エキスパート1

コネなしでもできる!洋書の翻訳出版方法を伝授

500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

面白い洋書を知っているので、邦訳して皆に読んでほしい。でも、「私にできるのかな?」「ぶっちゃけ、儲かるのかな?」と疑問に思っている方へ。以下について、翻訳出版経験者が実践的なワザを伝授します。
- 翻訳対象本の選定
- 出版社の選定・印税交渉
- 翻訳企画~出版までのスケジュールと作業
- 翻訳チーム体制・役割分担
- 売れるマーケティング など

翻訳出版って、コネや特殊な才能・経験がないとできないと思っていませんか?実は、出版のキモを知っていれば、多くの人に翻訳出版のチャンスはあります。
翻訳したい本がある人も、漠然と翻訳出版に興味がある人も、是非一度当サービスをご利用下さい。

購入にあたってのお願い

<ご購入者様共通>
翻訳出版にご興味を持たれた理由・経緯を簡単に添えて頂けると助かります。また、ご本人様のご経歴を拝見して、どのように売り出すかアドバイスを差し上げていますので、ご経歴をCocolana上で未登録・非公開の場合は、ショートメッセージ内にご記入下さい。

<既に出版したい本がある方>
原著のタイトル・著者名・出版社名・出版年をお知らせ下さい。また、原著の内容を解説した書評やAmazonなどのリンクを添えて頂けると助かります。

<まだ出版したい本が決まっていない方>
翻訳にあたってご興味のある分野(マクロ経済、経営者自伝本、起業事例、小説など)を数点挙げて下さい。また、ご自身で読まれて面白かった翻訳本を挙げて頂くのでも結構です。

一言PR

出品者の出版参考URL: http://columbia-mba-book.jimdo.com/
『戦略は直観に従う』(東洋経済新報社)

よくある質問

私は英語がそこまで得意ではありません。翻訳出版は無謀でしょうか?
洋書の邦訳出版の場合、問われるのは、外国語よりも「日本語のセンス」です。日本語で文章を書くことが好きな方でしたら、翻訳出版は向いています。
翻訳出版のメリットは何ですか?
ヒットすれば、もちろん印税収入が期待できます。が、それ以上に「セルフ・ブランディング」のメリットが大きいです。
アドバイスの対象は?
翻訳の一般的なプロセスや所要時間は、ビジネス書を前提に解説します。また、ビジネス書以外のジャンルだと、一般的なプロセスとどのような差が発生するのかお伝えします。

新刊以外に、原著が出版されて数年が経過したけれど邦訳は未出版のものや、一度邦訳出版されたけれど絶版になってしまった本についてもアドバイスします。

評価・感想(8件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス