【級友の意見に我が熱き思いをのせて】

記事
学び
 学校や職場、或いは趣味のサークル等の
 グループで或る問題について自由闊達に
 アイディアを出し合うことも多いだろう。
 こうした、新たなアイディアを生み出す
 方法の一つであるブレーンストーミング
 (脳の嵐)には4つの基本原則(BSの
 4原則)があるので順を追って話したい。
 最終回の今日は、「連想と結合」である。
────────────────────
 「連想と結合」とは、他人の意見を聞き、
 それに触発され、連想を働かせ、或いは
 他人の意見に自分のアイディアを加えて
 新しい意見として述べるというやり方だ。
 高校2年生の文化祭、私の組では、歌手、
 アーティストの展示を行うことになった。
 展示自体は、ポスターやら飾りつけやら
 至ってシンプルな発想だが、面白味には
 欠ける。そこで、ある日、音楽室で授業
 の前に私の周囲に男子生徒有志が集まり、
 何か良いアイディアはないかなと考えた。
 すると、その中にギターの得意な生徒が
 いて、お客様の前で彼にギターを弾いて
 もらおうということになった。ここまで
 きたら黙ってはいられないのが私の性分。
 「○○君一人に面倒はかけん。俺は歌う」
 という自分のアイディアを加え、ギター
 を弾いてもらう、という最初の意見から、
 ギターに合わせて歌を唄う、という意見、
 新しい意見として昇華をさせたのである。
 正しく「連想と結合」の典型ではないか。
────────────────────
 「連想と結合」には、他人の意見を聞く
 柔軟な姿勢と、それを新しいアイディア
 に昇華させる発想力が必要不可欠である。
 また、この時の私のような自由奔放さと、
 それを批判せずに受け入れる周囲の姿勢、
 これもまた大切だ。もし、この時、私に、
 彼のギターに合わせて歌を唄う、という
 発想がなかったら、あったとしてもその
 ことをみんなの前で言えていなかったら、
 言ったとしても受け入れられなかったら、
 「○○君のギターに合わせて自分が歌う」
 という新しい意見は成立しなかったのだ。
 そうなると、あの文化祭の大盛り上がり
 ステージは開催されなかったことになり、
 それをきっかけとしたクラスの纏まりも
 起こり得なかったかも知れない。何事も
 幾多の偶然が重なっているものだと思う。
────────────────────
 私は、他者の良い所はすぐに模倣をする。
 加えて、他者にない自分の利点は残して、
 自他の良い所ばかりを合わせた人間性の
 構築を心掛けている。これもアイディア
 と同じく、良い人間性を生み出すための
 「連想と結合」だと言えるのではないか。
────────────────────
 駄文の御閲覧、心より感謝申し上げます。
連想と結合.jpg

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す