いつも、大切な存在に”後から”気づく。

記事
ライフスタイル
こうしておけばよかったと後悔して身に染みる『勇気の価値』

負けて、勝って、初めて知る『努力の大切さ』

親になって感じる『両親の偉大さ』

傷ついてわかる『友の素晴らしさ』

失って気づく『当たり前の有難み』

いつだって本当に大切なことは、後から気づくもの。
その時は自分のことで精一杯で、周りに冷たく接したり、強い口調になってしまったり、物に当たったり…

大切なものを見失う時は、たいてい自分のことばかり考えている。

あなたが踏み出す”その一歩”にどれだけの人や家族が支えてくれたのかを
忘れてはならない。


あなたは普段、周りの友達や家族に感謝をしていますか?

確かにいつも明日はやってくる。
でも、もしそれが勘違いで今日ですべてが終わるのだとしたら、
どれだけ大切に思っているのか伝えなければ後悔をしてしまう。

だから今日あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう。

そしてその人を愛していること、いつでも、いつまでも大切な存在だということをそっと伝えよう。口に出せない人は、手紙で伝えてもいい。

『ごめんね』や『いつもありがとう』
『大好き』や『愛してる』を伝えられるときに伝えよう。

そうすれば、もし明日が来なかったとしても、あなたは今日を後悔しないだろうから。


もし良かったらプロフィールの方も見て下さい^^




サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す