絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

39 件中 1 - 39 件表示
カバー画像

【自分を知ろうⅡ】You are You 理解できていますか?

上級心理カウンセラー❁悠です。前記事の続きで、まず【自分を知る】ということが、いかに大切かということを伝えていきたいと思い、改めて自分自身を見つめなおしてみてください。思考傾向があなたの「気分」や「感情」を変える!思考傾向とは、「考え方の癖」のようなものです。例えば、朝出かけようとした時に靴ひもが切れたとします。その時あなたはどのように考えますか?「古くなっていたのかな?」とあまり気に留めない人もいると思いますが「今日は気分を変えて違う靴で行こう!」とプラスに捉え、いつもとは違う気分を楽しむ人もいます。そして中には「何か悪いことが起こる前兆では・・?」と必要以上に不安になる人もいるでしょう。 このように、靴ひもが切れるという同じ事象でも、知らず知らずのうちに考え方の癖(思考傾向)を通じて、最終的に生じてくる気分や感情は大きく変わってくるのです。自己理解を深めていくために、あなたの思考傾向を理解しよう!●次の場面に出くわしたとき、A・Bのうち、あなたの考えに近い回答を①お気に入りのコップにヒビが・・・A「仕方ないか!新しいのを買おう!」B「急に壊れるなんて・・・  何か悪いことが起こる前兆では・・・」②占いを見ると結果が最悪A「たかが占い!気にしない!」B「事故にあったらいけないから、  今日は1日家にいよう・・・」③出かけようとしたら傘の骨が折れていたA「形あるものは壊れて当然!違う傘でいいや!」B「どうして壊れたんだろう・・落ち込むな・・」④仕事でミスをしたA「たまにはミスもあるよ!」B「こんなミスをするなんて・・。」 「なんてダメなんだろう・・。」⑤友達に誘いを断られたA「
0
カバー画像

【自分を知ろう】ストレスの原因を明確に・・・

初めまして。上級心理カウンセラーの悠です。あなたは、「今」自分の抱えている「ストレス」を自覚できていますか?目に見えないストレスをハッキリと自覚するのは、なかなか難しいものです。日常生活に追われていたり、他に考えなければならないことがあると、つい自分のことは後回しにしてしまうこともあります。しかしストレスは、非常に恐ろしい側面を持っています。少し気分が落ち込む、やる気が出なくなるなど、軽い精神的な苦痛で留まれば良いのですが、うつ状態など、精神的な病に発展することもあります。それに加え、ストレスにさらされ続けると、胃に出血や腫瘍が見られるなど、精神的な症状に身体症状にも表れてきます。日常生活内では、つい軽く見てしまいがちなストレスですが、放置しておくと、非常に危険な症状となって私たちを苦しめる可能性があるものなのです。こんなことにならないように・・・ストレスを測定して、自分自身の状態を客観的に理解していこう!これは、最近のあなたのストレスを測る事ができる一つの指標になります。 これらの質問を、最近のあなたの様子を思い起こしながら、当てはまると感じるものに☑していってください。この時のポイントは、あまり深く考えず、直感的に☑していくことです。●それでは当てはまるものに☑しましょうストレスチェックの結果 ●チェックが0個~2個あなたの心は健康で、気分転換が上手くできているようです。上手にストレス解消ができているので、その解消法を大切にしていきましょう ●チェックが3個~6個気がつかないかもしれませんが、ストレスを抱えています。まだ我慢できる程度かもしれませんが、これ以上無理をすると心
0
カバー画像

自己理解が他者からの評価を高め人生を変える

「自分が評価されていないと感じているんですね。でもそれ、ご自身が自分の強みを理解してないからかもしれないですよ。」これってどう思いますか?自分の強みの理解が他人の評価にどう関係するんでしょうか?強みが分かるとなにが変わるか考えてみましょう。今日はそんな一日に。求められ、評価される強みを発揮するために自分の強みに気づいてない、だから本領を発揮できてない。宝の持ち腐れになってることは多いものです。また、相手の期待に応えてるつもりでも、自分の持ち味が活かされてないから結果が出ないってことも。強みに気づくと求めに応じて適切にその力が発揮できるようになり、評価が思いきり好転します。強みの発見は人生を変えるインパクトがあるこれは私自身体験したことです。自分の強みが「なんとなく」から「確信」に変わった瞬間。いまこのように強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスを皆さんに伝えるようになったきっかけ。ウェルスダイナミクスの自己分析で自分の強みを確認した瞬間のことでした。強みの発見には人生を変えるインパクトがあります。
0
カバー画像

自己一致は自己評価と他己評価のギャップを知ることで成される

おおざっぱに見える人でも、人への配慮には凄く気を遣っていてきめ細やかだったり。それぞれのタイプ、その価値観によってどこに注力するか、気を遣うかに違い、特徴がでます。あなたは日頃、なにに力を注いでいますか?そこに自分の本質を理解する鍵が秘められているかもしれませんよ。自己、他己、評価のギャップが見える化ウェルスダイナミクスの強みの見える化フレームワーク「内的価値」。強みの見える化をするにあたり、自己評価、他己評価を行います。そして、そのギャップを確認するんです。これがとても大切。ここで自己評価と他己評価が一致している人は、他人に対してもありのままの姿でいる「自己一致」している人といえるでしょう。自己理解がまず先性格特性、気質といったタイプによる価値観が日頃注力していること、興味、関心に大きく影響してます。ただ、他人からの表面的な評価と自分の持つ本質的な良さ、持ち味にギャップがあったりするものです。これがけっこうモヤモヤするんですよね。他者評価を受け入れることも大切ですが、自己評価に確信を得てからでないと混乱します。自己一致には、自己理解がまず先んじます。こちらのサービスでは、自分がどんな性格特性があって、価値観の傾向はどんなものなのかが分かります。
0
カバー画像

【独り言】私が占いを通してやりたいこととは?

前回に続き、独り言回でございます(笑)興味のある方は読んで頂けたら嬉しいです。私はここ数年相手にとって都合のいい形で優しくし過ぎたなと反省。 私があまり反論しないのは会社員時代にご指摘対応を散々やってきて効率良く場を収められる方法がそれだったから。 でもそれはその方法がその場では適切だったからという話で、今は違う。 今私がやることはその場を効率良くこなすことではなくて、目の前の方がより幸せになるために私のできる限りのことを伝えること。 元々私は「より良くしたいからこそ直すべき部分ははっきり伝える」というのを大事にしてた人間で、そのせいで嫌われることがあったくらい(笑) 数年間ずっといかにして場を収めるかばかり考えていたので、すぐには方向転換はできないかもしれないけど、少しずつ変えてゆくぞ! 占い師をやる前はサービス業で責任者を経験しており、ご指摘対応はもちろん、新人教育なども行っていました。そんな経験を活かして、今後は対人スキルについてのお話やご指摘対応の仕方などもお伝え出来たらと思います。占い師らしくない占い師ですが、皆様のお役に立てる知識をお伝えしていきたいと考えています。今後ともよろしくお願い致します!
0
カバー画像

【独り言】占い活動自粛中に感じたこと

現在私は体調不良により、対面での占い活動を自粛しています。その中で感じた独り言を書かせて頂こうと思います。私はずっと家にいるのが無理なタイプで気付いたら出掛けたりイベントやったりしてしまうタイプだと思ってたんだけど、本当はそうじゃなくて「ずっと家にいる自分はダメだ」と思っていただけなんだと気付かされた。 私は小学生の一時期不登校だった期間があるのもあってか、「家に引きこもってはダメだ」とか「外向的で周りと協調しなければいけない」というのが自分の中で無意識に染み付いてるみたい。 でも実際は「しなければいけないこと」ではなくて、「してもいいし、しなくてもいいこと」なんだよね。 外向的でもいいし内向的でもいい。 全部私が好きに選択できること。 自分はそこまでではないと思っていても実は自分で思ってる以上に「○○な自分はダメ」に囚われていたりするなあと実感。 たぶんきっと自分とじっくり向き合う時間を作らないと、自分が何に囚われているのか、そもそも何かに囚われているのかどうか、ということは気付けないんだと身をもって体感している。もしそんなふうに自分が何かに囚われているのかもしれない、囚われているかどうかは分からないけど漠然とモヤモヤを感じている、そんな時はどうぞお気軽にご連絡下さい。ひとりで向き合おうと思うとなかなか気付けないものです。宜しければお話、聞かせて下さいね。
0