絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

43 件中 1 - 43 件表示
カバー画像

WordPressブログ成功の秘訣 効果的なドメイン選びの全て

[👦質問者] WordPressのブログを立ち上げる際、ドメインを選定する上で重要な考慮点は何ですか? [😺阿修羅ワークス] WordPressのブログを立ち上げる際、ドメインを選定する上で重要な考慮点は、以下の要素にまとめられます。ドメイン名は、ブログの主題やブランドを反映するものであるべきです。 読者はドメイン名からコンテンツの種類やブランドの性質を予測できるべきです。 簡潔で記憶しやすく、かつ独特な名前が良いでしょう。 SEO(検索エンジン最適化)の観点から、関連キーワードをドメイン名に含めることは有益です。 しかし、過度にキーワードを詰め込むのではなく、自然で意味のある形で取り込むことが重要です。 一般的に、.com拡張子がもっとも信頼性が高く記憶に残りやすいとされています。 しかし、ブログが特定の国や地域に特化している場合は、該当する国コードトップレベルドメイン(ccTLD)を選択することも有効かもしれません。 あるいは、.blogや.infoなどの内容に即した拡張子を選択するのも良いでしょう。 ドメイン名は短く、覚えやすく、発音しやすいものが望ましいです。 複雑なスペリングや長すぎるドメイン名は覚えにくく、訪問者がサイトへのアクセスを間違える原因にもなります。 将来的にブログやビジネスの方向性が変わる可能性も考慮し、あまりにも特定のニッチに縛られないドメイン名を選ぶことが賢明です。 柔軟性を持ったドメイン名は、成長や進化を支える基盤となります。 上記の考慮点を踏まえ、ドメイン名選びには慎重かつ戦略的に取り組むことが、長期的な成功への鍵となります。 [👦質問者] 具体
0
カバー画像

サーバーとドメイン

こんにちは。 今回は、ウェブサイトを運営するために不可欠であるサーバーとドメインについてお伝えします。 どちらも聞いたことある言葉だと思いますが、ウェブ初心者であまり馴染みがない方もいらっしゃるのではないでしょうか?サーバー サーバーは、ウェブサイトのファイルやデータを保存し、ユーザーがウェブサイトにアクセスした際にそれらのデータを提供する役割を持っています。ドメイン ドメインは、ウェブサイトを識別するための独自の住所のようなものです。 このサイトでいうと「coconala.com」がドメインになります。では、どのようにサーバーとドメインを入手したらよいのでしょうか? サーバーはレンタルすることが可能です。サーバーをレンタルすると同時にドメインの申込みもできます。 また、レンタルサーバーにすることで安心安全にサイトを運営することができ、様々なサポートも受けることができます。 毎月費用はかかりますが、割引キャンペーン等を実施している時もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。
0
カバー画像

ホームページの維持にかかる費用

ホームページを運営する際には、主に以下の2つのコストが発生します。概算で年間1万円と見積もると良いでしょう。より安価にできますが、サービスの質が低かったり、管理が複雑だったりすることもあるため、過度に節約するのは避けた方が無難です。 1.ドメイン費用 ドメインとは、ホームページのアドレスのことです。多くの種類が存在し、その中でもよく使われている「.com」ドメインは、一般的に年間1000円から3000円程度の費用がかかりますが、これは提供する会社によって異なります。例えば、私がよく利用しているXサーバー社では、レンタルサーバーを契約すると、.comドメインが年間無料で提供されます。 ドメインに関する知識は非常に深く、完全に理解するには専門的な学習が必要です。そのため、初心者には一般的な「.com」ドメインの取得がおすすめです。「.com」は「Company」(会社)の略で、主に商業組織が運営するサイトで使用されることが一般的です。 余談になりますが、ドメインには特定の組織にのみ取得が許可されているものもあります。例えば、「.lg.jp」は地方公共団体専用で、都道府県や市町村が運営する行政サービス用のホームページで使用されており、一般の人が取得することはできません。このようにドメインには様々な種類があり、それぞれに独自の用途や規則が存在します。 自分の住んでいる市町村のホームページを見てみてください。 アドレスの最後が「lg.jp」になっているはずです。 2.レンタルサーバー費用 ホームページを立ち上げる際には、一般的にレンタルサーバーを利用します。 これには年間約5000円から
0
カバー画像

ドメインのお話 失敗談!?

ドメインのお話と言っても、個人的に取得したドメインについてね。空いた時間を利用して、個人サイトをいくつか運営しています。その中のひとつが、pon-poo.comといいます。特に意味はないけど、家族に関係する感じなのと語感が可愛いなってことで取得。もう3〜5年以上運営しています。それなりに育ててきました。ちなみに、pooってイギリスでは「う○ち」って意味なんですよね。赤ちゃんとかこどもに対して使う幼児語?みたいなので、可愛げがあってよいんだけど、このドメインで飲食系のも動かしてるはどーなのかなぁと考えてします。ただ、最初に書いた通り語感が好きなので良しとしてます。失敗談ってほどでは無いけど、ドメインを取得する際には慎重にねってことです。メインはWEBサイト制作ですがお絵描きとかもしますので、お気軽にご相談くださいね。 
0
カバー画像

初心者のためのドメイン入門:基礎知識と選び方

ドメインの基本概念1.ドメインとは何か?ドメインとは、インターネット上のウェブサイトを特定するアドレスのことです。これは、家の住所のようなもので、ウェブ上で独自の場所を示しています。たとえば、「www.example.com」は、特定のウェブサイトのドメイン名です。ドメイン名は、ウェブサイトを訪れる際の入り口となり、ブランドやサービスの識別に重要な役割を果たします。2.ドメインの種類と特徴ドメインにはさまざまな種類があります。最も一般的なのは、.com、.net、.org などのトップレベルドメインです。また、国別のドメイン(例:.jp、.uk)や特定の業界に特化したドメイン(例:.tech、.fashion)も存在します。これらのドメインは、ウェブサイトの目的や所在地、業界などを反映することができ、ウェブサイトの特性を示す手がかりとなります。3.ドメイン名の役割と重要性ドメイン名は、オンラインでのブランドアイデンティティを確立する上で重要です。良いドメイン名は、信頼性を高め、ブランドの認知度を向上させることができます。また、短くて覚えやすいドメイン名は、ユーザーがウェブサイトに簡単にアクセスできるようにし、オンラインでの視認性を高めます。SEO(検索エンジン最適化)の観点からも、適切なキーワードを含むドメイン名は、検索ランキングを向上させるのに役立ちます。ドメインの名の選び方1.効果的なドメイン名の特徴効果的なドメイン名は、簡潔で覚えやすく、ブランドを反映しているものです。これはユーザーがサイトを簡単に見つけられるようにするためです。また、ドメイン名は唯一無二でなければならず
0
カバー画像

ドメインについて

●ドメインとはドメインとは、WebページのURLやメールアドレスの「○○○.com」の部分のことです。●共有ドメインと独自ドメイン・共有ドメイン1つのドメインを複数人で使用しているドメインのことです。例として、よく利用されるのはフリーメールのアドレスです。GmailやYahooメールの「gmail.com」「yahoo.co.jp」がそれです。・独自ドメイン世界で一つだけの、所有権が個人や企業・団体にあるドメインです。自分のWebサイトやメールアドレスを持つ場合の「○○○.com」です。「○○○」の部分は任意の文字列を設定でき、料金を支払ってドメイン管理会社から取得し使用します。主に、サーバーレンタル会社が管理しており、料金は管理会社やドメインの種類によって変わります。 ●トップレベルドメイン(TLD)上記では、「○○○.com」の部分をドメインと説明しましたが、ドメインには種類があります。「.co.jp」もドメインの種類の一つです。この「.com」「.co.jp」の部分をトップレベルドメイン(TLD)と言います。●ドメインの分類TLDには以下の2つの分類があります。・ccTLD(Country Code TLD) 国や地域に割り当てられたドメインです。 国や地域ごとに2文字のコードで割り当てられています。 日本の場合は「.jp」です。・gTLD(Generic TLD) 用途や分野に割り当てられたドメインです。 地理的縛りはなく、世界中で使用されています。またそれぞれの分類の中でも、種類で使用条件や意味が当てられています。企業向け、情報発信者向け、学校組織向け、制限のない物な
0
カバー画像

WordPressブログに必須のサーバー、ドメインを準備しよう

こちらの記事では、WordPressについて大まかにご説明しました。今回は、WordPressでブログを始める時に必要な、サーバーとドメインについてご説明します。サーバーってなに?アメブロなどの無料ブログサービスに記事を投稿したら、記事の内容やアップした画像は、閲覧するたびブラウザに表示されますよね。これらテキストや画像などの情報は、一体どこに保管されているのでしょうか?答えは、サーバーの中にあるデータベースという保管庫です。ユーザーがブログを見ようとしてページにアクセスした時、サーバーの中にあるデータベースからページの情報を取り出して、ユーザーのブラウザに表示しています。つまり、サーバーとはユーザーからネットワーク上でリクエストがあった時に、ファイルの提供など、リクエストの応答に必要な情報を処理するコンピュータのことをいいます。WordPressを利用する場合、このサーバーを自分自身でレンタルする必要があります。難しく感じるかも知れませんが、とても簡単ですよ!どうやってサーバーを借りるの?サーバーの選び方は?サーバーを貸し出している企業は色々あります。有名なレンタルサーバーには・エックスサーバー・ConoHa WING・さくらのレンタルサーバ・ロリポップ!などがあります。月額料金、ドメイン取得費用・更新費用、表示速度など各サーバーで特色があります。レンタルサーバーの比較サイトをいくつも見てみると「毎回この名前が出てくるなー」というレンタルサーバーが2、3あります。そういったサーバーは、詳しくない人でも簡単に操作ができ、ネット上に情報も多いので、それらの中から予算に合ったサーバ
0
カバー画像

ホームページ制作で初めにやること

こんにちは!本日は、ホームページを制作する際に、そもそも何から始めればいいのか?というスタートの段階から説明をしてみようと思います!ホームページを制作する方はもちろん、自身のホームぺージを持つ方、依頼する方にとっても、ホームぺージができるまでの知識を知っておく必要があると思います。①ホームぺージはお店ネットワーク上の仕組みを知るために、私たちの日常生活に関係のあるもので考えてみましょう。ホームぺージはコンビニ、スーパーなどの実店舗の様なものです。そのお店を立てるために、そして維持していくためには何が必要でしょうか…?②サーバーは土地とドメインは住所店舗を持つには、まず場所を用意しなければなりませんね。その土地にあたるものがサーバーになります。サーバー上にホームページを立てていきます。ただ、店舗を立ててもお店にたどり着くことができません。お客様にサーバーの住所を知ってもらう必要があります。その住所に当たるものがドメインになります。.co.jpの部分がドメインです!現在では、レンタルサーバーといって、物理的なサーバーを購入せずとも、簡単にサーバーをレンタルすることができます。レンタルサーバーに登録し、ドメインを選びURLを決めることで、ホームページなどを構築・制作する環境を確保することができます!少しでもイメージが沸けば幸いです🌸本日もありがとうございました!!
0
カバー画像

【簡単】サーバー、ドメインの取得方法

サーバー、ドメイン取得しようとしてこんな思いをした方いませんか?○会社が色々ありすぎてどれを選べば良いかわからない‥○サーバー?ドメイン?さっぱりわからん!○手続きが複雑で心折れそう‥そう、サイト制作する上でドメインの取得は誰もが必ず通る登竜門なのです。せっかくホームページ作って集客に繋げよう!っと意気込んでも最初につまずいて諦める方はたくさんいます。今回は初心者の方にサーバーの契約、ドメインの取得についてわかりやすく説明します。【サーバー、ドメインとは】○ドメインとはインターネット上での住所のようなもの○サーバーとは土地のようなものですのでサーバーとドメインは両方必要で、片方だけはサイトを公開する事はできません。それぞれ別々の会社で契約する事もできますし、同じ会社でサーバー、ドメインを取得する事もできます。【どこの会社を選ぶべきか】結論で言うとXサーバーが一押しです。おすすめの理由は以下の通りです。・国内で一番シェアが大きい・管理画面が使いやすい・自動バックアップ機能がついている・電話サポートがある・無料ドメインが一つもらえる(キャンペーン中なら)順番に説明していきます。<国内で一番シェアが大きい>17年以上の歴史を持ち、国内シェアナンバーワンという実績を持っており、安心して利用できます。<管理画面が使いやすい>Xサーバーの管理画面はとてもみやすく、初心者の方でも操作がしやすいです。<自動バックアップ機能がついている>サイトを更新、バージョンアップしている際にバグが起こり、サイトが表示できなくなる時があります。そんな時もXサーバーなら自動で
0
カバー画像

サーバーとドメインってなぁに??

サーバーについて:サーバーは、簡単に言うと「インターネット上のデータを保存・提供するためのコンピュータ」です。私たちがホームページを閲覧するとき、そのページの内容(テキスト、画像、動画など)はどこかのサーバーから送られてきます。例えるなら、サーバーは大きな本棚のようなもの。その本棚にはたくさんの本(ウェブページのデータ)が並んでおり、私たちが読みたい本を選ぶと、その内容が私たちのパソコンやスマホに表示される、というイメージです。ドメインについて:ドメインは、ホームページの「住所」のようなものです。例えば「google.com」や「amazon.co.jp」など、インターネット上のサイトを特定するための名前がドメインです。現実の世界で言うところの、家やビルの住所に相当します。このドメインがあることで、私たちは無数に存在するサーバーの中から、正確に目的のホームページのデータを取得することができます。言い換えれば、ドメインはネットの世界での「看板」や「案内板」とも言えるでしょう。
0
カバー画像

ドメインとサーバーの契約方法とWordPressの設定まで解説

ホームページを立ち上げるにはレンタルサーバーが必要です。ConoHa WINGは私も愛用しているレンタルサーバーで、初心者から中級者まで1番オススメできる高機能レンタルサーバーです。ConoHa WINGは、ドメインとサーバーの契約からWordPressの設定まで、一貫して行うことができます。また、必要なソフトウェアがプリインストールされているため、技術的な知識がなくても簡単にWordPressを始められます。この記事では、ConoHa WINGパックでドメインとサーバーを契約し、WordPressを始める方法を詳しく説明します。ConoHa WINGパックとはConoHa WINGパックは、VPS(Virtual Private Server)を提供するConoHaのサービスの一つです。WordPressを簡単に設定できるように、必要なソフトウェアがプリインストールされています。また、高速なSSDを使用しているため、サイトの読み込み速度も速いです。ConoHa WINGパックの申し込み方法ConoHa WINGパックの申し込みは、ConoHaの公式ウェブサイトから行うことができます。以下に、申し込みの手順を説明します。1.ConoHaの公式ウェブサイトにアクセスします。2.「サービス」メニューから「ConoHa WINGパック」を選択します。3.「申し込む」ボタンをクリックします。4.必要な情報を入力し、申し込みを完了します。WordPressのインストール方法ConoHa WINGパックを申し込んだ後、次にWordPressをインストールします。以下に、その手順を説明します
0
カバー画像

ドメイン代の罠

こんにちは。ララウェブです。 今回はドメイン料金についてお話します。 自分のホームページを公開するには、必ずドメイン(URL)が必要になります。 その際、独自ドメイン取得サービスからドメインを購入しますが、更新料金に注意が必要です。 例えば、とあるドメイン取得サービスの場合ドメイン料金一覧を見ると、「.biz」の場合、ドメイン取得時の料金は「284円」で、一年後からの更新料金は「1,738円/年」となります。年間2,000円程度の費用がかかりますが、取得時の約6倍になります。一方、.bizより人気のある「.com」の場合は、取得料金が750円で更新料金が1,728円です。一年後からは.comの方が.bizよりも安価です。したがって、最初から.comを取得する方がおすすめです。 購入の際には、格安の取得料金だけが表示されたり、更新代が目立たなく書かれていたりする場合がありますので、注意が必要です。 例えば、「.bar」は取得料金が220円ですが、一年後の更新料金は8,778円と非常に高額になります。バー経営者が安くておしゃれだからと.barを選んだ場合、予想外の高額な料金に後悔するかもしれません。 ドメインは使い続けることで認知度が上がり、Googleの検索順位も向上するため、同じドメインを継続して使用する方が良いです。ですので、最初にドメインを選ぶ際には、人気と更新料金を比較しながら選んでください。 ちなみに、ララウェブでは人気があり比較的安い「.com」をおすすめしています。
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ486:本の紹介 「コア・コンピタンス経営 大競争時代を勝ち抜く戦略」

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今日は、G・ハメル&C・K・プラハラード著「コア・コンピタンス経営 大競争時代を勝ち抜く戦略」(日本経済新聞社)を紹介します。原書は、「Competing for the Future」(未来のための競争)です。なお、「コア・コンピタンス経営 未来への競争戦略」として文庫化もされています。 この本が出版されたのは1995年で、日本企業が圧倒的に強さを発揮し、アメリカ企業は長い低迷期から脱しようやく成長に転じようとしていた時代です。この本には、ソニー、ホンダ、シャープ、東芝などの日本企業が成功例として紹介されていますが、現在これらの企業は低迷に苦しんでいます。一方、アメリカ企業は復活を遂げています。 競争が激化し、企業の持つ経営資源が相対的に希少化してくると、企業はその戦略として、投資の効果や効率を最大化しようとします。 経営資源を投下する際、競争市場のどこに、どのように自らの存立基盤を築くのかが「ドメイン(市場内生存領域)」の問題です。ドメインを策定するには、市場のニーズを反映し、競争上の差別優位性を発揮できる分野に特定化することです。そのために、①顧客のどのようなニーズに対応するのか(What)②ターゲットとなる顧客層は誰か(Who)③どのような独自技術やノウハウを用いてどのように提供するか(How)の3つが重要になります。そのHowの部分がコア・コンピタンスです。 コア・コンピタンスとは「自社の中核的な技術やノウハウ、自社の最大の強み」「顧客に対して他社にはまねできない自社ならではの価値を提供する、企業の中核的な能力」のこと
0
カバー画像

【初心者向け】ドメイン取得からサーバー設定、紐付けまでの手順

本日はワードプレス案件で、クライアントに納品するときに必ず必要なドメイン・サーバーについて解説していきます※すでにクライアント側で取得していただいている場合もあります。目次・ドメインって?・サーバーって?・クライアントに説明するには?結論・ホームページURLの〇〇〇.comや〇〇〇co.jpなどをドメインと言います。・ドメインを取得した後、ホームページに公開する為に必要なのがサーバー・Zoomを使ってドメイン・サーバーの取得をサポートする。詳しく解説していきたいと思います。 ドメインって?ドメインはホームページのURLになります。例えば、ココナラのURLだとhttps://coconala.comとなりますので、coconala.comがドメインになります。また、ドメイン取得の時には注意点があり・ 会社の場合、.comではなくてco.jpが多い・ 同じドメイン名が使われている場合がある・ co.jpの場合、1企業1ドメインになる上に記載したように、会社の場合〇〇〇.comではなく〇〇〇co.jpが多いです。日本国内に登記されている企業のみが、co.jpのドメインを取得できるのでco.jpのほうが信頼性があります。 ドメイン名はすでに使われている場合がありますので、数字を入れる等して変更する必要があります。前もってクライアントに説明しておきましょう。また、co.jpは1企業1ドメイン名になるので、こちらもクライアントに説明が必要になります。 ドメインの取得サイトは色々ありますが、コスパも良く幅広く使われているお名前.comで問題ないかと思います。サーバーって?次に必要なのがサーバ
0
カバー画像

事例 ドメインの「www.」のありなし、Googleサーチコンソール、リダイレクトなどの解説

Webサイト制作とWebマーケティング運用についての疑問点を一緒に解決していくサービスを提供しております。Webサイト制作とWebマーケティング運用についての疑問点をお持ちの方、ご一緒に解決していくサービスを提供しておりますのでお気軽にご相談ください。サービス提供の事例を紹介しております。※当サイト以外での提供事例をございます。今回は下記です。事例 ドメインの「www.」のありなし、Googleサーチコンソール、リダイレクトなどの解説【相談事項】 ■Googleサーチコンソールにエラーについて ・URL検査をすると「ページはインデックスに登録されていません:リダイレクトエラー」が表示されています。 ・Webサイトをリニューアルした。 ・その際に、URLでいまは、「www.」のあり、過去サイトは「www.」なし ・DNS設定を変更がよく分からない ・Googleが過去新規サイトどちらのドメインをインデックスしているのか 【相談への対応】 下記の原因などを特定、整理、理解を深める解説して解決への至る ■Googleのインデックス確認 1 検索窓にサイトタイトルや商材名を加えて検索して、自サイトがあるか 2 Googleの検索窓に「site:調べたいURL」と入力して検索して自サイトがあるか ■リダイレクトについての解説 現在の作成サイトでのリダイレクト設定(ファイルに書いているか/サイト作成ツールで自動設定されている) ■DNSについての解説 上記、リダイレクトとの関連を解説 ■SEOについて ・「www.」のありと「www.」なしの2サイトがWeb上に存在することのSEO評価につ
0
カバー画像

サーバーとドメイン契約について【個人に委託は基本NGです】

こんにちは!現在Webデザイナーとして会社員をしている しろねこ です。先日ホームページ制作をココナラで出品させていただいたのですが、実務でもよく聞かれる「サーバーとドメインはどうすれば良いの?」というお話をさせていただきます。サーバー・ドメインとは?簡単にご説明すると、サーバーは「土地」、ドメインは「住所」という位置付けでネット上で利用されます。そしてホームページが「家」です。ですので、WordPressなどを使用してホームページを構築する際はサーバーとドメインの契約は必須です。サーバー・ドメイン契約の注意点ここで注意していただきたいのは、サーバーやドメインの契約・維持を個人に委託するべきではないということです。前提として、サーバーとドメインは維持費がかかります。サーバー代は毎月500~1000円。ドメイン代は毎年1000円〜5000円ほどです(ドメインは年数が長くなるほど更新料が高くなります)。そしてサーバー・ドメイン契約・維持を委託するということは、これらを制作者が肩代わりして行ってくれるというものになります。なぜサーバー・ドメイン管理の委託は問題なのか?サーバーは「土地」なので、土地がある分複数のホームページをそのサーバーに入れることができます。仮に制作者が「サーバー代を肩代わりする」といって自分が契約しているサーバー内に依頼したホームページを公開するとしましょう。こうすることで依頼者は余計なサーバー費用はかからないということがメリットです。しかしこれには以下のようなデメリットが存在します。・その制作者がサーバーの更新をやめたら(突然いなくなったら)サイトが見れなくなる
0
カバー画像

ホームページに必須の独自ドメインとは?

ホームページを作成しようと思ったら、ドメインの用意は必ず必要です。特に集客や認知向上に本格的にホームページを活用したいのなら、独自ドメインは必須です。しかし、ドメインという言葉を聞いたことがあっても独自ドメインがどんなものなのかわからないという方も多いでしょう。いざドメインを決めようと思っても、どんなドメイン名をつけていいのか、悩んでしまうのではないでしょうか?今回は、ドメインとは何か、ドメインはどのように決めたらいいのかのヒントについてお話しします。ドメインとは?ドメインとは簡単に言うと、インターネット上の住所のことです。ドメインはすべてのホームページに割り当てられています。例えば、coconalaのURL(ホームページのアドレス)は「https://coconala.com/」ですが、このうち「coconala.com」という部分がドメインとなります。独自ドメインとは?レンタルサーバーを契約すると、そのレンタルサーバー専用のドメインの入った初期ドメインが割り当てられます。「□□.〇〇.com」「〇〇.com/□□」などの形です。□□の部分はオリジナルの文字列を入れられますが、〇〇はレンタルサーバーがはじめから用意したものに決まっていてオリジナルのものは使えません。独自ドメインはこれとは違い、ドメイン管理をしている会社に取得の申し込みをして費用を支払うことで得ることができる、専用のドメインです。例えば、「coconala.com」はcoconala専用の独自ドメインです。他のホームページで使われていなければ、取得の申し込みをして、オリジナルの文字列で専用のドメインを持つことが
0
カバー画像

サーバー・ドメインの契約からWordPressインストールまでの手順(エックスサーバー)

1 WordPressクイックスタートホームページを作りたいと思った時に最初のハードルになるのはサーバー・ドメインの契約、WordPressをインストールまでの方法ではないでしょうか?そのような方におすすめ。サーバー・ドメインの契約からWordPressインストールまでの一連の流れを簡単にできるエックスサーバーのWordPressクイックスタートというサービスをお教えいたします。このような方におすすめ!!初めてホームページを制作される方WordPressを利用する方エックスサーバーを利用する方エックスサーバーは国内シェアNo1で人気のレンタルサーバーです。私も利用しているのですが、使いやすくておすすめです。2 WordPressクイックスタートの申し込み手順ここからはWordPressクイックスタートの申し込み手順をご説明させて戴きます。☆ step1エックスサーバーのお申し込みフォームにアクセスして10日間無料お試し新規お申し込みを選択します。☆ step2 プランを選択1「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」の3つの選択肢があるので「スタンダードプラン」を選択  (例外として規模の大きいサイトの場合は上位プランも検討してください。最初は一番安いスタンダードで問題ありません。)2 WordPressクイックスタートにチェックを入れましょう3 サーバーの契約期間最初に一括で払う分です。長期になるほど安くなりますが、12ヶ月以上がおすすめです。4ドメインを選択ドメイン名を決めましょう。ドメインはあなたのサイトのURLになります。これからずっと使用していくので気に入ったものを選
0
カバー画像

サーバーやドメインって何?簡単な登録方法も紹介します

ここならでホームページ制作のサービスを提供している内山と申します。サービスに興味がある方はこちらから↓ホームページを制作する際、制作会社の方などから「まずお客様自身でドメインとサーバーの設定をお願いします。」と言われます。お客様側からしたら「ドメイン?サーバー?なにそれ、どうやって契約すればいいの?」となります。今回はドメインとは何か?サーバーとは何か?おすすめのサーバーとその登録方法を紹介します。ドメインとは?ドメインとはホームページでいうURLのことです。http:○○.jpやhttp:○○.comというのをよく見かけると思います。ドメインとは、わかりやすく言い換えるとインターネット上の「住所」にあたるものです。独自ドメインと言って、自分で考えたドメイン(URL)を取得してホームページを開設することができます。ですが、世の中に同じ「住所」はないように、ドメインも同じものは存在しません。例えば、https:www.webowl.jpというURLが希望だったとしても、他の方が取得してしまっている場合は同じものは取得できないのです。その場合どうするかというと、https:www.webowl.jpのjpをcom、net、orgにしてみたり、webowlの部分をweb-owlやwebowl-1など他のパターンで考えなければなりません。ドメインについて、他にも色々説明できますが、ホームページ制作をする上ではこれだけ知ってもらえれば十分です(笑)サーバーについてホームページの情報はコンピュータ(webサーバ)に保管されています。そのコンピュータにリクエスト:要求(このホームページを見た
0
カバー画像

会社名をHPのURLにするなら

会社のホームページのURLの部分を会社の名前など好きなもので決定し使用が出来る部分の事を「ドメイン」と呼びます。このドメインについては[ ~co.jp ][ ~.jp ][ ~.com ]などの種類があり一般的な組み合わせからズレると不信感を持たれる可能性もあります。シンプルですが会社のイメージに係るので知らない方は是非、ご覧ください。ドメインの種類ヤフーのサイトだと[ ~@yahoo.co.jp ]価格の比較サイトの価格ドットコムだと[ ~kakaku.com ]というように太文字の部分はあらかじめパターンが決まっていてどれを使うかはルールがあるものもあります。太文字の部分の種類について次から説明します。gTLD ( 一般トップレベルドメイン )個人でも企業でも取得ができる。世界中のどの国の人でも利用が可能。ccTLD( 国別コードトップレベルドメイン )国や地域を区別するドメイン。個人では取得できないものがあったり【.jp】で終わるものは、1つの種別・1つの組織で1つのドメイン取得が可能、他の種別の取得が可能。ドメインを使い分ける「ホスト名+ドメイン名」でサーバを表します。サーバーとは情報を管理するコンピューターの事です。例)ホームページを閲覧中の人がボタンをクリックして詳細の情報を見ようとするとその情報をユーザーに送るなどの役割を果たします。ドメインを取得した後に、サービスの使い分けの意味でホスト名で区別して利用している企業も多くあります。合わせてこちらもhttps://coconala.com/blogs/1499037/172175
0
カバー画像

WordPressブログ始めます!

お世話になっております。最近、PCが不調に陥ってから、定期更新を続けられていないブログですが、実はWordPressのブログを作ることに。元々WordPressにするつもりで続けていたブログもともとココナラのブログもゆくゆくはWordPressにするつもりでやっていました。私もSEOライティングのライターをやっていたので、せっかくならワードプレスにして、SEOに強いサイトを作りたいと思っていたけど、サーバー契約やサイトを整えたりが面倒で…それでも、年末にSEOに強いECサイト制作会社さんにモニターのお声がけをいただいたことから、早めにWordPressサイトを作ろうと決めていました。お声がけいただいたのはブログをWordPressにしたら、SEO的に強いサイトをそのままでも作れるから。(SEOライティングに関しては一般人ではないので、当然と言えば当然)ブログのモチベ下がってきたからサイト作ろう!一番の理由はここ。PCが壊れたところから、モチベーションがだだ下がり…PV自体はnoteと合わせて低くはないと思うけれど、モチベーションを保てなくなってきたんですね。いろんな方が見てくれているし、やっていることに意味はあるはずだけれど、自分の中での意義を見出せなくなり始めていました。一番の要因は「見れるのは閲覧数だけで具体的な分析はないこと」。(私は分析結果を見るのがとてもすき♡)そんな時に、デザイナーの妹が「サイト作る?」と言ってくれたので、サーバーを契約し、WordPressの設定とセキュリティ面、バックアップだけひとまず整えました。ちなみに…サーバーやWPテーマをご紹介ちなみにです
0
カバー画像

初心者におすすめのサーバーは『エックスサーバー』

こんにちは!ココナラでHP制作を行なっているシンジです。本記事をご覧いただきありがとうございます。さて、本題です。HP作成の中でお客様が不安に思われている事のひとつが『サーバー』と『ドメイン』に関するお悩みです。90%以上の方が不安に思われている印象です(実体験から)。そんな『サーバー』と『ドメイン』でお悩みのあなたにおすすめしたいサーバーは『エックスサーバー』です。●エックスサーバーの特徴・国内シェアNo1レンタルサーバーである・私(シンジ)も利用している・高性能で安定しているサーバー・他のお客様にご利用いただき満足していただいています・エックスサーバーを利用すれば基本的に問題なしと言われる・契約料金と月々の料金に関しては他の会社と比べても平均的有名なサーバーであり、エックスサーバーなら間違いがないといわれるサーバーです。ワードプレスやその他の管理も比較的簡単に行うことができます。加えてエックスサーバーの強みは以下のとおりです。『新規ご契約にてドメイン(.com)などが永年無料でサービスされる』『ご契約と同時のワードプレスをインストールしてくれる』これはすごすぎです・・・w本来であればHP作成には以下の手順が必要です。①サーバーとドメインを別会社で契約(同じ会社でも可能)②サーバーとドメインを紐付け③ワードプレスをインストール慣れていない方からすると、頭が痛い作業が必要でした。しかし、エックスサーバーはそれをすべて解決してくれます。私はお客さまに『エックスサーバー』をお勧めしております。また、ご契約はご本人で行なっていただく必要がありますが『独自マニュアル』を作成しており、ご
0
カバー画像

.comドメイン、.jpドメインついて

ドメインはインターネット上の住所情報です。現実世界で例えると住民票のようなものです。.comとは.comとは、commercialの省略として使われているドメインです。.comは商業目的のドメインであることを表し、世界中の誰でも取得が可能です。.jpとは.jpドメインは、japanを表す国別コードjpを使用したドメインです。日本国内に住所を持っている個人・法人のみが取得可能です。.comと.jpの違い.comは世界中で取得可能であるため、Googleの検索エンジンが特定の国のドメインとして認識しません。そのため、多言語化したりする際に有利なドメインです。特に理由がなければ.comドメインを取得しましょう。.jpドメインは、日本のドメインであるとGoogleの検索エンジンが認識します。日本国外に情報発信をする場合不利になることがあります。.comドメインがすでに取得されているときなどの場合に取得を検討します。
0
カバー画像

ドメインの取得方法・好みのドメインは取れるのか?

ドメインの取得方法 ドメインの取得方法は自分の好みの文字列+ドメインが購入可能なのか?を調べるところから始まります。 まずはドメインを販売するサイトにアクセスします。 サイトに入ったら検索バーがありますのでそこにご自身が取得したい文字列を入力してみてください。 入力が完了したら『検索する』をクリック!※この時に入力するスペルを間違わないように注意! すると文字列+ドメイン一覧が表示されます。ここには購入可能(他の人が使っていないかどうか)かどうかや初年度の価格が表示されています! かなりの種類がずらーっと出てきますのでその中からお好みのものがあればそちらをカートに追加して購入します。 ドメイン取得はこれだけの作業になります!非常に簡単ですね! 色々面白い興味を引くドメインがありますが・・・過去記事でご紹介した通りメリットデメリットを考えて選択しましょう。 ご不安な事やわからない事があれば弊社にお気軽にご相談ください!JTSystems
0
カバー画像

ドメインはどれが良い?おススメは?

サイトURLはオンリーワン 『ドメイン取得』の際に1つの楽しみでもあるドメイン決めがあります。 文字列+ドメインでサイトURLとなり、ネットの世界で『住所』になります。取得した住所は他の誰にも【全く同じ物】を取得することが出来ません。 オンリーワンのサイトURLですので本当に気に入ったもの決める事をお勧めします! 会社のサイトの場合は、だいたいが『会社名.〇〇』というものが多いですね。個人のblogだったら、blogサイト名や個人名、愛犬の名前など愛着のわくものを選ぶと良いでしょう。 あまり長すぎるサイトURLは、見る人によっては意味不明・・・と思われてしまう事もあります。また人に伝えるときに伝えやすいものが良いですよね! おすすめのドメインは?com?jp? ではその文字列+ドメインのドメイン部分は何が良いのでしょうか? 結論から申し上げますと【お好みのものでなんでもOK】です。 しかしメリットデメリットがある上にサイト運用開始したらドメインは変更すべきではない為、後々後悔しないように理解したうえで選ぶべきです。 理解しておかないといけない事は、 ●安心感(イメージ) ●更新費用 ●ネット上での扱い ●ドメインパワー? です。 安心感 例えば一般的に有名な『.com』は、まずは非常に有名なこと。一目でネットのURLだとわかるはずです。またネットに詳しくない人から見てもよく見るドメインなのでなんとなく安心しますよね。単なるイメージでしかありませんが、見たことのないドメインのサイトだとなんだかアヤシイ・・・と身構えてしまうものです。 更新費用 意外と見落としがちで更新時期にびっく
0
カバー画像

実はハードルは低い?サーバー契約&ドメイン取得

サーバー契約とドメイン取得は実は簡単! サイト運用初心者が一番に物怖じしてしまうのが、『サーバー契約』『ドメイン取得』です。 この時点で気持ちNGとなってしまいフリーblogサイトでのサイト運用にとどまってしまう方は結構いらっしゃいます。 ネットショッピングで買い物する感覚でもこの『サーバー契約』『ドメイン取得』って実は非常に簡単なのです! Amazonや楽天で買い物をする事と同じようなものです。サーバーとドメインをどの種類がいいか選んで買い物するだけなのです。ほんとそんな気軽なレベルです!レンタルサーバー会社もそういった苦手意識を払しょくしてもらうためにサイト内容をより分かりやすくしていますよ!一度レンタルサーバー会社のホームページをのぞいてみてください。 それでもNGという場合でもご安心ください。弊社では、サーバー契約やドメイン取得の代行やサポートも行っております。 ご不安な事やわからない事があればお気軽にご相談ください!JTSystems
0
カバー画像

ドメインとは?

ドメインについて解説します。ドメインとは、インターネット上の住所情報です。ホームページを作成する際に、以下のものが必要になります。・サーバー・ドメイン・ホームページのデータこれらをわかりやすく例えると、サーバーは賃貸などの家、ドメインは戸籍謄本などの住所情報、ホームページのデータは家具になります。ドメインの種類ドメインにも様々な種類や分類があります。・トップレベルドメイン・ジェネリック トップレベル ドメイン(gTLD)・ジェネリック地域トップレベル ドメイン・ジェネリック国別コード トップレベル ドメイン(ccTLD)・サブドメイン・中古ドメイン・ネイキッドドメイン・プライマリドメイン・セカンダリドメイン・ドメインエイリアストップレベルドメインいわゆる一般的なドメインを指す言葉です。coconala.comやgoogle.comはトップレベルドメインです。サブドメインdevelopers.google.comなど、トップレベルドメインの前に文字列がついていることがあります。これらはサブドメインと呼ばれます。中古ドメイン中古ドメインは、もともと誰かが契約していたドメインを別の使用者が使用することを言います。Googleの検索エンジンがドメインの評価を引き継ぐため、中古ドメインは新規のドメインよりも価値が高いことがあります。ドメインの取得ドメインの取得は、レンタルサーバーを契約してサイトを立ち上げる際に一緒にドメインを取得するということがほとんどです。レンタルサーバー会社でドメインを取得することが可能なので、それほど難しい操作は必要ありません。ドメインの設定ドメインの設定は、レン
0
カバー画像

ホームページ作成について

占い師だけど、ホームページも作っています。全く別のことをやっていると思われるかもしれませんが、私の中では、あまり変わりはありません。アナログとハイテクの対極のようですが、例えば、オーナー様のお誕生日から、サイトにマッチしたカラーを割り出すとか、そんなことをやることもあります。お店などを始める場合、神棚を置いたり、家を建てる時は、大抵は地鎮祭を行ったりしますよね。それを考えると、ホームページだって「売れる」「集客」は勿論ですが、オーナー様にマッチした、一押し、があってもいいのかな、と思います。今年は、ご縁があって、お寺様のホームページを何件か作りました。蓮の花の写真が欲しいとのことで、カメラマンでもある私は、この夏、カメラを担いで千葉と東京と神奈川を歩きました。元々蓮は好きなのですが、ますます好きになってしまいました。写真については、ストックフォトもいいのですが、個人事業主様や、お寺様などは、やはりご本人に撮って頂いたもの(商品やサービスは特にそうです)は、心と気持ちがこもっているような気がします。今は、スマホで撮っていただいても、ステキな加工ができますので、大丈夫なんです。そして、個人事業主様(お店や事務所や、治療院など)のホームページを作らせて頂く時、皆様一番困っていらっしゃるのが、ドメイン?レンタルサーバ???だったりします。何をどうすればいいのか、そこからだったり。また、多くのサイト作成の場合、ドメインとサーバは取っておいてください、ということも多いのです。というわけで、ドメイン取得から、レンタルサーバの手配まで、お手伝い致します。 これから出品致しますので、どうぞよろし
0
カバー画像

今さら聞けない!「ドメイン」の意味【やさしく解説】

こんにちは、中小企業様、個人事業主の皆様向けに格安でホームページ制作を行なっているWeb制作専門のエヌポンプです。初めてホームページを制作する方からドメインに関するご質問をよくいただくので、今回はドメインについて簡単にお話したいと思います。ドメインとはそもそも何か、取得する際の注意や独自ドメインの必要性について気になる方、そしてこれから初めてホームページを作る方もぜひ参考にしてみてください。初めてホームページを作る人向け|「ドメイン名」とは一体なに?インターネット上には膨大なWebページが存在し、それらの情報を引き出す際に必要なものがURLです。Webページ全てに割り当てられており、いわば「住所」のようなものです。「独自ドメイン」の必要性そもそもドメインは、新しく一からホームページを作る上で欠かせないものです。企業のブランディングや信頼性の獲得だけでなく、SEOの観点からもオリジナルのドメイン(独自ドメイン)を取得し使用することをオススメしています。ドメインは長すぎず覚えやすいものを取得するのがオススメ一からホームページを作成する場合は独自ドメインを取得する必要がありますが、長すぎずに覚えやすい文字列を取得しましょう。企業名やサービス名、イベント名など、作成するホームページの運営目的等で文字列を検討することをオススメします。無関係な文字列(アルファベットをランダムに羅列するなど)を取得することはあまり良くありません。ドメインはWebサイトのURLやメールアドレスとしても利用します。サイト閲覧者にとって「このサイトは○○というサービスである」というわかりやすさだけでなく、信頼性を
0
カバー画像

【WordPress制作サービス購入者向け】最低限の準備!サーバー・ドメイン・解析ツールの契約から導入とテーマ購入

こちらのサービス購入にあたり、新規でWebサイトやHP制作の納品を希望される方は、ご自身で設定していただく必要がございます。なぜなら、エックスサーバーとエックスドメインとテーマ購入は、僕に金額を支払うわけではなく、各提供元に支払っていただくからです。特に、エックスサーバーとエックスドメインは記事や画像のデータの管理であったり、個人情報を含むIPアドレスなど、情報漏洩に大きくつながります。WordPressのテーマ購入も、こちら側で全て用意する場合はライセンス取得をしなければならず、法に触れる可能性が大いに考えられるためです。お手間をかけさせてしまいますが、料金は別途でかかることは変わりません。お客様に安心・安全にWordPressでのWebサイト制作と運用をしていただくためですので、ご了承ください。※Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールは完全無料でご利用できますので、もしGoogleアカウントのメールアドレスやパスワードをご教示いただけるのでしたらこちらで設定・導入します。その場合は後にパスワードの変更を推奨します。※それぞれココナラブログです。転載も可能ですのでご自由にお使いください。1.エックスサーバー契約〜入金まで2.エックスドメイン契約〜入金まで3.WordPressテーマ購入〜入金まで4.Googleアナリティクス登録5.Googleサーチコンソール登録6.Googleアナリティクス・Googleサーチコンソール紐付け
0
カバー画像

【WordPress】エックスドメインの 契約〜入金まで

💡このような方必読です!✔︎僕に自社メディアを制作・運用のアドバイスをもらいたい方✔︎これからWordPressで自社メディアを運用していきたい小規模事業主様✔︎ブロガー・アフィリエイター初学者✔︎Web制作を学びたいWebデザイナーWebメディアを制作して納品するにあたり、僕は運用保守の費用をいただいておりません。サーバーの契約やテーマ購入はもちろん、運用の際に何か不具合が起きた場合にも全て担当者様ご自身で知見を培っていただき、無駄な制作費用と労力を削減していただくのが僕の役割だからです。それに今はWebサイト制作”だけ”に数十万〜数百万もかける必要はないためですね。残念なことに、「効果を最大化する!」と言って施策を紹介しただけの制作会社やマーケティング会社があるのは事実で、本当に効果がでると思い込みすぎて時間もお金も労力も損をするという企業様もいらっしゃいます。言い方は悪いですが、”情弱を辞めていただく”ために僕のサービスは存在しているんですよ。「いや待て、お前も結果出せないんじゃないのか?ただ作ってアドバイスして、はいサヨナラじゃないのか?」と疑心暗鬼になられたかもしれません。おっしゃる通り、「サヨナラまではしませんが、作って終わりでアドバイスして終わりです。」なぜなら、自分の結果は出せても、他の人の結果を出せる人はWeb周りの企業・個人でWebが発達した今でも一握りだからです。Webでなくても、例えば営業で部下は上司に同行しながら営業力を高めていきますが、どんなに上司があーだこーだ言いつつも背中を見せたって、結局やるのはその部下じゃないですか。僕のサービスが格安で成果の
0
カバー画像

【WordPress】 エックスサーバーの契約から入金まで

💡このような方必読です!✔︎僕に自社メディアを制作・運用のアドバイスをもらいたい方✔︎これからWordPressで自社メディアを運用していきたい小規模事業主様✔︎ブロガー・アフィリエイター初学者✔︎Web制作を学びたいWebデザイナーWebメディアを制作して納品するにあたり、僕は運用保守の費用をいただいておりません。❓理由①、レンタルサーバーを提供している企業様やWordPressテーマを販売している企業様にお支払いすればよく、僕にわざわざ費用を支払う必要はない。②、WordPressテーマにおいては、ライセンス契約も必要になるため、規約違反になることを考慮して、安心・安全に自社メディア制作・運用をしていただきたい。③、サーバーの契約やテーマ購入はもちろん、運用の際に何か不具合が起きた場合にも、全て担当者様ご自身で知見を培っていただき、無駄な制作費用と労力を削減していただくのが僕の役割であるため。それに今はWebサイト制作”だけ”に数十万〜数百万もかける必要はないですし。残念なことに、「効果を最大化する!」と言って施策を紹介しただけの制作会社やマーケティング会社があるのは事実で、本当に効果がでると思い込みすぎて時間もお金も労力も損をするという企業様もいらっしゃいます。言い方は悪いですが、”情弱を辞めていただく”ために僕のサービスは存在しているんですよ。「いや待て、お前も結果出せないんじゃないのか?ただ作ってアドバイスして、はいサヨナラじゃないのか?」と疑心暗鬼になられたかもしれません。おっしゃる通り、「サヨナラまではしませんが、作って終わりでアドバイスして終わりです。」なぜなら
0
カバー画像

阿修羅ワークスプラグイン特別講座4 WordPressの導入方法 メルサーチプレス04

レンタルサーバーを選んで契約までが済んだら、いよいよWordPressのインストールです。 WordPressのインストール自体はどこのレンタルサーバーでも、「簡単インストール」というボタン一発でインストールできるサービスを提供しているので難しくはありません。 ただし、WordPressを使う前にサーバーの設定をしなければならないんですね。 この設定は一度やってしまえば基本的にはずっと触らない可能性が高い作業です。WordPressはボタン一発でインストールできちゃうんですね! サーバーの設定はどのような手順で行えばいいのでしょうか?サーバーの設定についてですが、ロリポップサーバーを例に説明します。 他のレンタルサーバーでも基本的には同じ流れです。 まず、ドメインを取得した場合は 1.ドメイン取得サービスにレンタルサーバーのネームサーバー(DNS)を設定 2.ドメインをサーバー側に設定 3.WordPressをインストール という流れです。 ドメインを取得しないで、レンタルサーバーからもらった無料のサブドメインを使う場合は1と2の作業は不要で、WordPressのインストールだけします。メルサーチプレスをドメインなしで使う場合はWordPressのインストールだけでいいんですね。 新しく「ネームサーバー」という言葉が出てきたんですけど、これはドメインを取得して使う場合に必要になるんですか?はい。「ネームサーバー」は電話帳のようなものです。 ドメイン取得サービス、例えばムームードメインで好きなドメインを取得したとします。 そのドメインにアクセスした際に、どのサイトが表示されるか紐
0
カバー画像

阿修羅ワークスプラグイン特別講座3 レンタルサーバーの選び方 メルサーチプレス03

それで、実際にメルサーチプレスを導入するにあたり、初心者がつまづくのはWordPress(ワードプレス)の導入だと思います。 WordPressは元々ブログを作るためのシステムなのですが、その便利さからブログ以外の用途にも使用されています。 既にWordPressを導入されている人にとってはどうということはないのですが、メルサーチプレスのみを使いたい人は、メルサーチを使う前にWordPressを導入する必要があります。まだまだWordPress(ワードプレス)知らない人は多そうですもんね。そうですね。世の中のウェブサイトの4割にWordPressが使われているという調査結果が出ていますが、世の中のほとんどの人は自分でウェブサイトを立ち上げることはないので、どうすればいいか知らない方が多いと思います。 とはいえ、昔よりは全然簡単なので心配はいりません。 まずは、WordPressを導入するためには、サーバーが必要とだけ覚えておいて下さい。サーバーはレンタルサーバーでいいんですよね?そうですね、WordPressが使えるレンタルサーバーでOkです。 その前にサーバーとはなにかを説明しておきます。サーバーというのは、一般的にネット上にあるコンピュータを指します。 対して、我々が普段使っているPCもコンピュータです。そのコンピュータが目の前にあるか、ネット上にあるかの違いです。 我々が普段使っているPCはネットに繋がりますが、ネット上の不特定多数のユーザーから許可なくPCの中身を読んだり、書き込むことはできなくなっています。 ここまでは分かりますか?はい。セキュリティがかかっているんで
0
カバー画像

サーバーとドメインの契約をエックスサーバーにする理由

理由は、大量アクセスに強いのでサーバーが落ちる可能性が低いからです。ホームページを作成して、いきなりアクセスが集中的に集まることはありませんが、今後を見据えても安定したサーバーで契約をしておくのがいいでしょう。なぜサーバーが落ちる可能性が低い方がいいか?サーバー が落ちるとホームページを見ることができません。WEBの世界では、少しページが見れなくなるだけでもユーザは直ぐに離脱します。秒で違うホームページや情報に飛んでしまいます。落ちてしまうと復旧作業も発生しますので、その間、本業に差し支えがでる上にホームページも見れないので、お客様は問合せができないしトラブルが起きてることも伝えないといけないなど二重にも三重にも負担がかかります。そういったリスクをエックスサーバーなら減らすことができます。エックスサーバーは通信速度が速いエックスサーバーは通信速度が速いので、これもまたユーザーの離脱を減らすことができます。考えてみてください。何かのサイトを見ていて、ページの動きが重かったり動作が鈍く通信速度が遅くてストレスを感じたことは、1度はあるんじゃないでしょうか?自分(会社・ショップ)に快適な環境を作ることつまるところ何が言いたいのか?それは、ホームページを通して快適な環境をつくってあげることが自身にとってもユーザにとっても、ストレスのかからない見やすいページであるということです。そして、その快適な環境を作るならエックスサーバーが適しているとうことです。以上が私が、ホームページを作成する上でエックスサーバーでの契約をお願いしている理由です。
0
カバー画像

ホームページは独自ドメインで運用しましょう。

こんにちは。ジンドゥーでWEB制作を行っています。Rionです。今回は独自ドメインについてです。この記事はサイトをリニューアルしたいとお考えの方、これからジンドゥーでサイトを持ちたいと思っている方にお役立ていただけると幸いです。独自ドメインとは?独自ドメインとはユーザーが独自で名前を決められるアドレス=ドメインの事です。ずばり、インターネット上にオリジナルの住所を持つことができます。独自ドメインを持つメリットとは?1.SEO効果が期待できるオリジナルの住所を持つことで、Googleがあなたのホームページを見つけやすくなります。Googleサーチコンソールに登録すると、検索結果により早く反映させる効果が期待できます。2.サイトリニューアル時も同じURLでアクセスができるサイトをリニューアルする場合、独自ドメインを保持した状態でサイトはジンドゥーを使用したいとお考えの方は多いのではないでしょうか。例えば、お名前.comで管理しているドメインをジンドゥーに接続してホームページを運用することが可能です。また、ジンドゥーからWordpressに変更を検討される場合でも、ドメイン保持した状態で新しく作り変えることができます。3.オリジナルのメールアドレスが持てます。独自ドメインを持つことで、オリジナルのメールアドレスが持つことができます。ビジネスの上でメールアドレスは必須。名刺やパンフレットに載せることでご自身のブランドイメージを高め、信頼を持ってもらうことができます。<おすすめドメインについて> .biz* 、.com*、.net*、.org*、.website   ※注意・「.co.j
0
カバー画像

依頼する前に知っておきたい!WEB製作の基礎知識

こんにちは!眼鏡屋さんで、眼鏡のレンズの種類を決めているときに、店員さんにいきなり「無職(無色)ですか?」と聞かれたので、ムカッとして「ちゃんと働いてます!」とキレ気味に答えたアルティメットのまさやん007です。皆さんは、自分のWEBサイトを作りたいと思ったとき、どんなことが必要かご存知ですか?実は、WEBサイトを依頼するにはいくつかの基礎知識が必要です。今回は、それらの基礎知識をたとえ話を交えながら解説します。まず、WEBサイトを作るときに必要なものは、建物を建てるときと同じように考えることができます。土地に建物を建てるには、土地を準備する必要がありますよね。それと同じように、WEBサイトを作るときには、"ドメイン"と呼ばれるウェブ上の住所が必要です。たとえば、あなたのWEBサイトが家だとすると、その家の住所がドメインになります。家に友達を招待するときには、住所を教えてその場所に案内しますよね。WEBサイトも同じで、ドメインを知っていれば誰でもあなたのサイトにアクセスできるようになります。ですから、WEBサイトの制作を依頼するには、まずこのドメインがあるか、ないかで条件が変わってくると思ってください。ドメインの取得方法や価格等は別の機会にお話しします。次に、WEBサイトを作るにはサーバーが必要です。これは、あなたのWEBサイトのデータやファイルを保存するための大きな箱のようなものです。建物を建てるときには、建物の中に家具や荷物を置くための部屋が必要ですよね。サーバーも同じで、WEBサイトのデータやファイルを保存するためのスペースが必要です。サーバーは、個人や小規模な利用でした
0
カバー画像

初めてのホームページ制作依頼 ~サーバーって何?ドメインって何?

新規事業の立ち上げなどで、ホームページを持ちたいと考えた場合、具体的に何を用意すれば良いかが分からないことがありますよね。一般的に、ホームページを運用するには以下の3つの要素が必要です。1. サーバー (土地):ホームページのデータを保管し、インターネット上でアクセス可能にするための基盤です。2. ドメイン (住所):ホームページにアクセスするためのウェブアドレスです。例えば、https:// www.example.com のような形式です。3. ホームページ (家): 企業やお店、サービスの情報やコンテンツを掲載したデータです。 要するに、ホームページを持つためには、まずサーバー (土地) を用意し、次にドメイン (住所) を設定し、その上にホームページ (家) を構築するというイメージです。 ホームページの制作を依頼して、デザインやコンテンツの作成については理解していたかもしれませんが、「サーバー」と「ドメイン」という言葉には馴染みが薄いかもしれません。上記の説明通り、ホームページを作成しても、それを置く場所がなければアクセスできません。そのためには、サーバー (土地) とドメイン (住所) が必要です。ただし、サーバーとドメインは月々の運用費用がかかりますので、制作費以外にも予算を考えておくことが必要です。 ペライチやWixなど、サーバーとドメインを含めて無料で運用できるサービスもたくさんありますが、無料プランでは広告が表示されたり、機能やデザインの自由度に制限があることもあります。ココナラでホームページの制作依頼を利用する際には、出品者とよく相談し、より適切なプ
0
カバー画像

WordPressでショッピングカート設置の時代は終わった?

以前は、WordPressに直接プラグインで、ショッピングカートと決済システムを設置することが多かったと思います。でも、今は、BASEに代表されるように、決済機能が充実したネットショップを開設できるサービスが増えてきました。そのため、こうしたサービスを活用してInstagramやFacebookにショッピング機能をつけて、スタッフブログは、サブドメインを使って別途レンタルしたサーバーで運営すると言うケースが主流になるような予感がしています。実際、私もBASEを利用しているネットショップ様からサブドメインの設定の作業関係や、Facebookやinstagramのアカウントの紐つけのサポートの依頼を受けています。こうしたサービスを出品しています。お仕事相談やダイレクトメッセージの機能を使って、お問い合わせを頂けましたら幸いです。昼間は派遣で仕事をしていますので、夜間作業や日曜日の一部の時間を使っての作業となるので、他の方よりも進捗が遅いかもれしれないです。でも、私は、ネットショップを自ら運営したことがあるので、こうした経験を活かして頂ける人とたくさん出会い、お役に立ちたいと思っています。
0
カバー画像

ホームページを作るために必要な【サーバー・ドメイン】

ホームページを作るために必要な【サーバー・ドメイン】ホームページを作るために必要な物にはサーバーとドメインが必要になります。次はサーバーとドメインが何なのか説明します↓サーバー、ドメインとはサーバーは土地、ドメインは住所のようなものです。家を建てるには、土地と住所が必要ですよね。同じようにホームページを立ち上げるには、サーバーとドメインが必要なのです。
0
カバー画像

ドメインパワーの概要をまとめました

ドメインパワーとは、特定のドメインがGoogleの検索エンジンからどれくらい評価されているかを示す数値です。ドメインパワーが上がるとドメインパワーが上昇すると、作成したページがすぐにGoogleの検索エンジンに表示されたり、ページが上位表示されやすくなります。ドメインパワーを上げるには以下のことをするとドメインパワーの上昇につながります。・良質な記事の数を増やす・古い記事を最新の状態に更新する・指名検索(サイト名をGoogleで検索)されるドメインパワーの確認下記のサイトで確認します。wwwの有無に留意してください。www.ispr.net
0
カバー画像

ドメイン

ドメインをとるのに「お名前.com 」が有名ですが私はあまりお勧めしません。なぜなら、ドメインを申し込んだ後に、コマーシャルメールが山ほどくるからです。メールボックスの整理が大変です。そんなわけで、私は、エックスサーバーを使用していますので、エックスドメインを取得しています。これだと、ドメインを取得した後に、サーバーに自動で反映されるので楽勝です。費用も安いく、サーバーと一緒に管理できて便利です。
0
カバー画像

【作業事例】現存HTMLサイトを仮ドメインで作成済みのWPサイトに切り替え作業とサーバー移管とSSL化作業

今回の作業事例サーバー  OCN から Xサーバー現存HTMLサイトから仮ドメインで作成済みのWPサイトに切り替え作業とサーバー移管とSSL化作業です。作業まず新サーバーのXサーバーへ仮ドメインのサイトを移管しドメイン変更を行います。その後ネームサーバーの変更を行いxサーバーに切り替えし、サーバーメールの設定を行いました。サーバー安定後にSSL(https)化を行い作業完了となりました。まとめ元サーバーがマイナーだったのと仮ドメインのサーバーも無料サーバーで通常の移管手順では作業が出来ず、複雑な作業となりました。色々な状況での作業も対応致します。お気軽にお問い合わせください。
0
43 件中 1 - 43
有料ブログの投稿方法はこちら