カテゴリから探す

大学のレポートを作成をお手伝いします

大学のレポート作成に困っている方へ

4.825件) 販売実績:44
現在お願い中:0 残り受付枠:20 お届けまで:要相談 /約11日(実績)
2,000

20ポイント(1%)獲得

サービス内容

注:ココナラでの新規受付は一時的に終了させていただきます。
  ご依頼のある方は、以下のWebサイトからお問い合わせをお願いいたします。
  http://okura-w-s.com/

近畿大学(通信制)のレポートであれば、ほとんどの科目を作成できると思います。
その他の大学の場合、科目およびテーマによってはお受けできないものもございます。

原則1,000字(もしくは200字の原稿用紙5枚分)ごとの価格となります。

どのようにレポートを書けばいいか分からない、うまく書けないという方に、一つの書き方のサンプルとして活用していただければと思います。

また、オプションで基本的なレポートの書き方を送付させていただきます。

有料オプション

このサービスには、2,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

サービスのサンプルがご覧いただけます。
サンプルをすべて見る
サンプルをすべて閉じる
トークルームでの回答サンプル(1)

過去に記載したレポートのサンプルです。
(前半300字のみ)

-経営管理論-

1.階層の分化
(1 )管理の限界
 階層の分化とは「管理の限界の原則」あるいは「監督の限界の原則」によって行われるものである。
管理の限界の原則及び、監督の限界の原則とは、1人の管理者が直接に指揮監督できる部下の数には一定の限界があり、それによって、単位組織の大きさが制限されることをいう。
この原則によって、組織が横断的に分割され、組織の階層が形成されることになる。これが階層の分化となる。
なお、この横断的分割により、各管理者の職務の差別が生じ、また権限の階層が生じることとなる。

トークルームでの回答サンプル(2)

過去に記載したレポートのサンプルです。
(前半300字のみ)

-会計学-

Ⅰ わが国の企業会計原則の成立過程と特徴
 わが国の企業会計制度は、欧米と比較し、不統一であったため、企業の財政状態や経営成績が正確に把握することが困難であった。そこで、昭和24年に経済安定本部企業会計制度対策調査会が企業会計原則を制定した。
その特徴として以下の4点が挙げられる。
①企業会計の慣習の中から、一般に公正妥当と認められたところを要約したものである。
②法令によって強制されていなくても、すべての企業がその会計を処理するに当たり、従わなければならない基準である。
③公認会計士が、公認会計士法および証券取引法に基づき財務諸表の監査を成す場合において従わなければならない基準となる。

購入にあたってのお願い

レポートのテーマ、必要に応じてテキストの写真等を依頼することがございます。
※添削者によってポイントが違うため、合格を保障するものではありません。

一言PR

どのようにレポートを書けばいいか分からない、うまく書けないという方は、ぜひご利用ください。

評価・感想(25件) 4.8

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス