絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

149 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

1戸建てお住まいの保守・点検

コロナが少し落ち着いてきた感もあり、最近思った1戸建てお住まいの保守点検について、ご提案します。住宅メーカーさん他 新築以降、2年間、5年目、10年目等点検を受けることが出来たりします。それは良いのですが、それ以降、或いは そういった点検実施がない状況、そのままの状況は余りお勧めしません。出来れば、5年に一度は点検実施して頂きたい。特に10年超えからは、必要と思います。但し、訪問販売的な業者さんの場合、中に良くない業者が混じる場合がありますので、地元で長くやっている業者さんがお勧め。可能であれば、新築のときの業者さんがベストです。良心的な業者さんですと、お住まいへのサービスとして、無料で見て頂けるところも多いと思います。後々必要なリフォーム等で予算が合えば、お願いする程度の気持ちで、遠慮はいらないと思います。必要な部位は 屋根・軒樋・床下といった場所。木造建物だとシロアリ・湿気・給排水水漏れの確認、普段見えないところの確認の為です。普段の生活で気になる部位があれば、そのときに聞くことも出来ます。お住まいは経年により、劣化も進みます。早めに発見対処することで低予算で解決できます。
0
カバー画像

自分が支給した材料・設備でリフォームできるの?~自身で材料支給 メリット、デメリット~

以前お客さんがリフォーム費用を抑えるために材料を支給したけど、その材料が使用不可の商品だったことがあります・・。お客さんはもちろん、リフォームする側も絶望感が尋常じゃない・・。どーも、Ponchaです('ω')リフォームする際、出来る限り費用は抑えたいものです!で、よくあるのが、見積書に記載されている商品をネットで検索したら、同じ商品なのにネットの方が安い!なので自分で商品は発注すれば、少し安くなる!という内容。でも、自身で商品を発注しても大丈夫なのか?と疑問を持つ方も多いです。ということで、今回は、自身で材料や設備、商品を支給してリフォームをすることはできるのか?というテーマでお話ししたいと思います!何でもかんでも自身で支給すると危険です!メリット、デメリット、注意点等詳細を書きましたので、参考に必要に応じて材料支給を検討して見て下さい。そのほかの記事もどうぞ!DIYのメリットとデメリット~DIYに向いている人、向かない人~リフォーム費用・見積書の見方とカラクリ~金額だけじゃない~リフォーム会社に頼らず、直接職人さんに依頼ってできるの?~不動産購入の流れ~初めてのマイホーム購入(中古マンション・戸建て編)~不動産購入にかかる諸経費って?~物件価格以外にも意外と費用が掛かる~近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩
0
カバー画像

ペットにやさしい床材

床材と言えばフローリング!と思われる方も多いでしょう。実際、新築物件ではほとんどにフローリング材が使われています。さて選ぼうとするとあまりの種類の多さに驚かれる方も多いのではないでしょうか。無垢フローリングひとつ取っても木材の種類によって価格もピンキリで、コーディネーターとしても悩みどころです。しかし、もしあなたが犬や猫と暮らしているなら、しょっちゅう走り回っている彼らにとっても床材は非常に大切です。そこでおすすめしたいのがペット用の床材になります。こちらは大建工業の商品です。一般のフローリングに比べて滑りにくいのが特徴です。また、フローリングよりも個人的におすすめしたいのがこちら。サンゲツのH-FLOOR、いわゆるクッションフロアです。居室にクッションフロアなんて賃貸物件のようで嫌だとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際、ペットにとってみればフローリングよりも弾力があり、何より爪を引っ掛けやすいクッションフロアは走り回るのにうってつけだったりします。ただし、もし床暖房を検討されているのであれば、床材は床暖房用一択となりますので注意してください。
0
カバー画像

2重床(置床)と直貼りの違いと見分け方~床リフォームの施工方法~

初めて直貼りフローリングの床を歩いたとき、ふかふか感がすごすぎて、酔ったことがあります。が、この話未だに誰も信じてくれません・・。どーも、Ponchaです('ω')マンション等の共同住宅の床をリフォームする際、遮音性のある床にする必要があります。そのためには現在のお部屋が2重床なのか直貼りなのか?を知る必要がありますが、そもそも2重床、直貼りが何なのか、わからない方も多いはず!ということで、今回はマンションの床リフォーム時の2重床と直貼りの違いと見分け方というテーマでお話ししたいと思います!2重床なのか、直貼りなのかで商品選定なども変わってきますので、現在の床がどういう工法になっているのかは知っておいた方がいいです!ちなみに、こちらの関連記事もどうぞ!共同住宅のフローリングって指定がある?~遮音等級、LL45、ΔL等級とは?~単層・複層フローリングって!?~単層・複層の違いとメリットとデメリット~その他の記事はこちらリフォームをする際、相見積もりしたほうが良い?~複数の見積を取るメリットって?~壁紙の張替え費用ってどのくらい?~mと㎡の違い・張替えの規模で変わる!?~賃貸不動産のリフォーム~賃貸住宅のリフォーム費用はどのくらいかかる?~不動産購入時のローン代行手数料って!?~支払う必要ない!?~近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロ
0
カバー画像

共同住宅のフローリングって指定がある?~遮音等級、LL45、ΔL等級とは?~

フローリングのリフォーム後、傷をつけない様に養生をし、ずれないよう養生テープで固定をしたのですが、完了後に養生を剥がしたら、養生テープの跡が残り、その除去作業が恐ろしく大変でした・・。どーも、Ponchaです('ω')マンションのフローリングリフォームをする時やマンション購入をした際に、管理規約などでフローリングの指定について書かれています。遮音等級LL45やΔLL(Ⅰ)-4等級がとれるフローリング材を使用なーんて書いてあるわけなんですが、そもそも遮音等級って?LL45って?ΔLL?読み方がわからん!なーんて思った方も多いはず!ということで今回は、共同住宅で指定されるフローリングの遮音等級についてという若干マニアックなテーマでお話ししたいと思います!戸建ての人は、正直あまり関係なのですが、音に敏感な方は参考にしてみてください!また、実はプロでも間違った認識の方も多く、途中マニアックな話も出てくるので、難しいと思った方はスルーしながら読んでください!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方はお気軽に連絡ください!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム
0
カバー画像

依頼する所を間違えないこと

信頼できるリフォーム業者とは  (基本編)もちろん信頼できるかどうかが大切ではありますが、費用を重要視したい場合には、会社名だけで決めることは避けたほうが無難でしょう。相談していく中で、大切な住居を信頼して任せられる業者なのか見極めていきましょう。スムーズにコミュニケーションが取れて、信頼できることが重要であるため、担当者が合わないと感じるなら担当替えを申し出るか、利用する業者自体を変えたほうがよいでしょう。インターネットで様々な情報が入手できるようになり便利になった一方で、信頼性に関しては不安があるのも事実です。それぞれの方法を駆使して、信頼できる業者を見つけましょう。大切な財産でもある住まいを託すリフォーム。ちょっとしたことから体調について気軽に相談できる、かかりつけのお医者さんを持つように、信頼できるリフォーム業者と出会うことは、安全で安心な暮らしを続けていくうえで、とても重要なことと言えるかもしれません。ご自宅の設備を古く感じたり気になる場所が出てきたりして、リフォームを検討されている方もいらっしゃるかと思います。初めてリフォームを考えられている方は、どの業者に頼んだらいいのか、信頼して任せられる業者が見つかるのか、不安も大きいですよね。リフォームで満足がいく施工してもらうには、業者選びが非常に重要になります。信頼できるリフォーム業者の選び方や、失敗しないための注意点、リフォームを行う予定のある方は、ぜひ参考までにご覧ください。HP活用する際の注意点としては、そのクチコミ自体の信頼性があるのかどうかを確認することです。担当者の人間性、相性も大切なポイントです。契約からリ
0
カバー画像

誰でもできる壁紙の採寸方法~無地の壁紙(クロス)の採寸と注意点~

昔納期が間に合わなくて、許可を得て問屋さんの倉庫に壁紙を夜な夜な取りに行ったのですが、セキュリティーが鳴り、警察・セコム出動!夜中3時ぐらいまで拘束されました・・。解せぬ!どーも、Ponchaです('ω')ここ近年DIYが流行っており、それに合わせて様々な商品が出回っています。なかでも特に人気なのが、手軽且つお部屋の雰囲気を変えられるのが、壁紙の張替え!購入した家だけでなく、最近では賃貸住宅でも剥がせるタイプのクロスがあり、誰でも壁紙の張替えを行えるようになりました!ただ実際張り替えようとした時、そもそも材料の採寸方法がわからない!って思う方が多くいらっしゃいます!ということで、今回は誰でも簡単にできる壁紙の採寸方法!というテーマでお話ししたいと思います!今回は、無地の壁紙の採寸についてお話ししたいと思います!私は賃貸住宅に住んでいるし、DIYやらないから知らないと思っている方も多いと思います。しかし、採寸方法を知っておけば、退去時に壁紙の張替え費用を請求された時、その数量が正しいのか自身である程度判断できるようになります!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方は
0
カバー画像

お風呂のリフォームの工事の流れと注意点~工事より養生や搬入などに注意~

昔リフォームを初日からスムーズに行えるように前日に一人で養生をしたことがありますが、エントランスから部屋までの距離がめちゃくちゃ長く、半日一人でひたすら養生をしたことがあります。ちょっと涙が出そうになりました。どーも、ponchaです('ω')水回りリフォームの代表ともいえるお風呂のリフォーム。ユニットバスを交換する!となったらどういったメーカーの商品を選び、どういったプラン・オプションをつけるかなど細かく考えると思います。多くの方が商品やプランなどを決めたら安心してしまう方も多いのですが、実はユニットバスの工事も色々と大変なんです。というのも、リフォーム会社さんもプランや商品については細かく付き合ってくれますが、工事になると基本業者さんに丸投げ!細かい工事工程を知っている担当者って実はあまりいないんです!ということで、今回はお風呂のリフォームの工事の流れと注意点というテーマでお話ししたいと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方はお気軽に連絡ください!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!お風呂のリフォームの流
0
カバー画像

何年も悩んでた水漏れが3時間で解決!

今日もお読みいただきありがとうございます。本日は賃貸マンションの問い合わせ。トイレの水が、タンクに溜まった状態でも常にチョロチョロと音がすることが気になっていたそうです。入居されてから数年経っているし、今更、管理会社に言いにくい…。と、ご依頼くださいました。実は水道料金が2ヶ月で数万円だったそうなんです!!お電話すると、すぐに「状況を見たいので、修理のものが伺います」と。ご依頼者様と時間の調整をして、その日の午後にすぐに見ていただけることになりました。結果としては、費用の4割負担(2千円程度)で修理していただけたそうです。タンク底のゴムパッキンが劣化していたとのこと。入居時なら、負担なしで交換していただけるそうなんですが、もう数年住んでらっしゃるので、「消耗品」という扱いになるので、修理は住居者自身が行うのだそうです。工務店や水道業者さんやホームセンターに依頼するにもどこがいいのか?パーツだけなのか?タンクを変えるのか?全て交換なのか?値段の相場は?など、業者探しから見積もりなど、時間がかかります。今回のことで、費用の負担はあるけれど、管理会社に相談していいんだということがわかってよかったとおっしゃってくれました。そして、次回の水道料金が楽しみですと(^^)私も報告を楽しみにしています♪
0
カバー画像

お風呂リフォーム当日まで何をすればよい?〜近隣挨拶・お風呂は何日入れない?~

リフォーム前の近隣挨拶。当時まじめだった私は近隣さんにちゃんと挨拶できるまで1日何度もお伺いしていました。不審者に間違えられて通報されたことがあります・・・。解せぬ!どーも、ponchaです('ω')水回りリフォームの代表ともいえるお風呂のリフォーム。ユニットバスを交換する!となったらどういったメーカーの商品を選び、どういったプラン・オプションをつけるかなど細かく考えると思います。多くの方が商品やプランなどを決めたら安心してしまう方も多いのですが、実はユニットバスの工事も色々と大変なんです。意外と皆さん気にされるのが工事までに何をしておけばよいのか!ということ!ということで、今回はお風呂のリフォームの工事まで何をしておけばよいのか?というテーマでお話ししたいと思います!日程の調整や近隣挨拶など細かく話していきたいと思います。事前準備・近隣挨拶だけで一記事書いちゃう、マニアックなお話です(笑)ただ、普通に大事なお話なので是非参考にしてみてください!プランや商品の注意点についてはこちらの記事を参考にどうぞ!お風呂のリフォームの流れと注意点〜ユニットバスの商品選定とポイント~近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますの
0
カバー画像

お風呂のリフォームの流れと注意点〜ユニットバスの商品選定とポイント~

昔ユニットバスの点検口を開けて採寸する際に、スマホのライトで照らしていたのですが、手が滑ってスマホがユニットバスの裏側に落ちたことがありました。ユニットバスの工事が始まるまで1か月近くスマホなしの生活・・。きつかった・・。どーも、ponchaです('ω')水回りの中でも商品によってはキッチンよりも費用が高くなるお風呂のリフォーム!毎日使用し、リラックスできる空間であるからこそ、こだわりたい人も多いはず!実際にお風呂のリフォームを始める際、どういった流れでどういったことに注意したほうがよいのか?意外とわからないことが多いです。ということで、今回は、お風呂のリフォームの流れと注意点というテーマでお話ししたいと思います。今回は、ユニットバスからユニットバスに交換する場合でお話ししたいと思います。戸建てのようなタイルなどで作られた在来のお風呂からユニットバスにするお風呂のリフォームは、また別記事にてまとめたいと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方はお気軽に連絡ください!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!何故リフォ
0
カバー画像

洗面化粧台リフォームする前の注意点~洗面化粧台選定の確認事項~

ベッセル型の洗面化粧台ってめちゃくちゃオシャレなんですが、正直めちゃくちゃ使い勝手が悪いと思っているのは私だけでしょうか・・。どーも、Ponchaです('ω')水回りのリフォームの中では比較的後回しにされやすい洗面化粧台リフォーム。でも洗面化粧台って朝の洗顔、手洗い、化粧、歯磨きなどなど振り返ってみると実はとても使う頻度が多いんですよね。使用頻度が多いけど、水回りのリフォームではお風呂やキッチンに注目されている為、意外と洗面化粧台リフォームについての記事が少ないです。今回は、洗面化粧台のリフォームをする前の注意点というテーマでお話ししたいと思います。近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方はお気軽に連絡ください!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!洗面化粧台リフォームは、洗面所と一緒に行う?冒頭でお話ししましたが、洗面化粧台のリフォームは、水回りリフォームの中では比較的後回しにされやすいです。さらに言うと洗面化粧台だけを交換するというリフォームは正直あまり多くありません。多くの場合が・ユニットバスの交換と一緒に行う・洗面
0
カバー画像

玄関土間…1畳では狭いのか?

玄関土間ってどれくらい必要なのか、気になるところではないでしょうか? 図面で見ると1畳の玄関土間は狭そうに見えますよね。 3Dで見てみましょう。1畳の玄関土間は人ひとりが靴を履いたり脱いだりするのにちょうどいい感じでしょうか。横に並べば2人で玄関土間に入れますね。 次に1.5畳です。 1畳よりはゆったりとした空間が確保できます。大きな荷物を持っても安心、といった感じでしょうか。 次は2畳です。 広さを感じる玄関土間です。家族が多かったり、一度に多くの人が来客する場合には広めだと使いやすいかもしれません。 我が家は結局、1畳より少しだけ広めの広さとなりました。 そもそもシューズクロークへの扉がつくため1畳ちょうどの大きさは難しかったのです。 1.5畳や2畳にしなかったのは、そのほかの部屋の大きさに影響が出てくるのと、夫婦しか住まないのでそこまで広い玄関土間は必要なかったためです。 人によって必要な広さは違うもの。 生活にあった広さを想像しましょう!
0
カバー画像

リフォーム見積一括サイトって利用した方が良い?~正直あまりおススメできない?~

昔、リフォーム見積一括サイトからお問い合わせいただいた方にお電話すると、何のことですか?ってたまに言われます。問い合わせあるあるです。どーも、Ponchaです('ω')というわけで今回は、リフォームの依頼する際、リフォーム見積もり一括サイトを利用した方がいいの?というテーマでお話ししたいと思います。リフォームを始めようと思ったときに何よりも気になるのが、リフォーム費用!リフォーム費用は知りたいけど、どこに依頼していいかわからない!ネットでは、リフォーム見積もり一括サイトについてたくさんの記事が上がっています。なので、今回はどのサイトがいいのかではなく、リフォーム見積もり一括サイトを利用した方が良いのかについてお話ししたいと思います!若干毒を吐いちゃいますが、あくまで個人的な考えなので参考程度にしていただければと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!リフォーム見積もり一括サイトってどんなサイトまず簡単にリフォーム見積もり一括サイトについてご説明しておきますね。リフォー
0
カバー画像

2022年の住宅リフォーム補助金・減税~リフォーム補助金の種類~

リフォームの補助金など昔は本当に苦手で、補助金アレルギーでした・・。慣れると大したことないんですけど、慣れるまでがね~・・・。どーも、Ponchaです('ω')今回は、2022年の最新のリフォーム補助金は何があるのか?というテーマでお話ししたいと思います。脱炭素に向けて様々な補助金・税制優遇が設けられていますが、何があるかわからない!って思っている方も会社さんも多いです。知識のある会社さんだと、補助金を上手く使ってリフォームしていますが、大体のリフォーム会社さんは、お客さんに言われて初めて対応することが多いんです。これからの時代はプロに任せっきりになるのではなく、自身でもちゃんと知識をつけて上手に優遇制度を使いリフォームしましょう。近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!2022年の住宅リフォームの補助金まず、2022年の住宅リフォームの補助金は、何があるのかについてご紹介したいと思います。・こどもみらい住宅支援事業・地方自治体・市町村が各々出している補助金上記が現在確定してい
0
カバー画像

オンライン完結でのリフォームプランニング

本来リフォームのプランニングは、現状を良く把握しないとできないのですが、ココナラのようなオンライン完結サービスでもできることがあります。●リフォームのプランニング通常はお問い合わせがあると、まず現場へ行き現状を確認します。採寸をしたり写真を撮ったりはもちろんのこと、水道や電気などの容量や経路確認(予測)も行います。また、現状から床下や天井裏にどのくらいのスペースがあるかを予測したりもします。次に行うのがラフプラン。現状で分かる範囲の情報をまとめ、どんなプランが可能かを考えます。お客様との打ち合わせや現状の再確認を繰り返し、ラフプランを修正していきます。プランがほぼ固まったら、一部分を壊してみたりして、プラン通りの工事が可能か最終確認をします。工事が始まると、今まで見えなかった部分が出てくるので、この時点でも確認、修正が発生します。解体が粗方終わって、初めて最終的な設計図面が出来上がります。●オンライン完結でのプランニングオンライン完結でプランニングを行う場合、現地に行くことができないので、最終的な設計修正は施工会社にゆだねるしかありません。ただ、写真や寸法をお客様から提供していただくことで、かなり詰めたところまでプランニングを進めることができます。ご提供いただく資料が詳しいほど、最終的な修正が少なく済みます。●オンライン完結でのプランニングのメリット・デメリット【メリット】・プランが決まっていると、施工会社に問い合わせをしてからのレスポンスが早くなります。会社により期間は異なりますが、初回プラン~最終的なプランに至るまでの時間が短くなるので、問い合わせ~着工までの期間を短縮でき
0
カバー画像

我が家の寒さ対策

【我が家の寒さ対策】寒くなってきました。いまのお住まい、お家の中が寒いと感じることはありませんか?なぜ寒いのでしょう?ひとが感じる体感温度は「身体の周囲の空気の温度」と「周囲の壁や天井や床などの温度」を足して2で割った温度と言われています。つまりエアコンでいくら空気の温度をあげたとしても、壁や天井、床が冷えていれば、体感温度は低くなってしまうということです。具体例でいえば、外気の温度が0℃の寒い日エアコンで室温を25℃まで上げたとします。しかし壁や天井や床の温度が外部の温度と同じように0℃もしくは10℃とした場合、体感温度は(25℃+0℃)÷2=12.5℃もしくは(25℃+10℃)÷2=17.5℃ということです。特に日本はサッシ・窓の断熱性能が大きく関わってきます。■そこで、まずは現在お住まいのお家が建てられて時期を確認しましょう。と申しますのもお家が建てられた時期におり壁や天井、床の断熱材の量(厚み)やサッシの断熱性能が違うためです。住宅に省エネという考えが取り入れられたのはオイルショックの時期と言われています。1973年の第一次オイルショック、1979年の第二次オイルショックを受けて、1980年(昭和55年)に初めて省エネ基準ができました。省エネ基準は意外と最近の基準なのです。1980年当時の断熱材の厚みは種類にもよりますが、一般的に使われているグラスウールという断熱材で天井は35㎜程度、壁は25㎜程度と言われています。私もリフォームの相談を受けて、1980年代前後の建物の壁や天井の中を見る機会がありますが35㎜程度の断熱材が入っていれば、という印象です。それ以前の住宅にも
0
カバー画像

壁紙選びのコツとは

はじめまして。インテリアコーディネーターの桐原レンです。引越シーズンですね。私は退去後のアパート・マンションのリフォーム工事を主とする内装工事会社に勤めているので、ここからゴールデンウィークくらいまでが繁忙期になります。本来、この時期はとにかく入居を急いでいるオーナー様が多いので、内装デザインを提案する機会は少ないはずなのですが、今年はリフォームにとどまらずリノベーションを希望されるオーナー様が多く、ありがたいことに毎日忙しくさせていただいています。やはり築年数の経っているお部屋は、内装や設備が古めかしく、年々入居が決まりにくくなってしまいます。どこまで投資すべきか、どの金額までだったら投資金額を回収できるかなど、経営者としては頭を悩ませることしきりです。設備交換に比べ、壁紙や床材は比較的安価でお部屋のイメージを変えることができるのでご依頼も大変多いです。そこでどんな壁紙にしたらよいか、不動産会社の担当者に相談しているオーナー様も多いかと思いますが、残念ながら窓口の担当者は内装のプロではありません。SNS映えだけを意識して、とんでもない壁紙を貼られてしまい、一向に入居者が決まらず、泣く泣く相談されてきたオーナー様もいらっしゃいます。部屋には部屋ごとに《合う壁紙》というものがあります。それは枠の色だったり、キッチンの色だったり、窓の数だったり、見える景色だったり、様々な要因が醸し出す総合的な視覚効果です。壁紙のカタログだけをめくって、派手だったり変わった柄の壁紙を選べば良いというものではありません。例え白いクロスでも、そのデザイン性でお部屋の印象を変えることがあるのです。「不動産
0
カバー画像

リフォームのこと、誰に相談する?

こんにちは、梅chanです。初めてのブログ投稿です。初回は、ぼくがココナラを始めようとしたきっかけを書こうと思います。今回は営業目線の内容です。リフォーム営業をしていると、こんなことをよく聞かれます。「そろそろリフォームしたほうがいいですか?」リフォームに限った話ではなく、その道のプロに対して、そもそもに自分にその商品やサービスが必要かを聞いてみたこと、ありませんか?特にリフォームは、一生に何度も経験できるものではないですし、その形も一邸一邸みんな違います。自分の家がそもそもリフォームが必要かどうかの判断って、非常につけにくいですよね。ついつい専門家に相談したい気持ちもわかります。でも、リフォームが必要かどうかを、リフォーム会社に聞いてはいけません。え、専門家なのに!?と思われるかもしれませんが、実際これを聞いてしまうと、返ってくる答えは一つしかありません。「はい、必要です。」言い方は違えど、必ずやったほうが良いと言います。理由は簡単で、やってもらわないとお金にならないからです。「まだ使えますので、リフォームはしなくて大丈夫ですよ」そんなことを言う営業は絶対にいません。リフォーム会社は、リフォームを売るのが仕事です。必要ないと言って顧客を帰していては、食べていけないのです。髪を切るべきかどうかを床屋に聞いてはいけない。という格言がありましたが、リフォームも同じです。かく言う私も、本業では同じことを言っています。まだまだきれいで、手を付ける必要が全くない状態でも、あの手この手でリフォームをするよう仕向けないといけません。細かい傷一つをきっかけに不安を煽って、契約に繋げることもあり
0
カバー画像

サムネイル用にサンプル作成しました

実際に今建てている我が家の3Dイメージ画像をサムネイルに使用していたのですが、サンプルとして使うには暗すぎるなぁと感じていたので、新たにサンプルを作りました。今回作成した間取りはこちら。ちょっと大きめのLDKです。真ん中からリビングダイニングに入る形です。広くてうらやましい~さて、これをもとに3D化したものがこちら。白を基調にした明るいLDK。観葉植物やグラス等の食器も各所へ配置しました。小物があると写真映えしますね。床は鏡面の石目調フローリングを使っているので高級感があります。ダイニングとキッチン。リビング。こちらは壁の装飾がないためシンプルに見えます。天井はキッチン・ダイニング側を下げてコーブ照明を作りました。天井高はリビング側が2.4mで一般的な天井高です。ダイニング側はそこから15㎝下げています。カーテン部分も天井を下げ、カーテンボックスを作ることでカーテンレールが見えないように。白は清潔感があり、部屋も広く見えます。ただ汚れが目立ちやすい色でもあるので、清潔感を保つのが大変そうです。間取りを立体的にみると家具を置く場所や歩く場所などがよりリアルにわかるようになります。新築やリフォームの際には平面図だけでなく立体的に見ることもおススメです。
0
カバー画像

WATA家と3D②

買わなかった土地の間取りをもう一つ。前回のブログでご紹介した土地をあきらめた後、次に検討した土地です。こんどは変形地で一部土地が飛び出たような形の土地です。間口が広く車2台を並列で止められる広さを確保できること、バス停が近く本数も多かったこと等が好印象の土地でした。そこで検討していた間取りがこちら。今回も購入には至らなかったためドア等がない簡単なイメージ画像です。1階LDKの隣にシアタールームとして使う8畳の部屋を入れています。LDKは今と似たような形です。L字のLDK。この間取りだとキッチンダイニングに行くのに若干通路が狭いところがあるのでそれが心配ではありました。やはり1階にシアタールーム(8畳)を入れるとLDKが狭くなりますね。今計画が進んでいる建物ではシアタールームを2階に移動させたためもう少し広くできています。さらに2階の間取りがこちら。寝室の下にある部屋はウォークインクローゼットとして利用する考えでした。0.5畳のクローゼットをなくすことで階段→ウォークインクローゼットまでを最短ルートにすることができます。畳んだ洗濯物を運んできたときには便利そうに見えます。また寝室にも扉をつければ2方向からアクセス可能になり使いやすくなりそう。ただその分収納力が減るので注意が必要です。この間取りでどうしても解消できなかったのが、右側に2部屋ある洋室の間取りです。私の希望としては洋室は隣接させず、せめてクローゼット等で少しでも離しておきたいと考えています。部屋が隣接していると音漏れ等があることを考え、クローゼット等を挟むことでこれを解消したかったのです。結局この土地は私たちが悩んでい
0
カバー画像

作品を追加しました。

今日も寒いですね。建築内観インテリアパースの作品を増やしていこうとコツコツ製作中。楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいます。こちらもよろしくお願い致します。
0
カバー画像

建築内観パース作成します。

建築内観パースを作成を始めました。注文住宅を頼んで平面図はあるけどイメージがわかない。どんな間取りになるんだろう?お客様にプレゼンするパースが欲しい!不動産チラシに。アニメや漫画の背景に。是非お試しください!他にもJWCAD作成、フライヤーチラシの作成等承ります。どうぞよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

幸せな家づくりのために・・・【第4章】

前回は、コストとデザインについて触れましたが、今回はもう少し掘り下げて優先順位(決め方、選び方)についてお伝えしたいと思います。 その前に、少し私がこの仕事を始めたきっかけについて書いておこうと思います。『住宅設備建材プランナー』という仕事は、私が勝手に命名したものなので、世の中ではまだ私一人しかいません(笑)なぜ、誰もやっていないことを仕事にしたいと思ったのかと言いますと、私のサラリーマン人生(24年)にそのきっかけがあります・・・。営業としてたくさんの工務店様、販売店様、エンドユーザー様と接する機会があった中で、現場で、よく言われた言葉・・・「こんなはずじゃなかった・・・」「最初に説明してほしかった・・・」「交換してほしい・・・」クレームや修理など、パターンは様々ですが共通していることは後悔している・・・ということ。メーカーの営業として、いい商品を提供したいという気持ちは常に持っていましたが、ユーザー様の予算や建設会社の都合で、「えっ、それ選ぶの?それでいいの?」と思うことも何度もあり、モヤモヤとした気持ちになったこともありました。上の画像にもあるように、後悔しない(失敗しない)ためには①とことんこだわる(最後まで自分で責任を持つ)②本質を見極める(その選択が自分に合っているか)この2つを意識すれば、後悔することはない?(少ない)でしょう♫具体的な例をいくつか・・・※吹き抜けが絶対にほしい⇒冬、暖房がまったく効かず光熱費が大変なことに・・・⇒でも、開放感のあるリビングを手に入れることはできたので後悔はしていない。※キッチンは対面にしたい⇒実際は物があふれてしまい、友達とか呼
0
カバー画像

1週間1000円 リフォームや店舗改装のご相談(*^-^*)

こんにちは。オリーブリノベーションデザインです。本日は雨から解放され晴れ間も期待できそうです(^^)さて、大変ご相談の多いインテリアコーディネート、リノベーション等のご相談窓口ですが『1週間1000円』でご相談(デザイン図面等は別途費用が発生します)し放題です。サイトのメニューでは「2000円」となっておりますがお先にメッセージやお問い合わせをいただきましたらこちらから「1週間1000円でご相談し放題!」の御見積書をお送りさせていただきますので是非!ご利用ください(*^-^*)店舗の設計や改装、不動産屋さんのお客様への物件提案などなどいろいろ活用していただいて大丈夫です。最近は収益物件、リゾート施設、セルフリノベーションなどのご相談も多くいただいております。お問い合わせお待ちしております。ψリフォームやリノベーションのご相談はオリーブリノベーションデザインψ
0
カバー画像

築40年の自宅をリフォームしない理由

おはようございます。オリーブリノベーションデザインわたなべです。今朝はじめっとした空気を感じ起床です。早朝4時長男猫と生後3か月の妹猫の布団ダイビングの巻き添えをくらいました(^^;)さて、我が家は築40年の中古マンションの角部屋、ルーフバルコニーのある3LDKです。風通り  眺望  環境どれも申しぶん無く、築年数の古いレトロ空間を活かしたインテリアとなっております。実はこの物件を見つけて、初めてお部屋の中に入る前にここに住もうと決めておりました。インスピレーションというのでしょうか。私にとって「眺望の良さ」が最優先だったこともあります。間取りやインテリアに関しましては何とか出来ることも知っていましたしレイアウトを考えたり変更したりして暮らしていくのも楽しいかなと思っておりました。仕事がリノベーション設計、デザインとうたっているのでお客様にはありとあらゆる住宅リノベーション、リフォームのデザイン等ご提案をさせていただいている身ではありますが本当いうと「とりあえず住んでみて欲しい」思いはこれに尽きます。住んでみないと便利、不便、動線の良し悪し、居心地の良い場所、風通り、寒い、暑い、快適さなどなど実感してはじめて「手を加える必要」があるのかがわかると思います。リフォーム工事のお施主様のご希望の中で「フローリングの張替」がトップ3に入ってきますが3LDKのマンションのフローリングの張替は50万円から100万円ほど工事費用がかかります。大きな負担です。しかし、いざお引越しされて後日ご挨拶にお部屋を訪問しますと家具(ソファー、テーブル、ベッドなど)やラグで床はほとんど表れていない状況です
0
カバー画像

はじめまして オリーブリノベーションデザインです

大阪で住宅・店舗の設計やデザインをしておりますわたなべです。3匹の猫と中古マンションに住んでおりまして、自宅で設計・デザイン・工事見積→現場で現場管理や打ち合わせ、とこんな日常を送っております。現在実案件としましては大阪市内の住みやすいランキング上位の街のタワーマンションの1室をリフォームしております。リフォームなので「リノベーション」とは違い間取りの変更などは一切ありません。おおまかには壁紙、床材、浴室、トイレ、ダウンライトなどの入替(取替)工事となります。リフォームする前にお施主様(リフォーム依頼者様)からリフォームのご希望、ご予算、工事期間のご希望をお伺いしそれを叶えていくのが私のお仕事となります。今回工事は予算400万円ほどとのご希望でした。予算内で何ができるか。何度か思案しご提案をさせていただきました。お施主様には提案、見積にご納得いただき 現在施工に至ります(^^)さて通常3LDKのマンションで400万円台でしたら色々工事はできますが今回お受けしましたマンションはもともと備えついてある設備や建具、その他材料のスペックが良く(例えばキッチンがペニンシュラ型、浴室が大きい)、入替する際も同じ大きさや形の商品を入れないことには、その他の大工工事がかさ張ってくるという事もあり、一部水回りの入替を断念いたしました。キッチンは部分入替とし、食洗器の取付(もともと食洗器が設置されていないキッチンです)、水栓入替、レンジフード、ガスコンロの新規入替になりました。工事というものは単純に商品代金に工事代を付加するだけでは構成されないことばかりでひとつ動けばもうひとつ、ふたつ動く(工事が
0
カバー画像

チラシのデザイン実績のご紹介【No.13】

外壁塗装専門の企業様のチラシをデザインしました。取り扱いをしているサービスの内容を分かりやすく記載し全体的に硬くならないデザインになるように心がけました。もしポスターやチラシ作成に悩まれていたら、一度気軽にご相談くださいませ。外壁塗装、カレー屋、理容室、旅行会社、ダンススクール、ペット、トリミング、サッカー、不動産、飲食、美容、学習、小売、エステ、幅広いジャンルのチラシを作成することが可能です。https://coconala.com/services/1596588ご興味がある方は、私のプロフィールページをご確認の上、お問い合わせをお願いします。https://coconala.com/users/2320460皆様により良い販促ツールをお届けできるように尽力いたします。
0
カバー画像

知らないはもったいない!火災保険を賢く活用! #火災保険申請サポート

火災保険申請サポートとは?自然災害の影響により建物に損害を受けている箇所を鑑定調査を行い、火災保険・地震保険の申請サポート(保険請求)をお手伝いするサービスです。ご加入されている火災保険の補償内容をしっかり把握していますでしょうか?なんとなく加入して、内容については実は詳しくわからないという方のほうが多いかと思います。災保険というのは、「実は、身近に利用できる万能な保険」です。例えば、■ 瓦やスレート屋根など、屋根材が強風で飛んだ■ 庭の物置が倒れ、隣家の塀を傷付けてしまった■ 飛来物が外壁や窓ガラスにぶつかり、ヒビが割れした■ 自転車が転倒し、外壁に傷がついてしまった■ カーポートの屋根が飛んだ、破損した、骨組みが曲がった■ 雨戸やシャッターが凹んだ、破損した■ 雨樋が外れた、凹んだ■ フェンスが歪んでしまった■ テレビアンテナが転倒した■ 誤って壁に物をぶつけて壁紙を破いたり壁に穴を開けてしまったなど、多くの被害に対応できる保険となっています。このような被害が確認できた場合、火災保険を利用することで、損害保険金がお支払いされます。破損していないように見える建物でも、当社の専門家が建物を鑑定調査した場合、築8年以上の場合、約80%以上の建物で損害箇所が発見され、損害保険申請を行い保険金を受け取っています。【 2020年度調査実績 / 築8年以上一戸建ての場合 】■ 平均給付金額100万円以上 ■ 平均給付率80%以上【 申請事例 】雨漏りが発生するようになり建物調査を実施。スレート屋根に雹によるひび割れ、強風による棟板金の浮き損害が確認でき、ひび割れた箇所から室内に漏水してい
0
カバー画像

間取り作成 「ゾーニング」の考え方

こんにちは、ナチュラルデザインY&KのKです。住宅の間取り作成を出品させていただいておりますので、間取りを作る方法についてお話したいと思います。今回はゾーニングについてお話します。それでは、住宅だけにこだわると視野が狭くなりますので、住宅以外を想像してみます。例えばカフェだとしたら、出入り口があって、客席があって、厨房があって、バックヤード、勝手口などあります。そして、レジはどこに置こうか、厨房は見せるほうがいいのか、客席はカウンター、テーブルの配置はと考えます。客席数は、厨房の広さはと考えると、必要な部屋、それぞれの大きさ、それぞれのつながりを、ざっくりと考えるのがゾーニングです。身近なところでは、お勤めの会社の事務所のレイアウト、スポーツジムのレイアウト、ショッピングモールなどもゾーニングの参考になります。目的に合わせ適切な大きさとそれぞれの連携を考えることがいいゾーニングにつながります。つまり住宅も同じです。そこに住まわれる方の行動を具体的に想像して、どのように各部屋などを連携させるのかがいいのかなど考えます。あくまでも箱の中におさめるようにしなければいけません。結果が良くないときは、ゾーニングから見直します。ゾーニングが良ければ、悪い間取りにはなりません。街中に出かけるときも、建物がある以上はたくさんのゾーニングであふれていますので参考になります。良し悪しいろいろありますが、悪しも楽しむゆとりがあるとデザインの幅が広がりますね。そんな見方をしてしまうのも、専門家としてのさがでしょう。