絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

626 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

子育てに役立つ「ラベリング理論」

「女の子なんだから〇〇しなさい」「男の子なんだから泣いちゃダメ」このように子供にラベルを貼っていると本当にそのような性格・人格になっていくことを「ラベリング理論」といいます。これはハワードベッカーという心理学者が提唱した理論です。ハワードベッカーがした犯罪の研究でも「あの人は犯罪者だ!」というとその人が犯罪者になってしまうと提唱されています。マイナスな方向でよく使われるラベルを貼る行為を上手に使うと子育てに役立てることが出来るのではないでしょうか?今は夏休みですしね。一緒にいる時間が長くなって普段は気にならないところもヤケに気になってしまったりもしますが…。もし子供にガミガミと小言ばかり言ってしまっているなら是非一度試してもらいたい内容なので最後まで読んでいただけると幸いです。では早速悪い方の例から紹介していきますね。全然勉強もせずにゲームやダラダラしてばかりの子供につい小言が出てしまうことってありますよね。「成績が悪いんだから勉強しなさい!」わかります!わかります!そう言いたい気持ちは凄くわかります!私も以前はこんな言葉を子供達に投げかけてしまっていました。だけどこれでは「成績が悪い」と子供にラベルを貼ってしまっています。子供は「自分は頭が悪いから…」と自己肯定感を落としてしまいかねないです。ではこの言葉がけをどのようにしたら良いのでしょうか?次は良い言葉がけを紹介しますね。さっきは「成績が悪い」と子供にラベルを貼ってしまいましたが少し工夫するだけで良いラベルを子供にプレゼントすることが出来ます。「あなたは〇〇なんだから勉強してみるといいよ」この〇〇の部分がラベルになります。
0
カバー画像

つぶやき心理学:幸せな恋愛を経験すると悪い恋愛は早期に別れるべきと気付ける

ちゃんと相性の良い人とお付き合いする恋愛には、悩み事がほとんど生じません。 周りのみんなも自然と応援してくれますし、どんな時に一緒にいても、自然体でストレスなく過ごす事ができます。 悪い恋愛を経験した事のある人なら、この真理に共感してくれるはずです。 悪い恋愛をした後に良い恋愛を経験すると、「なんで前の人との付き合い、あんなに頑張ってたんだろう?」と不思議に感じるほど、早くに別れていれば良かったと感じます。 お別れをしないと次の新しい縁も遠のきますし、本来有意義に使えていたはずの時間も、ストレスだらけの辛い時間に費やしてしまう事に。 この人と別れても、次の恋愛を掴める保証なんてないしな…… この人にも好きなところはあるから、簡単には諦めたくないな… 気持ちはわかりますが、基本的に人の性格は変えられません。それに、ちゃんとした幸せを手に入れようと別れる勇気を待たなければ、理想の幸せを得るチャンスはどんどんなくなっていきます。 辛い気持ちが3ヶ月以上続き、話し合っても解決する様子がないなら、新しい恋愛を探す方が賢明ですよ。
0
カバー画像

自己イメージ

自己イメージとは自分で自分をどう見ているかという自己像です。心理学では自己概念といいます。実はこの自己イメージは思い込みにより定着していることが多いです。小さいときに「あなたは本当になにやってもダメな子」と親にいつも言われていたら、「自分はなにもできないダメな子なんだ」という認知が定着して自己イメージの低い子どもになってしまいます。逆に「あなたは何でも出来る子ね。すごいね~」と認められてきた子は自信に満ち、自尊感情、自己イメージが高い子供に育ちます。 幼少期は純粋無垢なので、絶対的存在である親や先生などからの言葉は信じ込んでしまいます。それにより、思い込んでしまうんです。もはや刷り込まれてしまうといってもいいくらい、他者からの評価は強力です。この思い込みである自己イメージが自尊感情や認知、アイデンティティを形成します。こういったネガティブな自己イメージをもっていると、感情や行動にマイナスな影響を及ぼし、豊かで楽しい人生は送れません。ではどうしたらいいのか?スキーマ(心の法則)を修正して、自己概念の変容をします。スキーマについてはまたお伝えできればと思います。
0
カバー画像

他人に振り回されない方法とは?

こんにちはゆうです。今回は他人に振り回されない方法をテーマとして語っていきたいと思います。皆さんは他人に振り回されているなって実感したことはありますか?もちろん他人に振り回されているなと自分で気づいている人もいれば、気づいていない人もいます。ただ他人に振り回されることによって自分にメリットがないことをまずは知っておきましょう。今回はそういった他人に振り回されていて悩んでいる方にとっては参考になるようなお話をしたいと思います。ぜひ最後まで見ていただけたらと思います!今回お話しする内容は以下の2つに分けてお話ししたいと思います。1.他人に振り回される人って実は性格によって決まっている?2.他人に振り回されない方法とは?この2つに分けて解説していきたいと思います!ではさっそく1つ目の他人に振り回される人って実は性格によって決まっている?について解説したいと思います。みなさん「ビック5」ってご存じですか?これは心理学でいう性格分析の中にビック5というのが存在しまして、心理学では最も信憑性がある性格分析とも言われています。こちらの写真が「ビック5」です。それぞれを5つ簡単に説明したいと思います。★協調性とは「思いやりがある」「自分だけ成功しようとは思わない」「人に合わせようとする」など一人で行動しないでみんなと一緒に行動したい。みんなと楽しければそれでいい。そんなタイプが協調性であります。★外向性とは「人が好き」「一人で映画や、ライブ、旅行などに行ける」など一人で積極的に行動していくのが外向性の特徴でもあります。つまり人見知りしないってことですね。僕とは正反対です(笑)★開放制とは「リー
0
カバー画像

聴き手は話し手の〝鏡〟!「積極的傾聴」

おはようございます、ちよです。台風が近づいている地域の皆さま、用心してまいりましょう。「積極的傾聴」5つのポイント、本日はラスト、5つ目です。⑤ 相手の話を聴いて、自分が理解したことを復唱し、相手に確認する。聴き手は、相手の話を聴いて理解したことを「あなたの言いたいことって、こういうことかな?」と復唱。相手に確認(フィードバック)します。フィードバックする時、「こういうことですね!」と決めつけるような断定口調はNG。それが誤解だったら大惨事です!確認の仕方、オススメは二つ。①「こういうことですか?」と疑問形にする②「私にはこういうことだと聞こえたのですが……」「私はこう解釈したんだけど、合ってるかな?」というニュアンスで確認する。相手に確認しないのに、決めつけちゃだめよ、ってことですね。相手の言いたいことがわからなかったとき、聞き取れなかったり、意味がわからなかったりしたときは、正直に、丁寧に聞き返しましょう。「ごめんなさい、今の部分ちょっとわからなかったので、もう一度おっしゃっていただけますか?」ぐわー、でもこのセリフ、場面や相手によっては、なかなか言いづらいですよねえ。聞き返すタイミングを見計らわないといけないし、何度も聞き返したら相手が不快に思うかもしれないし。テキストではこう続きます。聞き返すことは、言葉遣いや聞き方に注意すれば、失礼なことではありません。わかったふりで話を進めてしまうことが、無責任で一番よくないことなのです。ぐわわわわー! ハートに刺さります!わかったふりで話を進めてしまうことが、一番無責任で不誠実。肝に銘じます!この復唱・確認。話の整理ができて、話し
0
カバー画像

行動が起こせない理由

行動を起こせない人の多くは、「今、満たされなくても現状維持」を選んでいるということになります。つまりは安全を選んでいます。現状の不満 < 変化する不安 この法則は人間に備わっている恒常性維持機能ですから、仕方ないのですが、しかし、それに抗い選択できるのが唯一人間だけです。 行動を起こせない理由には「もし行動して事態が今より悪くなったらどうしよう」という恐怖からです。たしかに、行動したことで望んだ状態にならないことはあります。それって行動したために前進どころか、後退したしたのでは?と思いますが、行動をすることで後退することは実はないんです。 その事態は後々あなたの人生を前進させる大きなきっかけとなっています。 以上の事からわかるように、自分が選択できる「行動」という行為は、あなたの人生を変化させてくれます。勇気あるその一歩を称えます!!
0
カバー画像

1章 自分をコントロールする方法

1−1潜在意識と顕在意識 潜在意識と顕在意識についてのお話です。 潜在意識とは見えていない(コントロールできない)意識の事。 顕在意識とは見えている(コントロールできる)意識の事です。 まずはじめにお伝えしたい事は、 自分を変えたいと思ってもなかなか変えられないのは『意志が弱い』からではなく、 そもそも体の仕組みがそうなっているという事です。 私たちの意識が100%あって、コントロールできているのは何%ぐらいでしょうか? 答えは『3%』です。 私たちは自分で全てコントロールしているようで 実は3%しかコントロールできていません。 その3%が顕在意識という訳です。 コントロールというのは『〇〇がしたい』とは『〇〇食べたい』と考え行動に移すという事です。 自分が『やりたい』と思った事は3%の力で行われているという事です。 そして残りの97%は潜在意識です。 潜在意識は何をしているのかというと 『今までと同じ生活を維持しろ』と考えている思考です。 何が問題かというと、ダイエットの話で例えると 顕在意識で『よし新たにダイエットしよう』と考えると同時に 潜在意識が『ダイエットしなくても生きていられるから大丈夫』とブレーキをかけます。 比率3:97のこれらが綱引きをしたと考えれば結果はわかります。 ダイエットを辞めてしまう現実が待っている訳です。 これはダイエットに限らず、筋トレでもアフィリエイトでも資格の勉強でも同じ事が言えます。 新しい事が続かないのは潜在意識による『現状維持メカニズム』が働いているからです。 しかし、私たちは新しい事を始めたいと思っていますし、 人生を変えていきたいと
0
カバー画像

93%…SOかもね⁈「積極的傾聴」

おはようございます! ちよです。4連休明けの月曜日ですね。こんな日は「出勤しただけで100点満点!」です。のんきにゆるゆるまいりましょう!「積極的傾聴」5つのポイントの4つ目です。「④全体の意味を聴く」。相手が話している言葉(言語的コミュニケーション)で内容を理解することは大切ですが、同時に、言葉以外の方法で発しているメッセージ(非言語的コミュニケーション)に注意を払う必要があります。<太字はブログ著者が強調>言葉だけじゃなくて、相手の声や表情、目線、息づかい、手の震えなどにも意味がある。相手のメッセージが込められているんですね。それもまるっとひっくるめて「全体の意味を聴け」ってこと。テキスト258頁、メラビアンの『非言語コミュニケーションの研究』によると、人間が相手に何か伝えようとするとき、メッセージは言葉7%、声の調子(気持ちの込め方、声の高低、強弱、抑揚、速さなど)38%、態度・表情(目線、あいづち、姿勢、しぐさなど)55%の割合で伝わるといわれています。言葉そのもので伝わるのはたったの7%!(3%だという説もあり)残りの93%は、言葉以外の方法(非言語コミュニケーション)で伝えているのです。これは片手間に聞いて(るつもりで)いたら、相手が発するすべてのメッセージをキャッチするなんて、とてもできませんよねえ。お耳だけ貸してるつもりで、 他のことしながら生返事……で できることではありません。たとえば、ファミリードラマでよくあるシーンを想像してみましょうか。リビングにいるお父さんが、キッチンにいるお母さんの話を聴くとしましょう。リビングのソファに座ったお父さんからは、お母さ
0
カバー画像

つぶやき心理学:自分が見えてない人ほど相手のせいにする

自分のことが見えていない人は、コミュニケーションにおいて問題が発生した時に、真っ先に相手のせいにして責めてきます。 「自分にも問題があるかもしれない」と頭を過ぎらせる事もせずに、何の迷いもなく相手を責める発言をする。 これでは良好な人間関係が構築できるわけがありません。 どちらがコミュニケーションにおいて正解を言っているか。 それは、友達の数や築いてきた信頼関係の深さで十分判断する事ができます。 自分の言っている事が正しい、自分は間違ってないと思うなら、どうぞ自分を信じて我が道を歩んでください。 その結果その人が間違えているのであれば、友達ができなかったり、恋愛においても長続きしなかったりと、自ずと結果は出てきます。 少しは立ち止まって、自分に問題がないか考えてから発言する。 その客観視や冷静な思考は、良好な人間関係構築においてとても大切ですよ。
0
カバー画像

つぶやき心理学:好きな気持ちや尊敬する気持ちはちゃんと相手に伝える

恥ずかしくて遠慮しがちですが、好きな気持ちや尊敬する気持ちを言葉にする事は、人間関係においてとても大切です。 どこかのタイミングで伝えておいた方が、人間関係はより充実します。 そもそも、「尊敬してます!」と言われて壊れる人間関係はないです。 人として好きという意味なら、男女問わず気持ちを伝えてもらうと喜ばれます。※誤解されないよう言葉には注意。 どんな形でも好意を持ってる事を伝えられて嫌な人はいないですし、そこから広がる人間関係は沢山あります。 「あ、あの人私の事好意的に思ってくれてるんだ」と思えると、人は距離を縮めやすくなります。 実際に私はそのようにして、これ以上ないほど充実した人間関係を構築してきました。 好きな気持ち、尊敬する気持ちを伝えるって大事ですよ。
0
カバー画像

つぶやき心理学:ネガティヴを続けても意味はない

「継続を続けなければ目標は叶えられない」という言葉に対して、「それは器用な人や才能がある人だけの話だ」と言う人がいます。 確かに、様々な場面で臨機応変の力が求められる事はありますし、提供するサービスの質はその人の才能も反映されます。 ですが、世の中で天才と呼ばれる人達と一度飲みに行けば、どんな天才も失敗の山積みをしてきたという事がわかります。 中には「なんでこの人成功できたの?」と思うような不器用な人もいます。 結局は、自分を信じ続けられるかどうかの差です。 それに、何の努力もせずに才能を身に付けられる人はいません。 みんな初めは赤ちゃんという0からのスタートを切って、育った環境などに差はあれど、努力や苦労を重ねて才能を磨き上げていきます。 それを知ってもなお「生まれつきの才能の違いはあって…」とネガティブな考えを捨てられない人は、どうぞ自分が信じる道を歩んでください。 誰もあなたを引き止めはしませんし、そんなネガティブしか考えられない人に誰も関心を寄せません。 私も昔は何にでも卑屈になっていた人間でしたが、そんな人生に嫌気がさし自分を変えてきました。 あなたの人生はあなた次第でいくらでも変えられる。 人生ってそんなものですよ。
0
カバー画像

言葉をさえぎらない・引き受けない「積極的傾聴」

おはようございます、ちよです。そうめんを茹でて、水で締めようとしたら、水道水がもはやぬるま湯でそうめんが全然冷えませんでした(笑)水道水もぬるくなっちゃう暑さですが今日ものんきにまいりましょう!「積極的傾聴」5つのポイントの三つ目です。③ 相手の言葉をさえぎらない。言葉を自分が引き受けないで、最後まで相手の「言いたいこと」を聴く。相手が話している途中、ぜんぶ話し終わる前に「ああ(あなたが言いたいのは)〇〇ってことでしょ?」と相手の言葉を引き受けてしまう……。たとえばこんな例。(テキストをもとに、より口調を自然にしてみました)A「昨日Cさんに会ったから、来週の集まりのことを話したんだけどさ……」B「ああ、どーせ来ないんでしょ?あの人付き合い悪いもん。この前だって誘ったのに断られたしー」はい、そこのBさん、手を挙げて!(私もおずおずと挙手……)こういう会話、みんな日常的にやっちゃってるでしょ~。でもBさん、ちょっと待ってください。Aさんはもしかしたら「来るって言ってたよ」と続けるかもしれない。はたまた「Cさん、来週から入院するんだって、だから残念だけど来られないって」と言いたかったのかもしれないんですよ。Aさんが言わんとしていることはBさんが〝引き受けた〟こととは全く違っているかもしれないんですね。Bさんは、Aさんの話を〝続けた〟〝引き受けた〟つもりでしょうが、単にBさん自身の話、Cさんに対して自分が思ってることを言っただけ。これじゃAさん、お話にならない(苦笑)すぐに自分の話にもっていく人、自分の思い込みで話をする人に対しては、こころを開いて話などできないものです。くわあぁ~~~
0
カバー画像

アドバイス、ノーサンキュー。「積極的傾聴」

お暑うございます、ちよです。今日もしっかり水分と塩分を摂って、のんきにまいりましょう!「積極的傾聴」5つのポイントの二つ目です。② 忠告やアドバイスは避ける。相手の「わかってほしい」という気持ちを受け止める。普通の会話では、相手の話も終わらないのに、すぐ口をはさんだりアドバイスしちゃったりしますよね。そうすると相手は話す気をなくしてしまいます。そりゃそうだ。「いや、終いまで聴いてくれよ!」「それができないから苦労してるんじゃん!」となるのは必然。あ゛あ゛~~~‼ お耳が痛い‼友達に対して、やっちゃってますわー。いらんアドバイスしちゃってましたわー。積極的傾聴ではすぐにアドバイスをすること、口をはさむことはNGなのです。(前略)クライエントは、「問題解決のためのアドバイスが欲しい」と期待する部分と、「自分が悩んでいる気持ちをわかってほしい」と期待する部分の両方を持っています。積極的傾聴では、後者の「わかってほしい」という気持ちを満足させてあげることが大切です。まずは、聴く。わかろうと努力し、その姿勢を見せる。聴くことに徹する。アドバイス自体が悪いわけではないそうです。ただ、相手にアドバイスを受け入れる準備がなければ意味はない。それどころか「自分の意見押し付けないでよ!」と反発すら招きかねない。そのアドバイスが、正論であればあるほど、相手はイラつくかもしれません。まずは、相手のこころが整うまで聴く。口を挟まず、アドバイスもぐっとこらえましょう(これって聴く方は結構自制心と訓練が必要です!)。相手は言いたいことを全部吐き出して、こころがすっきりして初めて、こちらのアドバイスを受け入れ
0
カバー画像

ジャッジは、しない。「積極的傾聴」

おはようございます、ちよです。暑い日が続きますが、皆さん体調いかがですか?こまめに水分と塩分(時々糖分も♫)を摂って、この夏のんきに乗り切りましょう!さて、今日もケアストレスカウンセラー公式テキストのお勉強から、「積極的傾聴」のお話です。「積極的傾聴」には、ポイントが5つあるそうです。ひとつずつ紹介していきますね。まず、一つ目。①相手の言うことを評価的(批判的)に聞かない。相手の言うことについて「それは正しい」「間違ってる」、「好き」「嫌い」など、聞き手の判断を入れずに聴くこと。要は「聴いてる人がジャッジすんな」ってことですね。うわー、これ普通の会話では自然にやっちゃいますよね!「わー、それありえなーい!」「マジ? それってなくなくない?」とか(笑)ほぼ反射的に、聴き手の価値観で勝手にジャッジしちゃってます。友達との、普通の何気ない会話なら、これが自然なのでしょうけど……。たとえばビジネスの場、家庭でもシリアスな場面・内容では、「積極的傾聴」のマインドが必要かもしれません。「積極的傾聴」をするときは、聴き手の価値観や感情は、とりあえず脇に置いておく。脇に置いた分、こころに空いたスペースができる。そこを話し手にフリースペースとして提供する。「あなたの話したいことを、話したいように話してください」 って気持ちで、開放する。だいたいこんなイメージでしょうか。聴き手が自分の価値観や感情をちょっと脇に置くことで、話し手に対して「この人は、どうしてそう感じて いるのだろうか」「何がこの人に、そういう行動を 取らせているのだろうか」と、思いを巡らせることができる。ただ聞いてりゃいいってもんじ
0
カバー画像

聴いてるなら態度で示そうよ♫「積極的傾聴」

こんにちは、ほとんどの方にははじめまして。ちよです。このブログでは、ちょっとフレンドリーなカンジで(笑)身近なメンタルヘルスやストレスケアについて、したためていきたいと存じます。と申しますのも、私ちよ、現在「ケアストレスカウンセラー認定試験」に合格すべく、絶賛勉強中なのです。勉強に大事なのは、インプットよりアウトプットだ!……と、「ドラゴン桜」の桜木先生もおっしゃってましたので、この場を「アウトプットの場」として使わせてください。どうぞよろしくお願いいたします。今日のお題は「積極的傾聴」です。カウンセリングはこの「積極的傾聴」が基本です。積極的に、傾聴する……。そもそも「傾聴」って何だろう?明鏡国語辞典によりますと傾聴:耳を傾けて、熱心に聞くこと。「傾聴」自体に熱心に、という意味が含まれているなら、わざわざ「積極的」と付ける必要はあるのかしら?「消極的傾聴」なんてありえないのに!(笑)とケチをつけてしまうのが、私のダメなところです。「ケアストレスカウンセラー公式テキスト」によりますと、積極的傾聴とは、「単にこころを傾けて聴くことだけではなく、 聴いたことを相手に返すことが含まれるのです。」なるほど。この「相手に返す」というのがポイントでしょうか。あいづちを打ったり、時には話の内容を確認したり、相手の話に関心を持って、しかもそれを態度に示しながら、聴く。「あなたの話を聴いてますよー、興味関心を持って聴いてますよー」というのを、態度で示す。聴いてるなら態度で示そうよ♫ですね。これはカウンセリングだけではなく、家族や夫婦、彼氏彼女、友達同士、職場でも「話を聴く」ときに必要なマインドな
0
カバー画像

乳児期(0歳~1歳半)の子育て【信頼感】

幼児期は人生の土台となる時で、人の成長に大切な自己肯定感と大変かかわりのある重要な時期でもあります。赤ちゃんのお仕事は何ですか?はい、泣くことですね(^^)/泣くのは赤ちゃんにとっての唯一の自己表現とも言えます。お腹がすいた、おしめが濡れて気持ち悪い、眠たい、痛いなどの意思表示を泣くことでお母さんに伝えています。泣けばお母さんが抱っこしてよしよししてくれる。おっぱいをくれる。おしめを代えてくれるなどのように、泣けば自分の意思を満たしてくれるということが繰り返されていくことで、見守ってもらえている安心感や満足感が育まれていきます。これがこの時期に必要な「基礎的信頼感」の獲得に繋がります。この基礎的な信頼感はこれから成長していくにあたって、とても重要で、この信頼感が獲得されている赤ちゃんは、お母さんの姿が見えなくても「どこかにいるから大丈夫」「すぐにもどってくるから!」というように不安をかんじることがなく、精神的に順調に乳児期初期へ移行し自立心が芽生えていきます。この時期のお母さんは、ぜひ、たくさん抱っこをして優しい声で話しかけてあげてください。たったそれだけで、大丈夫です。
0
カバー画像

幼児期の子育てでいちばん大切な事

某中学校にて、子育てセミナーの登壇をさせていただいた時の事です。「どんなふうに育てたらいい子に育つのでしょうか?」これはすべてのお母さんが気になるところだと思います。そこで「良い子ってどんな子ですか?」と質問をすると、「人に迷惑をかけない子」「礼儀正しい」「嘘をつかない」「みんなと仲良くできる」「思いやりがある」とたくさんの答えが出ました。どれも間違いではないですよね。ただ、これらはどうも大人都合のところが含まれています。では答えはなんでしょうか?その答えは「レジリエンスの高い子」です。レジリエンスとは心理学用語で「自己回復能力」を意味します。・なにか予期せぬことが起こった時に、乗り越えられる力があること・幸せを感じ取れる力があることということです。お母さんは子どもがしあわせであれば、それだけでいいんです。それこそが「良い子」です。例えばみんなと違っていても、いつも幸せを感じていればOKですよね。みんなと違うから幸せではないという世間一般の価値観は全く無意味です。又長い人生の中で挫折は必ずやってきます。たとえ誰かの力を借りてのりこえたとしても、最終的には自力でしか乗り越えられません。そんな時に力を出せる子供は必ず幸せを掴みます。この力、レジリエンスを高めるには、お母さんとのかかわり方によるところがとても大きいです。次回より、心理的発達の各段階で、お母さんはどう関わればよいのかを具体的に見ていきたいと思います。
0
カバー画像

あたりまえの恋愛スキル コミュニケーション黄金律

今回は コミュニケーションについてです そもそもコミュニケーションとは 対人間での情報共有や意思疎通のことを言います。 よく相手と話をすることと勘違いされますが 相手が話を聞いていなければ コミュニケーションを取っているとは言えません。 みなさんも、 相手に一方的に話しかけることで コミュニケーションを取れている! と思っていませんか? 実はそうではありません。問題は しっかり相手と言葉のキャッチボールが できているかです。 ●ピンポンルール 心理学ではピンポンルールと言う法則が 研究されています。 これは 相手としゃべる割合を 4割から6割にすることで 相手との心理的距離を 効果的に縮められると言うことです。 もちろん 相手が4割でも、自分が4割でも構いません。 このとき どちらかが4割を下回ってしまうと 「この人、私と話すのがつまらないのかな?」 「私の話に興味がないのかな?」 と思う可能性が高くなります。 また、逆に6割を超えてしまうと 「私の話を聞く気が無いのかな?」 「自分の事ばっかり」 となります。 これは 相手の会話への集中力が低下し 不快感を発生させる可能性がある とされているからです。 自分の話しが多い人と言うのは 自己承認要求が強い傾向にありますので よけいに相手への思いやりを忘れがちになります。 もちろん結果的に 相互理解(思いやり)が乖離して行く と言うのは言うまでもありません。 → 会話の割合には4:6の黄金比が存在する! ●30秒ルール 実は 人が会話に集中できるのはおよそ30秒 とされています。 もちろん話を聞き続けることができますが 相手の話した
0
カバー画像

五等分の花嫁 ビッグ5 「一花」

性格アシンメトリー調のショートヘアと右耳に填めたピアスが特徴的。面倒見の良い性格で、小悪魔的な一面も持っており、からかい上手い。しかし、気遣いが過ぎてしまい自分の意見を押し殺してしまう。かなりの努力家で、私生活はズボラ、片付けができないビッグ5外向性(社交性)外向性とは、周囲の人たちとのコミュニケーションや新しい出会いなど、ポジティブな出来事に対してどう反応するかを示した要因です。高い特徴外の世界に積極的に関わろうとする傾向があります。またコミュニケーション力、野心、欲望など。饒舌で、活動的なタイプ。低い特徴内気で静かな生活を好み行動は抑制的な傾向があります。家庭の安定、考察、学びを重視しています。物事を冷静に考察する力に優れ、人見知りの傾向があり、大人数が集まる場では寡黙になりがち
0
カバー画像

悪循環をたつ、もっとも簡単な方法

嫌なことが続き、気分も上がらない、考えれば考えるほどネガティブになる・・・そんな時、思考、感情、体、行動において以下のようなことが起こっています思考:ネガティブなイメージや考えが頭の中を占領しています。   ⇩感情・気分:緊張、不安、悲しい、苦しい、絶望など   ⇩体の反応:冷汗がでる、胸がどきどきする、体が震える、涙が出るなど   ⇩行動:俯くことが多い、お酒を飲むなどこのように自分に今起きていることを断ち切る方法が、【思考(考え)】と【行動】にあります。自分でコントロールできるものは【思考】と【行動】です。その【思考】と【行動】が変われば、【感情】と【体の反応】はおのずと変わります。 少し順番を変えてみます。【思考】:ネガティブなイメージや考えをバランスの取れた考えに変える。「まあ~こんなもんかな」「考えても仕方ないな」【行動】:自主的に上を向いてみる、お酒を飲むのをやめてみる。   ⇩すると・・・感情・気分:緊張、不安がみるみるうちに和らぎます。   ⇩同時に・・・体の反応:涙も止まり、体の震えや胸のドキドキも落ち着いてきます。自分に何が起きているか客観的に観察したことで、思考と行動を見直しコントロールした結果です。最も効率的で瞬時にできる方法の一つです。   
0
カバー画像

⭕『悩みの堂々巡り』を消す

■■■■■■■■■■■■■          ■■『スクリプト再生法』■■          ■■■■■■■■■■■■■■『頭から離れないお悩みは?』■『心配事が一つ思い浮かぶと、 エンドレスに マイナスイメージが膨らむ…』『無限に嫌なイメージが湧いてきて 苦しい…』な、な、なんてそこのあなた!m9(^Д^)そのネガティブな堂々巡り、意味ないのでやめましょう。☑『じゃあ  マイナスイメージが  消えないときはどうすんの?』そんなときには次々思い浮かぶイメージを書き出しましょう。今回ご紹介するのは、⭕『スクリプト再生法』です。この行動療法は、具体的じゃないマイナスイメージを次々に書き出すことで、☑『最悪の場合、  どうなってしまうの?』ってのがわかる行動療法です。具体例で考えてみましょう。もしも不安に感じていることが■『彼女にフラレたらどうしよう』だったとします。そんな場合のスクリプト再生法の記入例が添付画像。まず最初に書くのは、パッと思いついた不安なこと。そしてその次からは、『それが起きると、次どうなる?』ということを書き出していきます。最低5段階まで書き出してみましょう。ネガティブなイメージが堂々巡りしているというのは、✅結局のところ 何がどんな風に悪くなるのか?ってことが言語化できていないというパターンがほとんどです。最終的な終着点が具体的になっていないことは解決策を考えることもできませんよね?だから頭の中で堂々巡りを繰り返し、ダラダラと悩みを引きずってしまうというわけです。悪いことが起きた後、その次にまたどんな悪いことが起きるのか?という⭕最悪の場合がわかっていれば、 対
0
カバー画像

大アルカナに関する基本的な考え方

こんにちは。 もうずいぶんと時間が経ってしまいましたが、 以前小アルカナについての考え方という記事を書きました。今回は大アルカナについてお話ししたいと思います。 タロットカードには番号と名前のある 大アルカナと呼ばれるカードが22枚と、 記号と数字で構成された小アルカナが56枚の 合計78枚で構成されています。 小アルカナと違って、大アルカナには、 1枚づつに番号と名前が付いています。 全部で22枚あります。 ご存じの方もいるかと思いますが、 21番の最後のカードが「世界」という名前で、これら21枚のカードで「ある世界を構成」していると考えます。 そして1枚だけはみ出たカードが0番(番号なし)「愚者」。 その愚者が、1番から21番までのカードのテーマを、 学び成長していく、という考え方を、 「フールズジャーニー(愚者の旅)」と呼びます。 発達心理学的な見方でカードをリーディングしていく という考え方です。 私はこの考え方に基づいて、カードをリーディングしています。 引いたカードのテーマが、現在(今後)の課題として、 メッセージを届けてくれていると捉えています。 大アルカナのカード22枚は、 小アルカナが持つような、現実の人間のシーンというよりも、 そのカードのモチーフが象徴する力を表現し、 非常に奥深い意味を持つため、テーマは壮大に、 よりメッセージ性は高くなります。 そして描かれているものがやや非現実的で抽象的なものです。 カードの名前も、魔術師、皇帝、戦車、正義などからも それが感じられるでしょう。 大アルカナは大きな象徴的な出来事や意味を、 小アルカナは日常に出遭う出来
0
カバー画像

脳科学から見た仕事ができる人の「視点」

皆さんは「仕事ができる人ですか?」と聞かれたらどう答えられるでしょうか? 答えるかどうかは別として、認知の中では、「できない人」「普通にできる人」「できる人」「次元の違うレベルでできる人」くらいに分類できると思います。 私と関わりのある方にはお伝えする事が多い内容ですが、仕事における成果の質の違いは脳のRAS(網様体賦活系)が何を見ているかで決まります。(同じ「世界」を見ていても脳に取り込む「情報」が個々人で異なります) 持って生まれた「才能」や、「偏差値」はビジネスの成果にはあまり相関しません。(これは、過去の成功者の分析でも明確になっています)今回は「普通の人」「出来る人」「次元の違うレベルで出来る人」この3つに分けて違いのイメージ(脳の思考の違い)をお伝えします。ただ、読んでもしっくりこないかもしれませんので、「なるほど!」みたいな部分があれば参考にしてください。(この違いも、「何を自分の重要な情報とするか」というRASによるものです)<普通の人・できる人・次元の違う人の思考や行動の違い> 1.嫌な仕事への向き合い方 「普通の人」・・嫌な仕事から逃げる方法を考える(避ける) 「できる人」・・嫌な仕事でもしっかり結果を出す(嫌な「視点」を変化させる) 「次元の違う人」・・好きな事しかやらない(嫌な事を好きな事に変える) 2.学習への向き合い方 「普通の人」・・義務教育で学習は終了 「できる人」・・日々自己研鑽し読書をしたり、学習したりする 「次元の違う人」・・外に出て本の著者や有名な人に会いに行く (直接会って「五感」で学ぶ) 3.新しい事への挑戦 「普通の人」・・新しいこ