絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

25 件中 1 - 25 件表示
カバー画像

[GAS] Maps.ElevationSamplerで標高を調べる

以前にMaps関連のクラスを利用した小ネタを紹介しましたが、ElevationSamplerというクラスが残っていましたので、自他称日本一低い山の標高を調べてみました。本記事はQiitaにて公開した記事の要約版となります。概要1.日和山 宮城県仙台市(3m) 2.天保山 大阪府大阪市(4.5m)※二等三角点のある山としては日本一低い3.蘇鉄山 大阪府堺市(7m)※一等三角点のある山としては日本一低い 4.大潟富士 秋田県南秋田郡大潟村(0m)※周囲がマイナス標高 5.弁天山 徳島県徳島市(6.1m)※自然の山としては日本一低い ElevationSamplerを使って上記5山の標高を取得します。技術的な話標高を取得するためには、まず、地名や施設名から緯度と経度を取得する必要があります。ElevationSampler単体では直接標高を取得することができないため、一度Maps.Gecoderを経由して緯度経度リストを生成します。地名は特定できるもの前提のため、エラー処理及び複数候補がある場合の処理は実装していません。 なお、取得結果は日和山 3m→2.2m、天保山 4.5m→3.8m、蘇鉄山 7m→7m、大潟富士 0m→-4.2m、弁天山 6.1m→1.8mとなり、事前に調査した公開データと異なります。多少の誤差はあるとしても、この辺りは何を基準にした公開データ、計測データなのかよくわかりませんね。おそらく純粋な標高データと大潟富士のような比高ということでしょうかね。設置サポート及びカスタマイズ相談 かなりニッチなツールが多いと思いますが、案件応募用にテスト開発したツール類など、
0
カバー画像

[GAS]Maps.StaticMapを使用しスプレッドシートにMap画像を挿入する

スプレッドシートから施設名を取得し、周辺地図を画像として挿入する小ネタです。本記事はQiitaにて公開した記事の要約版となります。Google Apps Script(以降、GAS)のMaps.StaticMapを利用し、PING画像として取得します。以前に紹介したMaps.DirectionFinderを利用し、2地点間のルートも描画します。01:東京駅からスカイツリーまでのルートPING画像として挿入サンプルでは出発地に東京駅、目的地にスカイツリーを指定。ルート設定以外はデフォルトの状態で描画しています。利用場面PDFやドキュメントへの埋め込み画像としてなお、Map画像のリンクURLの取得が必要な場合は、Maps Static APIを利用するためのAPIキーが必要になります。設置サポート及びカスタマイズ相談 かなりニッチなツールが多いと思いますが、案件応募用にテスト開発したツール類など、カスタマイズ前提で開発受付いたします。 もちろん、そのまま利用するのも良いですし、プロジェクト内の部品として組み込んだり、本ツールに機能追加するなど、ご要望に応じてカスタマイズいたします。 当方にて出品中のサービスを介してのみ受付致しますので、お気軽にお問い合わせください。 本ツール以外のGAS開発に関するご依頼やご相談も歓迎いたします。
0
カバー画像

[GAS]Maps.DirectionFinderを使用し2点間の距離を一括取得する

ツールの概要 以前に紹介したGoogleスプレッドシートの施設リストから、緯度、経度、住所を取得するツールの派生版です。今回はGoogle Apps Script(以降、GAS)のMaps.DirectionFinderを利用します。01:山手線の各駅の住所リスト02:実行結果(処理時間約20秒)サンプルでは事前に取得してあった住所を元に、その住所を逆順に並べた2駅間の距離を取得しています。(例:東京駅、有楽町駅→約0.293km)なお、距離計測モードは車基準ですが、その他Googleマップで利用できるルート検索時のモード設定(徒歩や自転車など)への変更も可能です。また、一括取得に関しては、実行時間制限を考慮し、1回あたり300件程度までの取得にとどめておいたほうが良いでしょう。カスタマイズ案 ・目的地までの予想時間取得・各店舗ごとの商圏分析の基礎データ取得設置サポート及びカスタマイズ相談 かなりニッチなツールが多いと思いますが、案件応募用にテスト開発したツール類など、カスタマイズ前提で開発受付いたします。 もちろん、そのまま利用するのも良いですし、プロジェクト内の部品として組み込んだり、本ツールに機能追加するなど、ご要望に応じてカスタマイズいたします。 当方にて出品中のサービスを介してのみ受付致しますので、お気軽にお問い合わせください。 本ツール以外のGAS開発に関するご依頼やご相談も歓迎いたします。
0
カバー画像

[GAS]Maps.Geocoderを使用し施設名リストから緯度経度他情報を一括取得する

ツールの概要 Googleスプレッドシートの施設リストから、緯度、経度、住所を取得するツールです。 Google Apps Script(以降、GAS)のMaps.Geocoderを利用します。01:山手線の駅名リスト02:実行結果(処理時間約20秒)サンプルでは山手線の駅名リストからその住所と緯度経度情報を取得しています。※その他、施設の「種類(type)」も取得できますが、英語表記鶯谷駅、原宿駅、浜松町駅のように同じ施設名で複数の候補がある場合、一番最初の候補を取得し、他候補は切り捨てています。その際、備考欄に「他に候補あり」と補記するようにしています。このあたりはカスタマイズする際の余地として残しています。カスタマイズ案 ・不動産物件の位置情報をリスト化・KMLデータとして出力設置サポート及びカスタマイズ相談 かなりニッチなツールが多いと思いますが、案件応募用にテスト開発したツール類など、カスタマイズ前提で開発受付いたします。 もちろん、そのまま利用するのも良いですし、プロジェクト内の部品として組み込んだり、本ツールに機能追加するなど、ご要望に応じてカスタマイズいたします。 当方にて出品中のサービスを介してのみ受付致しますので、お気軽にお問い合わせください。本ツール以外のGAS開発に関するご依頼やご相談も歓迎いたします。 ※2021.02.14 GIFアニメが動作しないようでしたので修正しました。※2021.03.19 タイトル及び本文中、Geocoderに訂正しました。
0
カバー画像

Googleマイビジネスの写真の閲覧数の多さについて

こんにちは!Googleマイビジネスの写真の閲覧数についてお話ししたいと思います。GoogleマイビジネスはGoogleマップと連動しているGoogleが提供している無料のツールです。検索エンジンで、お店を探しているときに表示されるものです。Googleマイビジネスは、お店の基本情報をほぼ掲載できますし、360度パノラマビューや動画も掲載することができます。何と言っても、魅力的なのは閲覧数の多さにあります。それだけ、Googleマップは利用者が多く、利用者にアピールできる材料となります。ひと昔前は、SEOで上位表示させて、集客を行うのが主流でしたが、現在はGoogleマップを活用した集客方法が主流となってきています。お店をPRするには、Googleマップにいかに情報を掲載するかがポイントとなります。また、ユーザーの 62% は店内の写真が見られるリスティングを好みます。リスティングに写真とバーチャル ツアーが入っていると、ユーザーの興味を引く確率が 2 倍になります。リスティングに情報が揃っていると、信頼感が 78% も高くなります。Google マップでのビジネスの検索のうち、平均で 41% が店舗等の訪問につながります。リスティングに写真とツアーが含まれていると、商品購入を検討してもらえる確率が 29% 高くなります。と言われています。集客するには是非、Googleマイビジネスの活用をお願いしたいところです。
0
カバー画像

【Googleマップ】のローカルリストにウェブ検索結果が表示されるようになりました。

Googleマップのローカルリストをスクロールすると、Googleは下部にWeb結果を表示する場合があります。Googleが個々の企業のGoogleマップのローカル検索結果リストにウェブ検索結果を表示していることを発見しました。地元のSEOであるブライアンは、「新しいセクション「Web結果」に気づいています。Googleマップのビジネスリスティングに移動し、ビジネス情報をスクロールして下に移動すると、「ウェブ検索結果」が表示されます。 これがビジネスリスティングのスクリーンショットです。Webはローカルになります。グーグルはローカル検索とウェブ検索結果を別々に保とうとする傾向がありますが、以前は重複していました。グーグルは以前にローカル結果でウェブサイトの言及を示しました。Googleはまた、ニュートラルマッチングなど、ローカル検索のWeb検索で使用されるアルゴリズムを活用しています。 潜在的な顧客がGoogleマップでローカルリストを下にスクロールし、ウェブの結果があなたのビジネスに適切でないと思われる場合、それはそれらの顧客にとってオフになる可能性があります。誰かが下にスクロールして見た場合に備えてこれらのWeb結果が正確であり、結果のスニペットとコンテンツが見栄えがよいことを確認するために最善を尽くしてください。
0
カバー画像

ナレッジパネルの編集方法は?【仕組みについて解説】

Googleで企業名・施設名・サービス名・人物名などで検索した際、右側に表示される情報枠をナレッジパネルと言います。 このナレッジパネルは編集するにはどうしたらいいのだろう? 結論から言うと一部の情報編集を除き、制御することはできません。 では「なにが編集できるのか?」「なにが編集できないのか?」について解説します。ナレッジパネルとナレッジグラフ「ナレッジパネル」「ナレッジグラフ」と異なる名称で呼ばれることがあります。 これはどちらも正しく、ナレッジパネル内にある情報をナレッジグラフと言います。当記事ではナレッジパネルという名称で固定させていただきます。なにが編集できるのか?「ナレッジパネル」=「Googleマイビジネス」と誤解されやすいですが、Googleマイビジネスはナレッジパネル内の要素の一つになります。例えば、「ユニクロ 大崎」と施設名を検索した際に表示されるナレッジパネルはユニクロ大崎店のGoogleマイビジネスです。 こちらであれば、ユニクロ大崎店Googleマイビジネス管理者であれば主要な情報は編集することができます。なにが編集できないのか?しかし