絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

42 件中 1 - 42 件表示
カバー画像

死後の世界を勘案した終活アドバイス(5)死んだ直後真っ暗でしかも動けない

 「終活」とは、一般的には、人生の最期に向けた活動のことを言います。 通常は、自分が死ぬまでのこと、と、遺族に向けての相続絡みの活動が主ですが。一番気がかりなのは、死んでからの死後の生活のことかと思います。  というのは、死んで天国に行って、幸せな生活を営めるか、それとも天国に行けずに地獄で苦しむ、もしくは、あの世に行けずに、現世界でうろつく、もしくは現世界で地縛霊になって、全く動けず長期間固まったままの状態になるかどうかは、大きな問題だからです。  普通に病気で死んだ直後はどういう感じなのでしょうか。死んだ直後目覚めてみると、大抵真っ暗です。おまけに、身体が自由に動けない、足首に紐がくくりつけられている感じで、しかも、その紐の長さは2メートルくらいしかないので、近くをぐるぐる回る程度しか動けません。  これは、死んだ直後はまだ、霊能力が高まっていないので、霊視で見ることができないので、真っ暗なんです。さらに、死神が来て紐を切ってくれないうちは、霊体は自由に動けないんです。この時、大抵の人はびっくりします。 「こんな真っ暗で自由に動けないところに来た、というのはもしかして地獄に 来てしまったのではないか。」と不安に感じそうです。でも、ご安心ください。殺人や自殺をしなくて、病死事故死等で死んだ場合には、49日経過すれば、死神が来て、紐を切ってくれるので、自由に動けるようになります。さらに49日も経過すれば、霊能力が付いてきて、明るく見えるようになります。 49日以内でも、家族とかに死を知らせたい場合には、守護霊様や神様に頼んで、霊体のうちから魂だけを、家族に連れて行ってもらうこと
0
カバー画像

死後の世界を勘案した終活アドバイス(4)死んだ直後は真っ暗

 「終活」とは、一般的には、人生の最期に向けた活動のことを言います。 通常は、自分が死ぬまでのこと、と、遺族に向けての相続絡みの活動が主ですが。一番気がかりなのは、死んでからの死後の生活のことかと思います。  というのは、死んで天国に行って、幸せな生活を営めるか、それとも天国に行けずに地獄で苦しむ、もしくは、あの世に行けずに、現世界でうろつく、もしくは現世界で地縛霊になって、全く動けず長期間固まったままの状態になるかどうかは、大きな問題だからです。  普通に病気で死んだ直後はどういう感じなのでしょうか。死んだ直後目覚めてみると、大抵真っ暗です。おまけに、身体が自由に動けない、足首に紐がくくりつけられている感じで、しかも、その紐の長さは2メートルくらいしかないので、近くをぐるぐる回る程度しか動けません。  これは、死んだ直後はまだ、霊能力が高まっていないので、霊視で見ることができないので、真っ暗なんです。さらに、死神が来て紐を切ってくれないうちは、霊体は自由に動けないんです。 この続きは、次回以降で
0
カバー画像

死後の世界を勘案した終活アドバイス(3)死ぬ前にやっておくべきことは

 「終活」とは、一般的には、人生の最期に向けた活動のことを言います。 通常は、自分が死ぬまでのこと、と、遺族に向けての相続絡みの活動が主ですが。一番気がかりなのは、死んでからの死後の生活のことかと思います。  というのは、死んで天国に行って、幸せな生活を営めるか、それとも天国に行けずに地獄で苦しむ、もしくは、あの世に行けずに、現世界でうろつく、もしくは現世界で地縛霊になって、全く動けず長期間固まったままの状態になるかどうかは、大きな問題だからです。  もし、何らかの事情で天国に行けず、地獄に行ったり、現世界で地縛霊になって、全く動けず長期間固まったままの状態になってしまった場合、そのとき、神様に助けてもらうように、生きているうち(現世)にしておくする方法があります。  すなわちその方とは、生きているうちに神様と知り合いになる、できれば神様に気に入られておく方法です。  具体的な方法を知りたい場合には、下記チャット占いをご利用くださいませ。
0
カバー画像

死後の世界を勘案した終活アドバイス(1)天国に行けるかどうかの条件

 「終活」とは、一般的には、人生の最期に向けた活動のことを言います。 通常は、自分が死ぬまでのこと、と、遺族に向けての相続絡みの活動が主ですが。一番気がかりなのは、死んでからの死後の生活のことかと思います。  というのは、死んで天国に行って、幸せな生活を営めるか、それとも天国に行けずに地獄で苦しむ、もしくは、あの世に行けずに、現世界でうろつく、もしくは現世界で地縛霊になって、全く動けず長期間固まったままの状態になるかどうかは、大きな問題だからです。  その天国に行けるかどうかの条件ですが、下記の条件を満たす必要があります。 (1)自殺しないこと>もし、自殺すると、あの世にすぐに行けずに全く動けず長期間固まったままの状態になる (2)人から恨まれないこと>もし恨まれる度合いが強いと悪い気がついて、魂が重たくなり、昇って行けず、天国に行けません。 (3)殺人をしないこと>もし、殺人すると地獄に行く  この殺人の意味は、刑事犯にならない場合も、あてはまることがあります。たとえば、戦争で人を殺す場合は刑事犯になりませんが。地獄に行きます。また、その戦争を指導した政治家なども地獄に行きます。 さらには、死刑を執行した執行人や、その死刑判決を下した裁判官も一旦は地獄に行きます。また政策上、刑事罰を科されない堕胎も、実質は殺人なので地獄に行きます。  さらに死後にあの世に行く前に透明人間状態になって、現世界をうろつくのですが、その場合に、透明人間であるのをよいことに、いたずらしたりしがちですが。いたずらの度が過ぎて、相手が事故死、自殺等してしまったら、それも殺人になるので、即座に地獄に引きづ
0
カバー画像

チベット仏教の秘法「チュクタム」:死後の世界への旅路

チベット仏教には、死後の世界への旅路を導く秘法として「チュクタム」と呼ばれる儀式があります。チュクタムは、死者の魂が迷うことなく仏国土へと導くための、深い慈悲と智慧に基づいた儀式です。 チュクタムの起源と目的 チュクタムは、8世紀頃にインドからチベットに伝わったとされています。密教の行者であるパドマサンバヴァが、チベット王の妃であるティロプマに伝授したのが始まりと言われています。 チュクタムの目的は、死者の魂が六道輪廻と呼ばれる迷いの世界をさまようことなく、仏国土へと導くことです。六道輪廻とは、天界、修羅界、人間界、畜生界、餓鬼界、地獄界の六つの世界を指し、死者の魂は生前の行いによってこれらの世界を輪廻するとされています。 チュクタムは、死者の魂が六道輪廻の苦しみから解放され、仏国土へと生まれ変わるための道筋を示すための儀式と言えるでしょう。 チュクタムの内容 チュクタムは、数日間かけて行われる複雑な儀式です。僧侶によって、様々な経典の読経や曼荼羅の描画、護摩焚きなどが行われます。また、死者への供養や、死者の魂が仏国土へと導かれるための加持祈祷も行われます。 チュクタムの内容は、死者の生前の行いや家族の希望によって異なりますが、一般的には以下のような要素が含まれます。 ・死者の生前の行いを振り返り、懺悔する ・死者の魂が六道輪廻の苦しみから解放されるための祈りを捧げる ・死者の魂が仏国土へと導かれるための加持祈祷を行う ・死者のために供養を行う チュクタムの効果 チュクタムは、死者の魂が仏国土へと導かれるだけでなく、残された家族にも様々な恩恵をもたらすとされています。 ・死者の
0
カバー画像

天国に行った後も人生がある

人は亡くなった後も、あちらの世界での人生があるという。 人によっては、のどかな景色の中で仲の良かった人と一緒に暮らしたり、 またある人は、暗く、溶岩が地面から湧き出すような恐ろしい世界で逃げ惑うなど、 生前の生き方や心の持ち方が、そのまま反映されるようだ。 私の場合、身近な人が亡くなった後、夢に出て来てくれたことがあったが、その人の金色の光に包まれて…というより、 身体そのものが光の粒子で出来ている感じだった。 触れるとフワッと暖かく、風船のように軽い感じがした。死んだら全てがお終い、ではないようだ。 亡くなった後にどう生きる? なんて考えたことが無かったけれど、 この世の続きがあるのかも知れない。 そう思うと、無下にしてはいけない、この人生。 諦めさえしなければ、 生きているうちに、金色に光る何かが見つかるかも知れません。✿‥‥✿‥‥✿…✿‥‥✿‥‥✿…✿‥‥✿‥‥✿…✿‥‥✿‥‥✿戦争などの事情で、生きている間にどうしても叶えられなかった夢や希望…例えば、学校の先生になりたいとか、…スポーツ選手になりたかったなど、それらの望みを持った魂たちに、天国でチャンスが与えられて、先生になりたかった人は、学べなかった子供たちに勉強を教えたり、スポーツをしたかった人は、同じような仲間たちと鍛錬したり、向上心の高い魂は、向こうへ行っても機会があって、またいつの日か生まれて来るその日に備えて、天国で汗を流しているのかもしれませんね。
0
カバー画像

死後の世界~不可知なる旅路への探求

0
カバー画像

死んだあとこうなる~あの世の真実~

人は誕生した瞬間から死へのカウントダウンが始まっています。いつ、どこで、どのように亡くなるか、それは誰しも予め決められているのです。宿命であり覆すことは不可能です。【死ぬ瞬間~死んだ直後】死は苦しみを伴うものだと誰しもが思うことでしょう。そこで、断言します。「死ぬ瞬間、苦痛は微塵も感じません!」猛烈な睡魔に襲われウトウトとし、スーッと寝落ちする。これが死の瞬間。痛みも苦しみもない、むしろ心地良い状態に包まれるのです。死を迎え肉体から抜けると傍らには自分の死体が横たわっています。ここでパニックに陥るか、あるいは冷静に事の次第を把握するかは、当人の知識の有無によって決まります。人間時代に死後の勉強をして知識や情報を習得していれば、自分が死んだことを即座に理解できます。反対に何の学習もせず亡くなった者は大混乱。どうしていいか分からず狼狽えて周囲の人間に助けを求めます。しかし生者と死者がまともに会話をすることはできません。そこで死者はお寺や神社、お墓へ赴くのです。けれどそこへ行っても解決はしません。死んだ後、その者は現世に「50日間」滞在します。その間にお葬式を見て自分の死を理解することになります。未練や執着、心配事などもその間に払拭するようにします。そうしなければ現世に心残りができ未浄化霊(幽霊)となってしまいます。時が来ると、あの世から守護霊ないしは当人の家族などの最も信頼できる存在がお迎えにやって来ます。そこから共に第一のあの世である「幽界」へと移行します。【幽界】幽界はこの世と瓜二つの世界。この世に存在するもの全てがあるのです。そして幽界には無数の階層が存在し、それぞれのレベル
0 500円
カバー画像

人間の死の瞬間:不可解な旅路の終わり 

0
カバー画像

死後の行き先:地獄と天国の選別に関する文献の考察 

0
カバー画像

自殺者や殺人者の死後の世界:文献と事例の考察

0
カバー画像

私が死後の命を確信した出来事とは

 お盆だったので亡くなった父の話をしましょう。  私の父は最後の5年間くらい病院で寝たきりでしゃべることも出来ずかなり不遇な最期を過ごしました。  その父が亡くなった日の夜のことです。  夜寝ていると「キンキンキン」と楽器の鉦(カネ)のような音が聞こえてきました。その音はかなり長い間、聴こえていました。  もとよりそんな音が出る物は私の部屋にはないのです。 「キンキンキン」  私は少し怖くなり寝たふりをしました。  今であれば亡き父と交信を試みたと思いますが、その頃はまだスピリチュアルの勉強はしていなかったのでどうしたらいいのかわからなかったのです。 するといきなり「バキッ」と音がして寝ているベッドが一瞬浮き上がりました。ボクサーがベッドの裏から思いっきり殴ったような感じでした。そして、それを境にいっさいの音はしなくなり静寂がもどりました。  これはどういうことなのでしょうか。  父はわたしと話をしたかったのだと思います。何しろ生前は5年間以上言葉をかわしていなかったのですから。しかし、私が寝たふりをしていたので、短気な父は頭にきてベッドを殴って行ってしまったのでしょう。死んで間もない場合は心霊的な物理現象を起こしやすいのです。 しかし、この出来事は私に死後の命を確信させました。  昔、マジシャンで脱出を得意としていたフーディニーという人が死後も命があったら友人に「belive」という言葉を何らかの方法で送ると言っていて、友人たちは確かにその言葉を受け取ったということがあったのですが、私の父のケースもそれと似ています。  つまり、死後も命があったら身近な人たちにしるしを残すとい
0
カバー画像

死んだら愛する人の守護霊になれますか

 仮にあなたがこの世に愛する人たちを残して死んだとします。 愛する人は夫でも妻でも子供でもかまいません。  そして、もし死んで霊になったとしたら、愛する夫や妻や子供の近くにいて見守りたいと思うのは人情でしょう。  しかし、それだけはやめたほうがいいです。霊になっても近くにいたら愛する人たちの生気を吸って愛する人たちは衰弱していってしまいます。  これはよくある怪談のパターンです。  死んだら素直に霊界(幽界)に行ってください。霊界に行っても愛する人たちとは彼らの夢の中で会うことが出来ます。彼らと夢の中で会うのなら、彼らの生気を吸い取ることにはなりません。  さて、ここで疑問が生じるかもしれません。  スピリチュアルな世界では守護霊と言う存在があると聞くが、その存在になって愛する人たちを守れないのかと。  まず、人が死んで霊界に行った場合ですが、また生まれ変わる場合がほとんどです。  そして守護霊になれる人と言うのは、人間としての修行がすべて終わった人なのです。  言うなれば悟った人がなれると言えるかもしれません。  したがって、愛する人を守護霊になって守るというのはなかなかハードルが高いことなのです。  しかし、まれに子や孫を守っている守護霊もいることはいます。  それから霊界に行く方法ですが、死んだらすぐに亡くなった親か祖父母などがお迎えに来るはずですから難しいことは何もありません。  ところが、死後の世界を信じていない場合は、お迎えが来てもわからない場合がありますので、結果的に浮遊霊になる可能性が高くなります。  やはり、半信半疑でも死後の世界はあるかもしれないと思っている
0
カバー画像

今、生きているのがつらいと感じる方へ

「もぅ生きている事がつらい」 「消えてしまいたい」 「死にたい」 と思っている方。 死後の世界って、どんな感じだと思いますか? もし現実の世界で生きている事がつらく、 「逃げてしまいたい」 「こことは違う世界に行きたい」 と思ったとしても、死後の世界の事は誰にもわからない。 もしあなたが、死後の世界は苦しみのない幸せな世界だと思っているとしたら、必ずそうとは限りませんよね。私は、母を自死で、父を病死で亡くしています。 でも今のところ、両親から死後の世界についてお告げのようなものはありません。 「こういう経験をした人にしか見えない世界があるのでは?」 とも思うのですが、 私に感じる力がないのか、残念ながら両親は何も教えてくれません。だから私も、 「死後の世界は誰にもわからない」 としか言えないんです。 もし今よりも苦しみをあまり感じない世界を望むなら、 今生きている現実の世界でそれを実現する事は本当に無理なのでしょうか? 「無理だ!」という方、どうしてそう言い切れますか?死ぬ勇気があるなら、死ぬ前に一度だけ勇気を出して、誰かに自分の話をしてみませんか?あなたの話を興味深く聞いてくれる場所があります。 あなたの話に共感し、そのままのあなたを受け入れてくれる場所があります。 行動に出る事ができたら、確実にあなたが見ていた世界は今までとは違ったものになっている事でしょう。 今日も一人でも多くの方が、生きる選択をすることを心から願っています。読んで頂きありがとうございました☆彡
0
カバー画像

死後の世界は存在するのか?

人は死んだら何処へゆくのか? 私達人間にとって命ある限り 永遠のミステリーである 臨死体験にて死後の世界の片鱗を 垣間見た体験談は多くあるが 生きている間そのような体験を することは稀であり 多くの人は死の哲学を 持ち合わせないまま生きているのが 実情なのである 瞑想で超常的な世界を知ろう! ~人生は百まで One HundRedSystem ~昨今 核家族化の流れは更に各個人個別かへと 強固につながり 戦後直後生まれの二世帯三世帯暮しの感覚を持つ 団塊世代でさえ孤独死が目立って来ています 家庭観では少なくとも彼ら以降の世代よりは 彼らは寂しがり屋のはずなのですが 近年 熟年離婚や終活後 賃貸での一人暮らしを 望む傾向がみられています。 家庭はこの社会で自身が所属する 最小単位のコミューンですが その各家庭で世代から世代へと 育まれ引き継がれて来たイズム(血筋の証明)が 子供がいたにしても 感覚的に断絶されてしまうのが 核家族ですそこに父がおり そこに母がいて 私がここにいた家庭の証は 一世代で完全に滅んでしまいますこの寂しさは子を切望しながらも 子宝に恵まれない方ならば 動物的直観レベルで 感ずることが出来るはずです もし自身がかつて所属していた家庭が 今 物理的に何も無くなってしまったことに 胸が苦しくなるような驚きや居たたまれなさを 感ずることが出来るのならば 更には 行く自分で築く家庭も また然りと眩暈がするような 痛感を感じたならば その痛感こそが あなたの胸を貫き 遥か時空の彼方から遥か時空の彼方まで 数珠繋ぎにつながるインスピレーションの持続を 約束しているので
0
カバー画像

人生の終りに-延命治療と葬式

昨日の記事の続きです。誰でも人生の最終段階にさしかかるとどうしても死を考えるようです。私も一時期、死のことばかり考えている時期がありました。当然ながらものすごく怖くなります。いろいろな人が書いた本を読みました。でも納得できるような説明には出会わない。まあそうでしょう。だれも死を実際に経験したことがないので、頭で考えているだけなんですから。昨日も書いたように宗教家や哲学者はわかったようなことや、悟ったようなことをいいますが、どうも胸に落ちてこないんですね。その中で唯一納得できたのはどうせわからないんだから考えるなという意見です。誰の意見だったか忘れましたが。確かに、いくら必死で考えても正解なんか出るわけがありません。上に書いたように誰も実際に経験したことがないんですから。間違っているにしても、正しいとしても証明のしようがない。じゃあ、考えるだけ時間の無駄じゃないですか。いくら考えても死を免れることはできないことだけは確かですし。それで私も死について考えるのを止めました。死後の世界についても同じですね。やはり証拠がなく、考えても答えがわからないからです。ついでに書いておくと、人生の意味については、私は「遺伝子の舟」という考え方に賛成です(前に取り上げたことがあります)。簡単に説明すると、人は遺伝子を乗せる乗り物であり、前の世代から次の世代へとつないでいくための存在であるということです。歳を取ると、子供が大切に感じるようになり、いとおしくなるのもそのためなのでしょう。すべての生物は子孫を残すことを目的としています。それが本能なのです。人間は知性がありますから、それほど単純ではありませ
0
カバー画像

哲学者プラトンは量子力学のスピリチュアルな結論を予言していた

 先日、有名な量子力学の二重スリット実験の結果から、この世は仮想現実かもしれない、というスピリチュアルなお話をしました。  しかし、実はそのことを大昔に予言していた人物がいました。その人の名はギリシャ哲学者のプラトンです。  プラトンによれば、人間は、「生まれた時から、洞窟で縛られて閉じ込められている人たちが洞窟の壁に映る影絵を本物の現実だと思っている状態」なのだと言います。  真実の姿は洞窟を出なければわからないが、人間は生きているうちは絶対に洞窟から出ることが出来ないというのです。逆に言えば死ねば霊となり真実の世界(イデア)がわかるというのです。 これはプラトンの有名な「洞窟の比喩」といわれるものですが、スピリチュアルな世界では、この「洞窟の比喩」はおおむね肯定されます。  プラトンが最新の量子力学の二重スリット実験が導きだした「この世は仮想現実」というスピリチュアルな結論を二千年以上前から予言していたことは驚嘆するしかありません。 https://coconala.com/services/983852
0
カバー画像

神人靈媒日記 ~誰も教えてくれない 💀後の禁令!~

==ついに、本当のあなたを思い出す時期が来ました!== ~神人霊媒日記より~ 大日月神示の続編となります 本当に不思議ですが、続編からは、今世生まれる前に自身の魂が約束してきことを、思い出すタイミングがきた方しかキャッチできないメッセージとなっています この世の真(まこと)の仕組みを学び、今こそ本氣で生きることを謳歌したい方は、ぜひ動画でメッセージを受け取ってくださいね☺️ 神示とは、聴き続けることによって、混沌としたこの世の生き抜き方、真(まこと)の見極め方がわかるようになり、これから起こることが視えるようになってくる、大元の元の祖からの啓示です =ご縁ある御魂様へ= この動画は、できればイヤフォンなどで聞かずに、スピーカーにしてラジオ感覚でいいので”聴いて”みてくださいね これは、あなた自身はもちろん、あなたの周囲にいらっしゃる守護霊様やご先祖様、霊人様たちに、そしてあなたの御魂様にも聴いていただきたいからです 仮に、最初はわからない神示であっても、何度も何度も繰り返し聴いてみてく ださいね 神示に氣付いた霊人様方が、あなたを真(まこと)に導いてくださることでしょう そして、聴く度に異なる氣付きがあり、最幸の喜びに涙することとなるでしょう (^▽^) **神示をより深く理解したい方や、これからの本物の生き抜き方を学びたい方、また、最新動画を見逃したくない方は、チャンネル登録よろしくね^^ (動画左上に私のアイコンが出てきます。それをポチっと押してみてね^^) ♡弥栄弥栄♡
0
カバー画像

ついに科学者が死後の世界を語りはじめた

先日、田坂広志という科学者の方が「死は存在しない」という本を上梓された。 この方、東大大学院を卒業された原子力工学の専門家である。 この方は科学者であるにも関わらず、数々の神秘体験をされたので、科学の力によってそれらを説明できないか長年研究されたそうである。 そして、その長年の研究の結果、宇宙には「ゼロ・ポイント・フィールド」という宇宙のすべての情報をホログラムで記録した場所があるのではないかという仮説にたどり着いたという。  宇宙は何もない量子真空から生まれたが、実は量子真空とは無限のエネルギーに満ち溢れているので、そのエネルギーの波動が「ゼロ・ポイント・フィールド」を生むのだそうだ。  人間がそれに接触すると、当然あらゆる知識(直観知)を得ることができる。  そして人間の死後もその人間の深層意識は「ゼロ・ポイント・フィールド」に残り、そこで意識は永遠に生き続け森羅万象の知識を吸収していくという。 この「ゼロ・ポイント・フィールド」というのは超能力者エドガーケーシーが「アカシックレコード」、唯識仏教では阿頼耶識と呼んでいたものと、ほぼ同じと考えていいだろう。そういえば、エドガーケーシーも眠ることによって深層意識でアカシックレコードに接触していた。 科学者の仮説が超能力者や仏教によって、すでに語られていることは興味深い。いずれにしても興味がある人には一読をお勧めしたい一冊である。 https://coconala.com/services/983852
0
カバー画像

神人靈媒日記・亡き母との対話~誰も教えてくれない!!死後の真相②~

==ついに、本当のあなたを 思い出す時期が来ました!== ~神人霊媒日記より~ 大日月神示の続編となります 本当に不思議ですが、続編からは、 今世、生まれる前に 自身の魂が約束してきたことを 思い出すタイミングがきた方しか キャッチできないメッセージとなっています この世の真(まこと)の仕組みを学び、 今こそ、本氣で生きることを謳歌したい方は、 ぜひ動画でメッセージを受け取ってくださいね☺️ 神示とは、聴き続けることによって 混沌としたこの世の生き抜き方 真(まこと)の見極め方がわかるようになり これから起こることが視えるようになってくる 大元の元の祖からの啓示です =ご縁ある御魂様へ= この動画は、できればイヤフォンなどで聞かずに、 スピーカーにしてラジオ感覚でいいので ”聴いて”みてくださいね これは、あなた自身はもちろん、 あなたの周囲にいらっしゃる守護霊様や ご先祖様、霊人様たちに、そしてあなたの御魂様にも 聴いていただきたいからです 仮に、最初はわからない神示であっても、 何度も何度も繰り返し聴いてみてくださいね 神示に氣付いた霊人様方が、 あなたを真(まこと)に導いてくださることでしょう そして、聴く度に異なる氣付きがあり 最幸の喜びに涙することとなるでしょう (^▽^) **神示をより深く理解したい方や、これからの本物の生き抜き方を学びたい方、また、最新動画を見逃したくない方は、チャンネル登録よろしくね^^ (最後まで視て頂くと私のアイコンが出てきます。それをポチっと押してみてね^^) ♡弥栄弥栄♡
0
カバー画像

神人靈媒日記・亡き母との対話~誰も教えてくれない!!死後の真相①~

==ついに、本当のあなたを 思い出す時期が来ました!== ~神人霊媒日記より~ 大日月神示の続編となります 本当に不思議ですが、続編からは、 今世、生まれる前に 自身の魂が約束してきたことを 思い出すタイミングがきた方しか キャッチできないメッセージとなっています この世の真(まこと)の仕組みを学び、 今こそ、本氣で生きることを謳歌したい方は、 ぜひ動画でメッセージを受け取ってくださいね☺️ 神示とは、聴き続けることによって 混沌としたこの世の生き抜き方 真(まこと)の見極め方がわかるようになり これから起こることが視えるようになってくる 大元の元の祖からの啓示です =ご縁ある御魂様へ= この動画は、できればイヤフォンなどで聞かずに、 スピーカーにしてラジオ感覚でいいので ”聴いて”みてくださいね これは、あなた自身はもちろん、 あなたの周囲にいらっしゃる守護霊様や ご先祖様、霊人様たちに、そしてあなたの御魂様にも 聴いていただきたいからです 仮に、最初はわからない神示であっても、 何度も何度も繰り返し聴いてみてくださいね 神示に氣付いた霊人様方が、 あなたを真(まこと)に導いてくださることでしょう そして、聴く度に異なる氣付きがあり 最幸の喜びに涙することとなるでしょう (^▽^) **神示をより深く理解したい方や、これからの本物の生き抜き方を学びたい方、また、最新動画を見逃したくない方は、チャンネル登録よろしくね^^ (最後まで視て頂くと私のアイコンが出てきます。それをポチっと押してみてね^^) ♡弥栄弥栄♡
0
カバー画像

死後の世界

死後の世界は、思いの世界であり、 思いがすぐに実現すると聞いています。 このような世界があったらいいなと思いませんか? 実は、身近にこのような世界が存在しています。 それは、夢です。 夢も、実は現実界の制限を受けます。 これは、現実界をすでに体験しているからです。 では、生まれたてから、ずっと、夢を見続けていたらどうでしょうか? 現実界ではこうなるという経験がありませんので、 どんなことでも夢の中ではできるでしょう。 我々は、目が覚めると、現実界を、ねていると夢の世界を体験ています。 つまり、2つの世界を体験しているのですが、 おそらく、死後の世界は夢の世界のようなものと思われます。 もし、天国に代えると、現実界がなくなり、夢の世界のみで過ごすことになるということです。 そうすると、生きているということは、かなり贅沢な環境です。 死後の世界では、なんでもできるのですが、我々が生きている世界では、 物理法則という制約があります。 これは、厄介だとか、面倒だと考えられがちです。 物理法則も、実は神などの存在によって作られたものだという説があります。 すると、生きている間は、特別な環境を与えられ、VIP待遇を受けているのかもしれません。 すると、現実界の不自由さもまんざらでもないような気もします。 1192つく郎子と共著
0
カバー画像

死後の世界

死後の世界は、思いの世界であり、思いがすぐに実現すると聞いています。 このような世界があったらいいなと思いませんか? 実は、身近にこのような世界が存在しています。 それは、夢です。 夢も、実は現実界の制限を受けます。 これは、現実界をすでに体験しているからです。 では、生まれたてから、ずっと、夢を見続けていたらどうでしょうか? 現実界ではこうなるという経験がありませんので、 どんなことでも夢の中ではできるでしょう。 我々は、目が覚めると、現実界を、ねていると夢の世界を体験ています。 つまり、2つの世界を体験しているのですが、 おそらく、死後の世界は夢の世界のようなものと思われます。 もし、天国に代えると、現実界がなくなり、夢の世界のみで過ごすことになるということです。 そうすると、生きているということは、かなり贅沢な環境です。 死後の世界では、なんでもできるのですが、我々が生きている世界では、 物理法則という制約があります。 これは、厄介だとか、面倒だと考えられがちです。物理法則も、実は神などの存在によって作られたものだという説があります。 すると、生きている間は、特別な環境を与えられ、VIP待遇を受けているのかもしれません。すると、現実界の不自由さもまんざらでもないような気もします。1192つく郎と共著
0
カバー画像

地獄はあるか?

人は死んだらどうなるかについて興味を持ち、宗教関係の本を読み漁りました。霊能体質の人が近くにおり、人魂や死者の声を聴いていました。そこで、死んでもそれで終わりではないということは強く感じていました。でも、実は死後に地獄に行くことを恐れていました。例えば、道路にものを捨てたら、地獄に行くのではないかとびくびくしていました。でも、現在は、地獄というものはないと判断しています。よく、地獄に行くと人間として生まれ変われないとか、回心しなければ、生まれ変われないとか、宗教では説いています。すると、世の中の悪というものは、徐々になくなっていくはずです。しかし、悪はなくなっていません。国や政治家、大企業ですら、利権のためならば、これをやっていいのかということを平気でやっています。それを考えると論理的には、地獄はないという結論にならざるを得ません。ただ、私はまだ死後の世界を知らなすぎます。私のメンターから教わった言葉に、自分の経験だけを信じろということがあります。そうでないと、判断がブレるからです。ですから、死後の世界も自分で探索するしかないと思っています。並木先生もおっしゃっているように、非物資の世界を簡単に体験できるのは、夢です。それに近いものとして催眠があります。これらを通じて、死後の世界や、非物質界の世界を、自ら体験してみたいと思います。1192つく郎と共著
0
カバー画像

アニマルコミュニケーション#10 地上と空の中間の話

こんにちは。おとふです。 我が家で生まれて、今はおつかいをしている長子や、空へ帰った方々から聞いた内容と、アニマルコミュニケーション関係の本を読むに、 どうも雲の上と地上の間に、中間の待機所のような場所があるようです。 非科学的でスピリチュアルな話ですので、ふーんそうなんだー程度に読んでくださいね。 地上で生を全うした子は、しばらく地上にとどまります。 直ぐには天国、こと空へは帰りません。 今までお話しさせて頂いた方々は一様に 「挨拶回り」 をしているとのことです。 生前お世話になった方々のところへ、お世話になったお礼と、空に帰ることの報告をしているそうです。 この「お世話になった方々」には、人間以外の動物さんや、動物さん以外の方々も含みます。 我が家の長子は、看取ってから約15日間家にいました。 ずっと家にいるというわけではなく、上記のように挨拶回りのため、外出することもあったようです。 この期間が終わると、上へあがります。地上と空の間、地上よりも空に程近い場所の中間階層です。 地上で天寿を全うした方々は、空へ上がる前に一旦中間で待機します。この中間では、雲の上の尊い方に連なる方が「印」を配っているそうです。 この印は通行手形のようなもので、受けとればいよいよ雲の上へ上がったり、地上へ降りたり、行き来ができるようになるそうです。この印を受け取るのは、完全先着順。 順番待ちのための待機です。 長子のお父さんを看取ってから約2週間後、 同門の徒に長子とお話しをして頂き、 「お父さんにはもう会えたか」 と聞いて貰ったことがあります。 答えは 「階層が違うのでまだ会えていませんが、も
0
カバー画像

死後の世界(3)自ら命を断った場合

 自ら命を断った場合すなわち自殺したらその後はどうなるのでしょうか。 死ぬとまずは、真っ暗な闇の世界に見えます。というのは死ぬと目が機能を失うので見えません。また死亡直後は霊視能力もまだないので、霊視でも見ることができないので真っ暗です。時間が経過すると、うっすら見えてきます。すると自分の遺体の足首と霊体の自分の足首に紐が繋がれているのが分かります。その紐の長さは身長くらいなので、半径その身長分しか動くことができません。さらにひどいことには、その遺体が腐敗したり野獣に食われている姿を見て気味が悪いです。  普通に死んだら49日で死神がその紐を切ってくれますが。勝手に死んだ自殺者には死神は無視するので、紐に繋がれた状態がずっと続きます。  ある男性が成功を夢見て上京し、家庭教師をしながら頑張っていたものの、夢が叶わず山中で自殺しました。死んで楽になると思った男性ですが、死んでも遺体に紐でくっついている状態では何もできません。何もない山中で自分の遺体が野生動物に食われるのを見るだけの辛く寂しい時間を過ごしていました。「こんなはずではなかった。誰か助けてくれ」とわめいても誰も助けに来てくれません。しばらくしてそれを見かねた彼の守護霊様が彼の魂を連れて、彼の勤めていた家庭教師の家に連れて行ったのです。霊体は遺体にくっついていますが、その中にある魂だけは霊能者などが持って移動できるのです。  その家庭教師を依頼していた家族の父親が真夏なのに急に寒気がして震えだしました。そのうえ、手足が勝手に動き出して、車を運転しだしたのです。そして、あの自殺現場の山中にたどりついて、彼の遺体が発見されま
0
カバー画像

死後の世界(2)普通に病気で死んだものの目覚めるタイミングが悪いと

 普通に病気で死んだら死後どうなるか。死後目覚めるときには、普通に霊能力がない方の場合は、数日後であることが多いです。目覚めたときには葬式や火葬が終わって、墓に入ってから目覚める場合が多いのです。 ただ、たまに、ちょっと霊能力がある方などは目覚めるのが早い場合があります。 たとえば、ある方の場合は、生きていたときには他人より少し霊感があったりしたのですが。その方が死後に目覚めたのは火葬場の火葬する直前でした。「バン」という火葬場の釜の蓋が閉じられる音で目を覚ましたというのです。多少霊能力があるので、その音に気付いて起きたら真っ暗ではなく、霊能力の目であたりを見渡すことができました。するといきなり急に明るくなったのです。そう、火葬の火がつけられたのです。一気に火が棺を燃やして、その中にある遺体に降りかかってきました。「ひえー。火事だ。助けてくれ。」とその死んだ方は叫んだのですが。すでに死んで幽霊になってしまった方の声は人間には気づかれません。何もできずに、数時間自分の遺体が焼き尽くされるの見る羽目になったのです。とんだ災難ですね。火葬場では、たまにそういうことがあるようです。そのため、火葬場はそういう幽霊の叫びの音が流れていたりするので、長く居ると気持ちが悪くなります。 私が子供のころに祖母の葬式のときには失神しました。10年前の父の葬式の時に火葬場に行ったときも気分が悪くなりましたが、幸い聖水(除霊、浄化グッズ)をもっていたので、それを鼻の前にかざしていることで何とか失神しないで済みました。 火葬場がダークスポットな要因はこういうところにあるようですね。
0
カバー画像

「生命倫理と死生学の現在⑬」 ~人は何のために生まれ、どこに向かっていくのか~

(5)「臨死(ニア・デス)体験」の物語るもの ①科学的研究の対象となった「死後の世界」 エマニュエル・スウェーデンボルグ~スウェーデン王国出身の科学者、神学者、思想家(1688 〜1772年)。前半生は鉱山技師、科学者で、化学、地質学、天文学、解剖学など、様々な分野で先駆的な業績を残しており、特に大脳皮質論の先駆性は高く評価されています。50代から幻視体験をするようになり、霊との会話や霊界探訪の記録を残していて、その多くが大英博物館に保管されています。代表的著作は『霊魂の王国』『天界の秘儀』『天界と地獄』『夢日記』などです。同時代人のカントをはじめ、後代に与えた影響は大きく、ヘレン・ケラーなどもスウェーデンボルグの教説によって霊的世界の実在を確信し、三重苦を超越する希望を見出したとされます。 「その夜、その同じ人(イエス・キリスト)が再び私に現われたのです。私は今度は恐れませんでした。彼は「私は主なる神、世界の創造主にして贖罪主である。人々に聖書の霊的内容を啓示するために汝を選んだ。この主題に関して何を書くべきかを汝に示そう」と語りました。そしてその夜、霊たちの世界や地獄および天界が、はっきりと私に開かれたのです。私はそこで、生涯のあらゆる場面で出会った多くの知人たちと再会しました。そしてその日以来、私は一切の世俗的な著述活動を放棄し、私の研究を霊的な事柄に捧げたのです。」(1745年4月にロンドンのホテルで起きた自らの召命について、スウェーデンボルグが友人の銀行家カール・ロブサームに語った言葉) 「古来、洋の東西を問わず、いわゆる霊界書と呼ばれる書物はいくつかあった。『エジプ
0
カバー画像

向こう側の世界

 私は向こう側(死後の世界)を信じている。 もちろん,守護霊様とかも。 なぜだって,信じざるを得ない出来事が自分の人生の中で起きているからである。 だから,人様から見えないところで悪いことをしようとすると,はっとする。いや,待てよ,自分。おじいちゃん(祖父は私が幼い頃に亡くなっている)が見てるぞってね。笑。 最近,大好きだった祖母を突然亡くしてしまった。 お別れが,言えなかった。 最近,発覚したことなのだが,祖母と一緒に暮らしていた弟は,不思議なことを体験していたらしい。 亡くなる前日,夜寝ようとした際に祖母の部屋から話し声が聞こえたらしいのだ。耳を澄まして会話の内容を聞いていると,どうやら亡くなった祖父と話していたらしい。 気になって調べてみるとみると,その現象は「お迎え現象」と呼ばれる現象らしい。 おばあちゃんが亡くなった後,しばらく心がぽっかり空いていた。自分のことを愛してくれていた人がこの世からいなくなってしまって,すごく,ものすごく寂しい。 だから,家族と一緒にいる時間がありがたかった。前に進む元気をくれる。 おばあちゃんは,きっと今は,おじいちゃん達と一緒に家を守ってくれている。そして,私たちのことも。 だから,私は,幸せにならなきゃ!というか,自分で自分のことをもっと愛してあげなくちゃ!と以前よりも心がけるようになった。だって,ほら,私が自分で自分のことを守ってあげれば,おじいちゃんとかおばあちゃんに苦労かけなくて済むでしょ?笑。自分の手の届かないところはお願いするけどね。・・・学ばせていただきました。「我慢はしないで,誰かに頼ることに決めた!」ので,よろしくお願
0
カバー画像

激辛注意 自殺者あるある

ニュースで知ったのですが、最近自殺される方が多いそうですね~ (;-_-)=3なんだかね~ 以前にもちょこっと書きましたが、自殺者は例外なく三途の川で洗濯機ばりの激流下りを楽しんでしこまたま水を飲んで溺れ死ぬことを何度も楽しんだあと、閻羅十王による最期の審判を受けることになります。その後、地獄の第三層もしくは第四層に送られて心から自殺したことを悔やむ責め苦を延々と受けます。まあそのあたりは省きまして~今回は死んでから初七日~8日間の最も危険な時期について書かせて頂きます。 (-_-#) ピクッ前置きが長いよ 自殺者は大抵の場合、突発的に死ぬことが多いそうです。良くある例としては ①電車などに飛び込む②お酒と薬を同時に飲んでそのまま~ ③致死量の薬を飲む(OD=オーバードゥーズ) こういった形で死ぬようです。