絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

18 件中 1 - 18 件表示
カバー画像

予備案を設定している限り失敗する

あなたは何かをやるとき、代替え案を設定しますか? もし、企画を立てた際に失敗したときのことも考え、予め代替え案を設定しているとしたら、そのプロジェクト自体間違いなく失敗します。なぜなら、失敗すること前提で物事が考えられているからです。ただ、企画はあくまで企画です。 途中で予想外のことも発生します。 例えば、思うようにリーチできず見込み客が集まらない場合、そのひとつの問題に対し改善策を講じればいいだけです。そう、やめて代替え案に切り替えるのではなく、改善策を講じればいいのです。これは、当たり前と思われるでしょうが、障害が重なることで心の壁が邪魔をします。「どうせやっても無理じゃないの」かな。 「はじめから上手くいかないと思った」など。 このように考えるようになるのです。 そして、 この心の障害が顔を出すとどうなるか。 そう、改善策を講じるのをやめて、心が代替え案に誘導を始めるのです。「ダメなことはすぐにやめたほうがいい」という もっともらしい言い訳を自分に言い聞かせて。 しかし、これはただの言い訳です。 始めから逃げること前提で物事を考えた時点で、それはもう失敗なのです。このプロジェクトが失敗したら世界が滅亡するわけではありません。失敗したら、軌道修正しながら規定値に浮遊するように改善すればいいだけです。もしあなたがひとつの事案に対して達成したことがないとしたら、逃げることをやめて自分に決意表明することです。あなたが稼ぐと決めない限り、誰がサポートしても何も変わりません。あなたの心が本気になったとき、すべての歯車は動き出します。ということで、今回はここまで。*** *** *
0
カバー画像

「2025~新ノアの箱舟物語!」

何だか「2025年問題」って、今話題だよねぇ~♪でも、それって何なの?何が問題なの?「老後問題?」、「介護問題?」「年金問題?」、「南海トラフ地震問題?」「台湾有事問題?」、「ロシア・ウクライナ紛争?」それとも「イスラエル・パレスチナ問題?」・・・何じゃろか?まさか「たつき諒」の「私が見た未来」の予測で、2025年7月に大災害が起こる?との未来予測の事かな~?ってね。また「大地震」とか「津波」とかかな?それとも「富士山大噴火」とか?ただね~、それよりもっと「ヤバイ」ヤツが2025年にやってくるのじゃ。それが「太陽フレア」と「隕石落下」じゃ。もう知っているよね?知らないの?それは、ヤバイぜよ。^^;まだほかに「ヤバイ」ヤツが存在しているかも知れないけど、今は、この2件じゃ。「太陽フレア」って、学校で習った「太陽の黒点」というヤツがあるじゃんか~、「太陽の表面温度が低い」ヤツが「黒点」じゃ。それが増える時があるのじゃ。定期的にね。その「黒点」が増えると「太陽表面が活発」になって「地球」に「エックス線」とかの「電磁線」が、ド~ンと最初に降りかかって~、次に「高エネルギー」の「粒子線」が襲ってくるのじゃ。すんごいねぇ~!それと最後にやっかいなのが「電気を帯びたガス」が来るのじゃ。そうね~「太陽フレア・三段式ロケット?」みたいなもんじゃ。うぉ~!これって、も~「ロシア」の「超強力メガトン原子爆弾」よりも「数倍?」いや「数万倍?」もデッカイ「恐怖の大魔王」じゃ。それを世界各国の「予言者?」とか「霊能者?」とかが予言して?おるぞよ。「たつき涼?」も予言していたのかな?ま、彼女?は、「予定日と
0
カバー画像

報われないこともあると知る!【アラフィフ心理カウンセラー「うさぴょん」のココナラ電話相談】

近くにいる誰かが「失敗は成功のもと」と言ったことがあるかもしれません。確かに、成功には多くの挑戦と試練が伴いますが、その一環として報われないことも経験することがあります。仕事やプロジェクト、人間関係など、あらゆる側面で頑張ったにもかかわらず、思うような結果が得られない瞬間は、我々が直面する現実の一部です。 何かを成し遂げようとすると、期待通りにいかないことがしばしばあります。しかし、これは失敗ではなく、むしろ学びの機会であると捉えることが大切です。報われないことがあるからこそ、成長し、進化することができるのです。 この現象に対する理解が不足していると、挫折がただの失敗として受け入れられがちです。しかし、報われない状況は、自分の弱点や改善の余地を知る機会ともなります。失敗から学び、それを次に活かすことで、次回のチャレンジでより良い結果を生み出すことができるのです。 さらに、報われない経験はモチベーションを向上させるキッカケにもなります。目標に向けて努力しても報われないと感じたときこそ、自身の目標や価値観を再評価し、より意味のある目標に向かって努力することができます。 挫折を知ることは、人間関係においても重要です。コミュニケーションの誤解や意見の不一致が報われない状況を招くことがありますが、これは単なるコミュニケーションスキルの向上の機会として受け入れるべきです。他者との連携においても、報われないことがあるからこそ、より良いコミュニケーションの方法や協力関係の構築に努めることが求められます。 総じて言えることは、報われないことがあることは避けられない現実であり、それを否定せずに受け
0
カバー画像

道がそれていたら 軌道修正する!【アラフィフ心理カウンセラー「うさぴょん」のココナラ電話相談】

近道を選びたい、効率的に目標を達成したい、そして毎回のタスクで最高の結果を出したいと思うのは当然のことです。しかし、人生や仕事の道は時折曲がりくねり、私たちの計画が予期せぬ方向に進むことがあります。そんなとき、重要なのはそれを受け入れ、そして軌道修正することです。 成功への道において、最初から最後まで一直線に進むことはまれです。途中で計画が狂ったり、思わぬ障害が現れたりすることはよくあることです。しかし、それが失敗ではなく、むしろ成長の機会であると捉えることが重要です。 軌道修正は、目標に向かう過程で起こる変化に適応し、柔軟性を持って行動することです。たとえば、新しい情報が明らかになったり、状況が変わったりした場合、初期の計画を見直し、修正することが求められます。 人生は予測不可能であり、完璧な計画が存在するわけではありません。しかし、その不確実性こそが面白みでもあり、挑戦でもあります。軌道修正を怖れずに受け入れ、柔軟に対応することで、逆境をチャンスに変えることができるのです。 成功者たちの多くは、最初の計画が狂ったときにこそ、本当の才能を発揮しました。彼らは柔軟性を持ち、変化に対応することで、逆境を乗り越え、目標に向かって前進しました。 軌道修正は、失敗や誤差を悔やむのではなく、学びと成長の機会として受け入れることです。そして、修正した軌道で再び目標に向かって進むことで、より強く、より賢くなることができます。 成功への道はまさに軌道修正の連続です。柔軟性を持ち、変化に対応することで、私たちは毎回のタスクで最高の結果を生み出し、最終的にはより大きな成功に繋げることができるでしょ
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ481:行動する秘訣

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。「このままではまずい」と思いながらも、動けない・動こうとしない人がいる一方で、素早く行動を起こし、成果を上げている人もいます。その差はどこにあるのか、どうすれば「動ける人」になれるのでしょうか。 「行動する秘訣」は、ずば抜けた精神力やモチベーションにあるのではなく、すぐの行動を起こせる人も、悩んだり不安になったり、時にはやる気が出なく戸惑ったりしています。ただ1つだけ違っているのは「仮決め・仮行動」と「軌道修正」の習慣があるかどうかです。少し、詳しく見てみます。 1.「すぐに動けない人」が多い  誰しも ・考えてばかり、愚痴ってばかり、言い訳ばかり  ・解決策を知っているだけで満足して、何も行動しない  ・行動不足が原因で、ずっと同じ問題や課題に悩んでいる ということがあるはずです。やらなければという焦りや不安はあるのに、なかなか動けない、どうでもいいことはできるのに、重要な課題や問題には正面切って向き合えず逃げてばかりいる、仮に行動したとしてもその場限りでごまかしている、というだけでは行動が積み上がっていかずに、それでは何の成果も出ません。 2.「一発逆転」は狙わない  変わりたいのに変われない、行動したいのに動けない人の多くは「一発逆転」「起死回生」を狙っています。すぐに行動できる人や行動力のある人に対し、憧れを抱くとともに、時に焦りを感じます。行動力のある人や優秀な人と自分を比べ、劣っている・出遅れていると感じます。だから、大きなことをしないと駄目だ、何か凄いアイデアを思いついて何か凄いことをしないと追いつけない、置いていか
0
カバー画像

ちょっと立ち止まってみませんか?

こんばんは、りさこです。日々、介護現場で働きながらご利用者さんの支援を行っています。そんな経験を活かしココナラではお客様のお話しに親切丁寧に向き合わせて頂いています。早いものでお正月も過ぎましたがちょっとお疲れの方もいるのではないでしょうか?✅最近イライラしがち✅身近な人に当たってしまう✅何となく焦る✅思うようにいかない✅気分が落ち込むそんな気持ちになったらもっともっとと頑張ろうとせず一度立ち止まってみることも必要なのかも知れません。なんでこんな気持ちになるのだろう?と客観的に自分と向き合ってみることもおススメですね(^^♪もしかしたら✅最近仕事で忙しかった✅休日も副業していて休めていなかった✅家族との間でイライラしていた✅最近睡眠不足だった✅ちゃんとした食事を摂れていなかった振り返るとそんな出来事があったりして本当はやらなくても良いことをやっていたりあれもこれもやってキャパオーバーになって無理して頑張っていたのかも知れませんね(^-^)身体が疲れてくると気持ちも連動して落ち込んだり、悲観したりやる気がなくなったりしますね⤵でもそんなときは無理して前へ進もうとせずゆっくり休んでくださいね!また進んでいる方向が間違っていますよ~!なんていうサインかも知れないので軌道修正も大事ですね♪私もそんなことがあったりするので自分にも言い聞かせるように今回のブログに書かせていただきました(≧▽≦)皆さんもそんなことありますか?読んでくださってありがとうございました。りさこ毎日お疲れ様です❣✨✨何となく疲れてしまったらお話し伺いますね(^-^)
0
カバー画像

上位者の考えの常に一歩先を行く

チームのリーダーから、「自分が考えてチームのメンバーにこうしようと言った後に、上位者からそうじゃないと言われ軌道修正することが多い。どうしたらいいでしょうか」という悩みをよく聞きます。そんなとき、僕は、次のようなアドバイスをしています。一番いいのは、上位者が考えているであろうことを想像し、それよりも一歩先、つまり、上位者の考えがそこまでは行き着いていないだろうと思うことを先回りして考え、何かのついでに、「こうやって進めておきます」、或いは、「こうやって進めています(事後報告)」とインプットすること。上位者は、そのことを深く考える前であるため、明確な意見を持っていません。それに、まだ差し迫った状況ではないと考えているため、判断が甘くなります。また、“何かのついで”ということは、重視しているのは“何か”の方であり、関心はそちらに向いています。そこを先制攻撃するイメージです。そうすると、そのまま承認される確率が上がります。また、承認したという形をとることで、上位者の心の中に、後から覆すことへの抵抗感が生まれます。このように、先手先手で進めていくと、上位者から干渉されることが少なくなってやりやすくなるのではないでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございます。このことから、少しでも新たな気づきや考える上でのヒントに繋がることがありましたら幸いです。
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ333:すぐに行動できる人の特徴

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。コロナ禍で、「このままではまずい」と思いながらも、動けない・動こうとしない人がいる一方で、素早く行動を起こし、成果を上げている人もいます。その差はどこにあるのか、どうすれば「動ける人」になれるのでしょうか。行動する秘訣は、ずば抜けた精神力やモチベーションにあるのではありません。すぐの行動を起こせる人も、悩んだり不安になったり、時にはやる気が出なく戸惑ったりしています。ただすぐに行動に移せる人となかなか行動に移せない人との違いは、「仮決め・仮行動」と「軌道修正」の習慣があるかどうかです。少し、詳しく見てみます。 1.「すぐに動けない人」が多い  多くの人は、  ①考えてばかり、愚痴ってばかり、言い訳ばかり  ②解決策を知っているだけで満足して、何も行動しない  ③行動不足が原因で、ずっと同じ問題や課題に悩んでいる ということがあるはずです。やらなければという焦りや不安はあるのに、なかなか動けない、どうでもいいことはできるのに、重要な課題や問題には正面切って向き合えず逃げてばかりいる、仮に行動したとしてもその場限りでごまかしている、というだけでは行動が積み上がっていかずに、それでは何の成果も出ません。 2.「一発逆転」は狙わない  変わりたいのに変われない、行動したいのに動けない人の多くは「一発逆転」「起死回生」を狙っています。すぐに行動できる人や行動力のある人に対し、憧れを抱くとともに、時に焦りを感じます。行動力のある人や優秀な人と自分を比べ、劣っている・出遅れていると感じます。だから、大きなことをしないと駄目だ、何か凄いアイデアを
0
カバー画像

酒とタバコがやめられない主人が心配(お悩み)

健康診断で高血圧や、他にも数値が基準値よりも高くお医者さんからも気をつけるように言われているのに、仕事のストレスなどを理由にタバコもお酒もやめない主人を見ていて大きな病気にならないかと不安です。やめろとまでは言いませんが、せめて量を減らすとかもう少し体のことも考えて欲しいし、家族もいるのに無責任さに見ると苛立って、言えば言い合いになってしまいます。どうしたら分かってもらえるのでしょうか。もしご主人が病気になってしまったら…と考えると様々な生活における支障などについて想像してしまい、不安になりますよね。これが防げないようなものであれば仕方ないけれど、健診等で分かっていて気をつければ充分防げる可能性があるにも関わらず、その原因となるリスクのあるものをやめてくれない、控えてくれないことに対して、「家族のことも考えてくれないなんて無責任じゃないか」という気持ちもこみ上げてきますよね。ご主人も内側では不安を抱えつつも「分かっちゃいるけどやめられない」という状態で葛藤しているのかもしれませんね。ご主人に病気に繋がる恐れのあるものをやめて欲しい気持ちは分かりますが、正直、人を変えることって出来ないんですよね。本人が心から「辞めたい」「健康でありたい」と願った時にそのように行動することができます。ですが、あなたの想いがご主人に影響を与えることはできる可能性があります。今は病気になってしまった場合を想定して不安にフォーカスしていると思いますが、その気持ちを脇に置いて、望む方についてイメージしてみてください。例えば、ご主人とたわいもない話を楽しんだり、笑い合ったり、食事をしたり、出かけたりしている
0
カバー画像

初めまして! lisaと申します。

こんにちは 初めまして!初ブログ最初は簡単に自己紹介をしたいと思います私は大阪生まれの大阪育ちで父方の祖父母の家で育ちました。幼少期は わんぱく盛りで家族に沢山沢山お世話になったなぁ。。と今思うと懐かしいです。やりたい事 やりたくても出来ない事やってはいけない事 人との信頼関係等 学んだ期間でした。高卒で警備関係の会社に就職し寮生活をしました。ここでは決められたルールを守る責任感だったり先輩後輩の上下関係だったり お金を稼ぐ達成感実家を離れた事で親への有り難み 等人生を生きていく事 感謝する事について色々考えさせられた期間だったと思います。成人を迎えた頃 あるテーマパーク(サービス業)のお仕事募集がある事を知り絶対働きたい!!と 心の底からやりたい事を見つけ 正社員だったにも関わらず 普通のアルバイトに転職しました。今思えば1回目の人生の転機だったのかなと思います。その為 寮を出て実家に戻ったのちタイミングをみて 一人暮らしを始め 働いていました。恋愛に関してはこの頃からチラホラありこの頃の私は やりたい事は直ぐ行動!を 心がけていました。やらなくて後悔するより やって後悔する方がまだいいそんな感じで 人生を一番自分らしく楽しんでいた期間だったと思います。やりたかったお仕事は 数年 楽しくお仕事させて頂いたのですが。。もっと稼ぎたい!!!と人間の欲が 出てきて点々と転職する様になりましたあるホテルのフロント業務やビルの掃除スタッフだったりコンビニのスタッフや保険の営業 等好奇心旺盛の私は やりたいと思う仕事は 色々したと思います。三十路を過ぎた頃 祖父母に育てられた私はお爺ちゃ
0
カバー画像

納得できれば、メンバー自ら軌道修正しながら動く

チームのメンバーに 『いかに納得して動いてもらうか』、これはチームを運営する上で僕が最も重視しているポイントで、最も時間と労力を割くべきことと考えています。一方で、そうではなくて、自分の考えをメンバーにそのまま伝え、その指示通りに動いてもらうのを“良し”とするリーダーの方が実際のところ多いですし、そういうリーダーの方々からは、納得してもらうのに多くの時間や労力を割くくらいなら、メンバーに細かく指示を出し、すぐにその指示通りに動いてもらう方が効率的、という声も聞かれます。では、なぜ僕が、『いかに納得して動いてもらうか』をそれほど重視しているのか、なぜ納得してもらうために多くの時間や労力を割くのかをお伝えしたいと思います。それは、自分が心から納得したことは、多少の困難があっても、また、多少最初のやり方に不備があっても、他人のせいにしたり言い訳することなく、自分事と捉え、自ら工夫したり軌道修正しながら最後まで責任をもってやりきってくれることが多いからです。一言で言うなら、単なる作業でとしてではなく、心を込めた仕事をしてくれるからです。納得したことは、自ら考え、前向きな方向にどんどん進展させていってくれます。後ろ向きな発言や愚痴はでてきません。一度、メンバーが心から納得してくれるまでとことん話し合ってみると、ご理解いただけるかと思います。最後まで読んでいただきありがとうございます。このことから、少しでも新たな気づきや考える上でのヒントに繋がることがありましたら幸いです。
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ65:行動できない人を変える

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今日は「行動できない人を変える」と題して書いていきます。コロナ禍で、世界や社会が激動していく中で、「このままではいけない。何とかしなければ」と思いながら、何もできないでいる個人や企業がいます。 1.行動できない人が持っている「共通の思い込み」  行動できない人が持っている「共通の思い込み」には次のようなものがあります。  Ⅰ:失敗してはいけない  Ⅱ:正しい答えを見つけなければならない  Ⅲ:行動するには完璧でなければならない  Ⅳ:一度始めたら成果が出るまで継続しなければならない  こうした思い込みが行動に移すのを躊躇わせています。コロナ禍のような危機的な状況では、何が正解か分からず、どこへ向かうのか、目指すべき方向が見えてきません。すると、現状維持、とりあえず今までと同じ状況を死守したくなり、何ら効果的な行動に着手せず、ダラダラと1年、2年と時が経過するだけで終わってしまいます。  先が見通せない状況でも、本当に変わりたいというのであれば、予定調和の日常から一歩踏み出すしかありません。別に「行動する」と言っても、大逆転を狙う必要はありません。「まず第一歩を踏み出す」だけでいいのです。 2.変化の多い時代だからこそ「近道」や「一発逆転」は不要  「大きなことをしなければならない」と一発逆転を狙えば狙うほど、思考や行動も硬直化してしまいます。ちょっとしたアイデアを思いついても、「この程度のことで一発逆転を狙えないからやっても無駄」と諦め、言い訳ばかりで行動に移しません。  こうした状態から抜け出るために、「仮決め仮行動」が重要にな
0
カバー画像

ジグソーパズルと思い込み

私はあまり無駄だとわかっていてやること・・・は好きじゃない。だから、こういうパズルって面倒くさくて仕方がない・・・んだけど、性格上?中途半端に残しておくのが嫌いで、こどもが「借りてきた」500ピースのジグソーパズルが目の前にあると・・・忙しいのに、ついつい・・・頑張ってしまった母なのでした・・・笑  もうー。時間の無駄だってーと、頭では呟くのだけれど、 いや、まて??これってー、結構セラピューティック??とか思いつつ・・私は高校生の時になぜかジグソーにはまったことがあり、兄と一緒にだけど超巨大なマンハッタンを仕上げたことがある。イメージできるかわからないけれど、建物と空ばかり・・なのにサイズが横1、5メートルはあったと思う。 もう、無理ー!と思うのに、 山登り感覚で、ちょっとづつ出来上がる・・・ やめられないー。笑目が悪いのだけれど、基本は色とインスピレーションで「考えずに」はめてみて、ぴた!・・・やめられなーい。笑この写真、よくみてもらうとわかるのだけれど、さすがは日本製ではない。4隅が合うはずという常識はここにはない!えええー・こういう噛み合わせ、ありですか??というパズル・・・。やばいでしょ??絵柄を合わせながら、えええー?絵柄合ってるから、合ってると分けるけど、「空」は無理じゃない??と、最初からかなり懸念モード・・・これが、ほんとうに、酷いもので!通常なら、ここまできたらあとはダーっと収まるべく所におさまるはずが、どう頑張っても無理・・・これは・・・ 「合っているに違いない」という勘違いのもらたす、 「実は間違っていた」という事実に違いない!もしかしたら違うかもね・・
0
カバー画像

毎日行動していると「細かいミス」を発見・軌道修正しやすい!

こんにちは。むらいちです。 最近、部屋にホワイトボードを導入してみました。 といっても、100円ショップで300円で買えるホワイトボードです!(白紙とマンスリーの2種類) ブログ記事のネタストックと目標設定に活用したいと思います。 何かよい活用方法を発見しましたら、こちらのブログでシェアさせていただきますね^^ 今回のテーマは「毎日行動していると「細かいミス」を発見・軌道修正しやすい!」です。私は自己啓発をする上で、 「毎日行動するメリット」 というものを長年考えてきました。 最近になってようやく、そのメリットを言葉に出来るようになってきたのですが、それは大きく2つあり「「細かいミス」を発見できる」 「その「細かいミス」を軌道修正しやすい」 という所にあるのではないでしょうか? よく毎日行動するメリットとして ◯習慣にしやすい ◯コツコツ積み上がる ◯ある地点で急成長できる などがありますが、どれも 「一般的な内容だし、長期的な結果すぎてイメージしづらい」 という部分があるはずです。 一方、 「細かいミスの発見・軌道修正」 の場合、例えば 「英語の発音の勉強」 をやっていたとして、1日目は 「LとRの違いが分からない…」 となりがちですが、2日目に 「日本語のらりるれろはLとRならどっちだろう?」 と調べてみるが、どちらでもないことが分かる。 そして、3日目に 「LとRで簡単に発音できるのはRのようだ(舌を空中に浮かせて、丸める)」 とRの発音が分かるようになる。 そして、4日目に 「Lは前歯に舌を押し付けて、舌の横から息を出して発音する必要があるらしい」 と気付き、5日目には
0
カバー画像

意図したい 少しずつの変化につながるかも?

なんとなく、タイトルのようなことを思いました。そして、早速 新しいサービスを思いつきました。「今、この時点から軌道修正をしたい(意図している)方を 応援できるようなタロット占いがしたい」でも、策略とか計略とかじゃないそうあるべき!と鼻息荒くして、いちいち後ろを振り返って確認する作業をするととたんに自分自身へのダメ出しが始まる・・・・なので ただ、意図すれば良い そんなことをふわっと感じました。新サービスはこちら↓↓未来を受け取る準備も、必要ですよね。ツールは何でもよいのですが選択肢の一つとして・・・
0
カバー画像

ときどき、整える。

朝からピリッと失礼します。《何か大切なことが後回しになっていたり、雑になったりしていませんか?》週中の水曜日にきっちりチェックして、必要なら軌道修正すればいい✨OKならそのまま自信を持ってグイッと前へ!🔥明るい未来のために!🌈あなたなら、それができるはず!😎👍🏻
0
カバー画像

過去精算のタイミングです。

軌道修正の時の時です。抵抗せずに手放すことも大事です!本日も鑑定受付中真摯にお話を伺っております。
0
カバー画像

あなたの人生を軌道修正させるたった一つの方法

人生には様々な選択肢がございます。その選択肢は才能があり、多才な方ほど多くなります。ですが、そんな選択肢が多ければ多いほど、「間違える」リスクも上がるということ。選択肢を間違えてもすぐに間違いに気付き、軌道修正ができるのであれば良いです。ですが、間違いに気づかずどんどんと人生があらぬ方向にずれていってしまうことも少なくありません。あなたには以下のような症状がございませんか?・毎日が辛く、明らかに喜びや楽しさよりも苦痛の方が上回っている・何をするべきが良いかがわからない・「昔は良かった」と過去を振り返ることが多い・仕事やプライベート、全てがうまくいかない上記のような症状が複数、または一つでもある場合はあなたは選択肢を誤り「迷走状態」になっている可能性が高いです。私はこれまで様々な方をみてきましたが、迷走している人はとても多い印象でした。これを読んでいるあなたもそうかもしれません。ですが、この記事に出会えたあなたは非常に運が良いです。何故なら、あなたはこれからお伝えする人生を軌道修正する方法を実行することで、迷走状態から抜け出すことができる可能性が高いのですから。その方法はたった一つ。方法も難しくはございません。ですが、そこまでたどり着ける方はごくわずかです。しかし、あなたはこのまま読み進めてその1人になっていただければ非常に嬉しく思います。
0 500円
18 件中 1 - 18
有料ブログの投稿方法はこちら