【無料あり】写真から似顔絵イラストができる人気サイト・アプリ10選

「似顔絵イラストを描きたいけれど、自分ではうまく描けない。」そんな時におすすめなのが、以下の2つの方法です。

  • 似顔絵が描ける人に頼む
  • アプリで加工して作る

この記事では、「似顔絵を依頼できるおすすめサイト」と「似顔絵アプリ」を、それぞれ厳選して紹介します。

大切な人の似顔絵を用意したいと考えている方も、ぜひ参考にしてください。

写真を似顔絵イラストにできるおすすめサイト5選

写真からの似顔絵制作を依頼する方法は、1つではありません。

「似顔絵専門店」に依頼することもできますし、クリエイターとやり取りをしたうえで依頼可能な「クラウドソーシングサービス」や「ハンドメイド販売サイト」等を利用する方法も便利です。

今回は、写真を似顔絵イラストにできるおすすめサイトとして、以下の5社を紹介します。

ココナラ

ココナラ

ココナラは、自分の得意とするスキルを売り買いできるクラウドソーシングサービスです。

似顔絵を得意とするクリエイターも多数登録しており、似顔絵ジャンルの出品数は2022年4月時点で「9,591 件」。

まずはクリエイターに見積もり依頼をして、内容に納得してからの購入が可能です。個人間取引において心配な支払いに関しては、ココナラが間に入るためトラブルの心配がありません。

会員登録は無料で、登録すると出品者への事前問い合わせなども可能です。

▶︎ココナラの無料会員登録はこちら

今回は、人気クリエイター3名の出品を紹介します。

【ポップな似顔絵作成します】

ポップな似顔絵作成します

【ビジネスで人気!爽やかな似顔絵で印象に差をつけます】

ビジネスで人気!爽やかな似顔絵で印象に差をつけます

【もらって嬉しい似顔絵!水彩[送料込]でお描きします】

もらって嬉しい似顔絵!水彩[送料込]でお描きします

上記のほかにも、たくさんのクリエイターがイラスト作成サービスを出品していますので、ぜひお気に入りを見つけてください。

▶︎ココナラで出品中の似顔絵イラストサービス一覧へ

minne(ミンネ)

minne(ミンネ)

minne(ミンネ)は、手作りのアイテムを販売する個人の作家などが多数登録しているサイトです。

似顔絵に関する出品はなんと19,000件以上。イラストのクオリティにバラつきはありますが、リアルな似顔絵からカリカチュアまで幅広く出品されています。

出品者と直接やり取りをして注文するスタイルで、支払い時にはミンネが間に入ります。個人間取引でも安心です。

▶︎minne(ミンネ)の無料会員登録はこちら

にがおえ市場

にがおえ市場

にがおえ市場は、2011年から運営している似顔絵専門店です。

2022年4月現在、登録している似顔絵作家は11名。気に入った絵柄の作家と直接やり取りをして依頼します。

色紙サイズから額縁付き、多人数を描いて欲しい場合にも対応が可能。公式HPから利用用途や用紙サイズ、予算などで作家を検索することができるので、様々な条件で希望にあった似顔絵を探せます。

▶︎にがおえ市場公式HPはこちら

WORLD1(ワールドワン)

WORLD1(ワールドワン)

WORLD1には、15名の似顔絵作家が在籍しています。ふんわりした印象の絵を描く作家が多く、特に子供へのプレゼントや結婚式のウエルカムボードなどに人気です。

WORLD1オリジナルのペーパーアイテムや、フレーム・イーゼル付きのイラストも注文可能。

同じ大きさの似顔絵依頼でも、作家によって料金が変わるので注意してください。

▶︎WORLD1公式HPはこちら

似顔絵イラスト専門店

似顔絵イラスト専門店

2004年から運営している「デザインルーム スカイリープ 似顔絵イラスト専門店」は、個人のクリエイターが制作全般を担当しています。

会社の名刺やお店の宣伝用似顔絵など、ビジネス用にもつかえるクオリティの高いイラストを、リーズナブルに依頼可能。

料金表がしっかりと掲示されているなど、分かりやすく依頼しやすいお店です。

▶︎似顔絵イラスト専門店公式HPはこちら

【無料あり】写真から似顔絵を作れるおすすめアプリ5選

続いては、写真から似顔絵が作れるアプリを紹介します。SNSアイコンやブログのキャラクターを手軽に作成したい場合に便利です。

いずれも基本機能は無料で使えますが、広告をなくす、追加コンテンツを使えるようにするためには、有料プランへの申し込みが必要になります。

今回は次の5つのアプリを紹介します。

Voilà AI Artist

Voilà AI Artist

取り込んだ画像を、ピクサー風のアニメイラストやルネッサンス風のイラストに変換してくれるアプリです。

インストール・基本機能は無料。有料版は「週払い・月払い・年払い」の3種類あり、すべてのフィルター機能が使えるようになります。

▶︎App Store
▶︎Google Play

Prisma

Prisma

顔写真だけでなく、風景写真も絵画のようなタッチに加工してくれるアプリです。

最初に「3日間のトライアル」などの英語表示画面が出ますが、✕ボタンで画面を消せば、無料の基本機能を使えます。

▶︎App Store
▶︎Google Play

ToonMe

ToonMe

Toon Meは、スマホで撮った写真をカートゥーン風や実写に近いイラストに加工できるアプリです。

インストール・基本機能は無料で、有料版に登録するとすべてのフィルター機能が使えるようになります。

こちらも最初に「3日間のトライアル」などの英語表示画面が出ますが、✕ボタンで画面を消せば、無料機能を使えます。

▶︎App Store
▶︎Google Play

Photo Lab

Photo Lab

人物の面影を残した加工からイラスト調まで、いろいろな写真加工ができるアプリです。

無料版は、広告表示や保存した写真にロゴマークがつくなどの制限があります。制限のない有料のPRO版も用意されているので、気に入ったら購入を検討すると良いでしょう。

▶︎App Store
▶︎Google Play

けしはん道場

けしはん道場

スマホで撮った写真から、消しゴムはんこ風のイラストに加工するアプリです。

基本的に無料で利用でき、正方形だけでなく、縦長や横長のはんこも作成可能。有料版にアップグレードすると、すべての機能が利用できるようになります。

日本製のアプリなので、説明などがわかりやすいのがメリットです。

▶︎App Store
▶︎Google Play

写真から似顔絵・アバターを作れるサービスの選び方

写真をもとに似顔絵を作成するなら、利用目的に応じた依頼先を選ぶことをおすすめします。

SNSアイコン用なら手軽な無料似顔絵アプリ

TwitterやLINEなどのSNSアイコンを自分の似顔絵にしようと考えているなら、手軽に作れる無料似顔絵アプリを利用すると良いでしょう。

小さいサイズでも誰のイラストか判断できるような、特徴的なアイコンを作りやすいです。

クオリティの面で差別化を図りたい場合は、有料サービスへの依頼を検討してください。

ビジネスにも使いたいなら有料サービスに依頼する

似顔絵を名刺に印刷したり、会社の広告に使ったりとビジネスで似顔絵を使うなら、最初から有料のサービスを利用することをおすすめします。

無料アプリの似顔絵は、同じアプリを使ったことがある人が見ればそれと分かってしまうものです。

仕事への信頼性が下がる原因にもなりかねませんので、クオリティや信頼性を重視した依頼先を選びましょう。

また、似顔絵はデータで納品してもらうと、いろいろな媒体に利用ができて便利です。

結婚式のウエルカムボードやプレゼントは紙で描いてもらえるサービスを選ぶ

結婚式の来賓を出迎える「ウエルカムボード」は、紙で納品してもらう方が良いでしょう。

自分では大きなサイズの印刷は難しい場合も多いですし、厚みのある紙を用意する手間もかかります。

プレゼントとして贈る場合も同様で、実際に紙に描かれた温かみが感じられます。

似顔絵イラストを上手に依頼するコツ

似顔絵イラストを依頼する際は、次の6つのポイントを意識しましょう。注文時に慌てることもなく、予算オーバーにならずにすみますよ。

  • ピントの合った写真を複数枚用意する
  • イメージに合った似顔絵作家に頼む
  • 修正がどこまで可能か確認する
  • 納期がどれくらいか確認する
  • 料金が高くなる場合を確認する
  • データだけで頼むと割引になる場合も

それぞれの詳細は、以下の通りです。

ピントの合った写真を複数枚用意する

写真から似顔絵を描いてもらう際は、描いて欲しい人だけが写っている写真がベスト。正面向きでピントがあっていることを確認してください。

ピントがぶれた写真では、似ていない似顔絵イラストになってしまう可能性が高まります。

複数の角度から撮影された写真や描いて欲しい衣装を着た写真なども準備できると、なお良いでしょう。

イメージに合った似顔絵作家に頼む

似顔絵のテイストは、作家によってさまざまです。リアリティのあるテイストやデフォルメ系、パステル調のイラストを描く作家もいます。

自分が使うならあえてデフォルメされたイラストもありですが、プレゼント用やビジネス用で使うなら、パーツを誇張した表現は避け、実物に似せたイラストを描く作家を選んだ方が無難です。

修正がどこまで可能か確認する

実際にできあがった似顔絵があまり似ていない、イメージと大きく異なるといったケースを防ぐためにも、下書きの段階で確認できるのか、修正回数は何回なのかといった点は、最初にチェックしておきましょう。

納期がどれくらいか確認する

急ぎの依頼には、特急料金など別料金がかかる場合がほとんどです。

欲しいタイミングに間に合うかどうか、依頼前にあらかじめ確認しましょう。

料金が高くなる場合を確認する

追加料金が発生するケースの事前確認も重要です。

似顔絵作家によっても異なりますが、以下のようなケースで追加料金が発生します。

描く人数が増えると料金が高くなる

似顔絵の基本料金は、人物1名の場合です。2人、3人と増えるほど、料金はアップします。

ペットを抱っこした写真の場合、人物2名分になる可能性が高いですので、確認しておきましょう。

小物が増えると料金が高くなる

椅子に座った姿や仕事の道具を持った姿などのイラストには、小物が追加料金の対象となる場合があります。

かばんなどの持ち物が増える、帽子や凝った衣装を着せたいといった場合なども料金が変わる可能性がありますので、事前に確認しておきましょう。

急ぎで頼むと料金が高くなる

先にも少し触れましたが、納期を短くしてもらうと、特急料金などの別料金がかかります。また、依頼したい作家のスケジュールによっては、特急仕上げを受けてもらえない場合もあります。

「この日までに仕上げて欲しい」という納期がある場合は、早めに依頼することをおすすめします。

データだけで頼むと割引になる場合も

紙での納品とデータ納品、どちらにも対応している似顔絵作家なら、データ納品の方が安くなるケースが多いです。

また、通信販売で似顔絵を頼む場合は「データ納品のみ」としている作家も多いので、料金を確認する際に併せて聞いておきましょう。

まとめ

写真から似顔絵イラストを作りたいなら、利用用途に合わせて依頼先を考えると良いでしょう。

無料で手軽に似顔絵イラストを作成したいなら、スマホアプリを使うと簡単です。

プレゼント用の似顔絵やお仕事に使えるクオリティが欲しいなら、似顔絵専門の作家や実績のあるクリエイターに依頼をおすすめします。

ぜひ、素敵な似顔絵を手に入れてください。

【この記事で紹介したココナラの出品者】

ポップな似顔絵作成します

ビジネスで人気!爽やかな似顔絵で印象に差をつけます

もらって嬉しい似顔絵!水彩[送料込]でお描きします

▶︎ココナラで出品中の似顔絵イラストサービス一覧へ

ココナラを詳しく見る