絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

44 件中 1 - 44 件表示
カバー画像

シベリウス「フィンランディア」のコードネームを記憶だけで書きます

 ココナラのブログの第2記事です。本日は採譜です。シベリウスというクラシック音楽の作曲家の「フィンランディア」というオーケストラ作品の、冒頭の部分を、記憶だけで、コードネームを書こうと思います。じつはこの曲は28年くらい前(18歳のとき)にやったことがありますが、そのときの楽譜を覚えているのではなく、「耳が」覚えています。そして、この曲は中間部に、有名な賛美歌になった部分がありますが、本日はそこではなく、冒頭の和音をコードネームに起こします。 F#m/C# D7 F#m/C# D7 F#m/C# D7 F#m/C# G#m-5/B (※1) A A   Am/E F7 Am/E F7 Am/E F7 Am/E Bm-5/D(※2)  C Cm   A♭7 Cm/G Fm A♭/G Fm Fm/D Cm/E♭ D♭7-5 C   B♭m/D♭ A♭/C E♭7/B♭ A♭ D♭ B♭m C Fm   G♭/B♭ Fm-5/A♭(※3) G♭ Fm/C Cm D♭ D♭/F A♭ Adim   B♭m B♭m/D♭ Fm/C C Fm D♭ B♭m Fm D♭ Fm Fm   D♭ A♭/E♭ Edim Fm B♭m Fm/C C Fm  D♭ A♭/E♭ Edim Fm B♭m Fm/C C Fm E♭ A♭ G Cm   Fm/D Cm/G G Cm Fm/D Cm/G G Cm Fm/D Cm/E♭ Cm/F G Cm なにも使わずに15分くらいで書き
0
カバー画像

耳コピを始めた理由について

こんにちは、とんびずむです。今回は、「なぜ耳コピをするようになったか」をつらつらと書いてみたいと思います。それは、大学時代に大好きすぎる1つの曲に出会ったためです。「絶対にこの曲を弾こう!」と意気込んだものの、その曲は楽譜も参考動画も無くてどうしようもなく・・・。そしてその時は、ココナラのようなサービスも知らず、自分で耳コピしなくてはならないという発想にしか至りませんでした。その曲はピアノが暴れまくる曲で本当に難しかったのですが、それを完コピできるまで音感を鍛えたいと心から思い、いろんな曲の耳コピを始めることになりました。ちなみに、出会ってから4年経った今もその曲は納得いくまではコピーできていません・・・。ココナラではない別の業者にも楽譜制作を依頼したことがあったのですが、難しすぎるためかなんだか違う譜面が送られてきました。ヒントにはなるのですが、やっぱり自分で研究するしかないのかなぁと思います。このような経緯があり、耳コピ代行をしたら誰かの役に立てるだけでなく、その曲の完コピに役立つ音感もUPできるのでは・・・!?と思ってウィンウィンな気分でココナラをしています。もちろん、その曲のことだけ好きなわけではなく、耳コピした曲は全部愛着が湧くのでそれはそれで楽しいです。以上、耳コピし始めたきっかけについてでした。(ちなみにその曲その曲、ってなんの曲だよという感じですが、身バレするレベルで言いふらしているしマイナーな曲なので書けません。笑)
0
カバー画像

「自分を写す鏡」である友人や家族から気付かされたこと

こんにちは(*´ω`)謎のカバー画像ですが…(笑)大好きな藤井風くんのLIVEが収録されたBlu-rayを再生中に撮影したものです…!いつもこのカバー画像選びに苦戦しています…(笑)日記的な話になりますが、つい先日、急遽産業医からのドクターストップという形で職場を去ることになりました。急なことで心がついていかず、何か大きいものを失ったような、後悔や情けなさでいっぱいだったのですが。タイトルの通り、たくさんの友人や家族から優しい言葉や物、愛のこもった心遣いという名のプレゼントをたくさん、本当にたくさん受け取りました。『自分がまだ大丈夫だと思っていても、心と身体は限界なんだと思うから自分を責めないで』『今まで頑張ってきたから神様がプレゼントをくれたんだね』『申し訳なさも情けなさも感じなくて良い』『好きなことして好きなもの食べて、とにかくゆっくり休んでね』挙げたらきりがないですが、本当に優しい言葉をたくさんもらいました。数日おきに連絡をくれて、いつも私を褒めて肯定して、吐き出した言葉もすべて受け止めてくれる大好きな優しいお姉ちゃん。「ママとおそろいだよ」「幸せになろうね」「大好きだよ」ってお守りを送ってくれる母。言われた通り身体を休めるうちに、やっと自分と向き合うための心の余裕がでてきた気がします。何かの本に、「自分の周りに居る人は自分を写す鏡だと思って良い」と書いてありました。それを思い出した時、「今までの自分の生き方は間違ってなかった」「自分のしてきたことは正しかった」という確信を持つことができました。考えすぎる性格が自分の心に必要以上に負荷をかけてしまうこと。人が好きだからこそ
0
カバー画像

ピアノ伴奏依頼(これ耳コピですよ!?)

Fuko piano daysさんにピアノ伴奏依頼して、耳コピで演奏してくださいました!お見事すぎます!!高橋真梨子さんの「Old time jazz」をTOMOEがカバーさせて頂きました。寂しい夜に・・♡イヤホン推奨!!笑。
0
カバー画像

Pick Up the Pieces

今回はPick Up the Piecesです!ホーンとオルガンソロを担当しております。Average White Band風にやるのかな?と思っていたら、ベースラインがかっちょいい‼️思っていたのとちがーう!とワクワクしました!実は私はリハに参加できなかったのでぶっつけ本番みたいなかんじです😅このようなセッション感覚の時、リハがある時よりは間違いなく苦しい状況(?)なはずですが、意外と頭は澄み切っていて普段出てこないフレーズが出てきたりします。ソロ中にドローバーを全部引っ張り出したりなんてほぼなったことがなかったのにやり始めたりします❗️(笑)リハはもちろんしっかりやるにこしたことはないのですが、安心感から安定を求めて新鮮味がなくなることもあります。安定と不安定のバランスが大事だなと改めて感じました。
0
カバー画像

科学技術「耳コピAI」

【自動譜面制作AI】聞いた音を譜面として製作できる「耳コピAI」が開発されました。このAIはデジタル化された数字で表せる音を譜面にするのでなく生の音を聞いて譜面にします。その為人が演奏する毎回違う音の出し方を正確に認識させる必要があります。その音を認識させる為AIに何度も色々な音を聞かせて反復練習をさせました。この練習方法を機械学習と言います。AIに生の音を認識させる練習方法は「多重温検出」「リズム量子化」この2つの学習方法を使いました。この2つの学習方法を合わせて自動譜面書き起こしシステムを作り上げてしまったのです。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【人が出す音】多重音検出は以下の事をAIが読み取ります。「どの音をどの時間に出すか」「音の強さ」「音の周波数」この事を読み取ります。リズム量子化は以下事をAIが読み取ります。「同じ音程でも演奏時間で違う強弱」「同じ音程でも演奏時間で違う音程」「その時々の気分で出す音の検知」この事を読み取ります。この学習方法を使いAIに機械学習と言う反復練習をさせて覚えさせます。最初の頃は部分的に「テンポ」「拍子」「譜面」等に多くの間違いがありました。この間違いが出てた原因として人がその時その場所その雰囲気で出す音をなかなか認識できなかったためです。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【気分とノリ】この事を改善する為にAIに対して「この音の後に来る音はこんな感じの音が来る」という感覚を覚えさせました。この感覚を覚えさせる為に何十万曲もの音楽を聞かせ続け「リズム」「音程」「音の強弱」のパターン分析をAIにさせました。その結果凄く譜面
0