絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

11 件中 1 - 11 件表示
カバー画像

ペンダント照明の新常識!おしゃれなライティングで心地よい空間を手に入れよう!

簡単にお洒落空間にするには?ペンダントライトの王道のみせ方は、ダイニングにセッティング。 ダイニングテーブル上に適切に配置されることで食事を美味しそうに見せ、高さの調整ができるため人気です。 また、ダイニングテーブルを暖かい光で照らすペンダントライトは、食事が美味しく見えるだけでなく、部屋全体の雰囲気を引き締め、いつもの食卓をより、ドラマティックに向上させてくれます。 ただ、ダイニングテーブルの配置位置が決まってなかったり 将来的に模様替えをする可能性がある… その様な場合、「ダイニングにはペンダント!」それがなかなか難しいかもしれません。そこで今回ご紹介するのは ダイニング以外の場所でのセッティングです。 トイレや、作り付けデスクなどのエリアは模様替えなどはあまり想定されないエリアですね。 また、部屋の角へペンダント照明を予め配置と決めておけば 生活動線上も気になることはないでしょう。ペンダント照明の魅力デザインとスタイルシーリングライトは天井に直接取り付けられ、部屋全体を均等に照らします。シンプルで一般的なデザインが多いのが特徴的です。 一方で、ペンダント照明は吊り下げられ、特定のエリアやテーブルを重点的に照らします。ペンダント照明はデザイン性が豊かで、個性的なスタイルや形状があり、部屋のアクセントとなるでしょう。 空間演出 ペンダント照明は下向きや特定の方向に光を集中させることができます。 よって、特定の空間を演出するために使用されることが多いのです。 高さの調節 ペンダント照明は高さが調節可能で、吊るす長さを変えることができるます。素材と手法全体を明るくしたい場合 布や
0
カバー画像

間接照明を使って、お洒落なお部屋を演出~間接照明を使ったお部屋をご紹介~

初めて一人暮らしをした時、モダンな部屋にしたく、照明を電球色のスタンドライトのみにしたら、暗すぎて生活ができなかったです。速攻シーリングライトを買いに行きました!どーも、Ponchaです('ω')お洒落な空間を作るうえで欠かせないのが、間接照明!間接照明があるだけで、一気にお洒落なお部屋になりますよね!一言に間接照明と言っても、実はいろんな照らし方があります!ということで今回は、色々な間接照明を使ってお洒落なお部屋を演出というテーマでお話ししたいと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!お仕事のご依頼・ご相談はこちら!照明にメリハリを持たせる部屋の雰囲気はインテリアや家具だけでなく、照明も大きく関係してきます。特に空間を使った雰囲気作りは、照明があって初めて上手く行きます。ですが、モダンな雰囲気が出したいからと言って、照明を少なくしたり、電球色の照明のみにしてしまうと、普段生活する上では、暗すぎてとても不便です。普段の生活空間と落ち着きたい空間を上手く共存させるには、
0
カバー画像

オシャレな照明でオシャレな空間を演出~様々な照明器具とインテリア~

ON、OFF昔、新築マンションの工事をした際、300万円するシャンデリアを設置したことありますが、300万のシャンデリアに現場一同興味津々でしたが、びっくりするぐらいチープでシャンデリアの価値観が変わりました・・。どーも、Ponchaです('ω')最近はお洒落な照明が増えましたね!お部屋を照らす道具というより、インテリアとして使用ことを考えて照明を選ぶ方も大変多くなりました!ということで今回は、インテリアとさまざまな照明というテーマでお話ししたいと思います!今回は当たり前のようなお話をするので、ゆるーーく読んでください!近年は情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。不動産、リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!また、不動産に関するお話しやお部屋探しについてものお問い合わせも受け付けております!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!部屋に合わせたオシャレな照明器具LED照明が普及したことにより、照明器具で色の変化をつけれるようになりました。現在の照明器具は、とても多機能且つ、インテリアに合わせて光の演出を行なえます。照明器具本体も部屋を照らす道具だけでなく、インテリアとして扱われることが多くなりました。照明には実際どういった種類があるのか、商品と併せてご紹介したいと思います。多機能になったシーリ
0
カバー画像

LED照明や引掛シーリングって!?~照明についての基礎知識~

初めて一人暮らしをしたとき、モダンなお部屋にあこがれて電球色の照明と電球色の間接照明一つだけにしました!雰囲気のあるお部屋になりましたが、暗すぎて何もできず1週間で模様替えしました・・。どーも、Ponchaです(‘ω’)お部屋の雰囲気に大きな影響を与えるのが照明!照明のことは皆さん普段使い慣れているのでなんとなくわかっている方も多いはずです!別に詳しく知る必要もないのですが、今後リノベーションをさせる際に照明の配置計画は重要になってきますので、今回は、LEDやシーリングコンセントの基礎知識というテーマでお話ししたいと思います!照明についての基礎知識という感じで、照明の特徴などをご紹介したいと思います。近年は情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。不動産、リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!また、不動産に関するお話しやお部屋探しについてものお問い合わせも受け付けております!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!照明一つで部屋の雰囲気が大きく変わる照明は、配置や種類を変えるだけで部屋の雰囲気が変わります。新築時には、設計段階で、部屋の用途天井高さ・大きさなどを部屋ごとに照度(明るさ)を計算し、必要な照度を決定します。その照度に合わせて、照明の数や商品を選定しています。リフォームの場合でも、スケル
0
カバー画像

失敗しない照明電気配線!生活動線がポイント!!

家を建ててから「しまった!こんなはずじゃなかった!」とならないためにも、電気配線計画はとても大切です。念願のマイホームが完成した後で「コンセントが足りない!」「ここにコンセントがあればよかったのに!」なんて思いをするかもしれません。建てた後のアンケート調査でも、コンセントの位置や数、照明の明るさなどは後悔したポイントとしてあがることが多いです。住んでみてはじめて「不便」と感じる前に、建てる前にきちんと配線計画してみませんか?始めて電気配線計画の打ち合わせをされた方、こんな不安はありませんか?・キッチン周りにコンセントの数は足りているか ・寝室に使い勝手のいい場所にコンセントはついているか ・子供部屋のコンセント数 ・スイッチの位置はここでいいのか ・LANは?無線だけで大丈夫か? ・掃除機やアイロンかけなど家事等率の良いコンセントの付け方 ・お掃除ロボット用コンセントは考えているか ・部屋の明るさは大丈夫か(明るい・暗い) ・分電盤の場所 ・ルーターの置き場所どこがいい? ・玄関から見たときに、外観に影響しない配線が出来ているか ・エコキュートや室外機の場所アドバイス 配線は「数」「位置」「種類」「高さ」がポイント!①コンセントの数は、2畳あたり1カ所(2口以上)が目安たとえば8畳なら4カ所のコンセントを部屋の対角線上に分散させて取り付けると、ほとんど延長コードなしで電気製品が使えます。 タコ足配線も防げます。 ②器具が増えても困ることがないよう、コンセントは多めに。 キッチン周り、TV周りはコンセントが増えるもの。家が建ってからコンセントを増やすのは余計なコストが多くかかり
0
カバー画像

陰影礼讃のリノベーション

こんにちはIppeiです。仄暗い陰影礼讃のリビングをつくりたい!メーカーおすすめの照明をプロットすると明るすぎる場合が多いです。人によって感じ方は違うものの、暗すぎるとクレームになる場合が多いために明るめに設定していると思われます。(店舗の場合など保健所指導のチェック項目でも床面照度何ルクス以上など下限のみ決まっていたりします。)今回は暗め希望のお客様でしたので、窓上の間接照明やスタンド、ヤコブセンのブラケット、ルイス・ポールセンのペンダントライトで検討中。目に優しそうです。
0
カバー画像

インテリアでこだわりたい3つのアイテム

初めまして shion’s interior laboです。インテリアパースを提供し、家づくりのお手伝いをしています。ブログではインテリアに関する情報を発信していきたいと思っています。宜しくお願い致します!さて、インテリアでこだわるべきものは3つ。それは何でしょうか?ソファ、椅子、テーブル…ではないです。①カーテン②小物③照明器具この3つにこだわれば安っぽくならず、素敵な空間を作ることが出来ます。①カーテン高い生地を選ぶのではなく、カーテンは窓のサイズに合ったものを選ぶ。これだけです。お部屋の中で特に目線に入ってくる部分で大きな面積となるカーテンだからこそサイズの合わないものをつけていると悪目立ちしてしまいます。②小物クッション・アート・観葉植物・必須ではないけどすべてインテリアをワンランク上にしてくれるアイテムです。すべて100均で済ませるなどはやめておきましょう。毎日目につくものでお気に入りを1つでもこだわって置けば、ふとした時に癒されますし、心に余裕もできます。③照明器具照明は部屋にシーリングライト1つ!なんていうのは大変もったいないです。無垢の床、ハイドア、アクセントクロスやタイル…せっかく内装にこだわっても、最後に演出するための照明が残念なこと。よくあります。アートを飾ったら照らす。観葉植物の裏に光を隠す。1室1灯ではなく、1室多灯にするだけで全く別の空間になります。これらのアイテムは家作りで決定するタイミングは終盤になることが多いです。(小物などはそれこそ住んでからがほとんどではないでしょうか)ですが、特に③。照明がインテリアイメージに影響を及ぼし、家作りの初期の段
0
カバー画像

照明デザインご依頼のタイミングはいつ?

冬にしては暖かい日があったり、はたまた寒さが厳しい日もあったり・・私が住む埼玉は洋服選びが難しい日が続いています。長男は小学生男子あるある?なのか、家の中では寒がり、外では暑がりです。家ではストーブの前に鎮座していますが、どんなに寒い日もロンTにパーカーで登校(しかも肌着着てくれません!!)、学校に到着するとパーカーも脱いでしまい、そのまま1日を過ごします。そんなお兄ちゃんの影響なのか、最近次男も上着を着てくれなくなりました。本人が寒くなくて体調が悪くならないのなら構わないのですが、内心は母さんヒヤヒヤしております。 そして子供とアラフォー母の代謝の違いに毎日驚いています。 さて、今日は照明の計画っていつから動き出したらいいの?というお話です。  結論からお話しすると、照明の計画は間取りを決めるタイミングでご依頼をいただけるとベストです! 照明の取付工事は内装工事が終わってからになる為、全体の工期的には最後の最後。それもあってか、「そろそろ照明を決めましょうか」というお話が出るタイミングも遅いことが多く、そのタイミングで例えば「造作を作って間接照明を入れたい!」、「ここに調光機能を持たせたい!」というお話が出ても、既に造作を作ることが難しかったり、配線的にも困難だったりすることがあるのです・・。 なので、おおよそ間取りが決まってきた頃にはご依頼をいただけると「こんなこともできます、あんなこともできます!」と様々な選択肢でのアドバイス、デザインが可能になります。 ちなみに写真は我が家の玄関。 間口が狭く外部の採光が取りづらいこともあり、 「来客時に華やかにお迎えしたい
0
カバー画像

なぜ住宅に照明計画が必要なのか

0
カバー画像

高天井の部屋の注意点

0
カバー画像

ランプ交換型か、一体型か

0
11 件中 1 - 11
有料ブログの投稿方法はこちら