営業力UP-stage274-

記事
ビジネス・マーケティング
「あの人なんで目つきあまりよくないのに売れるの?」
「なんであの冷たい人が売れるの?」
そう思っている方もいらっしゃると思います。
実は”あること”が裏に隠されています。
今回、この”あること”を利用してトップセールスになった僕が紹介します!
それは…“ゲイン・ロス効果”です。
→人の印象においてプラス・マイナスの変化量が大きいほど、影響を与える度合いが大きくなる心理的効果のことです。
具体例を挙げると
・見た目怖そうな人が、優しかった時
・チャラそうな人が一途だった時
・いつも笑顔の子がイジメの主犯格だった時
・しっかり者に見える人が遅刻の常習犯だった時
あなたの周りにもこんな人いませんか?
このようにゲイン・ロス効果によって人に与える印象はプラスにもマイナスにもなり得るということです。
僕自身が営業の場面で利用したことは色々ありますが…
★髭+満面な笑顔
→怖そうというマイナスから明るい、優しそうというプラスの印象に変える
★明るい+真剣な眼差し
→明るいだけの人から、真剣に考えてくれる頼れる人という印象に変える
etc…
僕とは逆に第一印象が爽やか満点の人は、爽やかな顔から急に真顔で真剣に伝えたりするのも一つの方法だと思います^ ^
このようにゲイン・ロス効果を利用し、最初の印象とのギャップをつけることで相手の印象に強く残してください🔥
いかがでしたか?
営業という世界で売れるかどうかは商品が売れるかではなく全て
自分が売れるかどうかです。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す