会社では教えてくれない営業術 134 見てくれている!って感じた時って嬉しい時なのです

記事
ビジネス・マーケティング
今日もご覧いただきありがとうございます。
営業トレーナー&アンガーマネジメントコンサルタント
Office M & Rの坂山一哉です。

前回、メンバーとの接し方を書きました。
その内容にご意見を頂戴しました。

「元気か!」って声をかけることが大事ですって書きましたが、
それはいつも元気な坂山さんやからできるんと違いますか?
上司であっても、元気がない時もあるでしょ!
仕事大変な時もあるでしょ!って。
そういう時にでも、元気でいないといけないのか?            上長ってそこまでメンバーのことを気にしなければいけないのか?


確かにおっしゃる通りです。
私も人間、しんどい時、仕事が大変な時や落ち込んでい多々ありました。
特に風邪など体調が優れない時などこちらが元気があまりないのに、
メンバーに対して「元気か!」って言えないって言われるとそうかもしれません。


そんな時は、
「あかん、風邪ひいた!元気ない!しんどい!」って言えばええんですよ。
この時に、俺みたいになるなよ!って言ってあげる。
これが大事なんだと思います。


リーダーって求められることって本当に多い。
メンバーもたくさんのことを求めてきます。

ではメンバーの方はが、リーダーに何を
一番求めていると思いますか?


ちゃんと見てくれている」ってことなんです。


もしメンバーが風邪ひいたとしたら
どっちの言われ方が良いですか?

「ほらみろ!言わんこっちゃない!
 俺は用心しろって言ったやろ」
もしくは
「風邪ひいてしまったか!無理すんなよ。
 悪化したらあかんから早よ帰り!」

全然違いますよね。
後者のように言われたらなんかほっとするもんです。


その場は上長の一言で右にも左にも
大きく揺さぶられます。

だからこそ、ちゃんと見ていてあげることが
一番大事なんですよね。


もし自分がメンバーの立場で、
上長からどう言われたら嬉しいか?
どう言われたら、見てくれていると感じるか?

って考えてみる。
そして言われたら嫌なことも一緒に考えてみる。
言われたら嫌なことは言わないようにする。
これを徹底ください。

でも日頃の言動ってどうかな?
って思われる方もいらっしゃると思います。
そんな時は勇気を持って
メンバーに聞いてみると良いですよ。

「私の言い方ってどう?」って。
突然聞くと、メンバーの方は言いにくいかもしれないけど
嫌なところを直したいなどとちゃんと伝えれば
教えてくれますよ。

この時こそ、自身が変化できるチャンスですよ。
頑張って!!


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す