絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

31 件中 1 - 31 件表示
カバー画像

【英語学習者向け】英語学習の落とし穴!「化石化」に気を付けよう!

みなさん、こんにちは!reach9です。今日は、「化石化」についてお話します。地球資源の話ではなく、英語の話ですよ!ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!早速本題に入ります。「化石化」とは、「間違った知識を習得し、それがそのまま定着してしまうこと」を指します。第二言語習得研究ではfossilizationと呼びます。fossilが「化石」ですね。身近な例を挙げてお話します。「トイレ」のことは、英語ではtoiletではなくrestroomと言います。 toiletは便器のことだけを指します。 なので、レストランでトイレを探しているときに"Where is the toilet?"と店員さんに言うと、おそらくその人は内心では違和感を感じていることでしょう(それでも無事案内してくれるでしょうけどね)。正しくは、"Where is the restroom?"になりますが、例えば何年も海外にいる人がずっとこの言い方をしていると、間違った言い方が化石化してしまっている可能性が高いです。もう1つ例を挙げます。化石化がよく発生するのは、英語の発音です。thの発音がsと同じになってしまったり、lとrの発音が同じになってしまうことはよくあります。これは私が普段の仕事をしていて感じることですが、英語の発音が化石化してしまうと、それを修正するのは非常に困難です。何年もその発音をしてしまっているので当然なのですが、これを修正してもらうのは本当に骨が折れます…。英語に独特の発音については、過去の記事にまとめていますので、「自信無いかも…」という方はぜひこちらをご覧ください。また、化石化は学習方法にも
0
カバー画像

【英語学習者向け】「気づき」の重要性

みなさん、こんにちは!reach9です。今日は、「気づき」についてお話します。「気づきってなんやねん!」とお思いの方も多いと思いますが、れっきとした専門用語なんです。ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!それでは内容に移ります。「気づき」とは、第二言語習得における最初のプロセスとされています。その意味は、「大量の知識をインプットすることで、そこから新たな情報や法則性に昇華させること」です。はい、難しそうに聞こえますが、全く難しくありません。ご存知の方も多い、簡単な例を挙げてみましょう。exceptは「~を除いて」、excludeは「除外する」、exportは「輸出する」という意味ですね?ここから、「そうか、exで始まる単語は、外を表す意味になるんだ!」というのが気づきです。もう1つ例を出します。単語帳を学習していると、その中に同じ意味の熟語が含まれていることがよくあります。単語帳には1000個以上の語彙が収録されていることが多いですからね。それを何周もしていると、「あれ、take part inとparticipate inって意味同じじゃん!」ということに気づくでしょう。これはまさに、大量にインプットしたからこそ起こった気づきです。ちなみに、英単語の効率的な学習方法については、過去の記事で触れていますので、ぜひそちらもご覧ください。この学習方法は、何周もすることで「気づき」を発生させることも目的としています。「気づき」によって得た知識は、基本的に忘れることはありません。「あ、これってこうじゃん!」というインパクトとともに得た知識ですからね。みなさんもご経験があると思います
0
カバー画像

【英語学習者向け】「言語適性」を言い訳にしてはいけない!

みなさん、こんにちは!reach9です。今日は、「言語適性」についてお話します。ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!それでは本題です。第二言語習得論では、「言語適性」の存在が明らかになっています。文字通り(毎回言ってますね)、「言語習得には、生まれつき備わった才能が関係している」というものです。こう言うと、「やっぱりそうなのか…」「俺には英語の才能無いからやめよう…」と思われる方が多いでしょう。でも、これは大きな間違いです!どういうことなのか?言語適性とは、あくまで「いかにその言語を速く習得出来るか」に関わるものであり、最終的な言語力を表しているものではありません。短期的な学習の比率が高い、例えば、学校の定期テストなどでは、この言語適性はものを言うでしょう。でも、この記事をご覧になっているみなさんはおそらく、TOEICやTOEFLなど、長期的な言語学習が必要な試験に向けて勉強されている方ですよね?こういった長期的な言語学習では、言語適性よりもむしろ、日々の学習をいかに継続出来るか、どのように日々の学習を行うか、といったことの方が遥かに重要です。前回の記事で紹介した、「有能性」を意識した勉強などですね。ですので、この記事をご覧になったみなさん!「俺には英語の才能無いから…」という言い訳はもう通じませんよ。「言語適性よりも努力の方が重要だ」と考えて、日々の学習を継続していってください。ただし、「自分をモチベートする自信が無い」「どうしても短期間で結果を出さなければいけない」という方は、話は別です。悠長なことを言っている時間はありませんので、そういった方は、ぜひプロの力を借りて
0
カバー画像

【英語学習者向け】英語を勉強する上で必須!「有能性」とは?

みなさん、こんにちは!reach9です。今日は、「有能性」とは何かついてお話します。これを知っているかどうかで、勉強の効果に大きく差が出ます。ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!それでは本題です。「有能性」とは文字通り、「『やれば出来る!』と思えること」です。「たったそれだけ?」と思われるかもしれません。でも、たったこれだけのことが本当に重要なんです!例を使ってお話します。TOEICで500点ほどの人が、次に学習する単語帳を選ぶとします。その場合、600点用の単語帳と990点用の単語帳、どちらが良いでしょうか?はい、当然600点用の単語帳ですよね。990点用の単語帳を使ったら、わからない単語だらけでやる気が無くなってしまいます。でも、これを実際にやっている人がたくさんいるんです。ここで登場するのが、「有能性」です。第二言語習得論では「competence」と表現されます。直訳すると、「能力」ですね。上記の話に戻ると、990点用の単語帳をやっても、「絶対出来んわ…」と思ってしまいますよね?人間はそういった事象に出会うと、自然とモチベーションが下がるようにできています。逆に、600点用の単語帳なら、「これならやれば出来る!」と思えそうですよね?人間はそういった事象に出会うと、自然とモチベーションが上がるようにできています。これこそが「有能性」の正体です。第二言語習得論では、学習の動機付けの1つとして、この有能性の重要さが語られています。「時間がないから」「早く高得点を取りたいから」という気持ちは痛いほどわかります。 だからといって、今のレベルに合わない高度な勉強をしようとして
0
カバー画像

TOEICの落とし穴

インスタやTwitterなどのSNSを見ていると、本当に多くの方がTOEIC対策の勉強をされているなと思います。これはSNSを始めて一番最初に驚いたことでした。 毎日いろんな対策本で勉強したり、毎回のようにTOEICの受験を している人がこんなにも世の中にいたのかと。 かつては私もTOEICの点数に囚われていました。 800点もいかないうちは、自分の英語は伸び悩んでいると思っていましたし、 話す能力も十分にないと考えていました。 だから、その伸び悩んでいる壁を越えようとして ひたすらリスニングや読解のための勉強をしました。 ただ今振り返ると、その勉強が全て無駄だったとは思いませんが もっと早く英語を話すという方向に力を入れてもよかったなと反省をします。 だって英語を勉強する目的は、英語を話してコミュニケーションを取ることだから。 やり方にもよりますが、TOEIC対策をしているうちは「話す」力は伸びません。 なにも700点や800点なければ英語を話しちゃいけないなんて訳ではないですし、 500点や600点台の人だって十分すぎるほどにコミュニケーションを取れる人もいます。 つまり、TOEICの点数が何点でも、話すという練習さえすれば 持っている知識のなかで話せるし、それで十分ということもあるのです。 逆に、800点や900点でも話す練習をしていなかったら 勝手に口から英語が飛び出すなんてことは起こりません。 昔の私もそうですが、けっこう勘違いをしている人がいると思うんですよね。 TOEICで800点とか取れば、英語が話せるようになるって。 そんなことないんですよ。 もちろん点数が高
0
カバー画像

英単語 暗記のコツ#1

英語をやっていると単語の暗記は避けて通れない道。 わかってはいるけど、気が乗らないし、なかなか覚えられなくて 辞めたくなってしまいますよね。 だからこそ、少しでも効果的に暗記を進められたらと思います。 例えば、意味も分からないものを丸暗記するのは とてもつらいはずですよね。 ただの数字の羅列や意味のない暗号なんて 覚えられたもんじゃありません。 しかし、反対に意味に富んだものは記憶に残りやすいもの。 例えば、今日のドラえもんに新キャラクターが登場します。 その名前をテレビ欄で見ただけで覚えようとしても難しいですが、 ストーリーのなかで覚えたら忘れにくいと思いませんか? 英単語も同じで、意味のある中で覚えたら 記憶に残りやすいのです。 そこでオススメするのが、「例文」や「チャンク」を使うことです。 よく単語帳には例文や、2~3語くらいのフレーズが 記載されていますよね。 「何のためにこんなものが載っているのだろう」と思う方もいるかもしれませんが、 これらは、単語に「意味」を与えて記憶を定着させるのを 助けてくれるためにあり