絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

315 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

世代別で見る視聴者の傾向

こんばんは。今回はニコニコの方のアナリティクスで得られた世代別の視聴者の傾向について自分なりに考察してみたいと思います。そもそも、この分析をしようと思ったのは自分自身が現在新しい音楽をあまり聴いていないという事がきっかけとなっています(何だそれ笑)。東方のアレンジ曲(同人サークル様の歌もの)を最後に、既存のアーティストさんの楽曲を聴く機会が減りました。僕が言えた義理ではありませんが、それくらい現代音楽に魅力を感じていないというのが正直なところです(お前が言うなって言葉が今にも飛んできそう笑)。一説によると、30代で新しい音楽を聴かなくなるという情報もあるそうで、その理由というのが、コードやリズム、メロディの微妙な違いなどが聴き取れなくなるといった話もネットを調べると出てきます。そういった事の専門家ではないのでうんちくを語れるだけの知識とかはありませんが、よくテレビで音楽の話が出た時に10代、20代の知る音楽に私のような30代の人間がついていけていない事が多々増えている事に若干ショックを受けています笑それと同時に「若い人達との隔たりみたいなもの」を感じています。若い人達の音楽を聴いていると、確かに僕の親世代とかが聴きづらいだろうなと感じる楽曲が多い気がします(感覚的な話なのでうまく説明出来ない)。本来音楽というのは年齢問わず誰もが楽しめる芸術であるのにも関わらず、若い人達にしか分からない、若い人達だけが楽しむ音楽というのは、裏を返せば「隙がない音楽」とも言えるのではないでしょうか。これはクオリティの高さとかという次元ではなく、音楽を理由にして殻に閉じこもり、僕らとの距離感を意図的
0
カバー画像

『薄れゆく影』 裏話 2 「テーマの話」

二日前に公開した新曲『薄れゆく影』。 ■薄れゆく影■ sheep-and-wolf.main.jp/music/usure-yuku-kage.mp3(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭「https://」を付けてアクセスして下さい!)影のように消え行く想いを描いた曲です。 ●その意味● 前回の「タイトルの話」でも触れたとおり、この曲でいう「影」とは人の心の中にある感情や想いの事。では何故それが「薄れて」しまうのか? それは報われない想いを抱えて呆然となり、やがて自我を失ってしまうから。失いゆく自我の中で「影」も薄らいでしまう…という事です。●もう一つの意味● この曲には前作『残像ノ華』の続編という側面もあります。「消える事のない想いを抱える」というテーマを描いた『残像ノ華』。「消えない、消せない」と言いながらも、報われない想いを抱え続けたその先は自分の命も影も「薄れゆく」という事を描いています。救いのない感情と言えるでしょう。 ●次回予告● 次回は「サウンド編~チェロ~の話」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!! ■音源の聴き方■ ※ココナラブログでは直リンクが貼れないので説明します。①「Dark core.-Web site-」で検索! ②トップに出る「Music」ページ行く! ③曲名が一覧で並んでいるのでそこから聴きたい曲のタイトルをクリック…これで聴けます!^^ ■小説の読み方■ ※ココナラブログでは直リンクが貼れないので説明します。①「Dark core.-Web site-」で検索! ②トップに出る「Novel」ページ行く! ③題名
0
カバー画像

ああああ、ありがとうございます( ; ; )!!!

前々回と前回と2回連続で動画をアップしました( ・∇・)ありがたいことに・・・・本当にありがたいことに・・・メッセージで様々なご感想を頂きまして( ;  ; )嬉しい・・( ;  ; )向き合ったり何かを伝えたりすることって容易では無いからこそ、難しさと奥深さがあっていろんな価値観を持った人がいるからこそその数だけドラマがあってパフォーマンスする時は自己満にならないように、見てくださる方の何らか「プラス」に関わるものに触れることができればと願いながら心を込めて創造します。電話応対であればリアルタイムでコミュニケーションが取れるのでその瞬間を大切に耳を傾けます。パフォーマンスもここでの出品も、「あなたを応援・肯定したい」変わりません( ^ω^ )お気軽に時間が合えばどーぞ٩( ᐛ )وそしてまた動画あげると思うのでまた良かったらお付き合いください( ^ω^ )♪ーおまけー前回の自殺予防週間動画で歌った1曲目と2曲目は、歌おうと思ったものの実は音源が無かったのでPCで自分で作りました٩( ᐛ )وDTMって言うんですけど、これがまた難しいけど面白い( ;  ; )こんな感じの画面です( ^ω^ )自分で作ったからMCの尺どれくらいの長さにしようかなとか調整しながら内容考えてしゃべったりしたんですけどどーだったかなぁ(><)!?心に届くものを目指して!これからも精進あるのみですな!!こうした作曲技術も出品サービスとしていつか活かせるようになりたい٩( 'ω' )و
0
カバー画像

『薄れゆく影』 裏話 1「タイトルの話」

昨日公開した新曲『薄れゆく影』。 ■薄れゆく影■ sheep-and-wolf.main.jp/music/usure-yuku-kage.mp(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「https://」を付けてアクセスして下さい!) 影のように消え行く想いを描いた曲です。 ●読み方● 今回の曲のタイトルの読み方はそのまま「うすれゆくかげ」です。 Dark core.の中では珍しく読みやすいタイトルですね! ●その意味は● 「薄れゆく影」とは何を意味するのか…? 「影」とはその人間の心の中を表しています。 心の中にある感情や想いを表しています。 その「影」が薄れゆく…。 つまり心の中にある感情や想いが薄れゆくという事を表しています。 何故、「影」が薄らいでしまうのか…? 次回の話で語るとしましょう。 ●次回予告● 次回は「テーマの話」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!! ■音源の聴き方■ ※ココナラブログでは直リンクが貼れないので説明します。 ①「Dark core.-Web site-」で検索! ②トップに出る「Music」ページ行く! ③曲名が一覧で並んでいるのでそこから聴きたい曲のタイトルをクリック! …これで聴けます!^^ ■小説の読み方■ ※ココナラブログでは直リンクが貼れないので説明します。 ①「Dark core.-Web site-」で検索! ②トップに出る「Novel」ページ行く! ③題名が一覧で並んでいるのでそこから読みたい小説のタイトルをクリック! …これで読めます!^^
0
カバー画像

Dark core. 2022 5th.『薄れゆく影』

「きっと想い出せない…いつか叫んだ、君は薄れゆく影…」 今宵、今年五曲目となる新曲『薄れゆく影』をお届けしよう。 ■薄れゆく影■ sheep-and-wolf.main.jp/music/usure-yuku-kage.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「https://」を付けてアクセスして下さい!) 大切な想い、強い願い、心の叫び…。 届く事のない感情はやがて薄れゆく影のように消えてゆく…。 そんな哀しみを描いた曲です。 貴方の大切な願いや叫びは薄れゆく影のようになってはいないだろうか…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。 ■音源の聴き方■ ※ココナラブログでは直リンクが貼れないので説明します。 ①「Dark core.-Web site-」で検索! ②トップに出る「Music」ページ行く! ③曲名が一覧で並んでいるのでそこから聴きたい曲のタイトルをクリック! …これで聴けます!^^■小説の読み方■ ※ココナラブログでは直リンクが貼れないので説明します。 ①「Dark core.-Web site-」で検索! ②トップに出る「Novel」ページ行く! ③題名が一覧で並んでいるのでそこから読みたい小説のタイトルをクリック! …これで読めます!^^
0
カバー画像

オリジナル楽曲を必要としているアーティストを探しています40

これで最後になります。出品用に切り替えたオリジナル楽曲「Infinito warriors」 確か2017年頃だったと思うのですが、愛知で働いていた時にバンドを組んだ際に制作した曲で、夢だったバンド活動がようやく出来ると期待を胸に、当時の私の音楽への想いを詰め込んだ内容となっております。 当時組んでいたバンド仲間の一人が「GLORY HILL」というバンドに所属していた経歴があるという事で、曲の雰囲気はそのバンドの楽曲のテイストを参考にしています。 この楽曲のこだわり(というよりは最大の特徴)のポイントは、 ・Bメロ以外のコード進行がほぼ同じ これです。 何の曲だったかは忘れしまったのですが、こうした構成の曲を作っていたバンドがいたので、その構成の仕方を真似てみました(と言いましたが、あれこれ構成を立てるのが面倒だったので楽をしたかったというのが正直な答えです笑)。 残念ながら組んでいたバンドは1年ほどで解散してしまったため、この曲が日の目を見る事はなく、お蔵入りしていたのですが、現在組んでいるバンドでセルフカバーを検討しています。 バンド仲間からは歌詞冒頭の「8年間」を今現在の時系列に変えた方が良いのではないかという提案もありましたが、 ・元々組んでいたバンドの時に制作していた楽曲である事 ・制作していた当時の想いが時系列を変えてしまう事で別物になってしまう可能性があった事 以上2つの理由から、時系列はあえて変更せずにそのままにしています。しかし、現在組んでいるバンドでも実現が不可能となってしまい、今回この楽曲も出品用に切り