絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

26 件中 1 - 26 件表示
カバー画像

初代チャレンジタッチを実用化しよう!

今回は、 まだサブ機として使えるレベルにまで魔改造する方法を解説します!前置き公式サポートはとっくに終わっており、サポートされるアプリも少なくなっているので、この記事を機に知識を付けて実践すると後々楽になるかも説明下手なのは元々なので、そこはお許しを (;^ω^)上級者なら直ぐに分かると思います ((´∀`))殆どテキストですが、気合で頑張って下さい!( ;∀;)必要なもの・SDカードを読み書きできる端末 (スマホでも可)・チャレンジタッチ本体 (40S404-01)・2.4GHz帯のWi-Fi環境・SDHC以前の1GB以上のフルサイズSDカード- - 最新の規格じゃなければ多分大丈夫d・GitHubより:s1204IT/CPadGPlayEnabler (40S404用)- -( github.com/s1204IT/CPadGPlayEnabler )ダウンロードしたファイルは解凍し、そのままSDカード内に貼り付けて下さい。「$base」がSDカードの一番最初に来ればOKです⒈ 本体の初期化⒈ 電源を切る⒉ ホームボタンを押しながら電源を付ける⒊ 「Benesse」と表示されたら、電源ボタンを離します。⒋ 「システム復旧モードに入ります」となったら、  一旦ホームボタンを離して、もう一度押し続ける。「しばらくお待ちください」と出て来たら、ボタンを離して下さい。⒌ 「工場出荷状態に戻しますか?」と出て来たら、  +(音量ボタン)で はい に矢印を合わせた状態で、  電源ボタンで決定する。⒉ 端末のroot化チャレンジタッチを起動させ、アプリ一覧(ホーム画面下側中央) → 設定
0
カバー画像

使わなくなったチャレパ2をうまく活用しよう!

今回は、ほぼ自動で簡単に通常タブレット化する方法をご紹介します!必要なもの・PC (Windows7以降)・チャレンジパッド2 本体・Mini USB Type-B・GitHubより:s1204IT/CPadGPlayEnabler (チャレパ2用)- - ( github.com/s1204IT/CPadGPlayEnabler )⒈ チャレパ2の初期化⒈ 電源を切る⒉ ホームボタンを押しながら電源を付ける⒊ 「POWERED BY android」と表示されたら、電源ボタンを離します。「システム復旧モードに入ります」となったら、一旦ホームボタンを離して、もう一度押し続ける⒋ 「工場出荷状態に戻しますか?」と出て来たら、+(音量ボタン)で はい に矢印を合わせ、電源ボタンで決定する。⒉ PCと接続チャレパ2を起動させ、アプリ一覧(ホーム画面下側中央) → 設定 → タブレット情報 へと進みます。ビルド番号 を7回タップして、開発者向けオプションを有効化します。※画像は後撮りですひとつ前の画面に戻り、開発者向けオプションに進み、USBデバッグを有効にします。ここまで出来たら、次はパソコンとUSBで接続します。(画像暗いな...)⒊ スクリプトの実行PC側で、CPad2.ps1を実行します。※Install adb.ps1はありません。実行すると次のような画面になりますPCチャレパ2チャレパ2側で許可し、PC側でEnterを押して続行します。そうしたらスクリプトが進んでいきます。Wi-Fiの設定が開くので接続し、PC側でEnterを押して続行します。暫く放置していると、Googl
0
カバー画像

SSL 証明書更新作業 Linux(Red Hat7) 01

■「教訓」 CSRで、秘密鍵を作成し、証明書が届いたら、まずは3つのハッシュ値が同じかチェックする。 [コマンド] ### .csr(証明書名要求) #openssl req -in domainname.csr -pubkey -noout -outform pem | sha256sum ### 証明書 #openssl x509 -in certificate.crt -pubkey -noout -outform pem | sha256sum ### 秘密鍵 openssl pkey -in domainname.key -pubout -outform pem | sha256sum 「md5」 #openssl req -noout -modulus -in domainname.csr | openssl md5 # openssl rsa -in domainname.key -modulus -noout | openssl md5 # openssl x509 -in certificate.crt -modulus -noout | openssl md5 今回これをやっていれば・・・ケツに火が付くことはなかったです・・・
0
カバー画像

Linux似ているようで別のOS

Linux似ているようで別のOSLinux 似ているようで別の OSWindows、MacOS と並んで Linux は PC の OS として多くの方が利用されている OS です。しかし、Linux の実態は結構複雑です。Linux といえば、似ている部分も多いですが、違う部分も意外に沢山あります。この記事では、Raspberry Pi で広く活用されている、Raspberry Pi OS と Ubuntu の違いの一部を紹介します。Ubuntu を選んだ理由Raspberry Pi を試すにあたって、最初に選んだのが Ubuntu(21.04 64-bit デスクトップ版  ARM64)です。 標準では、Raspberry Pi OS がマイクロ SD カードにプリインストールのような形で提供している場合が多いので、この OS を利用されている方も多いと思います。しかし、あえて Ubuntu を選んだのには理由があります。 普段の開発用に利用している Linux 系の OS が Ubuntu というのが一番大きな理由です。 同じ系統の OS を利用した方が比較などがやりやすいと考えたのが大きな理由です。Ubuntu の他によく仕事絡みで利用している Linux 系の OS に CentOS があります。どちらも「Linux」をベースにした OS ですが、実際に使ってみると、結構違う部分が多いのがわかります。 分かりやすい違いは、OS にアプリをインストールするための、パッケージ管理アプリなどが違います。Ubuntu では、「apt」という管理アプリを利用しますが、CentO
0
カバー画像

Raspberry Pi の Web サーバーの詳細設定

Raspberry Pi の Web サーバーの詳細設定Raspberry Pi の Web サーバーの設定を前回紹介しました。さらに実用に近い設定にするために、別の PC から Web サイトの中身を更新できるようにします。Web サーバーの管理に必要な事は?Raspberry Pi を利用した、Web サーバーのプロジェクトは基本的に家庭内のネットワークに Web サーバーを作るという前提で進めています。しかし、実際の Web サーバーの場合は、インターネットに接続されているため、外部からのアクセスが可能です。Web サイトを管理する上では、誰でもサイトの中身を変更できては困ります。Raspberry Pi のプロジェクトでも、Web サーバーの Web サイトの中身は管理者だけが更新できる仕組みが必要です。 今回は、Raspberry Pi にデスクトップ版の Ubuntu をインストールしているので、直接ログインして管理する場合には、このログインの認証プロセスで管理者を選別する事が可能です。直接、Raspberry Pi にアクセスしない場合でも、基本的には、このログインのプロセスを経ることで、一定のセキュリティを確保する事ができます。今回は、Web サイトの中身を管理するためのアカウントとして、webというユーザーを作成して管理するようにします。直接アクセスして、ユーザーを追加する場合は、ウインドウシステムの設定ツールで簡単にできますが、今回はネットワークを経由して、SSH で Raspberry Pi の設定をやってみる事にします。SSH の設定は、以前の記事で紹介
0
カバー画像

重くなる一方のWindowsは、Linuxに乗り換えてパソコン買い替えを回避する

あと、3、4日でMicrosoft(マイクロソフト)の新しいOS「Windows 11(ウィンドウズイレブン)」がリリースされます。新しい物好きな人には楽しみでしょう。 しかし、Windows 10に比べてメモリ容量など必要なパソコンスペックが格段に高くなります。Windows 10のサポート切れはまだ先とはいえ、「いずれ、またパソコンを買い替えないといけないのか」と憂うつになっている人もいるのではないでしょうか。 低スペックで動くOS・Linuxに乗り換えることで、パソコンの買い替えをせずに済みます。しかも、Linux自体は無料です。少し手間が増えるもののPhotoshopなどのWindows用ソフトも使えます。 ここでは、Linuxを使うメリットと、Windows用のPhotoshopやIllustratorをLinuxで使う方法をご紹介します。 OSの一種、LinuxとはLinux(リナックス)とは、オペレーティングシステム(OS、コンピューターの基本ソフトウェア)の一種です。イメージがわきにくい人は、「WindowsやMacのライバル」と覚えておけばいいでしょう。 ただ、アバウトにいって、シェアは「Windowsの1/10がMac、Macの1/10がLinux」です。なじみがないのも無理はありません。 Windowsがマイクロソフト社、Macがアップル社の製品であるのに対し、Linuxは「オープンソース」です。技術情報が公開されていて、世界中のボランティアが改良を進めています。 また、このようなスタイルのために、さまざまなディストリビューション(配布形態)があります。「
0
カバー画像

Raspberry PiにOSを入れる!

Raspberry PiにOSを入れる!Raspberry Pi を利用するために最初にすることは、OS のインストールです。まずは、OS のインストールに関連した事をまとめてみました。Raspberry Pi を利用するには OS が必要ですRaspberry Pi を利用するには、基本的に OS が必要です。利用方法によっては、OS を入れずに使う方法はありますが、OS を入れた方が効率よく利用できます。そこで、最初にやる事は、OS をインストールする事が最初の作業になります。Raspberry Pi で動作する OS は色々あります。殆どの場合は、事前にマイクロ SD カードに入れらた OS を利用するのが一番手軽で簡単な方法です。事前にマイクロ SD カードが設定されていない