絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

419 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

『狂龍-Kuang Long-』裏話 6「ジャケットの話」

先日公開した『狂龍-Kuang Long-』。 ■狂龍-Kuang Long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) ●素材とは…?● この曲の中華風の曲調なので、ジャケットも当然ながら中華風のものにしようと素材を色々探し回った。 長い事探し回ってこれを見つけた… …中華風の部屋の内装! これは凄く良い素材だ! 早速これを加工していこう! ●制作開始● 【1:明度とコントラスト】いつもながらこれは大事な工程。明度を下げてコントラストを上げる。 【2:色を変える】 よりダークなイメージにする為、青色に加工する。 赤っぽい方が中華っぽさは醸し出せるのだけど、敢えて青色にする事でダークな雰囲気を出した。 【3:ノイズをかける】 ノイズをかける事でさらにダークな雰囲気に。 【4:周囲を暗くする】 いつもながら周囲を暗くするとよりDark core.な雰囲気になる。 これにタイトルを入れて… …完成!Dark core.と中華風の両方を併せ持つ雰囲気になったのではないかな? さて! 長き渡って連載してきた『狂龍-Kuang Long-』の裏話も次回で最終回! 最後はいつものように歌詞を掲載して終わろう! ●次回予告●次回の裏話は「最終回・歌詞」です。 どんな話になるのか…? その眼で確かめて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『狂龍-Kuang Long-』裏話 5「サウンド編-二胡の話-」

先日公開した『狂龍-Kuang Long-』。 ■狂龍-Kuang Long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) ●この中で…● この曲『狂龍-Kuang Long-』の中で使われた中華風の楽器…二胡、琴、銅鑼。 この中で二胡が一番大変だった…。 何が大変だったのだろう…? ●二胡だけが…● いつも俺が公開しているDark core.の音源。 ギターとベースは生楽器を生演奏しているけれど、それ以外の楽器はシンセで鳴らしているのだ。 二胡、琴、銅鑼の中で琴と銅鑼は音源があった。 けれど、二胡は…二胡だけは音源がなかったのだっ…! ヽ(T□T)ノ そもそもシンセサイザーの統一規格であるMIDIに二胡がない…。 …。 ……。 ………。 …あれよっ!! ヽ(°Ⅲ°#)ノ=3 二胡専用のシンセ音源はあるけど鬼高い…。 数百ゼル(日本円にして数万円)するからね…。 …。 ……。 ………。 安いのもあれよっ!! ヽ(°Ⅲ°#)ノ=3 いっそのことココナラで二胡奏者に頼んでみるか…? …探したけれど、ココナラに二胡奏者がいない…。 …。……。………。いろよっ!! ヽ(°Ⅲ°#)ノ=3 …という訳でほとんどの手段が全滅だったのだ…。 ●こうなれば…● シンセもない、弾ける人もいない…。 こうなれば自分で作るしかあるまいっ! ヽ(`へ´)ノ 二胡に近い音色の音を加工して二胡の代用とするのだ! ヽ(`へ´)ノ ●作ろう!●
0
カバー画像

『狂龍-Kuang Long-』裏話 4「サウンド編-中華風の楽器-」

先日公開した『狂龍-Kuang Long-』。 ■狂龍-Kuang Long-■sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)●中華風の楽器● この曲『狂龍-Kuang Long-』ではどんな中華風の楽器が使われているのだろうか? 【二胡】 中国の伝統楽器として有名な二胡。 その音色だけで中国の広大な景色が思い浮かんでしまうほど「中華」な音色を持った楽器。 この曲でもイントロから鳴り響いています。 【琴】 和楽器としても有名な琴。 二胡など中国系の楽器と合わせると中華風の音色になるから不思議! この曲でもイントロから鳴り響いています。 【銅鑼】 ある意味、この一音だけで「中華」になってしまう楽器ではなかろうか? カンフー映画や大昔の中国を舞台にした映画ではもちろん鳴っています。 この曲でもイントロ終わりから鳴り響きます。 ●この中で…● 二胡、琴、銅鑼…三つの楽器で中華風の雰囲気を彩りました。 しかし…実はこの三つの楽器の中で一つだけ用意するのがとても大変だった楽器が…。 それは…二胡。 何故、何が、大変だったのだろう…? それは…次回の裏話で話すとしよう! ●次回予告● 次回の裏話は「サウンド編-二胡の話-」です。 どんな話になるのか…? その眼で確かめて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『狂龍-Kuang Long-』裏話 3「サウンド編-中華風の曲-」

先日公開した『狂龍-Kuang Long-』。 ■狂龍-Kuang Long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)●中華風の曲● この曲『狂龍-Kuang Long-』は中華風の音色やフレーズで彩られています。 中華風の曲調は独特の雰囲気があるので好きです! ●過去にも…● Dark core.にも過去に中華風の曲がありました。 それが、2013年9月に公開した『飛龍-fei long-』です。 ■飛龍-fei long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/fei-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)冒頭の銅鑼の音から始まり、全編に渡って中華風のフレーズが鳴り響く曲です。 この曲を作った頃… 「これからも時々中華風の曲を作るとしよう!」…と思ったのだけど…。 気が付けば物凄い期間が開いてしまった…! ●タイトルに…● 『飛龍-fei long-』のタイトルを見てもらえば分かるように、『狂龍-Kuang Long-』と同じく「龍」の文字が入っています。 数年ぶりの中華風曲だったので、続編のようにタイトルを類似させてみました。 もちろん、テーマ的な繋がりはないのだけどね…。 ●何故に…?● しかし…なぜこんなに開いてしまったのだろう…? 色々考えてみると理由は… ・普段、Dark c
0
カバー画像

「強風オールバック」を、木管四重奏で演奏できるようにアレンジしました。

【木管四重奏】強風オールバックゆこぴ:作曲nick hosa:編曲2023年に大いにバズったゆこぴさんの「強風オールバック」を、木管四重奏で演奏できるようにアレンジしました。原曲にあるリコーダーではバランスが取れないため、それに近いピッコロを編成に加えました。1番までのアレンジなので演奏時間が短く、ちょっとしたレパートリーにちょうどいいです。【編成】PìccoloClarinet in B♭Horn in FBassoon
0
カバー画像

『狂龍-Kuang Long-』裏話 2「テーマの話」

先日公開した『狂龍-Kuang Long-』。 ■狂龍-Kuang Long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) ●テーマとは…?● この曲のテーマとは「心狂わす魅力と衝動」。 心に強い衝撃を受けるほどに魅力的な人や物に触れた時、人は思わずその名を叫ばずにいられない衝動に駆られます。 それはまるで、世界に響き渡るような咆哮を上げながら荒れ狂う龍のように…。 そんな心が狂った龍のように翔ける心境を描いたのがこの曲です。 冒頭から鳴り響く、叩きつけるようなギター、ベース、ドラムがそれを表しています。 そして、龍を表現するための中華風の音色がこの楽曲のもう一つの雰囲気を彩ります。 ●他にも…● 実はDark core.において中華風の音色を使った楽曲は過去にもありました。 それが、2013年9月に公開した『飛龍-fei long-』です。 ■飛龍-fei long-■sheep-and-wolf.main.jp/music/fei-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) この楽曲についてはまた次回に話すとしよう! ●次回予告●次回の裏話は「サウンド編-中華風の曲-」です。 どんな裏話になるのか…? その眼で確かめて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『狂龍-Kuang Long-』裏話 1「タイトルの話」

先日公開した『狂龍-Kuang Long-』。 ■狂龍-Kuang Long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)●読み方とは…?● この曲のタイトルは… 『狂龍-Kuang Long-』と書いて…「クワンロン」 …と読みます。 ●理由とは…?● なぜ「狂龍」で「クワンロン」なのか…? これは中国語読みで… 「狂=クワン」 「龍=ロン」 …となるわけです! 中華風のサウンドの曲なのでタイトルも中国語読みにしました! ●理由とは…?● では、なぜ「狂う龍」という意味のタイトルなのか…? それは次回の裏話で話すとしよう! ●次回予告● 次回の裏話は「テーマの話」です。 どんな裏話になるのか…? その眼で確かめて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

Dark core. 2024 2nd.『狂龍-Kuang Long-』

「心狂わす魅力と衝動…。」 今宵、今年二曲目となる新曲『狂龍-Kuang Long-』をお届けしよう。 ■狂龍-Kuang Long-■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kuang-long.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)心狂わす魅力、叫ぶ衝動…。 空を翔ける龍のように蠢く…。 向かうその先は、生か死か…? そんな感情を中華風の音色と激しいギターサウンドで描きました。 貴方の心を狂わす衝動とは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『Turas Nua』 裏話 7「最終回・歌詞」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 今年最初の曲です。 最終回となる今宵は歌詞を掲載して終わりましょう。 ■『Turas Nua』歌詞■ Lyrics&Music&Arrangement:Isamu.y. 夜明けの寒さ感じて 青白い空に目覚める 長い哀しみに 目を塞ぎ震えてた 終る時が来て もう一度身を起こす 今は足元も 暗くて覚束ないと 道のその先に 変わると信じて 朝靄に差した光に 眩さ感じ目を閉じる 長い始まりを 目を開き睨んでた 終る事もなく もう一度取り戻す今は目の前を 手探り歩くだけだと 旅のその先に 何かが待っている 長い始まりを 目を開き睨んでた 終る事もなく もう一度取り戻す 今は失くした物 全てを取り戻すだけ 向かうその先に 明日が待っている 今は恐れずに 斗い望み叶えて 廻るその先に 貴女が待っている ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ これにて『Turas Nua』の裏話を終わります。 いつか再びSheep&Wolfにヴォーカリストが加入した暁にはこの曲にも歌が吹き込まれる事でしょう。 それまではどうかこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『Turas Nua』 裏話 6「ジャケットの話」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)今年最初の曲です。 ●イメージとは…?● この曲のジャケットのイメージは… 「旅立ちの朝を感じる草原(森)」 …だった。 ●素材とは…?● 素材を探そう! 自分の撮った写真の中で色々探していると… …これが見つかった! この木漏れ日の感じが良いね! ●製作開始● 【1:コントラストと明度】 いつもながら明度を下げてコントラストを上げる。 【2:色を変える】 今回は「森っぽい雰囲気」が凄く欲しかったので、全体の色を緑色に変えよう! 【3:滲ませる】 全体を滲ませる事でケルト風の曲調にも合う、幻想的な雰囲気になる。 【4:周囲を暗くする】 周囲を暗くする事でダークな雰囲気も醸し出せる。これにタイトルを入れて… …完成! 幻想的な雰囲気になったのではないかな? さて! 長きに渡って連載してきた『Turas Nua』の裏話も次回で最終回! 最後は例によって歌詞を掲載して終わりましょう! ●次回予告● 次回は「最終回・歌詞」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Turas Nua』 裏話 5「これで終わらないの話」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)今年最初の曲です。 ●一言でいっても…● この曲はケルト音楽風の曲調で作った作品。 しかし、ケルト音楽と一言でいっても色々ある…。 大昔、ケルト民族の間で奏でられていた音楽を後世の我々が勝手に「ケルト音楽」とひとくくりにしているだけなのだから…。 実際には明るい曲、暗い曲、静かな曲、賑やかな曲…と色々あるのです! 例えて言うなら、現代の日本のポピュラー音楽をJ-POPと呼んでいるけど、実際には色々な曲調があるのと同じ。 ●例えば…● 実際、この裏話の3でも触れたように… ①厳かな雰囲気のケルト風BGM ②静かな雰囲気のケルト風BGM ③勇壮な雰囲気のケルト風BGM…様々な種類の曲調がある。 ●次は…● 今回の『Turas Nua』では比較的アップテンポな雰囲気の曲調だったけれど、次にまたケルト風の曲を作る時は静かで幻想的な雰囲気にするのも良いかも知れないね!そう、ケルト風の曲を作るのはこれが最後ではないのだから! ●次回予告● 次回は「ジャケットの話」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Turas Nua』 裏話 4「ケルト音楽の楽器の話」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)今年最初の曲です。 ●「らしさ」を出すには…?●この曲はケルト音楽風の雰囲気を目指して作りました。 ケルト音楽に限らず、ある特定の音楽のジャンルなどの雰囲気を出すにはどうしたら良いのか? 色々な方法はあるけど、やっぱりその音楽特有の音色を鳴らすことだよね!^^ ●ケルト音楽で使われる楽器● ケルト音楽で使われる楽器は色々あるけど、次のような楽器が特徴的だね! 【パグパイプ】 まずはケルト音楽といえばこれ!…のバグパイプ! その独特の音色がまさにケルト音楽だね! 【フィドル】 見た目はバイオリンとそっくり! いや…そっくりというより、実はバイオリンそのものです! クラシック音楽ではバイオリンと呼び、ケルト音楽ではフィドルとよぶのだとか…。 【ハープ】 ギリシャのイメージが強いハープだけど、ケルト音楽でよく登場するみたいです! この中から今回の曲で使ったのは…フィドルとハープだね! この次にまたケルト風音楽を作るときはバグパイプも使ってみようかな! ●次回予告● 次回は「これだけで終わらないの話」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Turas Nua』裏話3「ケルト音楽の話」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)今年最初の曲です。 ●ケルト音楽とは…?● この曲はケルト音楽風の雰囲気を醸し出してみました。 ところで…「ケルト音楽」とは何か…? 古代ケルト民族の間で伝わった音楽。 そもそも紀元前に… …。 ……。 ………。 そんな説明は誰も求めていないだろうね…。 ( ̄▽ ̄;) ●一言でいうなら…● ケルト風音楽を一言でいうなら…「RPGでかかってそうなBGM」です! …。 ……。 ………。 いや、これが一番分かりやすいんだ…^^; ●ケルト風のBGM● YouTubeにはケルト音楽風のBGMが数多く掲載されていて、今回の『Turas Nua』を作るにあたってとても参考にさせてもらいました! 例えば… ①厳かな雰囲気のケルト風BGM②静かな雰囲気のケルト風BGM③勇壮な雰囲気のケルト風BGMいずれもRPGで出てきそうな雰囲気でしょう! 俺の今回作った『Turas Nua』は③の曲に雰囲気は近いかもしれませんね! 後、ケルト風の楽曲が聴ける場所としては、なんといっても無印良品! ④無印良品の店内BGM1 0⑤無印良品の店内BGM2実は今回の曲を作るきっかけになったのは他でもない無印良品のBGMなんです! ある街に大きな無印良品の店舗があって、そこは珈琲も飲める広い店舗でした。 ある冬の日に珈琲を飲みながら店内で流れるケルト
0
カバー画像

【ポートフォリオ】残酷な天使のテーゼ_和楽器アレンジ

【編曲実績紹介】こちらの音源は下記で記載しているサービスで作成させていただいたオケ音源です。ライブ演奏のボランティアを使用目的としているため,あくまでも二次創作の一環となります。キーや雰囲気はすべてご依頼者様よりいただいたご要望を基にアレンジさせていただきました。原曲の雰囲気を保ちつつ,和楽器が大胆に聞こえるよう意識しております。イントロと間奏のアレンジが特にお気に入りです。なお,こちらはミックス&マスタリングも私の方で担当しております。ご興味ある方はお気軽にご相談ください。ご依頼お待ちしております。
0
カバー画像

『Turas Nua』裏話 2「テーマの話」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)今年最初の曲です。 ●テーマとは…?● この曲のテーマはタイトル『Turas Nua』の意味と同じく「新しい旅」。 長い苦難を終えて、これから新しい旅が始まるという意味を込めています。 前作である『解きの祈り』は長い苦難の終わりを描いた曲でした。 2023年最後の曲である『解きの祈り』で苦難の終わりを描き、2024年最初の曲である『Turas Nua』で新しい旅立ちを描きました。●繋ぐテーマ● いつも、月に一曲、年に十三曲の曲を公開しています。 一年に公開される十三曲はひとつのアルバムのようなもの…。 2023年の一つの「アルバム」の最後を飾った曲から、2024年の「アルバム」の一曲目へ…。 テーマを繋いだ形になりました! ●次回予告● 次回は「ケルト音楽の話」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Turas Nua』裏話 1「タイトルの話」

先日公開した新曲『Turas Nua』。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 今年最初の曲です。 ●読み方とは…?● この曲のタイトルは… 「Turas Nua」と書いて「タラス・ヌア」と読みます。 ●意味とは…?● 意味はアイルランド語で「新しい旅」。 何故、今回はアイルランド語なのか…? それは、今回の曲はケルト風の曲調を意識した作品だからです。 ケルト音楽とは古代ケルト民族が奏でていた音。 今のイギリスの西側、まさに現在のアイルランドがある地域に住んでいた民族が奏でていた音楽です。 現在のポピュラーミュージックにもその曲調が数多く取り込まれています。 ケルト音楽についてはまた別の回で書くとしましょう。 ●次回予告● 次回は「テーマの話」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

Dark core. 2024 1st.『Turas Nua』

「明ける時をその手に…」 今宵、今年初となる新曲『Turas Nua』をお届けしよう。 ■Turas Nua■ sheep-and-wolf.main.jp/music/turas-nua.mp3(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 「新しい始まり」を描いた曲です。 長く、暗く、苦しい時は終わった。 これから新しい時が始まる。 そこに願いと祈りを…。 そして、それ以上に強い決意を…。 そんなテーマをケルト風の曲調で描きました。 貴方にとって新しい時への願いとは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

鼻歌から曲が作れちゃう、サウンドクリエーターをご紹介

おはようございます。こんにちは。こんばんは。初めましての方、アイトと申します。この度はココナラで出品されている、❞サウンドクリエーター こーたこーた❝さんのご紹介です。では、サウンドクリエーター こーたこーたさんのお言葉から…どうぞ (^_^)/はじめまして!❞こーたこーた❝  と申します。ココナラではDTMで、弾き語りや鼻歌をバンドサウンドにすることを中心にして作編曲しております。 【サウンドクリエーター こーたこーた の音楽活動の経歴】 ①2000年上京してバンドを始める。 ⇓ ②バンド解散後 2007年からシンガーソングライターとして弾き語りを始めインディーズレーベルに所属して活動をする。 ⇓ ③弾き語りで世界を取る!!と旅に出るがなぜか戻ってきた時、楽器がターンテーブルに変わり 2014年からDJ活動を開始。 ⇓ ④この頃インストバンドにも加入し活動開始、CD,MV制作、ライブ活動を精力的に行う。 ⇓ ⑤2020年頃都内レーベルと仕事をする関係でDTMを始める。 ⇓ ⑥現在はFL-Studioを使用して作詞作曲編曲歌を全てやりライブ活動を行っています。 とにかくオリジナリティーを重視して活動しています!! あなただけのオリジナル曲を作ります!! DAWはFL-studio21を使用しています。 オリジナリティーが出ると思います!! 歌詞がある曲を作曲することはもちろん、鼻歌を編曲するのもOKです! 楽曲製作のお力になればと思いこのサービスを出品させて頂きました。 ぜひご利用下さいませ。 よろしくお願い致します。こーたこーたさん、ありがとうございました (●´ω`●)私も
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 7 「最終回・歌詞」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ■『Hate:Doll』歌詞■ Lyrics&Music&Arrangement:Isamu.y.眼を開き 動き出す 運命知る 歪んでる この姿 壊す為 生まれたの…?何故に… 造りものの命と 悍ましい能力を 望む覚えないのに この手の中与える…? 背負わされた役目で 紅く染める世界を 叫びだけが残って 意味はどこにあるのか…? 耳澄まし 鼓動聴く 心だけ 今もある… そして… 造りあげた命に 悍しい運命を 欲に溺れ負わせた 歪み狂う誰かを 与えられた能力と 縛る事の出来ない 自由なままの心で 生きる為に抗う 全てこの手で 終わらせるまで やがて… 造りものの命と 悍ましい能力で 歪み狂う誰かと 忌まわしい運命を 全て壊し消し去る 歪む日々に終わりを 造りものの命も 心だけは自由に… 全て終わらせ 何処へ行こうか…? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ これにて『Hate:Doll』の裏話を終わります。 いつか再びSheep&Wolfにヴォーカリストが加入した暁にはこの曲にも歌が吹き込まれる事でしょう。 それまではどうかこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 6 「ジャケットの話・後編」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ●素材とは…?● 素材となるのは… …この木製の歯車時計! これを早速加工していこう! ●制作開始● 【1:切り取る】 素材の画像を必要な場所だけトリミングする。 【2:明度とコントラスト】 いつものように明度を下げてコントラストを上げる! これ大事! 【3:白黒にする】 色を白黒にする。 いつも思うけど、本当に白黒にすると一気にアートっぽくなるよね! 【4:ノイズをかける】全体にノイズ加工を施す。 こうしてダークな雰囲気が増す。 【5:周囲を暗くする】 周囲を暗くする事でよりDark core.らしくなる。 …これにタイトルを入れて… …完成!! ヽ(°▽°)ノ 懐古的なDark core.の雰囲気が出ているのではないかな? さて! 長きに渡り連載してきた『Hate:Doll』の裏話も次回で最終回、最後は例によって歌詞を載せて終わるとしましょう! ●次回予告● 次回は「最終回・歌詞」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 5 「ジャケットの話・前編」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ●イメージとは…?● この曲のジャケットのイメージは… 「白黒と歯車」 …だった。 前作『Art:[fact]:Doll』が青色の電子基盤をモチーフにした近未来的なイメージだったので、『Hate:Doll』は歯車で懐古的なイメージにしようと思った。 ●素材とは…?● 早速素材を探そう! 歯車を探そう! 歯車…歯車…はぐるま…は…ぐ… …。 ……。 ………。 …ない…。 Σ(゜゜;) …考えてもみて欲しい。 この21世紀に…。 車が空を翔び、人類が他惑星に移住を始めたこの21世紀に…。 (↑そこまで文明は進んでいない。) 歯車を使った 機械なんぞあるかぁっ!! (ノ°Ⅲ°#)ノ ┻┻  嗚呼…歯車を見つける事も出来ぬまま、俺は砂漠の砂のように果ててゆくのだな…。 そう思った矢先! それを見つけた! ●歯車だ!● これを見て 欲しい。 嗚呼…なんと素晴らしい!! ヽ(゜▽゜)ノ 木の歯車で出来た時計!! 懐古的な雰囲気の全てを集めたような、こんな素晴らしい物がこの21世紀にあったのか!! これを使ってジャケットを製作していこう!! ●次回予告● 次回は「ジャケットの話・後編」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 4 「サウンド編・オルゴールとねじ巻きの音の話」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ●ねじ巻きとオルゴール● この曲では冒頭からねじを巻く音とオルゴールの音色が流れます。 この曲の懐古的雰囲気と「Doll=人形」に準えられた人造人間の哀しみを描いています。 ●過去の曲にも● ねじ巻きやオルゴールの音色から始まる曲は昔からあります。 印象的な所では、MALICE MIZERの『ヴェル・エール~空白の瞬間の中で』…冒頭や曲中でのオルゴールの音色が世界観を彩っています。 板野友美の『10年後の君へ』も…冒頭からねじを巻く音やオルゴールの音色が切ない曲の雰囲気を彩っています。いずれも名曲です! だからこそ自分の曲でもこれを使ってみたかった! ●音色を探す● オルゴールの音は所有している音源にあったので苦も無く出すことが出来ました。 問題はねじ巻きの音…。 よく考えたら…ねじ巻きがないっ!! 一応、アンティーク風のブリキのロボットを持っているので、そのゼンマイのねじを巻く音を使おうと思った。 けれど…録ってみると音がプラスティックっぽくて音が軽い…。 僕としては、もっと金属なねじ巻きの音が欲しい…。 そこで泣く泣くフリー素材に頼る事にしました。 ●こうして…● やはり金属的な響きのねじ巻きの音は良いですね! これとオルゴールの音色でこの曲の
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 3 「懐古風の話」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ●懐古風とは…?● 前作『Art:[fact]:Doll』は近未来風の雰囲気を持つ楽曲でした。 それに対して『Hate:Doll』は懐古風(レトロ)な雰囲気を持つ楽曲になっています。 ●理由とは…?● 物語の舞台は近未来のSFとなっているのだけど、この曲では懐古風の雰囲気にしています。 理由としては『Art:[fact]:Doll』とは対になる曲にしたかったので「未来的」な雰囲気の『Art:[fact]:Doll』に対して『Hate:Doll』では「懐古的」な雰囲気にしました。 ●音色では…● 冒頭からねじを巻く音、そしてオルゴールの音色が流れます。 さらに2番のAメロからはバイオリンの音色も流れて懐古的な雰囲気を彩ります。 ●ジャケットでは…● ジャケットも『Art:[fact]:Doll』では……電子基板をモチーフにした近未来的な雰囲気でした。 対して、『Hate:Doll』では……歯車をモチーフにした懐古的な雰囲気にしています。 電子基板と歯車。 デジタルとアナログという形で「対」を現しています。 こうして、あらゆる面で『Art:[fact]:Doll』と『Hate:Doll』を対比させました。 ●次回予告● 次回は「サウンド編・オルゴールと
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 2 「テーマの話」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ●テーマとは…?● この曲のテーマは「狂気的な科学者によって生み出された人造人間の哀しみ」を描いています。それはどういう物語なのだろう…? ●前作とは…?●前作『Art:[fact]:Doll』では、優れた才能を持ちながらも、その研究を世界に認められず、自分の才能を世界に示す為に人造人間を造り、人類を抹殺しようとする科学者の狂気を描いていました。●今回の物語とは…?● 科学者によって生み出された人造人間。彼女は目が覚めてすぐに気付いた。 自分が人によって作られた命である事を…。 人を遥かに超えた力、人とはほんの僅かに違う姿…。 そんな彼女に科学者は冷たく言い放つ。 「さぁ…俺の才能とお前の力を世界の愚か者どもに知らしめてやれ…。」 そして彼女に破壊と殺戮の使命を押し付ける。 始めは言われるがままに科学者に従う人造人間だったが、徐々に彼女の中に疑問が生まれる。 何故、自分は街を壊し、人々を殺めなければならないのだろう…? これをする事にどんな意味が…? 何より、自分自身がこれを望んでいない…。 壊し、殺め、誰かを傷つける事に悍ましいほどの嫌悪を感じる…。 人造人間であること…。 人を超えた力を持つこと…。 破壊と殺戮を強いられること…。。 …その全てが
0
カバー画像

『Hate:Doll』裏話 1 「タイトルの話」

先日公開した新曲『Hate:Doll』。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 狂気的な科学者に生み出された人造人間の哀しみを描いています。 ●読み方とは…?● この曲のタイトルは『Hate:Doll』と書いて「ヘイトドール」と読みます。 …。 ……。 ………。 Dark core.では珍しく読みやすいですね! ( ̄▽ ̄;) ●意味とは…?● 「Hate:Doll」の意味とは何か? 「Hate」は「憎しみ」。 「Doll」はこの曲の中では「人造人間」を意味しています。 前作である『Art:[fact]:Doll』でも「Doll」は人造人間を意味していました。 狂気的な科学者によって生み出された人造人間。 その人造人間が抱く… 「自分の運命」 「人造人間としての自分」 「科学者によって与えられた使命」 「自分を身勝手に生み出した科学者への」 …への憎しみを意味しています。 ●理由とは…?● 前作『Art:[fact]:Doll』と同じく「Doll」の名を冠する『Hate:Doll』。 「Doll=人造人間」として、どうしてもタイトルに入れたかった。 『Art:[fact]:Doll』では科学者の視点で、『Hate:Doll』では人造人間の視点で描かれていますが、どちらも人造人間が核になるテーマを持った楽曲だからです。 こうしてこの曲は『Hate:Doll』という名を持つに至りました。 ●次
0
カバー画像

Dark core. 2023 10th『Hate:Doll』

「造られた命…与えられた運命…せめて最期にこの手で抗う…」 今宵、今年十曲目となる新曲『Hate:Doll』をお届けしよう。 ■Hate:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hate-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 九月に公開した『Art:[fact]:Doll』の後編となる曲です。 『Art:[fact]:Doll』は狂った科学者の視点で描かれていたのに対し、この曲は彼によって生み出された人造人間の視点で描かれています。 狂信的な野望を持つ科学者によって生み出された人造人間…。 彼女は自らの運命を呪い、与えられた使命に嫌悪を覚えます。 やがてその感情は科学者への憎しみに変わり…。 哀し気なオルゴールの音色と重厚なギターサウンドが人造人間の悲痛な感情を描いています。 貴方には人造人間の哀しき叫びが届くだろうか…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 「最終回・歌詞」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 最終回となる今宵は歌詞を掲載して終わりましょう。 ■『Art:[fact]:Doll』歌詞■ Lyrics&Music&Arrangement:Isamu.y. まだ…辿り着けず彷徨い まだ…砂の上で枯れ果て 生身の人間など 当てには出来ないと 冷たい歯車 溶かして組みんだ Lie Lie La…Lie Lie La…造られた Lie Lie La…Lie Lie La…命で Lie Lie La…Lie Lie La…闇の核 Lie Lie La…Lie Lie La…響かせろ その能力を解き放って もう…行き着く先見えない もう…砂の中で朽ち果て 愚かな人間など 役には立たないと 醜い細胞 掴んで組み合わせ Lie Lie La…Lie Lie La…歪んでる Lie Lie La…Lie Lie La…命で Lie Lie La…Lie Lie La…闇の音 Lie Lie La…Lie Lie La…轟かせ この世界を滅ぼし去れ Lie Lie La…Lie Lie La…造られた Lie Lie La…Lie Lie La…命で Lie Lie La…Lie Lie La…闇の核 Lie Lie La…Lie Lie
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 6 「ジャケットの話・後編」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 ●素材とは…● この曲のジャケットのイメージは「近未来的な電子基板」。 そして素材は… …この写真! これを早速加工していこう! ●制作開始● 【1:白黒にする】 まずは素材の写真を白黒にする。 こうする事で加工しやすくなる。 【2:明度とコントラスト】 いつも必ず行う工程。 明度を下げてコントラストを上げる。 【3:青くする】 色を青くする事で近未来っぽさを醸し出す。 【4:滲ませる】 全体を滲ませる事で電子基盤がともすれば近未来都市のようにも見える。 【5:赤い光を入れる】 これは今回の肝の部分! 丸い部品(コイルかな?)の中央に赤い光を入れる事で更にSF感がアップした! 【6:周囲を暗くする】 これも毎回大事! 周囲を暗くする事でダークな雰囲気も上げる。 これにタイトルを入れて… …完成!! 「近未来SF+Dark core.」の雰囲気が出たのではないかな? さて! 長きに渡って連載してきた『Art:[fact]:Doll』の裏話も次回で最終回! 最後は例によって歌詞を掲載して終わりましょう! ●次回予告● 次回は「最終回・歌詞」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 5 「ジャケットの話・前編」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 ●イメージとは…?● この曲のジャケットのイメージは… 「近未来的な電子頭脳の基盤」 …でした。 ●出来れば自前で● この曲に限らず、楽曲のジャケットを作る時は素材はなるべく自分が撮ったものにしたい。 電子基板のフリー素材もあるけれど、せっかくパソコンを持っているのだから中を開けて基盤を撮ってしまえばいい!! ●素材を集める● 候補となるのは… …パソコンの基盤って細かな電子部品も多くて、それだけで近未来的だね! そしてこの中から選ばれたのは… …この素材! ちょっと埃がついているけど、加工すれば近未来的SF的な画像となるはず! 次回はこれを加工していこう! ●次回予告● 次回は「ジャケットの話・後編」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 4 「近未来SF風の曲の話」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 ●近未来を舞台に…● この曲のテーマは「野望の為に人造人間を作った科学者」。 これで分かる通り近未来SF的な世界観を描いています。 冒頭の0:00から0:22まで流れているデジタルサウンドが近未来的な雰囲気を現していると思います。 Dark core.には他にも近未来SF風の曲があります。 ●近未来SF風のDark core.● ■Re:bellion■sheep-and-wolf.main.jp/music/re-bellion.mp32016年4月公開の『Re:bellion』。 近未来の世界を舞台に、人類に反旗を翻したアンドロイド達を描いた曲。 冒頭のデジタルサウンドと人工音声の台詞が近未来の雰囲気を醸している。 ■Neo: Era■ sheep-and-wolf.main.jp/music/neo-era.mp3 2019年5月公開の『Neo:Era』。 「新しい時代の訪れ」を描いた曲。 全体を通して流れるデジタルサウンドが近未来らしさを彩っている。 ●定番へ…● こうやって並べてみると、近未来SF風の曲調もまたDark core.の一つの定番かも知れません。 これからも近未来SF風のDark core.を作っていこうと
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 3 「テーマの話・後編」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 ●もう一つの理由とは…?● この曲が生まれた理由…。 それはある発想が元だった。 ご存じの通り、俺はSheep&Wolfのメンバーを探し続けているのだけど中々見つからない…。 そんなある日こう思った…。 「生きた人間の中にSheep&Wolfのメンバーがいないのなら、アンドロイドや人造人間に頼るしかない…。」 もちろん、現代の科学ではバンドのメンバーを出来るアンドロイドや人造人間はまだ作れないだろう…。 これが後数十年先の未来だったら…。 その想いこそがこの曲が生まれた切っ掛けだった。 ●こうして…● バンドのメンバーが見つからないから人造人間に任せたい…。 そんな狂気的な発想が面白かったので、ひとつの物語、そして楽曲へと発展させました。 「自らの野望の為に人造人間を作った狂気的な科学者」というテーマに相応しい切っ掛けと言えるでしょう。 ●次回予告● 次回は「近未来SF風の曲の話」です! 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

十五夜

今宵は十五夜。 Dark core.にとって月は象徴だから十五夜も大事な日です。 残念ながら今宵は曇っていて満月を見ることが出来なさそうですね…。 せめて夜のうちに一度だけでも、雲の隙間から満月を見ることが出来たら良いのだけど…。 十五夜を描いた曲を…。 2021年9月に公開した『十五ノ月』です。 ■十五ノ月■ sheep-and-wolf.main.jp/music/jugo-no-tuki.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 夜空に輝く十五夜の月に想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 2 「テーマの話・前編」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3(※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 ●テーマとは…?● この曲のテーマは「野望の為に人造人間を作った科学者」です。 それはどういう物語なのだろう…? ●物語とは…?● それほど遠くない未来に一人の科学者がいた。 若く優れた才能を持っていた彼は自らの研究を学会に発表した。 しかし、その研究がともすれば多くの災難を招くことを危惧した多くの学者たちによって彼の研究は闇に葬られてしまった。 「自分の研究を理解してくれる人はいないのか…?」 「自分はこのまま誰にも評価されずに埋もれていくのか…?」 そんな孤独と絶望の中で彼の心は徐々に病んでいった。 そして…。 「誰にも理解されないのなら、理解してもらう必要はない…俺のこの手で全てを証明してみせる…。」 こうして、彼は自らの研究のを唯一人で完成させてしまった。 「人間の力を遥かに超えた人造人間」 ともすれば人類を滅ぼしかねないその研究の成果を前に彼はこう言った。 「さぁ…俺の才能とお前の力を世界の愚か者どもに知らしめてやれ…。」 こうして彼は恐るべき人造人間を世に放ってしまった。 ●その理由とは…?● 人造人間を生み出したマッドサイエンティストによる世界への復讐というSFにおける古典テーマをDark core.らしく描いたのが
0
カバー画像

『Art:[fact]:Doll』裏話 1 「タイトルの話」

先日公開した新曲『Art:[fact]:Doll』。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 野望の為に人造人間を作った科学者を描いた曲です。 ●読み方とは…?● この曲のタイトルは『Art:[fact]:Doll』と書いて「アート・ファクト・ドール」と読みます。 途中に入る記号のせいで読みにくいけれど、英語で書かれた単語をそのまま読めば大丈夫! ●意味とは…?● 『Art:[fact]:Doll』とはどういう意味なのか?結論から言うと「人造の人形」となり、この曲では「人造人間」という意味になります。テーマである「科学者が野望の為に作った人造人間」の事ですね! ●構成とは…?● なぜ『Art:[fact]:Doll』が「人造の人形」なのか…? 『Art:[fact]:Doll』の文を構成する三つの単語、「Art」「fact」「Doll」はそれぞれ…「Art」=「芸術」 「fact」=「事実」 「Doll」=「人形」 …となります。 「Dolll」は「人形」だから良いとして、なぜ「Art」と「fact」なのか? ●理由とは…?● 実は最初に浮かんだタイトルは『Artificial Doll』でした。 「Artificial」は「人工の」という意味。 なので「Artificial Doll」で「人工の人形」という意味になります。 (そもそも人形は全て人工だけど…) けれど…
0
カバー画像

Dark core. 2023 9th『Art:[fact]:Doll』

「造られたその命…闇の詩を響かせろ…」 今宵、今年九曲目となる新曲『Art:[fact]:Doll』をお届けしよう。 ■Art:[fact]:Doll■ sheep-and-wolf.main.jp/music/art-fact-doll.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 自らの野望を叶える為、科学者は人造人間を作った。 「これで世界の全てが手に入る…」 その結末が輝ける成功なのか、血塗れの破滅かも知らぬまま…。 只、最後の望みに全てを賭けた…。 そんな狂気を叩きつけるような激しいギターサウンドで描いています。貴方にとって「狂気的な野望」とは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

炒飯の話③

■前回までのあらすじ■ 炒飯には二種類ある…。 それは「家の炒飯」と「店の炒飯」。 そして無性に「店の炒飯」が食べたくなったIsamu.y.は『日高屋』へと向かったのだった。 ■今回の話■ 意外に思うだろうか? ③まで続いている事に…。他にネタがな…否!好評だったので③まで続けました!(↑嘘だ…。) 『東秀』で炒飯を食べた翌日。 今度は家で炒飯を作ってみた! 炒飯は今までも何度か作っている… …我ながら美味そう!! ヽ(°▽°)ノ 早速食べてみると…。 …。 ……。 ………。 美味い!! ヽ(°▽°)ノ もちろん「店の炒飯」の味ではないけど、「家の炒飯」としては美味いよ! 二日連続で「店の炒飯」と「家の炒飯」を食べたけど…やはりどちらも良いもんだね! こうして三日連続でお送りした『炒飯の話』もこれで本当に最後を迎えるのだった! 皆さんも明日のお昼ご飯は炒飯にしましょう! ついでに俺に作詞や作曲や編曲を依頼しましょう!美味い炒飯が作れる人は良い曲も作れるよ!!<終>
0
カバー画像

炒飯の話②

■前回までのあらすじ■ 炒飯には二種類ある…。 それは「家の炒飯」と「店の炒飯」。 そして無性に「店の炒飯」が食べたくなったIsamu.y.は『日高屋』へと向かったのだった。 ■今回の話■ 人の住む街へとやって来た。 早速、『日高屋』へと向かう。 しかし…店の軒先まで辿り着いて、俺は恐るべき事に気が付いた。 …。 ……。 ………。 そこは日高屋ではなく 「東秀」である事に…。 ヽ(T▽T)ノ 店が違うじゃねぇかよっ!! (ノ°Ⅲ°#)ノ ┻┻  …でも、同じ中華屋、 炒飯がある事に変わりはない! ヽ(`へ´)ノ 早速、席について炒飯を注文する! しばらくして運ばれてきたのは…。 めっちゃ美味そう! ヽ(°▽°)ノ 早速食べてみると… 美味いっ!!!! ヽ(°▽°)ノ これぞ「店の炒飯」だ!! 家では作れない、「店の炒飯」だっ!! この味を求めていたのだ!! どうしてこれが家では再現できないんだろうねぇ…。 この先の未来、エアカーが空を飛んでも、他惑星に人が住んでも、タイムマシンが発明されても…。 「店の炒飯」が家で再現出来る日が来ることはないだろう。 そう…「店の炒飯」とは人類が永遠に辿り着くことが出来ない夢の境地なのだ…。 <終>
0
カバー画像

炒飯の話①

たまには音楽以外の話を…。炒飯には二種類ある。それは…「家の炒飯」と「店の炒飯」! 炒飯ほど「家」と「店」の味が違う料理もなかなかないのではないだろうか…? たとえ…「中華の一流の料理人が教える美味しい炒飯の作り方!」的なレシピを忠実に再現してみても、出来上がるのは「凄く美味しい『家の炒飯』」なのだ…! ヽ(T□T)ノ 別に「家の炒飯」が「店の炒飯」より劣るという訳ではないのだ…。 「家の炒飯」には「家の炒飯」の、「店の炒飯」には「店の炒飯」の良さがあり、その時々によって食べたい物は違う。 けれど、明らかにその二つは味が違う…。 …これ、本当に何でだろう…? (・_・;) さて! 実は先日、無性に「店の炒飯」を食べたくなった。 「嗚呼…今日の昼食は 『店の炒飯』にしよう!」 確か、街中に『日高屋』があったはず! 『日高屋』の公式サイトでメニューを見ると、美味しそうな炒飯があるではないか!! ヽ(°▽°)ノ よし! 決まりだ!! 昼食は日高屋の炒飯にしよう!! ヽ(°▽°)ノ こうして俺は街中の『日高屋』を目指した! <続く> (※「えっ…この内容で前後編なの!?」って思ったでしょう? 9月22日(金)の新曲公開日まではこんな感じでゆるい記事で埋めていきますぜ! Ψ(`▽´)Ψキャハハ)
0
カバー画像

最近好評頂いてます!

はじめまして。 BGM制作や、アーティスト活動、楽曲の編曲をしてますKINYAです。 Audiostockというサイトで1000曲以上販売しています。 ココナラに登録して数年になり、登録したきり放置をしていたのですが、大変ありがたいことにここ数ヶ月、急に依頼をいただくようになりました。 そして更にありがたいことに、大変な好評をいただいており、早速リピート依頼をしてくださる方もいらっしゃり、本当に嬉しい限りです。 登録して数年、まったく反応なかったから完全に諦めていたのですが、これからどんどん皆様のお役立ちさせていただきたいです! とはいっても、何者かも分からない私に急に依頼するのは不安で仕方ないと思います。(サムネイルがパンダの緑で気持ち悪いし) なので、 「ワンコーラス、ちょっとアレンジしてみて」(無料で) それからご検討いただく等でも大丈夫です! ぜひ一度ご相談ください! ROCK以外もできますが、過去にロック・バンド、ミクスチャーバンド、をやっていたので、自分の一番の強みはロックだと思っています。 ですので、ROCK限定っぽく見えるかとは思いますが、違うパターンでも大丈夫です。 簡単でしっそではありますが、サービスページに参考までにココナラでご依頼頂いた楽曲をアレンジしたものをサンプルとして貼っていますので、ご視聴ください。 今後もぼちぼちブログを更新していこうと思いますので、フォローよろしくおねがいします!
0
カバー画像

Dark core. -Archive- 『月の祈り』

過去に公開した曲を再び紹介する『Dark core. -Archive-』。 九月という事で、「月」をテーマに描いた曲を紹介していきます。 今宵紹介するのは2022年12月に公開した『月の祈り』です。 ■月の祈り■ sheep-and-wolf.main.jp/music/tuki-no-inori.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 長い哀しみ、孤独、苦しみ…。 その終わりが来る事を切に願い、月に祈りを込める…。 そんな物語を静かなギターの音色と切ないメロディで描きました。 貴方が月に込める祈りとは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けてください…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

Dark core. -Archive- 『君亡月』

過去に公開した曲を再び紹介する『Dark core. -Archive-』。 九月という事で、「月」をテーマに描いた曲を紹介していきます。 今宵紹介するのは2020年3月に公開した『君亡月』です。 ■君亡月■ sheep-and-wolf.main.jp/music/kimi-naki-tuki.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)孤独と喪失を描いた曲です。 失ったものを、紅く染まった三日月に準えています。 貴方にとって欠けた三日月とは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けてください…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

Dark core. -Archive- 『月想華』

過去に公開した曲を再び紹介する『Dark core. -Archive-』。 九月という事で、「月」をテーマに描いた曲を紹介していきます。 今宵紹介するのは2016年10月に公開した『月想華』です。 ■月想華■ sheep-and-wolf.main.jp/music/ge-sou-ka.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)夜空に輝く月を見上げ、失った物、亡くした人を想う…。 疾走感のあるギターと和楽器の協奏で、月の下に憂う人の心描いています。貴方は夜空の月に何を想うのか…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けてください…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

Dark core. -Archive- 『十五ノ月』

過去に公開した曲を再び紹介する『Dark core. -Archive-』。 九月という事で、「月」をテーマに描いた曲を紹介していきます。 今宵紹介するのは2021年9月に公開した『十五ノ月』です。■十五ノ月■ sheep-and-wolf.main.jp/music/jugo-no-tuki.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)十五夜の月を描いた曲です。 秋の夜空に輝く満月…。 人々は何を祈り何を願うのか…? そんな物語を疾走感のあるギターと切ないメロディで描きました。 十五夜の月を見上げ、貴女が願うことは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けてください…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 7 「最終回・歌詞」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)白昼夢を描いた曲です。 最終回となる今宵は歌詞を掲載して終わりましょう。 ■『白昼ノ夢』■ Lyrics&Music&Arrangement:Isamu.y.繰り返す爛れた現虚ろな眼空を見上げる 不意浮かぶ煌めく夢に 飢えている心奪われ 白く華奢なその姿 幻のように 脆く澄んで儚くて 触れると消えそう 白昼の夢に 溺れて流れる 震える指先 ゆっくり握った ねぇ…君だけ どうしていないの? 終わりなく望みを絶たれて 虚ろな眼空も忘れて 始まりの予兆感じて 乾いてる心潤し 甘く細いその声は蜃気楼のよう風に溶けて消えていく 心に刻んだ 白昼の夢に 囚われ沈んだ しなやかな背中 両手で包んだ ねぇ…君だけ ここにいて欲しい 白昼の夢に 溺れて流れる 震える指先 ゆっくり握った ねぇ…君だけどうしていないの? 白昼の夢に 囚われ沈んだ しなやかな背中 両手で包んだ ねぇ…君だけ どうしていないの? ねぇ…君だけ ここにいて欲しい ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ これにて『白昼ノ夢』の裏話を終わります。 いつか再びSheep&Wolfにヴォーカリストが加入した暁にはこの曲にも歌が吹き込まれる事でしょう。 それまではどうかこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 6 「ジャケットの話・後編」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!)白昼夢を描いた曲です。 ●素材とは…?● 前回の記事で選んだ素材は… …この写真! これを早速加工していこう! ●製作開始● 【1:白い羽と合成】 まずは背景の写真とジャケットではよく使っている舞い散る白い変の素材を合成。 【2:明度とコントラスト】 いつものように明度を下げてコントラストを上げる。 こうして雰囲気を出すのです!^^ 【3:滲ませる】 ブルーム機能で全体を滲ませる。 【4:青くする】 青い色に変えて幻想的な雰囲気を醸し出す。 【5:周囲を暗くする】 周囲を暗くしてダークな雰囲気を出す。 これにタイトルを入れて… …完成! 舞い散る白い羽と空と深い森のような背景が雰囲気を醸し出しているね! さて! 長きに渡って連載してきた『白昼ノ夢』の裏話も次回で最終回! 最後はいつものように菓子を掲載して終わりましょう! ●次回予告● 次回は「最終回・歌詞」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

おかげさまで販売実績100件!

いつもお世話になっております。この度、本アカウントの販売実績100件を達成いたしました。ご利用いただいた皆様に心より感謝を申し上げます。ココナラでサービスの販売を開始したのは確か6年ほど前でしたが、当時はテレビCMが流れるほど有名なサイトではなく、見積もり相談などのシステムも無く、シンプルといえばシンプルでした。懐かしいです。ブログ機能も比較的新しい方で、なかなか馴染まないのですが、せっかくなのでたまには更新した方がいいですね。おかげさまでご依頼・ご相談の件数が少しずつ増え、またリピートしてくださる方もおり、ここ数年は常に数件ずつお取引をさせていただいております。特に多い「楽譜をつくります」のご依頼に関しては、オーケストラや吹奏楽編曲、合唱曲の楽譜作成、ジャズの耳コピ、バンドスコアの作成など幅広いジャンル、編成のご依頼をいただいております。またゲーム用BGM制作、バンド曲のストリングスパートの作成など、音楽制作のご依頼も近年増えております。自分の技術で多くの方のご期待に応えられるというのは嬉しいことです。また日々ご依頼をいただく中で自分自身の成長も感じます。楽器と同じように楽譜かき・作曲もやらないとすぐに衰えるので…。タイミングによっては納品までお時間をいただいてしまうこともありますが、できるだけがんばりますので随時ご相談いただければと思います。今後とも何卒よろしくお願い致します。
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 5 「ジャケットの話・前編」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 白昼夢を描いた曲です。 ●イメージとは…?● この曲のジャケットのイメージは… 「風景と舞い散る羽」 …だった。 早速素材を探しに行こう! ●素材とは…?● せっかくなので自分が撮った写真を使いたい! 空や風景の写真はよく撮っていて、このブログにも載せているからね! 候補となったのは…。 …いずれも雰囲気のある写真ばかり! この中で俺がこの曲のジャケット素材として選んだのは… …この写真! 夕刻の空と森のような木々が良い雰囲気を醸し出してるね! 次回はこれを加工していこう! <続く> ●次回予告● 次回は「ジャケットの話・後編」です。 乞う、ご期待!
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 4 「アルペジオのイントロの話・後編」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 白昼夢を描いた曲です。 ●前編とは…?● ギターのアルペジオから始まるイントロ…。 それはDark core.ではもはや馴染みのものとなっていた…。 しかし、このままではアルペジオ始まりの曲を曲ばかりになってしまう…。 それを危惧して対策を講じるのだった。 ●対策とは…?● そこで俺は考えた。 「期限付きアルペジオのイントロ禁止法」を自分に課す事を!! ヽ(`へ´)ノ 期限は今年いっぱいです! つまり、今年作る曲はもうギターのアルペジオをイントロに使わないという事です!! ヽ(`へ´)ノ これ…きっと数ヵ月後に後悔するだろうなぁ…。 過去の自分を恨むだろうなぁ…。 でも、ここで宣言してしまえばやらざるを得ないからね! まずは九月に公開する次の新曲から早速アルペジオ以外のイントロにしよう! ヽ(`へ´)ノ ●次回予告● 次回は「ジャケットの話・前編」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 3 「アルペジオのイントロの話・前編」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 白昼夢を描いた曲です。 ●アルペジオとは…?● この曲の冒頭0分0秒から15秒まで流れるギターのフレーズ。 これは「アルペジオ」といって、ギターのコードをバラバラに弾く奏法です。 独特の綺麗な音色が鳴ります。 ●Dark core.でもよく使われる● その独特で切なげな響きからDark core.でもイントロやAメロなどでよく使っています。 けれど…。 …。 ……。 ………。 最近使い過ぎだよっ! ヽ( ̄□ ̄;)ノ ●溢れ返るアルペジオ● 今年作った曲の中でも『終焉ノ聲』『星ノ祈』以外は何かしらギターのアルペジオが鳴っている…。 古来よりDark core.はアルペジオ始まりの曲が多いので「アルペジオ始まりはDark core.の様式美」とも言えるけどね! しかしながら最近は多すぎたので少し手を打たねばならない…。 そこで俺は考えた! それは…。 <続く> ●次回予告● 次回は「アルペジオのイントロの話・後編」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

【二重奏】オーボエとファゴットのための曲を作曲しました

オーボエとファゴットのための短い曲を作曲いたしました。このようなアンサンブルの楽譜を作成いたします。興味のある方はDMを下さい。
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 2 「テーマの話」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 白昼夢を描いた曲です。 ●テーマとは…?● この曲のテーマは「白昼夢」。 ではこの曲の中で描かれる白昼夢とは一体何だろう…? ●白昼夢とは…?● 人間の心の中にある「願望」や「夢」。 けれど思うようにそれは手に入らない…。 せめて…心の中だけでも、その「姿」を想い描いていよう…。 やがてそうするうちにその「姿」は現実か夢想かも分からなくなる…。 けれど…それで良いのだろう…。 爛れた現より、綺麗な虚夢の方がましだろう…。 …そんな退廃的な心情を描いたのがこの『白昼ノ夢』です。 ●次回予告● 次回は「イントロとアルペジオの話」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

『白昼ノ夢』裏話 1 「タイトルの話」

先日公開した新曲『白昼ノ夢』。 ■白昼ノ夢■ sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 白昼夢を描いた曲です。 ●読み方とは…?● この曲『白昼ノ夢』の読み方は「はくちゅうのゆめ」です。 …今回は比較的読みやすいですね! ●意味とは…?● 元々の意味は「白昼夢」。 白昼夢とは目が覚めている状態で夢を見ているような、幻覚状態の事です。 この曲の中では、自分自身が望む世界、環境、会いたい人や側にいて欲し人…そういった「叶えたいけれど叶わないもの」を現実の中で夢想して止まない心境を描いています。 ●何故「ノ」なのか…?● 元々、「白昼夢」というタイトルはいつか使ってみたいと思っていました。 そして今回の曲のテーマがまさにその「白昼夢」に当て嵌まるのでタイトルも『白昼夢』にしようと思っていた…。 その時に悪い癖が出てしまった…。 「Dark core.たるもの、そのままで良いのだろうか…?」 止せばいいのに気が付くと間に「ノ」を入れてしまった…。 『白昼夢』でも充分格好良いのに…。 しかし! 『白昼ノ夢』というタイトルを文字として目にした時にとてもしっくりきました! 「…これぞ俺の曲だ!!」 この身に纏わり付いたDark core.の呪いは思っている以上に業が深いようです…。 こうしてタイトルは『白昼ノ夢』となりました。 ●次回予告● 次回は「テーマの話」です。 乞う、ご期待! 待て!次号!!
0
カバー画像

編曲制作の流れについて

編曲制作の流れについてご紹介させて頂きます ・購入前に商品内容、注意点などしっかりご確認ください・不明な点はご連絡ください①商品購入       不明な点、質問などありましたら都度メッセージ頂ければ        対応させて頂きます        納期に早期希望がある場合はお伝えください       下記予定日数と合わせ確認時間・連絡時間・歌入れ時間など                                     無理あるスケジュールの場合、お断りする可能性もあります  ②お客様からご提供頂く内容        ・作曲した音源        MP3・WAV・MIDIなどで提出頂きます         鼻歌などでも大丈夫ですが譜面起こしはしておりません        ・コード譜        ご希望のコードがありましたら提出お願いいたします         コード不明・お任せでしたらこちらでコードをつけます        ・楽曲のイメージ        参考曲があればYouTubeなどのURL         なければ概ねのイメージをお伝えください        ※VoiSona 知声の歌声でミックスする場合は        ボーカルの楽譜が必要になります③編曲の制作        初稿は約10日前後頂いてます         ボカロなど最初にご提供頂ければ        同時にミックスも制作いたします         お送りさせて頂く音源はマスタリング完了音源になります ④楽曲の修正         初稿を聴いて頂き修正があれば対応させて頂きます         修
0
カバー画像

Dark core. 2023 8th『白昼ノ夢』

「儚く華奢なその姿はまるで白昼夢…」 今宵、今年八曲目となる新曲『白昼ノ夢』をお届けしよう。 ■白昼ノ夢■sheep-and-wolf.main.jp/music/hakuchu-no-yume.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 想い描く幸せは現か夢か…。 白く華奢なその姿は、爛れた現に狂った心が魅せる、真夏の白昼夢なのか…。 そんな現実とも夢ともつかない感情を疾走感のあるギターサウンドと哀しげなメロディで描きました。 貴方の描く白昼夢とは何か…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
カバー画像

スラップベース×ボーカルチョップ: 新時代のプログレッシブハウスドロップ

編曲解説 スラップベースとボーカルチョップの組み合わせは、近年の音楽トレンドの中でも注目される要素として浮上してきています。特に、ドロップにこれらを導入することで、プログレッシブハウスの伝統的な形式に新たな息吹を吹き込む試みとなっています。このようなアプローチは、音楽の進化と革新の中での一つの挑戦とも言えるでしょう。 既存のボーカルトラックの再利用は、リミックスや再編集の文化を背景に持ち、そのトラックが持つ既存のエモーションや魅力を新しいコンテキストで再評価する手法として取り入れられています。それは、音楽制作の過程で資源を有効活用するとともに、リスナーに新しい体験を提供する方法としても評価されています。 バース部分のアレンジに関しては、伝統的なキックの使用を控えることで、音楽のリズムやテクスチャーに変化をもたらしています。特に、リースベースの採用は、低音域の厚みや重厚さを強調し、楽曲の中での安定した土台を提供する役割を果たしています。 一方、ドロップセクションの中では、ピアノハウスの要素が取り入れられています。特に、高域に配置されたピアノの旋律は、楽曲の中での明るくてクリアなアクセントとなっており、それとは対照的に、スラップベースによる動きがリズムの面でのコントラストを生んでいます。 リードメロディの部分でのヴォーカルトラックのチョッピングは、ヴォーカルのフレーズやリズムを再構築することで、楽曲に独自のアイデンティティを付与しています。このようなテクニックは、伝えたいメッセージやエモーションを強化し、また、楽曲の独自性を強調する上で効果的と言えます。 総じて、これらの多様な要素
0
カバー画像

シネマティック要素融合: シリアスなトロピカルハウスアレンジ

編曲解説 トロピカルハウスは、その名の通り、夏や海辺を想起させる陽気なリズムとメロディで知られるジャンルです。 このジャンルの基本的なフォーマットを採用した上で、我々は更なる深みと複雑さを楽曲に加えるべく、オーケストラの要素を取り入れることを試みました。オーケストラの音楽には、豊かな表現力とドラマティックな雰囲気があるため、トロピカルハウスの明るさとは対照的な暗さやシリアスさを表現するのに適していました。 特にドロップ部分では、EDMの楽曲でよく耳にするプラック音のリードメロディをフィーチャーしています。このプラック音は、シャープでキャッチーな音質が特徴で、リスナーの注目を引きつける要素として効果的です。 しかし、2番のドロップにおいては、さらなる変化としてアコースティックのヴァイオリンをサブメロディに導入しました。ヴァイオリンの生々しい音色と、その逆調性は、一般的なEDMのフレームワークから少し外れ、よりシリアスで深い情緒を楽曲にもたらしています。 一方、ボーカルトラックに関しては、楽曲全体の中で特別な位置を占めています。原曲のボーカルを切り取り、さまざまな加工を施すことで、ボーカルチョップとして再構築されました。 ボーカルチョップは、その切り取られたフレーズやリズムにより、楽曲の空間に新しい次元を加える効果があります。それらは楽曲の中で、繊細なテクスチャーを形成しながら、同時にアクセントやピークポイントとして楽曲の構成に貢献しています。
0
カバー画像

軍隊調トロンボーンとヴォーカルチョップで織りなすプログレッシブハウスアレンジ

編曲解説 プログレッシブハウスは、その持つ拡張性とダイナミクスの変動により、多様なアレンジやサウンドを取り入れることが可能です。 本楽曲では、このジャンルの持つ特性を活かし、軍隊調のトロンボーンとヴォーカルチョップという、一見相反する要素を組み合わせることで、新たな音楽的展望を探求しています。 シリアスな雰囲気の創出は、音楽に深みや重厚感を持たせるための重要な手法です。この楽曲においても、コード進行の選択や配置には特別な注意が払われました。 そして、このシリアスさを最も効果的に表現する部分として、ドロップセクションのアプローチが挙げられます。ボーカルチョップを使った新しいメロディの形成は、ドロップ部分に新鮮さとサプライズをもたらし、楽曲のクライマックスを強調する要素として機能しています。 そして、楽曲全体の中でのもう一つの大きなテーマが、その「力強さ」です。これを具現化するための主要な手法として、2番のドロップセクションで軍隊調のトロンボーンを使用しています。トロンボーンの持つ力強く、実直な響きは、楽曲の中で独特の躍動感を生み出し、その結果として、全体に渡って迫力と深みが増しています。
0
カバー画像

大胆なストリングス採用: シネマティックトロピカルハウスの新アレンジ

編曲解説 シネマティックトロピカルハウスは、二つの異なるジャンルの要素を組み合わせることで、新たな音楽的風景を生み出すものとして注目されています。このアレンジでは、特にストリングスの存在感が強調されており、楽曲に重厚で感情的な深みを持たせています。 楽曲の基盤となるコード進行は、感情豊かで切なさを伝えるためのものであり、この進行が楽曲の骨格を形成しています。その上に、既存のボーカルトラックが組み込まれ、楽曲全体の感情的な背景や物語性を強調しています。 そして、それをさらに際立たせる要素として、ストリングスの使用が挙げられます。通常のトロピカルハウスでは考えられない、ヴァイオリンやビオラ、チェロといったクラシカルな楽器のサウンドが、ドロップ部分を中心に前面に押し出されています。この独特のメロディの取り入れ方は、楽曲に新たな息吹と独自の色彩を加えています。 さらに、楽曲の進行に伴い、1番から2番への変化が劇的に描写されています。壮大なアレンジやシリアスな雰囲気の導入により、楽曲が持つストーリー性が高まっています。この中で、フェルトピアノの導入は特筆すべき点であり、暗さや繊細さを一層引き立てる効果があります。 また、2番のサビでの壮大なストリングスの使用は、シネマティックな雰囲気を最高潮に引き上げます。その結果、トロピカルハウスのリズムとシネマティックなサウンドが融合することで、聴き手に強烈な印象を残す楽曲が完成しました。
0
カバー画像

完全オリジナル! 作詞・作曲・編曲・歌唱一貫制作、日本語トロピカルハウスの解説

歌詞 「オーダーメイド」もう何度目だろう 過去を言い訳にしたのは トラウマなんて無いこと 本当はわかってる 今の方が楽だから そのままでもいい だけど幸せだとは 言い切れない日々 これまでの時間は これからとは無関係 変わる勇気があれば ここから抜け出せる 人生はオーダーメイド 私は私の道を行く 嫌われたってかまわない 他人の期待にさようなら 世界は私の鏡だから 私が変われば世界も変わる 自由への羅針盤信じながら 今この瞬間を駆け抜ける もしも皆がいなくなり この世に一人になったら あらゆる悩みや苦しみが 一目散に消え去るのかな 自由を求める一方で 誰かに必要とされたい 居場所を探して 彷徨い続けていた 比較や競争で 幸せにはなれない 縦から横の繋がりへ ここから走り出す 人生はオーダーメイド 私の手綱は渡さない 貶されたってかまわない 嘘の自分にさようなら あなたは私の鏡だから 私が変わればあなたも変わる 革命のファンファーレ鳴らしながら 今この瞬間を駆け抜ける作詞のコンセプトこの楽曲の歌詞は、「他人の評価にとらわれず、自分の人生を自分らしく生きる」という強固な意志を中心に据えたものとなっています。その中で、「人生はオーダーメイド」というフレーズは、楽曲全体の核心としてサビの部分で繰り返し出てきます。このフレーズは、オリジナリティや個性を大切にし、一人一人が独自の価値観で人生を紡いでいく姿勢を示唆しています。 Aメロ、Bメロの部分では、多くの人が経験するであろう、自分らしさを見失いそうになる葛藤や社会のプレッシャーを感じる不安を具体的に描いています。それに対し、サビにかけては
0
カバー画像

Dark core. -Archive- 『童ノ解』

過去に公開した曲を再び紹介する『Dark core. -Archive-』。 今宵紹介するのは2019年8月に公開した『童ノ解』です。 ■童ノ解■ sheep-and-wolf.main.jp/music/wara-no-hodoki.mp3 (※ココナラのブログはURLを載せさせてくれないので、↑のURLの先頭に「http://」を付けてアクセスして下さい!) 「怪談三部作」の完結編です。 ある村の神社に夕刻になると現れる少女の亡霊…。 それを鎮める為に村へやって来た若い女性霊媒師…。 その対決の行方とは…? 少女の彷徨える魂は救われるのか…? そんな想いを馳せながらこの曲に耳を傾けて下さい…。 そう、痛みと憎悪と絶望を忘れられないのなら…。
0
419 件中 1 - 60
有料ブログの投稿方法はこちら