相手を思い通りに…あれ?自分が支配されてる?

記事
ライフスタイル
「いつも相手が思い通りにならなくてイライラするんですよね。」
相手を支配しようとして自分が支配されている。
これは何気に良くあることなんですよね。

子どもを思い通りにしようとして親が子どもに束縛、支配されてるなんてことも。
支配者が実は支配されている、他人事ではないかもしれませんね。

え?これひょっとして私?

そう、無意識にこの関係になっていること、多いかもしれません。
相手をコントロールしようとしての行動、選択が自分自身の縛りになる。

そしてその手綱を放すこともできずずっとそんな状態に。

コントロールを手放すとその状態から解放されるのですが、本人がこれに気づいてないためまた繰り返すことも多い。

タイプの相性によって逆支配、依存になる事も

スクリーンショット 2018-03-30 12.35.05.png
これは強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスのタイプ一覧。

それぞれのタイプに強み、弱みがあり、対極のタイプにとっては自分の強みが弱みであり、大きな助けになります。

ただ場合によっては、その助けがなくてはいられない依存状態になる場合もあります。
そして助ける側もそれをやめられず、助けてるつもりが支配されているといった状態になっていることも。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す