【無料あり】耳コピで楽譜作成・採譜依頼できるサイト・アプリ10選

「お気に入りの曲を演奏したいけれど、楽譜がない!」
そんな時に取れる方法は、以下の2つです。

  • 耳コピ可能なソフトやアプリを利用して自作する
  • 耳コピできるプロやサービスに依頼する

今回の記事では、楽譜が市販されていない曲やパートごとの楽譜が欲しい時などに、楽譜を入手する方法を紹介します。

自作する場合と依頼する場合の違いなどについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

好きな音源から楽譜を作成できるソフト・アプリ5選

まずは、自分で耳コピして楽譜を手に入れたい方向けに、音源から楽譜を作成できるソフトやアプリを厳選して5つ紹介します。

「楽譜作成ソフト・アプリ」の3種類は、手書きの楽譜を読み込んでデジタル楽譜に起こす機能や、パソコンのキーボードを使って楽譜が簡単に書ける機能が利用可能。読み込んだ楽曲のコード解析ができるタイプもあります。

もう一方の「耳コピアプリ」は、自分で曲の音階などを聞き取って、楽譜を書いていくタイプです。一時停止やリピート機能、テンポ変更機能など、耳コピしやすい機能が揃っています。

<楽譜作成ソフト・アプリ>

  • Chord Tracker(ヤマハ)
  • スコアメーカーZERO(KAWAI)
  • MuseScore(無料ソフト)

<耳コピアプリ>

  • mimiCopy(有料アプリ)
  • Audipo(アプリ内課金あり)

楽譜作成|Chord Tracker

YAMAHAが提供している無料アプリの「Chord Tracker」は、スマホ内に保存してある楽曲を取り込んでのコード解析が可能です。

五線譜、鍵盤、ギターの切り替え機能があり、コードに慣れていない初心者にも対応しています。

取り込んだ楽曲の再生も可能。再生スピードの変更やリピート機能、メロディーキャンセル(歌を消す)機能など、楽器を練習する際に必要な機能も充実しています。

録音機能もあり、自作の楽曲をコード解析して楽譜にすることも可能です。

▶︎AppStore
▶︎GooglePlay

楽譜作成|スコアメーカーZERO

スコアメーカーZEROシリーズは、楽器メーカーKawaiが提供するライセンスソフトです。契約期間中は常に最新の機能がアップデートされていきます。

楽譜作成ができるソフトで、PDFの楽譜を読み込んでデジタルの楽譜に起こす、読み込んだ楽譜を演奏する、といった機能も備わっています。

パソコンのキーボードを使っての音符入力や、MIDIキーボードを使ったリアルタイム録音も可能。演奏しながら楽譜を作れます。

▶︎スコアメーカーZEROの公式HPはこちら

楽譜作成|MuseScore

「MuseScore」は、無料で使える楽譜作成サービスです。

使いたい楽器を選び、画面に表示される五線譜に音符を入力していくだけで、きれいな楽譜が作成可能。

PDF出力をして印刷もでき、MIDIファイルを読み込んでの再生にも対応しています。

▶︎MuseScoreの公式HPはこちら

耳コピ用|mimiCopy

「mimiCopy」は、有料の耳コピアプリです。

音程を変えずにスピード変更ができ、ループ機能も3ヶ所指定可能。秒数を指定しての巻き戻しや、再生スピードを維持したままのピッチ変更にも対応しています。

残念ながらAndoroid用はなく、iPhoneユーザーのみ利用できます。

▶︎AppStore

耳コピ用|Audipo

「Audipo」は、音程を変えることなくスピード調節が可能でループ機能もあるため、難しい曲を何回も聞いて耳コピするのに適しています。

部分リピート機能を使って、曲の再生だけでなく、英語のリスニングに利用しているユーザーもいるようです。

▶︎AppStore
▶︎GooglePlay

耳コピOK!採譜依頼できるサービス5選

続いて、採譜依頼できるサービスを5つ紹介します。楽譜の自作やり耳コピに自信がない方、時間を節約したい方におすすめです。

<楽譜作成・採譜依頼ができるサービス>

  • ココナラ
  • USCORE(ユースコア)
  • SCORE CREATION
  • WINDS SHEET MUSIC
  • 楽譜作成.COM

ココナラ

ココナラ

ココナラは、さまざまなスキルを持った個人・法人がサービスを出品している「スキルマーケット」です。希望するスキルを販売している出品者に直接依頼をし、購入するという流れになります。

購入する場合は、まずは見積もり依頼をして内容に納得してからの支払いが可能。個人間取引において心配になる支払いに関しても、ココナラが間に入るためトラブルを防げます。

価格の目安は1,000円から。採譜したい曲の長さや楽器の種類によって料金が異なりますので、まずは無料の会員登録をして、気になる出品者に相談をしてみましょう。

▶︎ココナラの無料会員登録はこちらから

今回は、次の5件の出品を紹介します。

【耳コピで楽譜を作成致します】

耳コピで楽譜を作成致します

【ピアノ・キーボードの耳コピ・譜面作成いたします】

ピアノ・キーボードの耳コピ・譜面作成いたします

【ギターTAB譜!耳コピで精密に採譜いたします】

ギターTAB譜!耳コピで精密に採譜いたします

【耳コピします〜TAB譜、ドラム譜可♪ 1パートフルコーラス2,000円〜】

耳コピします〜TAB譜、ドラム譜可♪ 1パートフルコーラス2,000円〜

【ベースTab譜、プロベーシストが作成致します】

ベースTab譜、プロベーシストが作成致します

▶︎ココナラで出品中の楽譜・譜面作成サービス一覧へ

USCORE(ユースコア)

USCORE(ユースコア)

「ユースコア」は、1曲2,980円〜にて楽譜作成を受け付けているWebサイトです。

最も安いのは歌メロディの採譜で、2,980円から。ピアノ・ベース(タブ譜付き)は8,200円〜、ギター(タブ譜付き)は10,400円からとなります。

採譜ミスに対しては、納品後30日間の無料修正対応が可能です。

▶︎USCORE(ユースコア)の公式HPはこちら

SCORE CREATION

SCORE CREATION

「スコアクリエイション」は、楽譜制作・耳コピ採譜を受け付けているWebサイトです。

年間制作実績数3,852件以上。顧客満足度99%以上と実績も豊富です。

ピアノなどの和音楽器は9,900円〜。ドラムなど打楽器は6,600円〜。バンドスコアは要見積もりとなります。

▶︎SCORE CREATIONの公式HPはこちら

WINDS SHEET MUSIC

WINDS SHEET MUSIC

「WINDS SHEET MUSIC」は、創業24年の楽譜作成サービスです。スタッフは現役・元プロミュージシャンや演奏講師など。各分野の経験・実績が豊富です。

耳コピでの採譜から、編曲などのオーダーメイドにも対応しています。

ピアノなどの鍵盤楽器の耳コピは2,500円〜17,000円。ギターは3,000円〜18,000円、ベースは1,000円〜7,000円となっています。

▶︎WINDS SHEET MUSICの公式HPはこちら

楽譜作成.COM

楽譜作成.COM

「楽譜作成.COM」では、絶対音感を持つプロが耳コピで採譜を行います。楽曲の編曲、手書き楽譜のデジタル化なども依頼可能です。

料金は楽器ごとではなく、32小節まで7,300円、48小節まで9,500円と、曲の長さによって異なります。

納品後に楽譜の内容にあきらかな誤りがあった場合、3ヶ月以内なら楽譜の修正が何度でも無料です。

▶︎楽譜作成.COMの公式HPはこちら

お気に入りの楽曲を耳コピして演奏を楽しもう

耳コピによる楽譜作成は、自作でも依頼でも行えます。

アプリによる機械的な採譜で問題ないようでしたら自作で、より正確な楽譜を必要な場合はプロに依頼するといった感じで、目的に応じて手段を選ぶと良いでしょう。

ココナラには、楽譜作成を非常にリーズナブルな価格で出品している出品者がたくさんいます。ぜひ、チェックしてみてください。

【この記事で紹介したココナラの出品者】

耳コピで楽譜を作成致します

ピアノ・キーボードの耳コピ・譜面作成いたします

ギターTAB譜!耳コピで精密に採譜いたします

耳コピします〜TAB譜、ドラム譜可♪ 1パートフルコーラス2,000円〜

ベースTab譜、プロベーシストが作成致します

▶︎⇒ココナラで出品中の楽譜・譜面作成サービス一覧へ

ココナラを詳しく見る