の部位なので、相手の感情を読み取ることが苦手な自覚がある人はその部位を鍛える事も重要だと思います。

⑤復縁希望の場合、貰った物は身につけて良いか?


これはアクセサリーなども含まれると思いますが、これも④と同様脳タイプや愛着スタイル、環境などが全て関係します。
好意を見せるか見せないかとほぼイコールかと思いますが、その度合いも関係すると思います。
相手がどのタイプか分からない、本当にどうする事がベストか悩む、という場合は身につけないでおいた方が無難です。

⑥LINEで絶対にNGな言動は?


これは恋人だろうが復縁だろうが片思いだろうが、共通です。
相談をお受けしていて意外と多いなと思うのがLINEのNG行動です。(特に男性脳の人を相手にする時は重要です)
皆さん私に直接相談をする前に散々ネット記事を読んでいる人が多いので、基本中の基本、ネット記事や恋愛指南書の様なものでは1ページ目に書いてありそうな事は全てご存知の状態で相談する方が多い中、これをやってしまう人が多いな、という印象なのが下記です。

・相手が未読なのに何度も追撃する(+LINE電話で着信)
・長文を送る

これはどんな相手であろうとどんな状況であろうとNGです。
特に男性脳ならびに左脳優位の女性には良くありません。
どっちも、相手にとっては圧力であり、詰められている気分になるのでこれは避ける様にしましょう。
追撃が入る度に通知が来るので、相手からしたら通知が恐怖となります。
LINEのトークを開いた瞬間1つの吹き出しで長文が書かれていると、その内容に関係無く「うっ」っとなります。「今からこれを読むのか…」と。

本当に極稀にこれ(追撃や長文)をやった方が良いお相手はいるのですが、それをご相談者様ご自身が見抜けるケースは多く無いと思っているので、自分で行動する時に上記はやらない様に気を付けましょう。

⑦脳タイプ×愛着スタイル別、復縁しやすいランキング


②に書きました、復縁しやすいランキングです。
あくまでも左脳も右脳も愛着スタイルも完全に振り切った場合のランキングですので、「ふ~~ん」ぐらいに軽い気持ちで楽しんでください!

8位:右脳優位×安定型愛着スタイル

7位:右脳優位×不安型愛着スタイル

6位:右脳優位×恐れ・回避型愛着スタイル

5位:左脳優位×安定型愛着スタイル

4位:左脳優位×不安型愛着スタイル

3位:右脳優位×回避型愛着スタイル

2位:左脳優位×回避型愛着スタイル

1位:左脳優位×恐れ・回避型愛着スタイル

やはり左脳優位の人の方が執着、メリットデメリット、引きずりやすさ、新しい出会いへの積極性、交友関係の広さ、コミュニケーション、人への信用、惚れやすさ惚れ難さ、などを考慮すると復縁しやすい、新しい相手に出会い難い脳タイプだと思います。

そして愛着スタイルについては何度かお話ししていますが、やはり安定している人であればある程、未来を見て自分の事を考える事が出来るので過去の事を引きずる事は少なく、前向きに新しい出会いに進むと感じます。
回避型の人は別れた時のネガティブな感情を忘れやすいので、復縁しやすいという事もあります。

⑧まとめ


今日はちょっとした疑問に簡単に答える、という事をやってみました。
この7つ以外にも疑問候補はありましたし、書いて欲しいと言って貰った内容もあるのですが、そのお題だけで1本のブログにした方が良いものや、ブログに書く事自体が難しいと思うものもあったので、書く事が出来るものはゆくゆくきちんと書いていこうと思います。

脳タイプについては、最近左脳優位、右脳優位だけではなく、脳のどの部位を使う事が得意か不得意かを見分けて分析もし始めています。
(これはお相手だけではなく、ご相談者様へのアドバイスにも使い始めています)
少しずつ私もパワーアップしますので、難しい恋愛や復縁、恋人に振り回されてしまっている人は1度直接ご相談にいらしてみてください♬
お受付に条件はありますが、脳タイプと愛着スタイルで具体的にどう行動する事がベストか、一緒に考えていきましょう。

明日、心が晴れますように☀
カウンセラー佐藤愛