絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

「家づくり」に関わる、全ての方々をサポート

全国には、丁寧な家づくりをしている工務店が、数多く存在します。ただ、家づくりをご検討される際には、総合住宅展示場へご来場され、出店されているハウスメーカーの中から、「家づくり」を依頼する会社を選ばれるケースが多いようです。大切なご家族の為に、「家づくり」をご検討されておられる方々にも、「家を建てて良かった」と思っていただけるような、素敵な「家づくり」のご提案を行わないと、喜んではいただけません。丁寧な家づくりをされている工務店とお客様を繋げるお手伝いができればと考え、さまざまな角度から、「家づくり」に関わるサポートをさせていただいております。工務店やビルダーを対象にした、コンサルタント会社等が、ご提案する内容は、残念ながら「机上の空論」です。実際に、お客様に接する事も無く、建築現場にも足を運んだ事もない方々からのご提案では、良い結果は残せません。実際に、お客様に接して、家づくりに対する想いを共有しながら、家づくりを進めないと、素敵な家づくりには、なりません。実体験の中から確立した、唯一無二のノウハウをご提供する事で、全国で、素敵な家づくりが増えていけば、嬉しい事です。
0
カバー画像

家を建てたい!まず、どうしたらいい?

そろそろ家を建てたいな、家を購入しようかな?と思ったときに、まずなにからはじめたらよいかわからないという質問をいただくことがあります。そもそも家を建てよう、家を購入しようと思うきっかけは様々ですが、みなさんはどのようなきっかけでしょう?・子どもが大きくなってきて、手狭になってきたから・親と同居を考えなくてはなどでしょうか?まず、お家を建てよう、購入しようと思ったときに思いつくのは、■購入するなら、ご近所の、または購入したい地域の建売の分譲販売を見に行く、カタログなどを取り寄せる■家を建てるなら、土地探しで不動産屋さんを訪れたることからはじめる■建替えや親の土地に家を建てるなど、既に土地がある場合は ハウスメーカーがよいか、工務店がよいか、設計事務所に依頼するか、 まずは展示場に行ったり、資料請求してみたりといった感じではないでしょうか?今回は、その中でも●ハウスメーカー●工務店●設計事務所の話をお伝えします。【ハウスメーカーのメリット】は何と言っても●独自のブランド力と安心感ではないでしょうか?・独自のブランド力といえば、全国どこでも同じ仕様、規格統一、 一定の品質、サービスなどもマニュアル化されていますので全国 どこでも同じサービスが受けられます。・全国展開していますので全国どこでもそれらのサービスが受けら れます。また住宅展示場などもありますので、気軽に実物に近い 物件をみて、体感して購入することができます。・安定した経営基盤によりアフターフォローも充実していることも 大きなメリットでしょう。・また住宅に使われる材料(建材といいます)や設備機器など、規 格を統一し大量生産、
0
カバー画像

北側玄関のベースプランがお好きな外観に

間取りに5つの化粧パーツを付け替えることで、シンプルモダンスタイル、洋風スタイル、和風スタイルに変身可能! 6つの外観スタイルを用意しました。変幻自在に外観を変えられることをコンセプトに設計しました。 購入後平面図、外観パース、立面図4面掲載。(サンプル版参照)拡大平面図が閲覧できます。 すべて平屋3LDK 33坪3プランを掲載! Plan Collectionの共通ポイントは3つ! ■家事動線・LD視線 ■収納率12%~15% ■くつろぎの和。+最初は1つの部屋。将来2部屋!北玄関3プラン。◆寸法は、尺(910mm)モジュールです。 ◆坪数は床面積で表示しております。 ◆採光や高さ制限等の法的検討は敷地の持つ特徴によって異なるため行っておりません。※注意事項  個人利用可  商業利用可  著作権は譲渡致しません。  購入後の画像に『Sample』文字は入っていません。 間取り作成依頼は出品からご相談お願い致します。 サンプル版
0 10,000円
カバー画像

工務店さん選びは大切です!!

設計の仕事をしておりますと、さまざまな工務店さんとお話しする機会があります。と申しますのも、設計事務所はあくまで、お客様のご要望を建築基準法に鑑みながらカタチにする仕事。実際に家を建てるのは工務店さんになります。ですので、お客さまのお住まいの地域の工務店さんを探すことになります。いまはインターネットで探すこともできますので、〇〇県 工務店 などで検索するとたくさんの工務店さんを見つけることができます。私のようにちょっと特殊な、素材にこだわった設計をしている場合は、工務店さんを探す際にも「自然素材」ですとか「健康住宅」などのキーワードも追加して探します。しかし、実際に「健康住宅」、「自然住宅」をうたっている工務店さんでも・下地には合板を使っている・家具などは市販のもの・接着剤はF☆☆☆☆程度のものという工務店さんがほとんどです。私のお客様は化学物質に敏感な方も多いため、見た目ではわからない下地に合板を使っている、F☆☆☆☆の接着剤を使用している、集成材をつかっているというだけでもNGな方もいらっしゃいます。いまはほとんどの工務店さんのホームページの写真では、自然無垢のフローリングや無垢の柱や梁が使われていますので、下地に合板が使われているか、塗壁などにケミカルなものが含まれていないか、などは見分けがつかないことが多いです。ですので、私は工務店さんへのヒアリングを重視すると同時に、お客様の感覚を大切にしていただいております。いまは定量的に数字でPRする会社がとても多くなってきました。〇〇%のお客様に満足頂いています!〇〇の含有量は〇〇です!というような感じですね。しかし私はお客様の
0
カバー画像

工務店さまの名刺

50周年記念名刺と普通の名刺を作成いたしました。普通の名刺は裏面がメモになっています。50周年記念のロゴはお祝いといろいろな繋がりに支えられ続けて来れましたという意味を込めて糸で街を描きました。喜んでいただけてとても嬉しかったです。
0
カバー画像

家を建てる時のセカンドオピニオンのすすめ

家を建てるならセカンドオピニオンは、 必要不可欠だと思うんです。  なぜなら、あなたのマイホームを建ててる施工会社の現場監督も設計士まで、その施工会社の社員だったとします。彼らは、会社の方針や利益を優先するために、施工品質を落としてでも施工してしまおうなんてこともあるかもしれません。 皆さんは、ご自身の夢のマイホームの施工現場に行って、チェックできますか? 建築系のお仕事されている方は、別ですが、一般の方は、現場に行っても、 ちゃんと図面や法律通りに施工できているか、分からないと思います。 例えば、あなたがもし重い病気になったとき、別の色々な病院で検査したり、診断したり して複数のお医者さんの意見を聞くはずです。 実は、家づくりも一緒なんです。 木造の場合は、最低、6回は、施工会社に利害関係のない第三者の設計士さんに 見てもらうことをお勧めします。 もしかしたら、検査の過程で欠陥がみつかるかもしれません。 すぐに対応出来たら、あなたのマイホームの病気(欠陥)を治せるのです。 それでは、6回の検査の項目を書いておきます。 これは、住デザインで依頼を受けた場合に、提携する第三者の設計士にお願いする項目ですので、あなたが、依頼する設計士によって多少異なる場合がございます。 あくまでも参考でご覧ください。 セカンドオピニオン 検査内容 木造の住宅建築において建築中の工程検査は、最低6回は必要です。 検査は施工会社と利害関係のない一級建築士により行われます。 検査前に、設計図面確認と打ち合わせを行います。 6回の検査は下記となります。 ①基礎配筋検査 底盤(スラブ) 設計図書と
0
カバー画像

失敗しない工務店の選び方

住宅業界とはレベルの高い工務店とレベルの低い工務店の実力の差がものすごくある世界です。 どのような業界にもレベルの差は当然ありますが、古い体質が強く残る住宅業界はこのレベルの差がとてつもなく大きいんです。 それだけ工務店にレベルの差があるので、最初の工務店選びで失敗してしまうと、あとで取り戻すことはほぼ不可能なくらい大きな影響が出てくることになります。 同じ2,000万円の家だとしても、家をつくる会社のレベルが違うだけで同じ価格とは到底思えないほどの差がついてしまいます。 家づくりの最初の入口である工務店選び(住宅会社選び)を間違ってしまうと、あとでどうやっても取り返せない程の差がついてしまうのです。 ここで1つ大きな疑問がでてきます。 レベルの高い工務店が存続するのは納得できますが、レベルの低い工務店も当たり前のように存在し続けているということです。 理由はとても簡単です。 存続し続けているということは、誰かがそのレベルの低い工務店で家を建て続けているんですね。 では、何故このようなことが起こるんでしょうか? それは、工務店を見るための基準を誰も教えてくれないからです。 工務店を見るための基準が分からないので、工務店の言ったことをそのまま信じるしかありません。 そして、どの工務店も悪いことは言わないので何が本当にいいのかよく分からず、曖昧な評価しかできなくなるんですね。 その結果、間取りや金額、雰囲気で何となく工務店を選ぶ人がほとんどです。 こうなると、良い家が建つかどうかはギャンブルになるといっても過言ではありません。 何度も言いますが、良い家
0